MacmillanLearning_Customer-Reference_Logo@2x

Macmillan Learning の導入事例

2016 年

Macmillan Learning は、教育と学習を促進するためのコンテンツ、ツール、サービスの提供を主な業務とする、教育ソリューション企業です。世界中の優れた研究者、教育者、管理者、開発者とのパートナーシップを通じて、同社は学生の熱意を高め、成果を向上させるような教育と学習の機会を広げています。同社は教育者に対し、学生の好奇心を呼び起こし、進歩を測定するために設計されている、目的に合わせたソリューションを提供します。LaunchPad は Macmillan Learning のフラッグシップとなるデジタル教育用ソフトウェアです。これはコース固有の目的を達成し、学生の学習を助けるために教育者が使用し、カスタマイズすることができるアプリケーションです。

Python のチュートリアルを開始する
kr_quotemark

AWS を使用することで、Launchpad のオンデマンドキャパシティーが実現します。学習年度ごとに発生しているユーザー数の急増に対応するため、アプリケーションを簡単にスケーリングできます。

Dawit Lessanu
Macmillan Learning、アーキテクチャおよびエンジニアリング担当バイスプレジデント

課題

Launchpad は同社のデジタル学習アプリケーションで最も急速に成長しているアプリケーションです。2016 年から 2017 年の学年において、Macmillan では Launchpad ユーザーが前年度の 3 倍に達することを予想しています。「このアプリケーションの需要は年々伸びています」と Macmillan Learning のアーキテクチャおよびエンジニアリング担当バイスプレジデント、Dawit Lessanu 氏は言います。

しかし、Launchpad はコロケーションされたデータセンターでホストされていたため、そのような急速な成長への対応が課題となりました。Lessanu 氏は次のように述べています。「従来のデータセンターモデルはもう機能しなくなっていました。拡大への対応に必要なキャパシティーをすばやくプロビジョニングするために、拡張性と俊敏性の向上が必要でした」

Macmillan Learning では、アプリケーショントラフィック周期に対処するための伸縮性も必要としていました。Macmillan Learning のコミュニケーション担当バイスプレジデント、Kate Geraghty 氏は次のように述べています。「学年中には、学生からアプリケーションへのアクセスが特に多くなるピークが発生します。そのニーズに対応するためには、最大キャパシティーを 24 時間 365 日データセンターにプロビジョニングしておく必要がありました。学年の休みの時期にはアプリケーションをすばやくスケールダウンできる俊敏性が求められていました」

アマゾン ウェブ サービスが選ばれた理由

拡張性、俊敏性、伸縮性のニーズを満たすため、Macmillan Learning では Launchpad をクラウドに移行することを決定しました。さまざまなクラウドテクノロジープロバイダーの検討後、同社はアマゾン ウェブ サービス (AWS) へのオールインを選択しました。「イノベーションと拡張性という点で、AWS こそ当社に最も適していることがわかりました」と Lessanu 氏は言います。AWS では、Macmillan Learning と協力して、クラウド移行を支援するパートナーを選びました。「移行戦略の計画と実行において社内チームを補佐してくれる人が必要でした」と Lessanu 氏は語ります。AWS が紹介したのは AWS のアドバンスドコンサルティングパートナーである Relus でした。同氏は次のように述べています。「課題の 1 つは、非常に複雑なアプリケーションプラットフォームを短い時間でデータセンターから AWS クラウドに移行させる必要があったことです。これには AWS についての深い技術的知識が必要でしたが、Relus はそのような知識を提供してくれました」

Relus は Macmillan Learning が Launchpad を AWS に移行するのを支援し、90 個の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス (Linux サーバーと Windows サーバーが混在) で運用し、後方には Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ストレージボリュームを配置しました。Launchpad では、静的コンテンツ保存に Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、グローバルなコンテンツ配信ネットワーク (CDN) に Amazon CloudFront も使用しています。Macmillan Learning では、自社データセンターから AWS への専用ギガビットネットワーク接続として AWS Direct Connect も使用しています。「一部のレガシーアプリケーションと認証サーバーがまだオンプレミスに残っていますので、クラウドとデータセンター間のリスク軽減に Direct Connect が役立っています」と Lessanu 氏は言います。さらに、Macmillan では Auto Scaling を使用して、条件に応じた Amazon EC2 キャパシティーのスケールアップ/ダウンを自動化しています。

