Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Cloud Directory

Cloud Directory の更新 – Typed Links のサポート

今年始めに公開したブログ「Cloud Directory – 階層データの AWS クラウドネイティブディレクトリ (Cloud Directory, our cloud-native directory for hierarchical data)」では、厳密に型指定された入力の階層データを大量保存できるように設計された方法について説明しました。Cloud Directory は何百万というオブジェクトを保存するようにスケールできるので、様々なクラウドアプリケーションやモバイルアプリケーションに最適です。最初のブログ投稿では、どのようにして各ディレクトリに 1 つ以上のスキーマがあるか、そしてそれにより 1 つまたはそれ以上のファセットがあるかについて説明しました。各ファセットは、オブジェクトの必須の属性および許容される属性の一連を定義します。 Typed Links の概要 本日より、Typed Links のサポートを追加することで Cloud Directory モデルの表記枠を拡大しました。次のリンクを使用して複数の階層に渡りオブジェクトとオブジェクトの関係を作成できます。ディレクトリにある複数のタイプのリンクをそれぞれ定義することができます (各リンクの種類はディレクトリと関連付けているスキーマ 1 つの個別ファセットです)。タイプの他に、各リンクには一連の属性を与えることができます。Typed Links は、他のオブジェクトと関係する既存のオブジェクトを不注意に削除しないようにすることで、参照データの整合性を維持する上で役立ちます。たとえばロケーション、ファクトリー、フロア番号、ルーム、マシン、センサーなどのディレクトリがあるとします。こうした情報はそれぞれ階層内で豊富なメタデータ情報を含む Cloud Directory のディメンションとして表示することが可能です。Typed Links を定義し使用することで、様々な方法でオブジェクトを連携させたり、メンテナンス要件に繋がる Typed Links の作成、サービス記録、保証、安全情報などをリンクの属性を使用してソースオブジェクトと対象オブジェクト間の関係の追加情報を保存できます。そしてリンクタイプや属性の値をベースにクエリを実行することができます。たとえば、過去 45 日以内に消去されていないすべてのセンサーや、保証期間が過ぎたモーターをすべて探すことができます。指定されたフロアにあるすべてのセンサーを探したり、指定されたタイプのセンサーがあるフロアすべてを探すことができます。 Typed Links を使用する Typed Links を使用するには、1 つ以上の Typed Link ファセットをスキーマに追加します。追加するには CreateTypedLinkFacet関数を呼び出します。次に […]

Read More