Philips のヘルスケア部門は、米国での診断、治療、予防のためのソリューションを提供しています。様々な決定を導き出すために使用するデータ量が 3,700 万レコードに達し、自社のオンプレミスのデータベースでは扱うことができなくなったため、同社は AWS の導入を決定しました。Philips では、Amazon Redshift 向けの AWS Marketplace 製品の 1 つである、Attunity CloudBeam を 1 分以内でセットアップし、AWS クラウドへのデータの転送を簡単に自動化し、時間の短縮を実現しました。AWS を使用する前の、最短のデータ転送スピードは、1 分間あたり 434 レコードでした。しかし、AWS を使用することで、3,700 万レコードものデータの転送がわずか 90 分で完了し、大型のデータセットの最適化を 2 時間以内に完了できました。

Philips による Attunity を使用した、記録的な速さの大型データセットの Amazon Redshift への転送 (4:03)

philips-attunity-thumb

ヘルスケア分野で AWS が使用されている方法の詳細については、ヘルスケアの詳細ページ http://aws.amazon.com/health/ をご覧ください。

Attunity による AWS クラウド実行のサポートの詳細については、AWS パートナーディレクトリAttunity の情報をご覧ください。