Relus との協力により、Macmillan Learning は Launchpad の全面的なクラウド移行を数か月で実現させることができました。「Relus は、アプリケーションの仮想インスタンスをデータセンターから AWS に移行させる際、専用ツールを使って移行スピードを向上させ、スムーズな移行を助けてくれました」と Lessanu 氏は語ります。

利点

Launchpad の AWS クラウドへの移行により、Macmillan Learning では Launchpad のユーザー増加にさらにすばやく対応できるようになりました。Lessanu 氏は次のように述べています。「AWS を使用することで、Launchpad のオンデマンドキャパシティーが実現しています。学習年度ごとに発生しているユーザー数の急増に対応するため、アプリケーションを簡単にスケールできます。新しいインスタンスのプロビジョニングにかかる時間は数分になりました。以前は何時間もかかっていたものです」

Macmillan Learning では、時期に合わせて伸縮自在にスケールすることもできています。「AWS の使用で Launchpad アーキテクチャを適性なサイズに設定できるため、学期中のピーク時の使用量をサポートしながら、学生が夏休みや冬休みに入る時期にはキャパシティーをスケールダウンする伸縮性を実現できています」と Lessanu 氏は語ります。「常時最大キャパシティーをプロビジョニングしておく必要がなくなりました。これでかなりの金額を節約できると思います」

同社はクラウドの俊敏性を生かして、Launchpad の新機能やその他のサービスの市場投入速度を向上させています。Geraghty 氏は次のように述べています。「AWS によって得られた俊敏性と柔軟性によって、革新的なサービスをすばやく教師と学習者に届けられます。お客様は当社がすばやく対応し、Launchpad をさらに向上させていくことを期待しています。もしそうできなければ、お客様のニーズを満たせないということになります。AWS を使用することで、当社は物事にすばやく機敏に対応できます。これは成長を続けるために不可欠です」

Macmillan Learning では、Launchpad の海外展開をさらに推進できるようになることも予期しています。Lessanu 氏は次のように言います。「当社の必要とする海外展開を AWS で実現できるため、今後のグローバルな学習需要に対応する、より良い備えができたと思います。ビジネスを成長させていくための優れた基盤ができました」 Macmillan Learning では、拡大に合わせて AWS の他のサービスを利用することも考えています。Lessanu 氏は次のように語ります。「分析やその他のビジネス要件のために、AWS エコシステムを今後もっと活用していく計画です。そして、AWS のイノベーションを活用し、お客様のニーズにさらに応えていきます」


Macmillan Learning について

Macmillan Learning は、教育と学習を促進するためのコンテンツ、ツール、サービスの提供を主な業務とする、教育ソリューション企業です。 


利用している AWS のサービス

Amazon EC2

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) は、安全でサイズ変更可能なコンピューティング性能をクラウド内で提供するウェブサービスです。デベロッパーがウェブスケールのクラウドコンピューティングを簡単に利用できるように設計されています。

詳細はこちら »

AWS Direct Connect

AWS Direct Connect はお客様の設備から AWS への専用ネットワーク接続の構築をシンプルにするクラウドサービスソリューションです。

詳細はこちら »

Amazon CloudFront

Amazon CloudFront は、データ、動画、アプリケーション、および API をすべてのデベロッパーにとって使いやすい環境で、低レイテンシーの高速転送により世界中の視聴者に安全に配信する高速コンテンツ配信ネットワーク (CDN) サービスです。

詳細 »

Amazon EBS

Amazon Elastic Block Store (EBS) は、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) と共に使用するために設計された、スループットとトランザクションの両方が集中するどんな規模のワークロードにも対応できる、使いやすい高性能なブロックストレージサービスです。

詳細 »

Amazon S3

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) は、業界をリードするスケーラビリティ、データ可用性、セキュリティ、およびパフォーマンスを提供するオブジェクトストレージサービスです。

詳細 »


開始方法

あらゆる業界のさまざまな規模のお客様が、AWS を活用してビジネスを日々変革しています。AWS のエキスパートにお問い合わせのうえ、今すぐ AWS クラウドジャーニーを開始しましょう。