Amazon Web Services ブログ

Category: General

AWS Dev Day Tokyo 2018 Machine Learning トラック資料公開

AWS Dev Day Tokyo 2018が、2018年10月29日から11月2日にかけて5日間開催されました。Machine Learningのトラックオーナーを担当したSAの鮫島より、Machine Learningトラックならびにハンズオンの内容をご紹介します。Machine Learningトラックは、機械学習システムを開発・運用するためのAmazon SageMakerと、機械学習システムにおいて重要な役割を担うIoTのセッションで構成されています。 Machine Learningトラックにおいて、お客様セッションにご登壇を頂いたコネヒト株式会社 島田様、Wantedly株式会社 南様、CfPセッションにご登壇いただいた株式会社スナックミー 三好様、鈴木様に御礼申し上げます。また、会場にお越し頂いた皆様ならびにストリーミングを御覧頂いた皆様へ御礼を申し上げます。

Read More

Amazon SQS のFIFO機能が東京リージョンでもご利用いただけるようになりました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 非常に多くのユーザーさんからご要望をいただいていた Amazon SQS のFIFO (First In First Out)機能が東京リージョンでご利用いただける用になりましたのでお知らせいたします。 Amazon SQSの特徴 Amazon SQSは完全マネージド型のメッセージキューイングサービスで、マイクロサービス、分散システム、およびサーバーレスアプリケーションの切り離しとスケーリングを可能とします。 AWS上でのアプリケーション設計において、非常に重要な役割を果たすサービスである一方、そのコンセプトなどが従来の一般的なWEBサービス(以下のような構成です)の設計に頻繁に用いられるものではないことから、使い方のイメージが湧きづらく敬遠されるケースもあります。 非常に良いサービスであり、コストの適正化とシステムの耐障害性を実現することができる可能性のあるサービスですので、少しその特徴を説明します。 コストの適正化: 上記のアーキテクチャを取る場合、ユーザーからのリクエスト数が増えれば増えるほど、WEB、DBともに求められるスペックは比例して向上していきます。これは、すべてのリクエストに対して同期処理、リアルタイムでレスポンスを出力しようとするためです。WEBサービスにおいては、すべてのリクエストが必ずしも同期処理、リアルタイムでのレスポンス出力が必要ないケースがあります。 ECサイトにおけるユーザーからの注文等がその一例です。ユーザーからの注文を受け付けた時点で、画面には「注文を受け付けました。ありがとうございました」と表示させ、後ほどメールやアプリへのプッシュ通知で「注文を確定しました」という連絡をユーザーへ行う実装などはよくあります。 この場合、上記のWEBをさらに2階層に分割し、 1階層目:ユーザーからのリクエストを受け付ける。 SQSへリクエストを書き込む ユーザーへリクエスト受付を行った旨をレスポンスで戻す。 2階層目:SQSに記載されているリクエストを処理する SQSからリクエストを読み込む リクエストを処理ユーザに非同期で処理結果を返す。 とすることができます。この場合、ユーザー数、リクエスト数の増加に応じて求められるスペックの向上が必要なのは、1階層目だけであり、2階層目は自身のコンピュートリソースの状況に応じて任意のタイミングで処理を行うことができるため、システムのサイジングを適切に保つことができます。(もちろんSQSへ書き込まれるリクエストが処理待ち状態で滞留すればするほど、ユーザーからは処理確定の遅延にみえてしまいますので、ある程度のリソース増強は必要になっていきます。) 耐障害性の向上: SQSを採用したアーキテクチャは耐障害性の向上も見込むことができます。SQSは完全マネージド型サービスであり、書き込まれたメッセージが失われることはないため、システム障害においても、SQSからデータを取り出すという処理部分から再開させることで、耐障害性が向上します。 SQS FIFOの特徴 従来のAmazon SQSは、書き込まれたメッセージの配信順序はベストエフォート型であり、「少なくとも最低1回の配信」をサポートしておりました。このため、順番の入れ違いや同じメッセージの複数回配信はアプリケーション側で冪等性を確保しておく必要があり、それらが大きい課題となる場合Amazon Kinesis Data Streamsの利用などが検討されるケースもありました。 新しいSQS FIFO キューでは、「メッセージが送信される順序のとおりに 1 回のみ確実に処理」されるようになるため、アプリケーションでの実装におけるこの考慮点が解消されることとなります。 FIFOキュー利用の注意点 SQS FIFOキューは従来のSQS標準キューからの移行をサポートしておらず、新規でキューの作成が必要となります。 デフォルトでは、FIFO キューはバッチ処理により 1 秒あたり最大 3,000 件のメッセージをサポートします。制限の引き上げをリクエストする場合は、サポートリクエストを提出してください。 バッチ処理なしでは、FIFO キューは、1 秒あたり最大 […]

