Amazon Web Services ブログ

Category: General

AWS Innovate Container Live Day 開催 2018年9月11日

みなさん。こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 8月28日より開始されている、大規模オンラインカンファレンス、AWS Innovate Japan 2018、楽しんでいただいておりますでしょうか。 ML Live Day、IoT Live Dayに続き9月11日(火)は、Container Live Day です。Containerトラックの登壇者に対して直接質問を投げることができます。12時15分より開催されます。 クラウドコンピューティングにより、ITの生産性が向上し、アプリケーション開発手法の進化を迎えている昨今、多くの企業が自社の競争力を高める上で継続的インテグレーションと継続的デリバリーの実現が不可欠であることを認識しており、コンテナはそれらを強力に推進する技術の一つです。本トラックではコンテナ技術の本番環境利用に焦点をあて、AWS が提供するコンテナサービスとその事例を学んでいきます。 Containerトラックでは、6セッション用意されています。 オープニングセッションとその次のセッションでは、コンテナという技術が注目される背景や、マイクロサービス、オーケストレーションサービスといった用語の整理とAWSが提供しているコンテナ関連サービスのまとめをお届けします。 そして、お客様公開事例のご紹介、 OSSベースのKubernetesのマネージドサービスであるAmazon EKSや、サーバーやクラスターを管理することなくコンテナの実行環境を実現するAWS Fargate、そしてそれらを活用したCI/CD方法についてご紹介します。こちらにセッション概要がありますので、ご興味があれば是非ご覧ください。 https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/aws-innovate/sessions/ – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田  

Read More

インパクトのある Amazon QuickSight のダッシュボードを、パラメーター・コントロール・URL アクションを使って構築する

Amazon QuickSight は今年の 5 月に、パラメーター、コントロール、そして URL アクションの機能をサポートしました。このブログ記事では、いくつかのサンプルビジュアルの作成を通じて、これらの機能を利用したインタラクティブなダッシュボードの作り方について説明します。 各機能の概要 パラメーターは、ダッシュボードにおける「変数」をさします。パラメーターを利用することで、フィルタリング、What-if 分析、ドリルスルーといった機能を Amazon QuickSight で実現できるようになります。パラメーターを作成したら、それを変更するためのコントロール UI を設置します。ドロップダウン・スライダーバー・テキストボックス・日付セレクターなどの UI を通じて、ダッシュボードを見る人がパラメーターを自由に変更できます。このパラメーターはダッシュボード内のすべてのビジュアルに対して反映されます。 パラメーターおよびコントロール UI を実際にビジュアルに反映させるためには、フィルター、計算フィールド、URL アクションなど中で、このパラメーターを参照しておく必要がある点に注意してください。そうすればダッシュボードを見た人が、コントロール UI を通じてパラメーターを変更し、ダッシュボード上でインタラクティブな分析を行えるようになります。またコントロール UI を設置しない場合には、ダッシュボードの URL を通じて、パラメーターの値を指定することもできます。こちらの詳細に関しては、Amazon QuickSight のドキュメントをご覧ください。 URL アクションにより、ビジュアル内の要素に対して URL を付与し、そこから新しいWebページに誘導することができるようになります。もちろん URL に対して特定の値を引き渡すこともできます。簡単な例として、データの中に URL を含んだカラムがあったとしましょう。この場合、ビジュアル内のデータポイントをクリックすると、当該カラムに含まれる URL が開くように URL アクションを設定することができます。指定した URL を開くだけでなく、mailto: のような URI を指定することで、メール作成画面を開くアクションを作成できます。より詳細については、Amazon QuickSight のドキュメントをご覧ください。 それではいくつかのユースケースを通じて、これらの機能の使い方をみていきましょう。 ユースケース 1: ダッシュボードに簡単なフィルタコントロールを追加 Amazon QuickSight では、ダッシュボード内の […]

