2009年に、IT 企業 ionatec はブラジル国内のスタートアップ(スタートアップ企業)のための、革新的なウェブ/ソフトウェアソリューションの開発を始めました。それ以来成長を続ける同社は、「クラウドユニット」を新設してクラウドテクノロジーシステムの設計とインテグレーションを専門に行うほか、既存インフラストラクチャをクラウドベース環境に移行するサービスも手がけています。

ionatec の顧客は設立間もない企業であり、自身もスタートアップ企業であることから、自社と顧客企業の限りあるリソースと資金を適切に運用しなければなりません。さらに、ionatec は、テクノロジーに対する多様な需要を支援できる多機能インフラストラクチャを維持する必要があります。

ionatec は、費用と制約の点でデメリットのあるローカルサーバーではなく、クラウドの柔軟性を選びました。ディレクターの Guillermo Nudelman Hess 氏はこう述べています。「当社がクラウドコンピューティングに注目し始めたとき、Amazon Web Services は当社のニーズに最適な選択肢として浮上しました。AWS の完成度の高さと堅牢性を考えると、結論はすぐに出ました」

「現在、当社のプロジェクトでは、AWS のさまざまなサービスが使用されています。当社は自前のサーバーを持たないので、ステージングと本番の両方の環境を Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)インスタンスと Amazon Elastic Block Store(Amazon EBS)インスタンス上で運用し、これらのインスタンスでは Linux Ubuntu Amazon マシンイメージ(AMI)を実行しています。画像、音声、動画などの静的ファイルの保存には、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)のバケットを使用しています。アプリケーションのデータベースは、Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)インスタンスで運用しています。さらに、Elastic IP を使用してアプリケーションの IP を割り当て、Amazon Route 53 を使用して DNS(Domain Name System)を管理しています」と Hess 氏は説明します。

下図は、Ruby on Rails、および AWS マネジメントコンソールを使用して開発された ionatec のアーキテクチャの概要です。

ionatec architecture diagram

図 1. AWS の ionatec アーキテクチャ

AWS の導入によって、ionatec は同社のサービス利用状況を統制できるようになり、したがって運用コストも統制可能になりました。同社の本番環境には、Amazon EC2 インスタンスが 2 個使用されており、常時稼働して顧客のプロジェクトをサポートしています。これとは別の Amazon EC2 インスタンスで、Wowza Media System AMI を実行しています。ionatec のステージング環境は、さらに別の Amazon EC2 インスタンス 2 個でホスティングされていますが、契約は午前8:00から午後8:00までとなっているので、それ以外の12時間はリソースが無駄に消費されることはありません。

現在の AWS 機能スタックが良好に機能していることから、同社はインフラストラクチャサービスの拡張を計画しています。Hess 氏は付け加えます。「当社は、自動化伸縮自在性の実現に向けて Amazon CloudWatchAuto ScalingElastic Load Balancing も使い始める予定です。また、Amazon CloudFront を使用したコンテンツ配信管理の実験も行っています」

今度も新規システムの開発を続けるにあたり、同社は Amazon Simple Queue Service(Amazon SQS)、Amazon Simple Notification Service(Amazon SNS)、および Amazon Simple Email Service(Amazon SES)の統合を予定しています。また、AWS CloudFormation による AWS 環境全体の作成と管理の評価も行っています。

「私の考えでは、クラウドコンピューティングはどのスタートアップ企業にとっても、非常に便利です。使用したリソースの分と、使用した時間の分だけを支払えばよいので、節約した資金を開発チームに回すことができます。AWS に限って言えば、信頼性と拡張性が高く、リソースをいつでも利用できるので、クラウドコンピューティングの利用が簡単になるとともに、複雑なシステムと単純なシステムの両方の開発が可能になります」と Hess 氏は述べています。

ionatec による AWS クラウド実行のサポートの詳細については、AWS パートナーディレクトリで ionatec 社の情報をご覧ください。