Read More

AWS DevDay Tokyo 2018 Severless&Mobile トラック資料公開

2018年10月29日から11月2日まで行われた AWS DevDay Tokyo 2018の中で、Serverless&MobileのトラックオーナーをしておりましたSAの小梁川です。本投稿では2018/10/31に開催しましたServerless&Mobileトラックの内容をご紹介いたします。 イベント開催においては、お忙しい中に資料作成、登壇を頂いた ZOZOテクノロジーズ 柴田様、クックパッド 渡辺様に御礼申し上げます。また、会場に起こした頂いた、ストリーミング視聴をいただけた皆様へ、イベントご参加への御礼を申し上げます。 資料をゆっくり読みたい、参加できなかったが資料が見たいとの声を頂いておりましたので、本投稿にてServerless&Mobileセッションの資料をご紹介させていただきます。

Read More

Amazon LinuxでのJavaのLTS (Long-Term Support)提供について

Oracle社の最新のアナウンスメントによると、Oracle社が提供するOpenJDKへの無料のLTS (Long-Term Support) は2019年1月までで終了することが示されています。ここで改めてAmazon Linux 2上でのOpenJDK 8およびOpenJDK 11ランタイムへのLTSが最短でも2023年6月30日までAmazonより提供されることをお伝えします。私達はOpenJDKコミュニティとコラボレーションし、また貢献することで私達のお客様にJavaランタイムの無料LTSをご提供いたします。 加えて、Amazon Linux AMI の最新リリースである Amazon Linux AMI 2018.03では、Amazon Linux 2への移行を容易にするため、OpenJDK 8ランタイムのサポートを最短でも2020年6月30日までAWSよりご提供します。AWSのサービスである、AWS LambdaやAmazon EMR、Amazon Elastic BeanstalkはAWSがサポートするOpenJDKビルドを使用します。

Read More

AWS Well-Architected フレームワークホワイトペーパー 日本語版の更新

みなさん。こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン 株式会社 Well-Architected リードの高山です。 このたびクラウド設計・運用のベストプラクティス集である”AWS Well-Architected フレームワーク“に関して、最新の日本語版ホワイトペーパーを公開しましたのでお知らせします。このホワイトペーパーは、2018年6月に内容が更新された”AWS Well-Architected フレームワーク “ホワイトペーパー(英語版)を日本語に翻訳したものです。 ダウンロードはこちらから> AWS Well-Architected フレームワーク ホワイトペーパー(PDF) ■AWS Well-Architected フレームワークとは? AWS Well-Architected フレームワーク(以下W-A)は、AWSのソリューションアーキテクト(SA)が、AWSのサービス開始から10年以上に渡り、様々な業種業界、数多くのお客様のアーキテクチャ設計および検証をお手伝いしてきた経験から作成したクラウド活用のベストプラクティス集です。具体的には「運用の優秀性」「セキュリティ」「可用性」「パフォーマンス効率」「コスト最適化」の5つの観点について、クラウドをより活用するための設計原則と、お客様システムがベストプラクティスに沿っているかを確認するための質問と回答で構成されています。 ■AWS Well-Architected フレームワークの活用について W-Aは設計・構築・運用の各フェーズでご活用いただけます。また一度だけではなく定期的にW-Aレビューを実施することで、よりWell-Architected(優れた設計がされた)なシステムを保つことが出来ます。活用方法については後述のBlackBeltオンラインセミナー「クラウド設計・運用のベストプラクティス集 “AWS Well-Architected Framework”」も是非ご参照ください。 一番大事なこと なお、オンラインセミナーでも触れていますが、W-Aの活用時に一番大事なことは(必ずしも全てをベストプラクティスに合わせるのがゴールではなく)「ベストプラクティスを理解した上で、ビジネス的な判断を行う」ことです。同時に「ベストプラクティスに適合させないことによる、各種リスクや改善点を顕在化させて認識し、チーム内に共有する」というのも非常に大事なポイントです。 ■今回のホワイトペーパー更新のポイント 運用の優秀性 構成を変更して、全ての基礎となる「運用の優秀性」を1つめの柱としました。ここでは「ビジネスの成功」を最終的な目標として、どのように準備して、どのように運用して、どのように進化させるべきかについてをご説明しています。ベストプラクティスには「ビジネスの成功可否を数値で判断するための各種メトリクスをあらかじめ定める」のような、一見するとAWSの範疇に収まらないのでは?という内容の記載もありますが、これはAWSが長年に渡ってお客様のシステム設計・構築・運用のお手伝いをする中で、非常に重要だと考えているポイントです。このようなメトリクスが事前に設定されていないために、ご苦労されているお客様をお見かけして来ました。 W-Aのレビュープロセス また「W-Aのレビュープロセス」についても記載しています。一部抜粋しますと… アーキテクチャのレビューは、一貫性のある方法と「誰も責めない」アプローチで詳細に行う必要があります。レビューは短時間 (数日ではなく数時間) で行います。これは話し合いであり監査ではありません。アーキテクチャをレビューする目的は、対応が必要な深刻な問題や、改善できる部分を特定することです。レビュー結果は、お客様の改善のためのアクションとなります。 など目的とレビューの進め方についてご説明しています。是非ご一読ください。 最新サービスの反映 セキュリティ関連のマネージドサービスを始めとして、前回のホワイトペーパー公開後に追加された各AWSサービスの内容を追加しています。 ■AWS Well-Architected 個別相談会のご案内 お客様は、ベストプラクティスに沿っているかの質問と回答(ホワイトペーパーの付録部分が該当します)を用いて、ご自身のシステムをセルフレビューいただけます。もし改善方法でお悩みであったり、より効率的な解決方法を知りたい場合は、AWSのSAにご相談いただくことも出来ます。是非「AWS Well-Architected 個別技術相談会」にお申込みください。 ■関連資料 AWS Well-Architected フレームワーク ホワイトペーパー(PDF) […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2018 年 11 月)

