AWS SDK for Ruby を使用して、AWS の使用を迅速に開始します。この SDK は、Amazon S3、Amazon EC2、DynamoDB など、多くの AWS サービス向けの Ruby クラスを提供するため、コーディングの複雑さが軽減されます。SDK は、AWS の各サービスに合わせてダウンロードが可能な個別のパッケージとして提供されます。このパッケージにコードやドキュメントが含まれています。SDK は、RubyGems (http://rubygems.org/gems/aws-sdk) から入手することもできます。

GitHub からダウンロードする »

次の gem をインストールする

gem install aws-sdk

または、次の Gemfile に追加する

gem 'aws-sdk', '~> 3'

AWS SDK for Ruby のバージョン 3 では、モノリシック SDK がサービス固有の gem (例: aws-sdk-s3、aws-sdk-dynamodb など) にモジュール化されます。それぞれのサービス gem で、厳密なセマンティックバージョニングが使用されるようになりました。AWS API アップデートの継続的な配信による利点も引き続き提供されます。モジュール化により、アプリケーションやライブラリが必要とするサービス gem を 1 つ 1 つ選択し、互いのサービス gem を個別にアップデートできるようになりました。

当社の GitHub ページにある README ファイルで、サポートされている gem の全リストを確認できます。このファイルには、バージョン 2 ユーザー向けの詳細なアップグレードガイドも含まれています。

開発者に関係するその他の gem には、次のようなものがあります。

aws-sdk-rails: AWS SDK for Ruby に Ruby on Rails を統合できます。
aws-record: Amazon DynamoDB でデータマッピングを抽象化できます。AWS SDK for Ruby 上に構築されます。

 

 

 

 


AWS SDK for Ruby のバージョン 2 では、コーディング量を削減するための多数の新しい機能が導入されています。この講演では、Resource API、paginator、waiter などの機能を使用したコードサンプルについて順を追って説明しています。

AWS SDK for Ruby バージョン 2 のツアー

ruby_talk_reinvent_2014

AWS での Ruby on Rails アプリケーションのデプロイと管理

ruby_lab_railsconf_2015

この実習ラボでは、AWS で Rails アプリケーションの実行を開始できるようにします。簡単なサンプルアプリケーションから始めて、AWS OpsWorks を使用して AWS にデプロイする方法、さらには、AWS SDK for Ruby の Rails プラグインの機能を使用してアプリケーションを改善する方法を学びます。


詳細情報と例を見つける: 開発者ガイド »

他の開発者とのコミュニケーションを図る: Ruby コミュニティフォーラム »

最新の SDK の関する詳細を確認する: リリースノート »

GitHub リポジトリのソースコードの詳細を確認する »