AWS Batch

フルマネージド型バッチ処理をあらゆる規模で行えます

AWS Batch を使用することにより、開発者、科学者、エンジニアは、数十万件のバッチコンピューティングジョブを AWS で簡単かつ効率的に実行できます。AWS Batch では、コンピューティングリソース (CPU やメモリ最適化インスタンスなど) の最適な数量とタイプを、送信されたバッチジョブの量と具体的なリソース要件に基づいて動的にプロビジョニングします。AWS Batch を使うと、ジョブを実行するためのバッチコンピューティングソフトウェアやサーバークラスターをインストールしたり、管理したりする必要がなくなります。これにより、結果の分析と問題解決に集中できます。AWS Batch では、Amazon EC2スポットインスタンスなどの幅広い AWS コンピューティングサービスおよびバッチコンピューティングワークロードを計画、スケジュール、実行します。

AWS Batch に対する追加料金はありません。バッチジョブを保存したり実行したりするために作成した AWS リソース (EC2 インスタンスなど) に対してのみ料金が発生します。

利点

フルマネージド型

AWS Batch により、サードパーティーの商用バッチ処理ソリューションやオープンソースバッチ処理ソリューションは不要になります。バッチソフトウェアやサーバーのインストールや管理は必要ありません。AWS Batch では、必要なすべてのインフラストラクチャが管理されます。バッチコンピューティングジョブのプロビジョニング、管理、モニタリング、スケーリングといった複雑な作業がなくなります。

AWS との統合

AWS Batch は AWS プラットフォームとネイティブに統合されています。ですから、AWS のスケーリング、ネットワーキング、アクセス管理機能を利用できます。こうして、Amazon S3 や Amazon DynamoDB などの AWS データストアのデータを安全に取得して書き込むといったジョブを簡単に実行できます。

コストを最適化したリソースのプロビジョニング

AWS Batch を使用すると、送信されたバッチジョブのボリュームと必要なリソースに応じて、コンピューティングリソースのプロビジョニングと、ジョブディストリビューションの最適化が行われます。AWS Batch により、バッチジョブの実行に必要な数量に合わせて、コンピューティングリソースが動的にスケーリングされます。容量が固定されたクラスターの制約を受けません。AWS Batch を使用すると、ユーザーに代わってスポットインスタンスへ動的に入札できます。こうして、バッチジョブを追加で実行するコストを削減できます。

ユースケース

金融サービス: 取引後の分析

1 日の取引コスト、レポート作成、市場成果の分析を自動化します。

product-page-diagram-AWS-Batch_financial-services

ライフサイエンス: バイオ医薬品業界の薬物スクリーニング

創薬で、低分子化合物ライブラリをすばやく検索できます。

product-page-diagram-AWS-Batch_life-sciences

デジタルメディア: 視覚効果のレンダリング

コンテンツのレンダリングワークロードを自動化して、実行の従属関係やリソースのスケジューリングのために人間が介入する必要がなくなります。

product-page-diagram-AWS-Batch_digital-media-1

AWS の使用を開始する

icon1

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。
icon2

10 分間チュートリアルで学ぶ

簡単なチュートリアルで学習します。
icon3

AWS で構築を開始する

ステップバイステップのガイドに従って構築を開始すれば、 AWS プロジェクトを立ち上げることができます。

AWS Batch の詳細について

特徴ページをご覧ください
構築を始めましょう。
AWS Batch の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