インダストリアル IoT

産業用マシン、クラウドコンピューティング、分析、人々を結び付けて、パフォーマンス、生産性、効率性を向上させる

インダストリアル IoT (IIoT) はレガシー化した産業機器やインフラストラクチャと、機械学習やクラウド、モバイル、エッジコンピューティングなどの新しいテクノロジーの間の溝を埋めます。IIoT アプリケーションを使用することで、予測品質や予知保全を行うことも、あらゆる場所から運用を遠隔管理することもできます。AWS IoT サービスを使用すると、産業企業は運用データに基づいて推論し、製造プロセスのパフォーマンス、生産性、および効率を向上させることができます。

 

AWS IoT を選択した大手企業、Deutsche Bahn が列車フリートについての新しい洞察を得る方法 (1:49)

インダストリアル IoT ユースケース

予測品質

予測品質分析では、製造機器、環境条件、人による観察などの産業データソースから行動を可能にするインサイトを引き出し、工場生産物の品質を向上させています。産業製造業者は、AWS IoT を使用して、優れた製品の開発に役立つ予測品質モデルを構築できます。製品の品質が向上することで、お客様の満足度が上がり、製品のリコールも減少します。 

インフォグラフィックを見る »

資産状態監視

資産状態監視では、機械や機器の状態を把握し、アセットのパフォーマンスを判断しています。AWS IoT を使用すると、温度、振動、機器が最適に動作しているかどうかを示すエラーコードなど、すべての IoT データをキャプチャできます。可視性が向上すると、資産を最大限に活用し、投資を有効活用することができます。

インフォグラフィックを見る »

予知保全

予知保全分析では、生産に影響を与える前に潜在的な故障を特定するために産業用機器の状態を把握し、機器の寿命、作業員の安全性、およびサプライチェーンの最適化を向上させます。AWS IoT を利用すれば、機器の状況、正常性、性能を継続的に監視および推測して、リアルタイムで問題を検知できます。

インフォグラフィックを見る »

導入事例

Kemppi ロゴ

Kemppi では AWS IoT を溶接アプリケーションに使用して、ソフトウェア開発コストを 50% 削減しています。

詳細 »

Pentair ロゴ

Pentair では、AWS IoT を使用してビールのろ過法を向上させ、パフォーマンスを 10% 引き上げました。

詳細 »

Vantage Power ロゴ

Vantage Power では、AWS IoT によって、大型車両向けパワートレインのイノベーションと安全性を実現しています。

詳細 »

Bayer Crop Science ロゴ

Bayer Crop Science では、AWS IoT を使用して、精密農業におけるイノベーションを推進しています。

詳細 »

インダストリーアプリケーションに AWS IoT を採用する理由

インテリジェントなアクションを取る

AWS IoT は、ローカルゲートウェイを使用してプラントフロアからデータを収集し、そのデータを構造化してラベル付けし、リアルタイムの KPI とメトリックを作成して、データ駆動型の意思決定を向上するのに役立ちます。インダストリアル環境に機械学習を追加することもできます。まず AWS IoT では、IoT データのフィルタリング、変換、強化が行われ、その後クエリおよび分析用の時系列データストアに保存されます。機械学習モデルをクラウド上に構築してトレーニングし、その後ローカルで稼働するようにインダストリー環境にデプロイすることもできますAWS IoT では、あらかじめ構築されたテンプレートが用意されているため、処理データに対して機械学習モデルを構築し、一般的な産業ユースケースに対応することができます。

すばやくフリートをオンボード

AWS IoT は多様で大規模なデバイスフリートをすばやく接続する機能を提供します。AWS IoT によって何百万という新しいデバイスタイプをオンボードできるようになります。シリアルナンバー、製造日、現在の温度などの静態情報および動態情報を備えたデバイスインベントリを維持して、デバイスの状態を毎秒把握できます。デバイスがオンボードになったら、AWS IoT を使用してデバイスとウェブサービスを組み合わせ、IoT アプリケーションを素早く構築し、ほとんどコードなしでそれらの相互作用を定義することができます。

生産のダウンタイムの最小化

生産ラインが低下したり、現場の作業が止まってしまったりすると、サービスレベルアグリーメントを順守できず収益に損失が発生する恐れがあります。AWS IoT を使用すると、クラウドとの接続が一時中断してもデバイスがデータを収集し、相互に通信して、ローカルで行動をとることができます。接続が回復したら、デバイスがデータをクラウドに送信して、追加の処理や分析を実行できるようにします。操作の変更や、イベント発生時に適切な対応をするために、さまざまな場所にデプロイされたデバイスの機器やフリートのデータを継続的に監視することもできます。

データとデバイスの安全性を維持

AWS IoT は組み込みのデバイス認証と認可、データの暗号化、デバイスデータへのアクセス制御を利用して、データとデバイスを安全に保つサポートをします。デバイスに関連するセキュリティポリシーを継続的に監査し、異常行動についてデバイスフリートを監視し、正常に見えないデバイスがあったらアラートを受け取ることもできます。さらに、デバイスフリートにセキュリティパッチを適用するなど、修正措置を講じることもできます。

仕組み

インダストリアル IoT - その仕組み

ブログ投稿および記事

blog-image
James Richardson
2019 年 3 月 11 日
blog-image
Edouard Kachelmann および Ryan Dsouza  
2019 年 4 月 23 日

インダストリアル IoT リソースを調べる

AWS IoT SiteWise の発表 (20:21)

産業機器からの大規模なデータの収集、構造化に AWS IoT SiteWise がどのように役立つかについて説明します。

TopUseCasesIndustrialIoT_thumbnail2

エッジベースのソフトウェアとクラウドベースのサービスで、いかにすばやく使用を開始でき、産業向けのビジネス目標を達成できるかをご覧ください。

産業アプリケーション向けの AWS IoT の使用 (33:31)

Industry 4.0 が登場し、組織は工場内の作業、機械、生産ラインをすばやく自動化しています。Industry 4.0 では、効率性の向上と運用コストの削減が約束されていますが、デバイスのセキュリティ、さまざまなフリートにわたるデバイス管理、分析などに関するさまざまな課題があります。

構築を始めましょう。
AWS IoT を始める
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