Read More

AWS Innovate IoT Live Day 開催のお知らせ

みなさん。こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 AWS Innovate Japan 2018、楽しんでいただいておりますでしょうか。AWS Innovate Japan 2018 は8月28日から10月10日まで開催されている大規模オンラインカンファレンスです。 そして、明日9月4日は IoT Live Day です。IoT トラックの登壇者に対して直接質問を投げることができます。IoTをこれから始めるかたも、すでに使っていらっしゃる方も、ぜひこれを機に疑問を解消してしまいましょう。12時15分より開催されます。 IoT を、ビジネス課題の解決に本格的に導入を検討されているお客様が増え、工場、ビル、店舗、製品など、あらゆる方面での適用が始まっています。。一方で、IoT を導入する上では、センサーやエッジ、ネットワーク、データ収集、双方向通信、デバイス管理、データ分析・可視化など様々な要素を検討する必要がございます。本トラックでは、IoT で基本となる各機能について、事例などをふまえつつ、AWS が提供する IoT ソリューションについて紹介いたします。本トラックを通して見ていただくことで、広範囲な IoT 技術を学ぶことができます。 IoT はまだ企業にとって新しい技術群を含み、その実験などが必要となるケースも多くあります。実験の実施においては、初期費用不要で、必要な分だけ IT リソースをプロビジョニングできるクラウドは非常に相性がよく、IT リソースを自前で抱えるオンプレミス型 IT では時間のかかった投資への計画及びその正当性の精査、等の時間を短縮することができます。 IoT トラックでは、6セッション用意されています。 オープニングとその次のセッションでは AWS がご提供している IoT ソリューションについてのご紹介をします。 そして、そして Amazon FreeRTOS という電力消費の少ない小型エッジデバイスのプログラミング、デプロイ、保護、接続、管理を簡単にするマイクロコントローラー向けオペレーティングシステム、大量に存在するデバイスの効率的な管理を実現するサービスである AWS IoT Device Management、AWS Greengrass というエッジコンピューティングを実現させるサービス、連続的かつ大量に蓄積されるデータの効率的な解析を実現させる、AWS IoT Analytics […]

Read More

.NET Frameworkのためのカスタムビルド環境でAWS CodeBuildを拡張する

.NET Framework用のカスタムCodeBuildビルド環境の作成方法について説明している、この素晴らしいブログを書いたMicrosoftプラットフォーム担当シニア・ソリューション・アーキテクト、Greg Eppelに感謝します。 — AWS CodeBuildは、ソースコードをコンパイルし、テストを実行し、展開可能なソフトウェアパッケージを生成する、フルマネージドなビルドサービスです。 CodeBuildは、Android、Go、Java、Node.js、PHP、Python、Ruby、Dockerなどのプログラミング言語とランタイムのためのビルド環境を提供します。 CodeBuildは、Microsoft Windows Serverプラットフォーム用のビルドもサポートしています。これには、Windows上の.NET Core用にあらかじめパッケージ化されたビルド環境も含まれます。アプリケーションで.NET Frameworkが使用されている場合は、独自のDockerイメージを使用して、Microsoftの.NET Frameworkクラスライブラリを含むカスタムビルド環境を作成する必要があります。この手順が必要な理由については、よくある質問を参照してください。この記事では、.NET Frameworkアプリケーション用のカスタムビルド環境を作成し、この環境を使用するようにCodeBuildを設定する手順を説明します。

Read More

AWS Innovate ML Live Day が 開催されます。

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 オンラインカンファレンス、AWS Innovate がいよいよ8月28日から開幕します。 AWS Innovateでは、6つのトラックをご用意しております。 Beginnersトラック オンプレミスエンジニアからクラウドエンジニアへ 〜基本技術の再確認からクラウド技術入門 AWSome Day オンライントレーニング 踏み出そう、AWS への最初の一歩 AWS の基礎を学ぶ 3 時間 Solutions あるある課題を解決! スモールスタートで無理なく Innovate を始めよう Machine Learning 機械学習で イノベーションを実現しよう IoT IoT エッジから分析まで 〜広範囲な IoT テクノロジー概要を一挙に学ぶ〜 Container コンテナ技術の活用で 開発・運用プロセスにイノベーションを! クラウドを活用した生産性の向上やそこから生まれるイノベーションにご興味のある方は是非こちらからお申込みください。 そして初日に機械学習の Live イベントである、Live Day が合わせて開催されます。 AWS Innovate 機械学習トラックでは、 今後多くのITを活用したビジネスが機械学習の影響を受けると予測される中、企業が機械学習に取り組む際にまず考えるべきこと、整理するべきこと、準備するべきこと、そしてそのIT基盤構築をより簡単にするAWSのサービス群などをご紹介します。 特にその中でも、Amazon SageMakerというサービスについて大きく取り上げています。SageMakerは開発者やデータサイエンティストが、機械学習モデルをあらゆる規模で、迅速かつ簡単に構築できるようにする完全マネージド型プラットフォームです。 多くのお客様との会話の中で、機械学習基盤に責任を持つデータサイエンティストと言われるエンジニアが、そのインフラ構築に多くの時間が割かれていることに気づきました。そして、その問題を解決するために生み出されたサービスです。 是非この機械学習トラックを通して、皆さんがイノベーションを起こすお手伝いができれば幸いです。 機械学習の各セッションをライブで配信します。そして最大のポイントは各セッションごとにLiveのQ&Aが実施されることです。これを機に、みなさんの疑問を是非解消してしまいましょう。 – […]

