Hess Corporation は世界をリードする独立系エネルギー会社で、原油と天然ガスの探査と生産に従事しています。Hess Corporation は、1933 年に創立され、多くの国々に支社があります。本社をニューヨークに置き、支社はヒューストン、テキサス、マレーシアのクアラルンプールにあります。

Hess は戦略上、財政上、その他の理由から事業の買収および売却を行っています。このプロセスは、効率的に管理されないと、組織のすべての部分に影響を及ぼし、組織や事業の中断を引き起こす可能性があります。2013 年、Hess は、事業を合理化し、自社のエネルギーの探査と生産(E&P)に力を入れることを決定しました。このプロセスの一環として、Hess は、2013 年 3 月に、小売、エネルギーマーケティング、およびターミナルを含む、自社のダウンストリームビジネスを売却する意図を発表しました。買収者のためにビジネスシステムやデータが分割されることを予測して、Hess の IT 部門では、2013 年 7 月にアマゾン ウェブ サービス (AWS) での作業を開始し、2014 年 1 月までにその環境を運用および実稼働させる契約を締結しました。

「当社は、クラウドテクノロジーおよび Infrastructure as a Service (IaaS) などを取り入れていましたが、この売却の発表は、その普及を高める完璧な機会となりました」とリードアーキテクト Jim McDonald 氏は述べています。「当社は、問題なく機能し運用できるインフラストラクチャを買収者に提供する義務がありました。また、Hess に対しては、インフラストラクチャが法的にも物理的にも迅速に処理できるように保証する義務がありました。クラウドを使用することで、これらすべての要件を満たすことができ、その成果に驚嘆しました。

2013 年の初めに、当社の IT 部門は AWS Partner Network (APN) のアドバンストコンサルティングパートナーである Nimbo とクラウドに関するディスカッションを開始しました。Hess は Nimbo と協力してクラウドプロバイダの候補リストを作成し、最終的にアマゾン ウェブ サービス (AWS) を選択しました。

「当社には、アプリケーションの再設計を行う時間がありませんでした」と McDonald 氏は述べています。「AWS では、Windows Server 2003、幅広い SQL Server データベースと Oracle データベース、および堅牢な Citrix 環境で、当社のレガシー 32 ビットアプリケーションをサポートすることができます。」

インフラストラクチャの AWS への移行を準備するため、Hess および Nimbo では、次の 2 つの側面を持つアプローチを開発し、並行して実装しました。

• 移動対象のサーバー、オペレーティングシステムのレベル、プロセッサおよびメモリ要件、ストレージ構成、およびバックアップおよびリストア要件を特定した詳細なインベントリ

• 買収者に移行するアプリケーション、統合ポイント、パフォーマンス要件、リモートアクセス、ディスクの消費量と拡大を特定したアプリケーションレビュープロセス

「インフラストラクチャに何らかの変更を加えることで移行を困難にすることは避けたいと考えていました」と McDonald 氏は述べています。「可能な限り、オンプレミス環境と同じ仕様で AWS のインスタンスを構築しました。」

Nimbo の共同設立者であり COO である Ira Bell 氏は、「当社は、AWS こそが組織全体をパッケージ化し、買収者に引き渡す概念を具現化することができる手段であると確信しました」と述べています。当社は、まるで生き物であるかのように、エネルギーマーケティングビジネスを処理するための作業を行いました。生き物であるかのようなエネルギーマーケティングビジネスを、エスクロータイプの環境または中立ゾーンと見なされる環境に配置する方法を検討するため多くの時間を割きました。移行時に、ビジネスが中断されることなく、正常に運営されるようにすることが極めて重要でした。

Hess では、7 月に一連のパイロットアプリケーションを選択し、AWS プラットフォームのベースインフラストラクチャの構築に着手しました。迅速にこの開発を完了し、上層部からの賛同を得た後、チームは、数週間を費やして、その他のアプリケーションポートフォリオの詳細情報を収集し、セキュリティ要件について Nimbo に説明しました。

