Amazon Redshift を無料で試用! Amazon Redshift クラスターを作成したことがなければ、DC2.Large ノードの無料トライアルを 2 か月間使用できます。

2 か月あたり 750 時間無料で使用できます。これは、160 GB の圧縮 SSD ストレージのある 1 つの DC1.Large ノードを連続して実行するのに十分な時間です。また、複数ノードのあるクラスターを構築して大規模データセットのテストも行えますが、これを行うと、無料時間の消費が早くなります。2 か月間の無料トライアルが終了するか、1 か月間の使用量が 750 時間を超えた場合、クラスターをシャットダウンして料金を請求されないようにできます。または、標準のオンデマンド料金で利用を続けることもできます。

また、パートナー無料トライアルページで、無料でデータを取り込んでレポートする方法をご覧ください。

 

Amazon Redshift を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

DC1.Large を 1 か月あたり 750 時間、2 か月間無料でご利用いただけます。トライアルを開始する方法は次のとおりです。

AWS アカウントを作成し、Amazon Redshift コンソールにサインインします

Amazon Redshift クラスターを起動し、ノードタイプに合わせて DC1.Large を選択します

パートナー無料トライアルを使用して、無料でデータをレポートし、取り込みます。

だれが無料トライアルを利用できますか?
2014 年 7 月 1 日より前に Amazon Redshift クラスターを作成していなければ、無料トライアルをご利用いただけます。Amazon Redshift 無料トライアルプログラムは、AWS 無料利用枠の一部ではありません。プログラムを利用できるかどうかは、それぞれ個別に決定されます。

どの Amazon Redshift ノードタイプを無料トライアルで使用できますか?
Amazon Redshift 無料トライアルは、DC2.Large ノードタイプに限定されます。Dense Compute ノードタイプ (DC) では、高速 CPU、大容量 RAM、および SSD(Solid-State Disk)を使用して、きわめて高パフォーマンスのデータウェアハウスを作成できます。DC2.Large には 16 GB RAM、2 コア、160 GB 圧縮 SSD ストレージがあります。他のノードタイプを使用する場合は、標準のオンデマンド料金が適用されます。

トライアルの期間はどれだけですか? 無料トライアル時間はどれだけですか?
トライアルの開始後 2 か月間、すべてのリージョンのすべての DC1.Large ノードで分け合える、1 か月あたり 750 時間の無料時間があります。複数の DC2.Large ノードまたは複数の DC2.Large クラスターを実行する場合、1 か月で 750 時間を超える可能性があります。750 時間を超える部分に関しては、標準のオンデマンド料金が課金されます。

無料トライアルを開始するには、どうすればいいですか?
初めて Amazon Redshift クラスターを作成すると、すぐに自動的にトライアルにサブスクライブされます。トライアル時間は 1 時間単位でクラスター実行時間に使用されます。トライアル時間の使用を停止するには、後で復元するためのスナップショットを作成して、お使いのクラスターを削除します。 

月の初めにトライアルを始めたのではない場合、どうなりますか?
トライアルを始めた時期に関わりなく、丸 2 か月間、1 か月あたり無料の 750 時間が与えられます。

料金がかかっていないことを確認するには、どうすればいいですか?
AWS コンソールの料金ダッシュボードにアクセスして、Amazon Redshift 料金を表示したり使用状況レポートをダウンロードしたりすることができます。使用できるか不明な場合、または 2014 年 7 月 1 日より前に Amazon Redshift クラスターを作成していないのに無料トライアル時間を与えられない場合は、AWS サポートにご連絡ください。

無料トライアル期間が終了すると、どうなりますか?
2 か月間の無料トライアル期間が終了したら、クラスターをシャットダウンして料金を請求されないようにできます。または標準のオンデマンド料金で利用し続けることもできます。

使用していない無料トライアル時間を次の月に繰り越すことはできますか?
いいえ。Amazon Redshift 無料トライアル時間はそれぞれの月が使用期限となり、繰り越すことはできません。

Amazon Redshift 無料トライアルプログラムの利用資格があるはずですが、料金を請求されました。なぜですか?
複数の DC2.Large ノードのあるクラスターを作成した場合、1 か月あたり 750 時間という無料使用の制限を超える可能性があります。無料時間はすべてのリージョンのすべての実行されている DC2.Large ノードで分け合われ、750 時間を超える使用については自動的に標準オンデマンド料金で料金が請求されます。他の Amazon Redshift ノードタイプを実行した場合も料金がかかります。AWS 料金を確認するには、AWS コンソールで料金ダッシュボードに移動してください。料金について何か間違いがあった場合は、AWS サポートにご連絡ください。

使用する DC2.Large ノードの数を変更できますか?
はい。DC2.Large クラスターの数は、Amazon Redshift コンソールの [リサイズ] タブでいつでも増減させられます。複数の DC2.Large ノードを実行する場合、無料時間が早く消費されることにご注意ください。

一括請求を申し込んだ場合に、各アカウントで Amazon Redshift 無料トライアルを利用できますか?
いいえ。複数アカウントのお支払いを統合する一括請求をお使いの場合は、1つのアカウントに対してのみ Amazon Redshift 無料トライアルをご利用いただけます。