Read More

【開催報告】Amazon Analytics (Data Lake)セミナー ~AWSで実現するビッグデータ&ログ分析およびデータレイクの構築~

2018年6月21日に、「Amazon Analytics (Data Lake)セミナー」というイベントが開催されました。本セミナーでは、ビッグデータの取り扱いとデータ分析を中心とした利活用、またデータレイクによる効率的なデータの運用を中心テーマにおき、AWS クラウド上での最適な実現方法について、AWS ソリューションアーキテクトおよび Amazon Redshift サービスチームからご紹介しました。また、データの可視化については Amazon QuickSight のデモをご覧いただき、あとでお客さまご自身で QuickSight をお試しいただけるよう、セッション終了後にデモのガイドとサンプルデータを配布しました。 この記事ではそのイベントの内容をご紹介します。また、最後に各発表資料へのリンクも掲載しています。  

Read More

AWS アカウント 無料利用枠の確認方法について

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。   今日は弊社サポート部門に多くお問い合わせをいただく、AWSアカウントの無料利用枠についてまとめの情報をご案内します。 AWSには無料利用枠というものが設定されており、ハンズオンイベントなどでまずAWSを触ってみたいかたなどはよくご利用されているかと思います。無料利用枠には大きく、2つあり、アカウント開設後1年間付与される利用枠と、定常的に特定サービスにおいて毎月無料で利用できる枠と2種類が存在しています。前者の方は、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) や Amazon Relational Database Service (RDS)等に設定され、ハンズオンイベント等で起動するインスタンスは、アカウント開設1年未満であれば、こちらが適応されるようなシナリオになっているケースが多いです。 無料利用枠にはご利用量や利用できるリソースに制限がございますので、リソースのご利用量が無料利用枠を超えた場合や、起動、もしくは確保したリソースを削除せず1年が経過すると、課金が発生するため、よくサポートにお問い合わせをいただくことがあります。 無料利用枠はこちらに情報がまとまっています。 ▼AWS 無料利用枠対象サービス及び使用可能量 https://aws.amazon.com/jp/free/ ▼AWS 無料利用枠についてのFAQ https://aws.amazon.com/jp/free/faqs/   前から持ってるAWSアカウントを利用する場合、マネージメントコンソールで、「請求ダッシュボード」へ行くとアカウントが無料利用枠の対象かどうかがわかります。 また、アカウントでリソースの操作を行った後、無料利用枠を超過、もしくは適用外のサービスをご利用し、意図されずに料金が発生してしまうのを防ぐため、請求ダッシュボードの「使用状況別の上位無料利用枠サービス」の一覧より無料利用枠の使用量を追跡することができます。 https://console.aws.amazon.com/billing/home?region=ap-northeast-1#/ 無料利用枠に該当するリソースを利用中の場合、以下の画像のように、使用状況がダッシュボードとして表示されます。   ▼無料利用枠の使用量の追跡について http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/awsaccountbilling/latest/aboutv2/tracking-free-tier-usage.html   ハンズオンイベントは新しい技術に手軽に触れることができる非常に楽しいイベントです。そのイベントにおいて、お客様が予期せず課金が発生してしまうことを弊社では望んでおりません。このため、弊社主催のハンズオンイベントの最後には割り当てたリソースを解放する手順や時間を確保しています。もしご不明な点やリソースの削除が正しくなされているかご不安な方は、遠慮なく弊社スタッフまでお声がけください。 無料利用枠につきましてご不明点がございましたら、サポートセンターよりAWSカスタマーサービス窓口までお問合せくださいませ。 - プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田  