クラウド環境で操作することは、Hess にとって組織的、文化的な移行となり、アプリケーションチームの同意を得ることが大変重要でした。「AWS プラットフォームの機能ですべてのユーザーがより快適に作業できるようにすること、そして、このアプローチを信頼することが極めて重要でした」と McDonald 氏は述べています。Nimbo では、アプリケーション開発者 – 普段 AWS を利用したことのない – 向けに非公式セッションを開催しました。このセッションは、主要なクラウドテクノロジーと機能を学習する機会になりました。

Hess は、2013 年 8 月、AWS で Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) を使用して、オンプレミスのデータセンターを接続するための VPN 接続を確立しました。「Amazon VPC は、当社にとって、複数のサーバーを適切なサブネットに論理的に分割し、当社が必要とする方法でネットワーク構成を適用できる優れた手段です。

企業のニーズの変化とともに、さらに一貫性のあるネットワークパフォーマンスを得るため、Hess は、1 Gbps の接続を備える AWS Direct Connect に切り替えました。「当社の移行時のデータレプリケーション要件はかなり複雑でした」と McDonald 氏は述べています。「すべては期待どおりに機能しており、当社のサポートチームは、当社のデータセンターで使い慣れたこれまでと同じツールを使用してサーバー管理を行うことができました。クラウドへの移行は基本的に、当社のネットワークの拡張でした」

Hess では、米国東部(バージニア北部)リージョンで約 300 台のサーバーを AWS に移行しました。Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスにアタッチされている Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) では、ほぼ 500 TB のデータのブロックレベルのストレージが提供されています。保存用のプロビジョニングされた IOPS ボリュームを EBS 向けに最適化されているインスタンスと併用することで、より厳しい IO デマンドで、一貫性のある低レイテンシーのパフォーマンスが提供されます。極端な事例では、プロビジョニングされた IOPS ボリュームが、パフォーマンスを向上させるために RAID アレイとして構成されていました。

また、この環境は、災害対策(DR)用の環境の状況を改善するため、複数のアベイラビリティーゾーンにまたがっていました。「契約上 DR 機能を提供する義務があるため、当社では、買収者が DR プランのベースとして使用できるように、2 番目のアベイラビリティーゾーンに開発環境を配置しました」と McDonald 氏は述べています。

オンプレミス環境では、Hess はテープバックアップシステムを使用していました。AWS では、チームはすべてのボリュームのスナップショットを作成し、データの夜間バックアップのために、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) にそれらを保存するプラットフォームを構成しました。スナップショットは、ファイルの取り出しプロセスまたはロールバックプロセス用のインスタンスにアタッチされます。「スナップショットは、サーバー障害およびデータの誤った削除や破損の両方に対応できます」と McDonald 氏は述べています。「当社は、Amazon EC2 コンソール、Amazon EC2 コマンドラインインターフェイス (CLI) ツール、または API を使用して、同一リージョン内から他の AWS リージョンへスナップショットを簡単にコピーできる機能を利用しました。当社は、スナップショットコピーを使用して、データのバックアップを作成し、新しい Amazon EBS ボリュームを作成し、Microsoft Windows Server 2003 および Windows Server 2008 で実行される標準の Amazon Machine Images (AMIs) を作成します。

Hess では、SQL Server 2000、SQL Server 2005、および SQL Server 2008 の環境で Standard および Enterprise バージョンを含む、複数のバージョンの Microsoft SQL Server を使用していました。SQL Server Database と Oracle Database のバックアップを作成するめ、まず、ネイティブのデータベースバックアップツールを使用して、 Amazon S3 にデータを保存し、その後、長期アーカイブ用の Amazon Glacier に保存しました。

Amazon CloudWatch では、クラウドリソースおよびアプリケーションを監視しています。Hess のオンプレミスのインフラストラクチャには、ロードバランシング用の NetScaler デバイスとアプリケーションファイアウォール管理のための F5 が含まれています。Hess は AWS Marketplace を使用して、クラウドでオンプレミスのデバイスを仮想化しました。図 1 に AWS のインフラストラクチャを示します。

hess-arch-diagram

図 1. AWS 上のエネルギーマーケティングインフラストラクチャ

エネルギーマーケティングの IT 環境は、約 50% が市販ソフトウェアで、50% がカスタムアプリケーションで構成されています。ほとんどすべてのカスタムアプリケーションは、Microsoft .NET Framework を使用して開発されています。アプリケーション(カスタムアプリケーションおよび市販アプリケーションの両方)の多くは、必要に応じて、SQL Server Database か Oracle を使用しています。アプリケーションの約 70% はウェブベースで、残りは「シッククライアント」(つまり、ネットワークに接続されているコンピュータで実行されている)です。

