Emirates_Customer-Reference_Logo@2x

Emirates は AWS に大規模に移行して大きく飛躍

2020

Customer-References-industry-Airline
kr_quotemark

AWS のおかげで組織の透明性が上がりました。パンデミックのせいで旅行事業が急速に変わりつつある現在、これは非常に重要なことです」


Emirates、e コマース、モバイル、商用旅客システム責任者 Erick Meunier 氏

Emirates Group は、中東最大の航空会社であり最近 2020 Airline of the Year (Aviation Business Awards) を受賞した Emirates を所有、運用しています。通常の年であれば、300 機の航空機を擁し 5,600 万人の旅客を運んでいます。薄利で知られる分野であるため、競争力を維持することは選択肢ではなく、必須です。2020 年の COVID-19 襲来以来、このプレッシャーはさらに大きくなりました。 Emirates Group は、30 以上のビジネスクリティカルなアプリケーションを含む e コマースプラットフォームと社内通信プラットフォームの両方を、250 を超えるサーバーから アマゾン ウェブ サービス (AWS) に無事に移行させました。 

この移動のおかげで、パンデミックによりサービスの需要が急激に落ち込んだときに、コストを劇的にカットできました。 移行の中には、この航空会社のほぼすべての顧客向けシステム、その主要予約エンジン、顧客向けのウェブサイトやモバイルアプリが含まれていました。移行は、単純なリフトアンドシフトではありませんでした。多くのアプリケーションが、現代的なオペレーティングシステム上で動作するように、再構成と最適化を必要としました。

大規模移行

中核となる予約エンジンとその他のティア 1 アプリケーションを AWS に移行する以前、Emirates は自社所有ハードウェアをホストするサードパーティーのコロケーションセンターを利用していました。このハードウェアは寿命を迎えつつあり、保守費用が高額になってきていました。クラウドへの移動には多くの利点が伴い、多額の設備投資を避けることができました。わずか 6 名の中核チームが、巨大で硬直した時代遅れのアプリケーションセットを管理していました。しかしこれらのアプリケーションはビジネスに不可欠であったため、ダウンタイムは許されませんでした。

移行に加えて、Emirates はこの機会に、アプリケーション群内のいくつかのサービスを完全に変換しました。この中には、Windows、Linux RHEL、SQL サーバーも含まれていました。 Emirates のテクニカルチーム責任者である Roshan D’Souza 氏はこう言っています。「私たちは適切な処置を行うことに必死でした。解決しなければならないアプリケーションの技術的負債があることはわかっていました。クラウドへの移動により、この目標がとても簡単なプロセスで達成できました」 

納期は厳しいものでした。予想される予約需要のピークは 2020 年 7 月でしたが、COVID-19 の影響でこの需要は平坦になってしまいました。リスクに敏感な Emirates のリーダーシップの説得は最初は大変でしたが、会社が他のプロジェクトで AWS と仕事をした実績を使って説得すると、だいぶ容易になりました。そして、より多くのワークロードが停止せずに移行され、アプリケーションのパフォーマンスが改善するにつれて、リーダーシップのサポートもどんどん手厚くなりました。

解決すべき問題

ほとんどの航空会社と同じように、Emirates にも季節による利用の増減に対応しています。独自のデータセンターを運用するということは、このようなピークに対処するために、使用していないキャパシティーに費用を払うことを意味します。新しい物理サーバーの調達、セットアップ、テスト、デプロイには、約 10 週間かかっていました。AWS では、このプロセスは 2 時間です。新しい仮想マシンのスピンアップは、現在では 1 時間です。以前は 6 週間かかっていました。AWS への移動はまた、COVID-19 と移動制限によって旅客数が落ち込んだときに、Emirates がシステムを迅速にスケールダウンできることも意味します。

Emirates は以前のデータセンタープロバイダーで物理的なデータセンターの限界に悩まされており、サードパーティーのネットワークを使用する不透明なシステムやインターフェイスにおいて問題を発見するのに苦労していました。さらに、新機能の市場投入までの時間は苦痛なほどに遅く、DevOps 文化を取り入れる試みなど不可能でした。Emirates のセキュリティチームはコロケーションインフラストラクチャを一部しかコントロールできず、セキュリティ調査は手動で多くの人手を要しました。Emirates の顧客にとっては、このすべてが、ウェブサイトやモバイルデバイス経由のオンライン予約処理が遅いという形で現れていました。

移動が行われた方法

パフォーマンスが一貫するように、チームは一度にひとつの地域からワークロードを移行しました。まずリスクの低いサービスから計画してマイルストーンを達成し、ビジネス上の信頼性を構築すると同時に、学習と対応の機会を設けました。プロジェクトは 2019 年 9 月に始まり、まず 1 つのデータセンターが 2019 年 11 月までに移行され、残りは 2020 年 5 月までに移行されました。COVID-19 の打撃以降は、Emirates は在宅勤務にシフトし、コロケーションセンターへのアクセスが難しくなったため、作業はより複雑になりました。SQL データベース向けの AWS Database Migration Service を含む AWS ネイティブのソリューションが、データの同期、レプリケート、転送に使用されました。双方向レプリケーションのおかげで、アプリケーションが移行されている間も、Emirates のプラットフォームは問題なく稼働できました。