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Service Catalog 資料及び QA 公開

先日 (2018/7/18) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar 「AWS Service Catalog」 の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20180718 AWS Black Belt Online Seminar AWS Service Catalog from Amazon Web Services Japan Q1. 質問です。説明では1つの製品は1つのテンプレートから構成されていましたが、複数のテンプレートを一つの製品として登録することはできないでしょうか(複数のテンプレートを並列or順序で実行できないか)? 登録できるテンプレートは1つですが、1つのCloudFormationテンプレートから、複数の製品を連鎖的に起動させることが可能です。 ご参照) AWS Service Catalog が複数プロジェクトの起動を連鎖する機能を導入 Q2. CloudFormationテンプレートの中でもパラメータの制約を設けることができますが、それとは別途サービスカタログでテンプレート制約を設けるメリットとは何でしょうか? 汎用的なCloudFormationテンプレートをひとつ用意しておいて、テンプレート制約でその使い方を状況に応じて切り替えることができます。 例えば、開発環境用のポートフォリオと本番環境用のポートフォリオがあったとして、製品(およびCloudFormationテンプレート)はひとつですが、開発環境用のポートフォリオでは、インスタンスタイプを制限する、本番環境用のポートフォリオでは制限をかけない、といった使い方が考えられます。 今後のWebinar情報 AWS Innovate Japan 2018 AWS Innovate は、AWS のラーニングを目的とした日本初開催の大規模オンラインカンファレンスです。お客様は時間や場所の制約にとらわれず、Machine Learning、IoT、コンテナ、IT基礎、ソリューションなどのセッションに自由に参加できます。AWS Innovate は 36 のセッションからなり、初心者も上級者も AWS […]

Read More

[AWS Innovate プレセミナー] クラウドクラウド活用に必要な、クラウド推進組織の作り方・クラウド人材の育て方

〜クラウド活用に必要な、クラウド推進組織の作り方・クラウド人材の育て方〜 今、会社の規模や業種によらずAWSクラウドの活用は益々加速しています。その一方で、クラウドを使いたいけれど、クラウドのメリットを知り、正しく使える人材が足りない、といった課題をお持ちのお客様が数多くいらっしゃいます。これらの声に応えるため、AWS 技術習得を目的とした、日本初開催の大規模オンラインカンファレンス『AWS Innovate』を 8/28 より開催いたします。 一方、技術習得の裏には、クラウド推進組織や人材育成基盤の整備など、技術習得を促進するような仕組みが必要不可欠となります。本オンラインセミナーは、AWS Innovate に向けて、クラウド活用に必要なクラウド推進組織の作成、それに伴うクラウド人材育成についてのAWS ベストプラクティスをお伝えします。 開催概要 日時: 8/22 (水) 10:00-11:00 対象者: ・クラウドをこれから、または今よりさらに活用したいと考えている、クラウドを推進するような組織の方 ・クラウドを活用するのに必要な人材育成を担当されているリーダーの方 申し込み方法: こちらよりお申し込みいただけます。 視聴方法: オンラインセミナーですので、インターネットに接続できる環境からご視聴ください。 内容詳細: クラウド推進組織の作り方 (10:00-10:30) クラウドを導入するにあたり重要な役割を果たすのが「クラウド推進組織(CoE)」です。クラウド推進組織は、企業のクラウド導入に責任を持つスペシャルチームであり、その働き次第で御社のクラウド導入の成否が分かれます。クラウド導入のステージに応じて、クラウド推進組織の構成や役割が変わってくるため、御社に適したチームを組織化することが成功の秘訣です。当セッションでは、「基本編」として、クラウド推進組織の活動内容・必要な人材・組織形態について、クラウド導入ステージの観点より説明し、「実践編」として、AWSコンサル事例から導き出された10のベストプラクティスを紹介します。 スピーカー 川嶋 俊貴 AWS プロフェッショナルサービス アドバイザリーコンサルタント       クラウド人材の育て方 (10:30-11:00) AWSを技術的に使いこなせるエンジニアだけがクラウド人材ではありません。アイデアを形にすることが出来る、アイデアを柔軟に発展させていく能力のある人材が組織に増えれば、イノベーションは加速していきます。つまり、クラウド人材とはエンジニアだけの話ではありません。そのためのヒントを本セッションでは紹介していきます。 スピーカー 松本 照吾 AWS パブリックセクター セキュリティコンサルタント       皆様のご参加をお待ちしております。 AWS Innovateの詳細はこちら

Read More