Amazon Web Services ブログ

Category: General

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2019 年 1月)

こんにちは。マーケティングの鬼形です。1 月の AWS Black Belt オンラインセミナーについてご案内させて頂きます。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 1月のスケジュール Redshift Recently Features Update 2019 年 1 月 22 日 | 12:00 – 13:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆ Amazon Redshift は、高速でスケーラブルなフルマネージド型のデータウェアハウスサービスです。このセミナーでは、Redshift の概要やアーキテクチャのご説明と、re:Invent2018 で発表された Concurrency Scaling 機能を含めた最新のアップデート情報をお伝えします。 対象者 技術者の方 本セミナーで学習できること Amazon Redshift の概要 最新アップデート情報 スピーカー 大薗 純平 Solutions Architect   AWS Identity and Access Management (IAM) […]

Read More

AWS Firewall Manager が東京リージョンに対応しました。

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 AWS Firewall Manager が東京リージョンでご利用いただける用になりました。 AWS Firewall Manager は多数のアカウントとアプリケーションにわたって中央で AWS WAF ルールを設定、管理することを実現する管理サービスです。 AWS Organizations の多数のアカウントに横断的に、Application Load Balancer と Amazon CloudFront のディストリビューションに対する AWS WAF ルールを簡単に適応できます。利用にあたりAWSアカウントはOrganizationsに登録されている必要があります。 AWS Firewall Managerの利用開始には、AWS WAF and Shieldをマネージメントコンソール上で選択します。 右側に表示されている、Firewall Managerを選んでください。Oraganizationsの管理対象になっていないAWSアカウントではエラーが表示されるのでご注意ください。また、Oraganizationsの全機能をあらかじめ有効にしておく必要があります。 Firewall Managerは複数アカウントにわたり一元化されたルールを適応しますが、階層的な保護ポリシーの適用もサポートします。一定のルールを一元的に適用する能力を保ちながら、アプリケーションに固有のルールの作成を委任できます。一元的に適用したルールについては間違って削除され、または取り扱われたものを常時監視しますので、一貫性のある適用が確保されます。また、ルールはリージョン単位で適応される形となりますので、副リージョンで運用する場合、リージョン単位での設定が必要となります。 AWS Shield アドバンスドに登録している組織であれば、追加料金なしでAWS Firewall Managerを利用可能ですが、リソース設定変更をモニタするために作成した AWS Config Rules に対しては課金が発生します。 詳しい料金はこちらにまとまっています。 – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田

Read More

Amazon EKS が 東京リージョンに対応しました。

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 Kubernetes のマネージドサービスである、Amazon Elastic Container Service for Kubernetes (Amazon EKS)  が東京リージョンに対応しましたのでお知らせいたします。 Amazon EKS では Kubernetes 管理インフラストラクチャ(コントロールプレーン)が複数の AWS アベイラビリティーゾーンで運用されるため、単一障害点をデータセンター単位で排除することができ、高い可用性を実現します。アップストリームの Kubernetes が実行され、Kubernetes への準拠が認証されているため、Amazon EKS で管理されるアプリケーションには、あらゆる標準的な Kubernetes 環境で管理されるアプリケーションとの完全な互換性があります。 また、Amazon EKS は AWS Cloud Mapと統合されています。AWS Cloud Map は動的に変化するインフラストラクチャーが抱える課題である、サービスの自動検出機能を提供します。アプリケーションリソースのカスタム名を定義し、これらの動的に変化するリソースの更新された場所を管理できます。これにより、Webサービスが常にリソースの最新の場所を検出するため、アプリケーションの可用性が向上します。 また、Application Load Balancer とも  AWS ALB Ingress controller を介して連携することが可能です。Application Load Balancer は先日 Lambda対応も発表され、アプリケーション内部において、それぞれの目的に合致したパスベースルーティングを可能とします。 料金はこちらにまとまっています。 – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田 […]

Read More

AWS EU ストックホルムリージョン開設のお知らせ

みなさん、こんにちは。 アマゾン ウェブ サービス、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 AWS EU (ストックホルム) リージョンが新しくラウンチしました。 ストックホルムリージョンは、欧州で 5 番目の AWS リージョンとして、フランクフルト、アイルランド、ロンドン、パリに加えられました。 現在AWSのグローバルインフラストラクチャには、20のリージョン、60のアベリラビリティゾーンが存在しています。 AWSの各リージョンで利用可能なサービスの一覧は、こちらのサイトにまとまっています。 – プロダクトマーケティング エバンジェリスト 亀田

Read More

Amazon Connect が東京リージョンに対応しました。Webinarも緊急開催!