こんにちは。マーケティングの鬼形です。11 月の AWS Black Belt オンラインセミナーについてご案内させて頂きます。 11月は、オンラインセミナーで初めて取り上げる AWS Amplify、11月末に開催される AWS re:Invent 2018 のアップデート速報他、さまざまなセミナーをご用意しております!ぜひお役立てください。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください AWS Amplify 2018 年 11 月 7 日 | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ AWS Amplify はクラウド対応アプリケーションを構築するフロントエンドおよびモバイル開発者向けのJavaScriptライブラリです。これを利用することで アプリケーションから非常に簡単に AWS のリソースを利用することができます。 デモを交えながら Amplify の使い方や、できることを紹介させていただきます。 対象者 フロントエンド・サーバーサイドのアプリケーションデベロッパー、プログラマー GraphQL、React、Serverless等に興味のある方 本セミナーで学習できること AWS Amplifyの特徴および活用方法について学ぶことができます。 スピーカー 塚越 啓介 Solutions Architect   AWS Direct Connect 2018 年 […]

Read More

AWS Innovate Container Live Day 開催 2018年9月11日

みなさん。こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 8月28日より開始されている、大規模オンラインカンファレンス、AWS Innovate Japan 2018、楽しんでいただいておりますでしょうか。 ML Live Day、IoT Live Dayに続き9月11日(火)は、Container Live Day です。Containerトラックの登壇者に対して直接質問を投げることができます。12時15分より開催されます。 クラウドコンピューティングにより、ITの生産性が向上し、アプリケーション開発手法の進化を迎えている昨今、多くの企業が自社の競争力を高める上で継続的インテグレーションと継続的デリバリーの実現が不可欠であることを認識しており、コンテナはそれらを強力に推進する技術の一つです。本トラックではコンテナ技術の本番環境利用に焦点をあて、AWS が提供するコンテナサービスとその事例を学んでいきます。 Containerトラックでは、6セッション用意されています。 オープニングセッションとその次のセッションでは、コンテナという技術が注目される背景や、マイクロサービス、オーケストレーションサービスといった用語の整理とAWSが提供しているコンテナ関連サービスのまとめをお届けします。 そして、お客様公開事例のご紹介、 OSSベースのKubernetesのマネージドサービスであるAmazon EKSや、サーバーやクラスターを管理することなくコンテナの実行環境を実現するAWS Fargate、そしてそれらを活用したCI/CD方法についてご紹介します。こちらにセッション概要がありますので、ご興味があれば是非ご覧ください。 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/aws-innovate/sessions/ – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田  

