Enel は AWS を使用することにより、コンピューティングコストを 21 パーセント、ストレージコストを 60 パーセント節約し、プロビジョニング期間を 4 週間から 2 日間に短縮し、事業を変革しました。Enel は、イタリアを本拠として発電およびガス製造を行い、それらを流通させている多国籍企業で、6100 万人の顧客を抱えています。Enel は IoT とエネルギー管理で AWS をプラットフォームとして利用しています。インフラストラクチャおよびテクノロジーサービスの責任者である Fabio Veronese は、re:Invent 2016 において、舞台上から話しました。 

enel_thumbnail
9:01
re:Invent 2016: Enel の Fabio Veronese 氏、クラウドがエネルギー産業を変革する方法を説明(日本語字幕)

IoT プラットフォームの管理に AWS がどのように役立つかについては、AWS IoT の詳細ページをご覧ください。