Hess は、環境を迅速に作成および構築し、フェイルファスト(エラーの早期検知)が可能となるように、AWS プラットフォームを活用しました。「思い通りに作動しないことがあっても、その部分を分解して、数時間または数日で再構築することができます」と McDonald 氏は述べています。「多数のサーバーを迅速に構築できる柔軟性は、当社にとって非常に大きなメリットがあります。」

Hess は、実稼働環境に必要なサーバーの半数を構築し、残りの半分はコードを使用してそのクローンを作成しました。Nimbo はこのアプローチを使用して 1 日で 100 個のサーバーを構築することができました。「これは、当社のオンプレミス環境では考えられないことでした」と McDonald 氏は述べています。「ボタンをワンクリックするだけで 100 個のサーバーを構築できることは、本当に素晴らしいの一言に尽きます。」Bell 氏は、「Nimbo における当社の主な強みは、DevOps プラクティスです。」とコメントしています。当社には AWS などの有用なプラットフォームを本当に活用できるリーダーが何人かいます。

AWS クラウドを実行することにより、Hess は、長期間にわたる調達およびライセンス許諾プロセスを必要とすることなく、Microsoft Windows および SQL Server をインストールし、仮想アプライアンスを容易に作成できるようになりました。「このタイプのプロジェクトには、常に課題があります」と McDonald 氏は述べています。「AWS 環境では、特定の問題を解決する際に、複数の異なる方法から選択できます。その柔軟性が当社の成功の鍵となりました。」

「このプロジェクトは、市場投入への迅速化に関するものであり、6 か月で AWS クラウドへの移行が完了しました」と McDonald 氏は述べています。「物理サーバーを使用している場合は少なくとも 2 倍の時間がかかりました。」

Hess は、長期にわたるサポート契約を締結することなく、インフラストラクチャを新しい所有者にできる限りシームレスに移行する必要がありました。Hess では、2014 年 1 月にエネルギーマーケティングの実稼働環境として AWS を使用し始め、この環境を 2 月に買収者に移行しました。

セキュリティリスクと環境へのアクセスを最小限に抑えるため、Hess では AWS Multi-Factor Authentication (MFA) を使用して認証を行っています。買収者が AWS アカウントを設定し、認証情報が送信された後に、Hess がデバイスを引き渡します。「移行は 30 分の会議の間に実行できます」と McDonald 氏は述べています。「とても簡単です。」

「実際、Hess および Nimbo は、クラウドに関して見てきたどの使用事例よりもユニークな方法で、AWS を活用していました」と Bell 氏は述べています。「当社は、よくまとめられたシンプルなプロセスにより、買収者への引き渡しを完了させることができ、同時にビジネスも期待どおりに継続させることができました。私は、Hess および AWS のソートリーダーシップに非常に感銘を受けましたし、彼らが Nimbo にこの優れたクラウド実装にかかわる機会を与えてくれたことを非常に嬉しく思いました。」

買収の成功により、Hess ではクラウドサービスが有用であることが広く知られるようになりました。「当社が Hess にデモンストレーションを行った内容は、AWS を導入することにより可能になる操作についてでした」と McDonald 氏は述べています。「この特定の取り組みの推進力となったのは売却でした – しかし、このプロセスを経験したことで、当社は AWS クラウドで何ができるかを理解することができました。将来、当社は、当社のオンプレミス設備の代替として、クラウドソリューションを構築する見込みです。

AWS でビジネスを運用する方法に関する詳細については、エンタープライズ IT の詳細ページ http://aws.amazon.com/enterprise-it/ にアクセスしてください。

Nimbo による AWS クラウド実行のサポートの詳細については、AWS パートナーディレクトリで Nimbo 社の情報をご覧ください。