Read More

インパクトのある Amazon QuickSight のダッシュボードを、パラメーター・コントロール・URL アクションを使って構築する

Amazon QuickSight は今年の 5 月に、パラメーター、コントロール、そして URL アクションの機能をサポートしました。このブログ記事では、いくつかのサンプルビジュアルの作成を通じて、これらの機能を利用したインタラクティブなダッシュボードの作り方について説明します。 各機能の概要 パラメーターは、ダッシュボードにおける「変数」をさします。パラメーターを利用することで、フィルタリング、What-if 分析、ドリルスルーといった機能を Amazon QuickSight で実現できるようになります。パラメーターを作成したら、それを変更するためのコントロール UI を設置します。ドロップダウン・スライダーバー・テキストボックス・日付セレクターなどの UI を通じて、ダッシュボードを見る人がパラメーターを自由に変更できます。このパラメーターはダッシュボード内のすべてのビジュアルに対して反映されます。 パラメーターおよびコントロール UI を実際にビジュアルに反映させるためには、フィルター、計算フィールド、URL アクションなど中で、このパラメーターを参照しておく必要がある点に注意してください。そうすればダッシュボードを見た人が、コントロール UI を通じてパラメーターを変更し、ダッシュボード上でインタラクティブな分析を行えるようになります。またコントロール UI を設置しない場合には、ダッシュボードの URL を通じて、パラメーターの値を指定することもできます。こちらの詳細に関しては、Amazon QuickSight のドキュメントをご覧ください。 URL アクションにより、ビジュアル内の要素に対して URL を付与し、そこから新しいWebページに誘導することができるようになります。もちろん URL に対して特定の値を引き渡すこともできます。簡単な例として、データの中に URL を含んだカラムがあったとしましょう。この場合、ビジュアル内のデータポイントをクリックすると、当該カラムに含まれる URL が開くように URL アクションを設定することができます。指定した URL を開くだけでなく、mailto: のような URI を指定することで、メール作成画面を開くアクションを作成できます。より詳細については、Amazon QuickSight のドキュメントをご覧ください。 それではいくつかのユースケースを通じて、これらの機能の使い方をみていきましょう。 ユースケース 1: ダッシュボードに簡単なフィルタコントロールを追加 Amazon QuickSight では、ダッシュボード内の […]

Read More

AWS Innovate IoT Live Day 開催のお知らせ

みなさん。こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 AWS Innovate Japan 2018、楽しんでいただいておりますでしょうか。AWS Innovate Japan 2018 は8月28日から10月10日まで開催されている大規模オンラインカンファレンスです。 そして、明日9月4日は IoT Live Day です。IoT トラックの登壇者に対して直接質問を投げることができます。IoTをこれから始めるかたも、すでに使っていらっしゃる方も、ぜひこれを機に疑問を解消してしまいましょう。12時15分より開催されます。 IoT を、ビジネス課題の解決に本格的に導入を検討されているお客様が増え、工場、ビル、店舗、製品など、あらゆる方面での適用が始まっています。。一方で、IoT を導入する上では、センサーやエッジ、ネットワーク、データ収集、双方向通信、デバイス管理、データ分析・可視化など様々な要素を検討する必要がございます。本トラックでは、IoT で基本となる各機能について、事例などをふまえつつ、AWS が提供する IoT ソリューションについて紹介いたします。本トラックを通して見ていただくことで、広範囲な IoT 技術を学ぶことができます。 IoT はまだ企業にとって新しい技術群を含み、その実験などが必要となるケースも多くあります。実験の実施においては、初期費用不要で、必要な分だけ IT リソースをプロビジョニングできるクラウドは非常に相性がよく、IT リソースを自前で抱えるオンプレミス型 IT では時間のかかった投資への計画及びその正当性の精査、等の時間を短縮することができます。 IoT トラックでは、6セッション用意されています。 オープニングとその次のセッションでは AWS がご提供している IoT ソリューションについてのご紹介をします。 そして、そして Amazon FreeRTOS という電力消費の少ない小型エッジデバイスのプログラミング、デプロイ、保護、接続、管理を簡単にするマイクロコントローラー向けオペレーティングシステム、大量に存在するデバイスの効率的な管理を実現するサービスである AWS IoT Device Management、AWS Greengrass というエッジコンピューティングを実現させるサービス、連続的かつ大量に蓄積されるデータの効率的な解析を実現させる、AWS IoT Analytics […]

Read More

.NET Frameworkのためのカスタムビルド環境でAWS CodeBuildを拡張する

.NET Framework用のカスタムCodeBuildビルド環境の作成方法について説明している、この素晴らしいブログを書いたMicrosoftプラットフォーム担当シニア・ソリューション・アーキテクト、Greg Eppelに感謝します。 — AWS CodeBuildは、ソースコードをコンパイルし、テストを実行し、展開可能なソフトウェアパッケージを生成する、フルマネージドなビルドサービスです。 CodeBuildは、Android、Go、Java、Node.js、PHP、Python、Ruby、Dockerなどのプログラミング言語とランタイムのためのビルド環境を提供します。 CodeBuildは、Microsoft Windows Serverプラットフォーム用のビルドもサポートしています。これには、Windows上の.NET Core用にあらかじめパッケージ化されたビルド環境も含まれます。アプリケーションで.NET Frameworkが使用されている場合は、独自のDockerイメージを使用して、Microsoftの.NET Frameworkクラスライブラリを含むカスタムビルド環境を作成する必要があります。この手順が必要な理由については、よくある質問を参照してください。この記事では、.NET Frameworkアプリケーション用のカスタムビルド環境を作成し、この環境を使用するようにCodeBuildを設定する手順を説明します。

Read More