AWS IoT SiteWise (プレビュー)

AWS IoT SiteWise を使用して大規模に産業機器からデータを容易に収集、整理、分析

AWS IoT SiteWise は、産業機器からのデータの大規模な収集、保存、整理、モニタリングを容易にするマネージドサービスです。産業施設全体の機器を簡単にモニタリングして、機器およびプロセスの障害、生産における非効率性、製品の欠陥といった無駄を特定します。今日、産業機器のパフォーマンスメトリクスを取得することは困難です。データはしばしばオンプレミスの専用データストア内に閉じ込められており、データを取得して分析に使用できるフォーマットに変換するには通常専門知識が必要となるからです。AWS IoT SiteWise は、お客様の施設内に設置されたゲートウェイ上で実行されるソフトウェアを提供し、産業機器データの収集と整理を自動化することによってこのプロセスのシンプル化します。このゲートウェイはオンプレミスデータサーバーにセキュアに接続し、データを収集して、そのデータを AWS クラウドに送信します。また、AWS IoT SiteWise は、MQTT メッセージや API を通して現代の産業用アプリケーションからデータを収集するためのインターフェイスも提供します。

AWS IoT SiteWise を使用することによって、物理アセット、プロセス、および施設のモデル化、一般的な産業パフォーマンスメトリクスの迅速なコンピューティング、完全マネージド型のウェブアプリケーションの作成を行うことができ、産業機器データの分析、損失をもたらす機器の問題の防止、生産における非効率性の軽減に役立ちます。AWS IoT SiteWise によって、高価なデータ収集およびデータ管理の社内アプリケーションを構築するのではなく、運用状況を理解して最適化することに集中できるようになります。

メリット

すべてのソースからのデータの一貫的な収集

AWS IoT SiteWise を使用することにより、追加のソフトウェアを開発せずに、複数の施設から確実にデータを収集し、構造化して、データをアクセス可能かつ理解可能なものにすることができます。複数の施設全体における機器またはプロセスの情報およびメトリクスをインデックス化できるので、アプリケーションのために即時に利用することが可能です。AWS IoT SiteWise には、お客様が必要とするデータ収集、管理、および可視化機能が直接組み込まれているので、開発リソースをデータからより多くの事柄を学ぶために役立つ新しいアプリケーションに投入することができるようになります。 

リモートモニタリングによる問題検出の迅速化

AWS IoT SiteWise では、あらゆる場所にある産業機器のパフォーマンスが評価されます。これまでは、問題の診断に技術者を送り込み、その問題解決にまた別の技術者を送り込んでいました。今後は、問題診断は遠隔で行い、技術者を派遣するのは問題解決の必要が生じたときのみになります。現場での診断活動の調整に費やす時間を減らすことができ、エンジニアは最も得意とする運用状況の把握、およびより良いシステムの設計に集中できるようになります。

中央データソースによる施設間共通プロセスの改善

産業施設全体にわたる可視性は、運用の合理化に加えて、生産量と廃棄量の差異を特定することも可能にします。IoT SiteWise を使用することによって、複数施設全体の産業プロセスと機器のモデルを作成することができ、作成後はカスタマイズ可能な表とダッシュボードを通じてアセットのライブデータおよび履歴データを自動的に検出し、可視化できるようになります。SiteWise Monitor では、AWS を使用してアセットデータでウェブアプリケーションを数分で起動し、問題に対応、または施設間の差異を特定するための可視性を産業エンジニアに提供することができます。SiteWise Monitor は、運用状況をより良く理解し、プロセスの改善、および組織全体での無駄の削減を行うための、一元化された信頼できる情報ソースの作成を容易にします。

仕組み

AWS IoT SiteWise の仕組み

ユースケース

製造業界

AWS IoT SiteWise では、非効率性を特定して軽減し、産業運用を改善するために、お使いの機器からデータを簡単に収集して利用することができます。AWS IoT SiteWise は、製造ラインおよび組立ロボットからデータを収集してクラウドに転送し、特定の機器やプロセスに関するパフォーマンスメトリクスを構造化するために役立ちます。これらのメトリクスは、運用状況の全体的な効率性を理解し、イノベーションおよび改善の機会を明らかにするために使用できます。また、生産ラインの生産量を確認して、生産計画の策定を支援したり、機器やプロセスの不備、生産ギャップ、製品の欠陥を検出したりすることも可能です。

食品飲料

食品飲料業界の施設は、穀物製粉、精肉と加工、アセンブリ、調理、電子レンジ調理可能な料理の冷凍など、多岐にわたる食品加工を手掛けます。多くの場合、これらを処理する工場は複数の場所に分散しており、工場作業員および機器オペレーターは一元的な場所でプロセスと機器を監視しています。例えば、冷蔵ユニットの監視、原料の取り扱いと消費期限の監視、または運用効率を確保するための施設全体における廃棄物の発生の監視を行っている場合があります。AWS IoT SiteWise を使用すると、複数の場所からのセンサーデータストリームを生産ラインや施設ごとにグループ化できるため、プロセスエンジニアは全施設にまたがるプロセスをより良く理解して改善できるようになります。

エネルギーと電力

大抵の場合、企業は、機器を修理するために訓練された技術者から遠く離れた遠隔地にその発電アセットを展開します。何か問題が発生して連絡があると、技術者たちは現場に出張し問題診断を済ませ、その修理にはあらためて出直していました。AWS IoT SiteWise では、機器の問題解決がより効率的かつ容易になります。アセットのパフォーマンスをリアルタイムでリモートに監視し、どこからでも過去の機器データにアクセスして、潜在的な問題の特定、適切な人材の派遣、問題の防止と修正の両方をより迅速に行うことができます。

製品の特徴を見る
製品の特徴を見る

AWS IoT SiteWise は、産業データを収集、整理、および分析して、機器やプロセスのパフォーマンスの分析に使用することを容易にします。

詳細はこちら 
コンソールで構築を開始する
ドキュメントで詳細を見る

詳細については、AWS IoT SiteWise ユーザーガイドおよび API ドキュメントを参照してください。

詳細はこちら 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS IoT SiteWise コンソールにアクセスします。

サインイン