Emirates は Amazon FSx for Windows ファイルサーバーを使用して、CMS (SDL Tridion) のファイルストレージを簡単にプロビジョニングし、予約ウェブサイトのファイルを保存できました。フルマネージド型の Amazon FSx は、Emirates のオンプレミスデータセンターと比較して優れたパフォーマンスと信頼性を提供しています。また、各段階でデータを確実に暗号化することで、セキュリティも向上しました。Emirates のプリンシパルエンジニアである Aneesh Rasheed 氏はこう言います。「中核チームのインサイトとこのような新しい AWS のツールについて学びたいという意欲によって、以前の不明点はすぐに直され、ソリューションの実装がビジネスにとってはるかにシンプルになりました」

結果

Emirates の顧客にとっては、サービスが目に見えて改善されました。Emirates のインターネット予約エンジンのレスポンスははるかに速くなり、エンドツーエンドの取引が以前より 12 秒速く完了できるようになりました。モバイルのパフォーマンスも改善され、検索結果が返されるまでの時間が 5 秒短縮されました。Emirates では、ハードウェアを完全にリタイアさせた後は、年間の費用節約額が 380 万 AED (100 万 USD) になると見込んでいます。プロビジョニングは、Infrastructure as Code のほか、アプリケーションのロギングと可視化に Amazon ELK スタック (Elasticsearch、Logstash、Kibana) を使用することにより、大幅に自動化されました。

AWS に移動したことで、IT とビジネスのその他の部分の両方で、システムにインサイトを与えるテレメトリも提供されるようになりました。また、チームは、ビジネス全体のスタッフにシンプルでわかりやすいデータグラフィックスを提供するダッシュボードも構築しました。Emirates の e コマース、モバイル、商用旅客システム責任者である Erick Meunier 氏は、こう言っています。「これまでもまったくわからなかったわけではないのですが、以前にあったダッシュボードは IT 担当者向けのものだけでした。彼らからレポートが送られてくるのを待たなければならないこともよくありました。AWS のおかげで組織の透明性が上がりました。パンデミックのせいで旅行事業が急速に変わりつつある現在、これは非常に重要なことです」 

ビジネスでアプリケーションのパフォーマンスをリアルタイムで確認できるようになりました。ウェブトラフィックの増加でキャンペーンの効果を評価できるようになり、より情報に基づいた判断ができるようになりました。これらのダッシュボードにより、Emirates のスタッフは、ウィルスの影響が出た場合に迅速に対応できるようにもなりました。Meunier 氏はこう続けます。「おかげで私や IT パートナーは、現在のサーバー負荷や、インフラストラクチャを適切なサイズにするといった部分で、情報に基づいた判断を下せるようになりました。これはさらなる費用節約につながります」 Emirates で AWS への移行を担当したソリューションデリバリーマネージャーである Mark Sukumaran 氏も、これに同意しています。「AWS のプラットフォームの透明性により、ビジネスがその価値を簡単に確認でき、実用的なインサイトを得られます。おかげで、Erick Meunier 氏や E コマースチームのようなパートナーが、積極的にプロジェクトを推進できます」

ダウンタイムが発生しない

Emirates の変革は、計画外のダウンタイムがゼロで完了しました。初めてアプリケーションを仮想化しようとするときは、特に複数の統合ポイントを扱う場合、常に問題がつきまといます。しかし、中核チームの専門知識に、当社のリーダーシップチームのサポートが合わさって、移行は実にスムーズに行われました。さらに重要なことは、計画外のダウンタイムがゼロだったことです。Emirates にとって、これは非常にありがたいことでした」と、Sukumaran 氏は言います。 

とりわけ、この移動のおかげで、COVID-19 によって旅行業界に混乱が生じたとき、会社はすぐに対策を取れるようになりました。移行により、会社全体のスタッフが、データやそのデータを分析するシンプルなツールにアクセスできるようになっており、すでによりよい意思決定に活かされています。しかし、一番恩恵を受けたのは Emirates の旅客です。以前よりも迅速かつ確実にウェブサイトやモバイルデバイスでチケットを予約できるようになりました。


Emirates について

Emirates は世界の大手航空会社であり、300 機の航空機と 59,000 人のスタッフを擁しています。オンライン予約システム、顧客向けウェブサイト、その他 30 を超えるビジネスに必須のアプリケーションを、250 を超えるサーバーから AWS に成功裏に移行させました。

AWS のメリット

  • コスト削減
  • 俊敏性とパフォーマンス
  • 技術的負債の削減
  • コストの最適化
  • 可用性とイノベーション
  • セキュリティの向上
  • オートメーション対応
  • ビジネスダッシュボード
 

利用している AWS のサービス

Amazon FSx for Windows ファイルサーバー

Amazon FSx for Windows ファイルサーバーは、業界標準のサーバーメッセージブロック (SMB) プロトコルを介してアクセスできる、信頼性が高くスケーラブルなフルマネージド型のファイルストレージを提供します。

詳細はこちら »

AWS DataSync

AWS DataSync は、オンプレミスストレージシステムと AWS ストレージサービス間、および AWS ストレージサービス間でのデータの移動を簡素化、自動化、および高速化するオンラインデータ転送サービスです。

詳細はこちら »

Amazon RDS

Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) を使用すれば、クラウド内でリレーショナルデータベースを簡単にセットアップ、運用、スケールできます。

詳細はこちら »

ELK スタック

ELK スタックは、Elasticsearch、Logstash、Kibana という 3 つのポピュラーなオープンソースプロジェクトからなるスタックで、それぞれの頭文字を取ってこう呼ばれます。 

詳細はこちら »


今すぐ始める

あらゆる業界のさまざまな規模の企業が、AWS を活用しビジネスを日々変革しています。AWS に効率的に移行するための最も完成されたソリューションについて詳しく知り、AWS クラウドジャーニーを今すぐ開始しましょう。