Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Cloud9

モダンアプリケーション開発ホワイトペーパー(日本語改定版)が公開されました

皆さん、こんにちは! モダンアプリケーション開発スペシャリスト ソリューションアーキテクトの福井です。 私が執筆したモダンアプリケーション開発のホワイトペーパー(日本語版)がAWSホワイトペーパーサイトで公開されましたので、その内容を紹介させて頂きます。このホワイトペーパーは、以前こちらのブログで紹介させて頂いたModern Application Development on AWS(英語版)の日本語版になります。   ホワイトペーパーの内容 公開されたホワイトペーパードキュメントは、「AWS モダンアプリケーション開発 – AWS におけるクラウドネイティブ モダンアプリケーション開発と設計パターン」(日本語版)というタイトルの51ページのドキュメントで、 はじめに モダンアプリケーション開発 モダンアプリケーションの設計パターン AWSでのCI/CD まとめ の各章から構成されています。各章の簡単なご紹介は下記の通りです。

Read More

新しいサーバーレスアプリ作成機能で CI/CD も作成した、その後…

本記事は「新しいサーバーレスアプリ作成機能で CI/CD も作れます」のその後のステップとして記述しています。まだその記事を見ていない方は、まずはそちらをご覧ください。以下は、その機能で、テンプレートとして Serverlerss API backend を選択し、プロジェクトリポジトリとして CodeCommit を作成された結果を元に説明しています。CI/CD や CodeCommit をよくご存知の方は読み飛ばしていただいて構いません。 実行テスト 作成されたアプリケーションは、何も変更しなくてもすでに実行できる状態にあります。 例えば、ターミナルなどから以下のコマンドを実行してみてください(なお、下記のように日本語を含むデータで実行する場合は、ターミナルの文字コード設定が UTF-8 であることを確認ください)。 curl -d ‘{“id”:”001″,”name”:”テスト”}’ -H “Content-Type:application/json” -X POST https://<<API EndPoint>> DynamoDBのコンソールをみると、新しいデータが登録されることがわかります。もちろん、好みの REST API テストツール(ブラウザプラグインなど)を使っても構いません。 構成の確認 生成されたアプリケーションで、API 定義、Lambda 関数がどのように定義されているかを見るのは、サーバーレスを始めたばかりの開発者には参考になるかと思います。例えば、API Gateway の構成を見てみると、以下のように設定されていることがわかります。 名称で想像できる通り、3つの関数は、全件検索、データの書き込み、特定 ID のデータの取得のための処理であり、それらが対応する API に紐づけられています。この 3つの処理はよく使われる典型的なものですので、そのコードは、多くの処理で参考になるでしょう。 コードの編集 テンプレートベースのサーバーレスアプリ作成機能で設定された Lambda 関数がどういうものか、コンソールから確認してみましょう。作成したサーバーレスアプリケーションへ Lambda コンソールからアクセスし、その中のリソースのセクションを見ると Lambda Function タイプのものが作成されていることがわかります。 ここにあるリンクをクリックすれば、それぞれの Lambda 関数の画面に飛びますが、そのコードは表示されず、「インラインコード編集を有効にできません」と表示される場合があります。生成されたコードはどこにあるのでしょう? もう一度、Lambda […]

Read More