Amazon Security Lake

数ステップでセキュリティデータを自動的に一元化 

Amazon Security Lake の新規アカウント

お好みの分析ツールを使ってセキュリティデータを分析し、そのデータに対する完全な制御と所有権を維持します。 

複数のアカウントとリージョンにまたがるクラウドとオンプレミスソースからのデータ可視性を一元化。

セキュリティデータをオープンスタンダードに標準化することで、大規模なデータ管理を合理化します。

より効率的な保存とクエリのためにセキュリティデータを改善して管理。

仕組み

Amazon Security Lake は、AWS 環境、SaaS プロバイダー、オンプレミス、およびクラウドソースからのセキュリティデータを、アカウントに保存されている専用データレイクに自動的に一元化します。Security Lake を使用すると、組織全体のセキュリティデータをより完全に理解できます。ワークロード、アプリケーション、およびデータの保護を強化することもできます。Security Lake はオープンスタンダードである Open Cybersecurity Schema Framework (OCSF) を採用しています。OCSF のサポートにより、このサービスは、AWS からのセキュリティデータと幅広いエンタープライズセキュリティデータソースを正規化し、組み合わせることができます。

この図は、Amazon Security Lake が数ステップでアカウントにセキュリティデータレイクを自動的に構築する方法を示しています。「拡大して画像の説明を読む」リンクに記載。
Amazon Security Lake のご紹介 (01:18)
なぜ Security Lake なのか?
セキュリティチームは、Security Lake を使用してマルチクラウド環境やハイブリッド環境全体のデータを分析し、ワークロード、アプリケーション、およびデータの保護を改善できます。
なぜ Security Lake なのか?
セキュリティチームは、Security Lake を使用してマルチクラウド環境やハイブリッド環境全体のデータを分析し、ワークロード、アプリケーション、およびデータの保護を改善できます。

ユースケース

コンプライアンスの監視とレポート作成を簡素化

セキュリティデータを 1 つ以上のロールアップリージョンに簡単に一元化できるため、コンプライアンスの監視と報告が容易になります。

高い可視性でセキュリティ調査を容易に

セキュリティチームに幅広い可視性を提供することで、徹底的なセキュリティ調査とセキュリティインシデントへの迅速な対応を開始できます。

ハイブリッド環境全体のセキュリティデータ管理を統合

組織全体のデータアクセシビリティを最適化して、セキュリティ運用へのより包括的なアプローチを促進します。

最初に行うべきこと

Security Lake の仕組みを確認する

Security Lake の機能についてご確認ください。

よくある質問を詳しく見る

Security Lake に関する一般的な質問と回答をご覧ください。

AWS 無料利用枠の使用を開始

Security Lake のすべての機能を 15 日間無料で試すことができます。


AWS の詳細を見る