投稿日: Nov 30, 2016

より大きなインスタンスサイズ、新しい Intel Broadwell プロセッサ、向上したネットワーキングおよび EBS パフォーマンス、および、R3 インスタンスと比較して GiB 当たりでより安価になった RAM を特徴とする、次世代の Amazon EC2 メモリ最適化インスタンスである R4 インスタンスを起動できるようになりました。R4 インスタンスは、ビジネスインテリジェンス (BI)、データマイニングや分析、インメモリデータベース、Web スケールの分散インメモリキャッシング、構造化されていないビッグデータのリアルタイム処理を実行するアプリケーションなど、メモリを大量に消費し、レイテンシーの影響を受けやすいワークロードに最適です。

R4 インスタンスは、最大 64 個の vCPU と 488 GiB の DDR4 メモリを提供し、デュアルソケット Intel® Xeon® E5 Broadwell プロセッサ (2.3 GHz) を搭載しています。R4 は最大 20 Gbps のネットワーク帯域幅、Elastic Network Adapter (ENA) に基づく拡張ネットワーキング、および 12 Gbps の EBS 専用スループットを提供します。R4 インスタンスで拡張ネットワーキングを使用すると、ネットワークパフォーマンスの大幅な向上が得られます。より小さなインスタンスサイズ (r4.large、r4.xlarge、r4.2xlarge、r4.4xlarge) では、最大 10 Gbps のピークネットワークスループットを提供します。一方、最大 R4 インスタンスサイズ (r4.16xlarge) では、各方向で 20 Gbps のトラフィックまで対応可能です。すべての R4 インスタンスサイズで、1 秒あたりのパケットの高いパフォーマンス、および ENA を使用した常に低いレイテンシーを実現します。このようなネットワークパフォーマンスの改善は、データ分析、バッチ処理、高パフォーマンスデータベース、インメモリ分析、ゲノムアセンブリおよびゲノム分析を含む多くのワークロードにおいてメリットがあると予想されます。

R4 インスタンスは、米国東部、米国西部、欧州、中国、アジアパシフィック、南米、および AWS GovCloud にて、オンデマンドインスタンス、またはリザーブドインスタンスとして提供されます。詳細については、Amazon EC2 料金表ページを参照してください。

開始するには AWS マネジメントコンソールAWS コマンドラインインターフェイス (CLI)、および AWS SDK をご覧ください。