AWS IoT SiteWise

簡単に産業機器からデータを収集、構造化

AWS IoT SiteWise は、産業機器からのデータの大規模な収集、構造化を容易にする新しいマネージド型のサービスです。すべての産業施設にわたって簡単に、機器をモニタリングし、機器およびプロセスの障害、生産の非効率性、製品の不具合といった無駄を特定します。産業機器のパフォーマンスメトリクスを取得することがこれまでは困難でした、なぜならば、データはしばしばオンプレミスの専用データストア内にロックされ、データの抽出、そして検索、分析に便利なフォーマットに落とし込むには概して専門知識が求められたからです。IoT SiteWise によるこのプロセスの簡素化は、お客様の施設内に設けたゲートウェイ上でソフトウェアを実行させ、産業機器データの収集と構造化を自動化することで実現します。このゲートウェイにより、オンプレミスデータサーバーの接続、データの収集、収集したデータの AWS クラウドへの送信を安全に行います。IoT SiteWise ソフトウェアは AWS Snowball Edge ゲートウェイ上で使用できるほか、一般的なサードパーティー製産業ゲートウェイにインストールして使用することもできます。つまり、皆さまの施設に既にあるような産業機器を接続している産業環境専用のゲートウェイとして設計されています。

IoT SiteWise を使用すれば、全施設にわたる運用のモニタリングや、一般的な産業パフォーマンスメトリクスの迅速なコンピューティングが可能なほか、アプリケーションを構築して産業機器データを分析したり、コストのかさむ機器の問題を予防したり、生産の非効率性を軽減したりできます。IoT SiteWise を使用すれば、高コストのデータ収集およびデータ管理のアプリケーションを自社で構築することがなくなり、施設の運用状況を把握して、その最適化に集中できます。

利点

リモートモニタリングが問題検出を高速化

AWS IoT SiteWise で、産業機器の稼働状況に、その設置場所に関係なくリモートアクセスします。これまでは、問題の診断に技術者を送り込み、その問題解決にまた別の技術者を送り込んでいました。今後は、問題診断は遠隔で行い、技術者を派遣するのは問題解決の必要が生じたときのみになります。現場の診断のコーディネーション活動に費やす手間がなくなり、稼動状況の把握とシステムの改善設計というエンジニアが本来最善を尽くすべき業務に注力できるようになります。

すべてのデータソースからデータを安定収集

IoT SiteWise を使用すると、複数の施設から確実にデータを収集、構造化し、データのアクセスと把握を可能にします。新たにソフトウェアを開発する必要はありません。全施設にわたる機器または工程の情報やメトリクスはインデキシング可能なため、即座にアプリケーション用に利用できます。AWS IoT SiteWise には、皆さまがまさに必要とするデータ収集およびデータ管理機能が備わっています。その結果、皆さまがデータからもっと学習できるような新たなアプリケーションを開発するリソースに投資を集中できます。

データソースの一元管理で、クロスファシリティプロセスを改善

複数の産業施設にわたる可視性で、操業全体を合理化するとともに、生産量と廃棄量の差異を明らかにできます。IoT SiteWise は表示がカスタマイズできるため、産業プロセスのモデル作成や、複数の施設にわたる生産ラインから集積したセンサーのデータストリーム履歴の整理が可能になります。産業エンジニアは、問題対応や施設間の相違点を目に見える形で確認できます。この結果、一元管理された信頼すべき情報源が得られるようになり、操業状況の把握、プロセス改善、全社にわたる廃棄物削減をなお一層推進することができます。

仕組み

AWS IoT SiteWise の仕組み

ユースケース

製造業界

AWS IoT SiteWise を使用すると、お使いの機器から簡単に収集したデータを利用し、非効率性を検出、低減して、生産環境を改善できます。IoT SiteWise は、生産ラインや組立ロボットから直接データを収集し、クラウドに送り、具体的な機器や工程のためのパフォーマンスメトリクスを構造化することを支援します。当該メトリクスを使用して、お客様の資産環境全体の効率性を把握するとともに、改善やイノベーションの機会を明らかにできます。また、特定の製品の生産ラインの生産量を確認できるため、生産計画立案の支援、機器や工程の欠陥、生産量のばらつき、製品不具合の検出につながります。

飲食料品業界

飲食料品業界の施設における食品加工は、穀物製粉から、精肉とパック詰め、レトルト食品の開発、調理、冷凍と多岐にわたります。こういった加工工場ではしばしば冷凍冷蔵庫、原材料の使用期限、廃棄物処理などが複数の場所に散在し、一カ所でアナリストがモニタリング機器で食品の貯蔵および取扱ガイドラインに適合するように集中管理しています。AWS IoT SiteWise を使用すると、複数の場所からのセンサーのデータストリームを生産ラインごとにグループ化できるため、アナリストは全施設にわたる工程をなお一層把握して改善できるようになります。

エネルギーおよび電力業界

業界では自社で遠隔地に発電設備を保有することが通例となっています。つまり、その機器対応の訓練を受けた技術者からも離れていることになります。何か問題が発生して連絡があると、技術者たちは現場に出張し問題診断を済ませ、その修理にはあらためて出直していました。AWS IoT SiteWise を使用すると、機器の問題解決が簡単になって、無駄な出張がなくなります。設備機器のパフォーマンスをリアルタイムでリモート監視するとともに、機器データにどこからでもアクセスして、潜在的問題の特定、適切な人材の派遣、問題対応の高速化できるようになります。

製品の特徴を見る
製品の特徴を見る

AWS IoT SiteWise を使用すると、産業施設データベースから IoT データを簡単に収集、構造化、検索して、設備やプロセスのパフォーマンス分析に使用することができます。

詳細 
限定プレビューのサインアップ
プレビューにサインアップ

ご自分の目で AWS IoT SiteWise のメリットを確かめてください。

サインアップ 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

プレビューに参加しますか? AWS IoT SiteWise コンソールにアクセスします。

サインイン