Amazon Web Services ブログ

【開催報告】 オンライン化によって進化する次世代自販機のご紹介

2024 年 6 月 20 日、21 日に開催された AWS Summit Japan の展示から、「新価格体験を実現する次世代自販機」をご紹介します。この展示では、消費財企業にとって重要な Direct to Consumer の販売チャンネルである自販機をオンライン化することによって進化させて、在庫や周囲環境の状況に合わせて販売価格を最適化するダイナミックプライシングのアイデアを紹介しました。

Karpenter を採用することで Slack はどのように業務効率とコスト効率を高めたか

Slack は人々、会話、アプリ、システムを 1 つの場所につなぐ AI を活用した業務用のプラットフォームです。Slack は、コンテナのデプロイや管理をシンプルにするために、”Bedrock” というコードネームの内部コンピューティングオーケストレーションプラットフォームを Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) を採用して構築しました。Bedrock は、単一の YAML ファイルでビルド、デプロイ、ランタイム環境を処理することで、Slack 内部の開発者の複雑さを大幅に軽減しています。また、Jenkins、FQDN サービスディスカバリー、Nebula overlay network などのツールを活用して効率的な運用を実現しています。Slack のアプリケーションの 80% 以上が Bedrock で稼働しており、テストの精度が向上し、インフラストラクチャの管理が洗練されたことで、開発者はより効率的に作業できるようになりました。

Amazon ECS サービスにおけるソフトウェアバージョンの一貫性の実現

Amazon ECS におけるソフトウェアバージョンの一貫性の実現

Amazon ECS は、アプリケーションのソフトウェアバージョンの一貫性を保証するようになりました。この新機能では、ECS サービスの各バージョン (デプロイメント) において、ECS がコンテナイメージタグをコンテナイメージダイジェストに解決します。これにより、デプロイメントライフサイクル全体で同一のコンテナイメージが使用されることを保証し、アプリケーションのセキュリティと一貫性を向上させることができます。

週刊生成AI with AWS – 2024/7/15週

週刊生成AI with AWS, これからもどんどんお客様の取り組みを支援していきたい2024年7日22日号 – 丸紅株式会社様、jinjer株式会社様の国内事例ブログを公開。その他ブログでは生成AIアプリケーションにおけるデータベースの選び方解説、製造業のお客様での生成AI導入推進の進め方ブログなども公開しています。サービスアップデートではSageMaker Canvasでファインチューニングしたモデルの他アプリからの利用が容易に、Amazon Q Developerのユーザ認証について独立したセッション持続時間の設定が可能に、という2件をお知らせ。

Weekly aws Japan edition

週刊AWS – 2024/7/15週

Amazon OpenSearch Serverless にスマートキャッシュ機構が追加、Amazon RDS for MariaDB でデータベースプレビュー環境でv 11.4 が利用可能に、AWS Security Hub で 24 の新しいセキュリティコントロールが追加、Amazon Corretto で四半期リリースがダウンロード可能に、SageMaker Canvas でリアルタイム推論エンドポイントに対して、ファインチューンされた Foundation Model (FM) のデプロイがサポート など

AWS Elastic Disaster Recovery を使用した VMware Cloud on AWS の災害対策

この投稿では、VMware Cloud on AWS の仮想マシンに対して、 AWS Elastic Disaster Recovery を使用し、ダウンタイムとデータ損失を最小限に抑えたコスト効率の高い DR ソリューションを解説します。

生成 AI アプリケーションのデータベース選択における重要な考慮事項

本投稿では、生成 AI アプリケーションのデータベース選択において鍵となる要素について解説します。解説にあたっては、現在 AWS で利用可能なベクトル検索機能を備えたフルマネージドデータベースに関連する、高レベルの考慮事項とサービス特性に焦点を当てています。各データベースにおける動作とパフォーマンス面の差異を確認し、特定の要件に基づいて情報に基づいた決定を行う方法についてのガイダンスを提供していきます。

モダナイゼーションとクラウドへの移行を支援するために、二酸化炭素排出量削減に関する議論をどのように推進するか

このブログでは、持続可能な IT トランスフォーメーションへの取り組みを始めるためのステップバイステップのアプローチを紹介します。