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 Amazon Connect が東京リージョンに対応しました。 Amazon Connect は、セルフサービスのクラウド型コンタクトセンターであり、大型のインフラ投資なしでコールセンターを立ち上げることができるサービスです。 セルフサービス式のグラフィカルインターフェイスを用いることで、対応フローの設計、スタッフの管理、業績指標の追跡が簡単にできます。 Amazon Connectはオーストラリアリージョンで、日本向けのサービスが今まで提供されており、050,0800の番号が利用可能でしたが、新たに0120が利用できるようになっています。 0AB〜J番号の「03」は利用者(企業もしくは本人確認)の確認が必要となるため、Support Caseから申請を上げていただく必要があります。こちらからお願いいたします。 ハンズオンイベントの開催なども企画しておりますので、また皆さんにご案内したいと思います。取り急ぎ、以下のWebinarにご登録ください。 東京リージョンでのご利用価格はこちらにあります。   【AWS Black Belt Online Seminar】おまたせしました! 東京リージョンローンチ 記念! Amazon Connect アップデート 2018 年 12 月 14 日 | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★★☆☆ | AWS 知識レベル:★★★☆☆ Amazon Connect は、セルフサービスのクラウド型コンタクトセンターサービスです。長らくお待たせしておりましたが、12/11、遂に東京リージョンにローンチしました!これに合わせて、Amazon Connectの基本機能、最近のアップデート情報、東京リージョン関連機能についてデモを交えてご紹介します。 対象者 コールセンターの構築・移設を検討されている方。 そのようなプロジェクトに関わるエンジニアの方。 本セミナーで学習できること Amazon Connectの概要とそのメリット、機能/価格体系、最新Update、よくあるご質問 […]

Read More

Happy Coding Dojo 開催のお知らせ ~オンラインで気軽に視聴できます~

Amazon Web Service Japan の Solutions Architect 3人を中心にウェブ開発、プログラミング、モバイル、AWS にフォーカスした、Happy Coding Dojo を開催します。Tech 面では AWS の話はもちろんなんですが、Microservicesとか世間の流行りなどアプリケーション開発にまつわる話全般をお題に幅広めにやっていきます。また、AWS 関連ではアプリ開発者向けの新機能や新サービスをライブコーディングなど交えつつ紹介したり、私見を交えつつ紹介したり(あくまでも私見です!)、ときに視聴者の皆さんからの質問やコメントを拾いつつインタラクティブにライブでお届けします。オンラインでライブ配信しますので、気軽に参加可能です。Let’s Happy Coding! 開催日時: 2018 年 12 月 12 日(水)18:00 – 19:00 形式: オンライン お申し込みはこちら >>

Read More

re:Invent 2018 / 11月30日 アップデートのまとめ

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、プロダクトマーケティング エバンジェリストの亀田です。 今日はWerner Vogels のKeynoteで発表を中心として、多くの発表がありました。その纏めをお届けします。 Amazon Redshift concurrency scalingが発表になりました。 同時実行スケーリングはAmazon Redshiftの新機能であり、必要に応じて一時的な容量を追加し、同時ユーザーやクエリからの大量の要求を処理します。Amazon Redshiftは、並行処理の増加によりクエリがキュー内で待機する期間、クラスタを自動的にスピンアップさせます。メインクラスタが使用されている24時間ごとに、同時実行スケーリングのために1時間のクレジットが発生します。 Amazon MSK (プレビュー)が発表されました。 Apache Kafka APIを使用してデータ・レイクを作成したり、データベースとの間で変更をストリーミングしたり、マシンの学習および分析アプリケーションを強化することができるフルマネージドサービスです。 AWS Toolkit for IntelliJ(プレビュー)がは発表されました。 AWS Toolkit for Visual Studio Code(プレビュー)が発表されました。 AWS Toolkit for PyCharmが発表されました。 これらオープンソースのツールキットによって、サーバーレス・アプリケーションを簡単に開発することができます。 例えば、 AWS Toolkit for PyCharmを使えば次のようなことができます: 好みのランタイムで、デプロイための準備が整ったサーバーレス・アプリケーションを新規に作成する。  Lambda ライクな実行環境でステップ実行のデバッギングを用いて、ローカルでコードをテストする。 選択した AWS リージョンにアプリケーションをデプロイする。 ローカルやリモートで Lambda 関数を起動する。 Amazon Simple Storage Service (S3), Amazon […]

Read More

アプリケーションロードバランサー(ALB)のターゲットにAWS Lambdaが選択可能になりました

本日より、アプリケーション ロードバランサー (ALB)はAWS Lambda functionをターゲットにすることをサポートします。ウェブサイトの構築やウェブアプリケーションをAWS Lambdaを使いサーバレスなコードとして作成、管理し、ウェブブラウザやクライアントからのリクエストに簡単なHTTP(S)フロントエンドを提供するように設定できます。

Read More

新発表 – AWS Well-Architected Tool – クラウドベストプラクティスのレビューツール

2015年、私たちはAWS Well-Architected フレームワークを発表し、私は”Are you Well-Architected?“と問いかけをしました。このフレームワークには、クラウドでのシステム設計する際の、5つの柱について設計原則とベストプラクティスが含まれています。

Read More

re:Invent 2018 / Werner Vogels Keynote / Serverless Updates

Werner VogelsのKeynoteで、AWS LambdaのアップデートやServerless関連のアップデートが発表されました。 Rubyサポート 従来のJava, Go, PowerShell, Node.js, C#, Pythonに加えて Ruby がサポートされました。 Custome Runtime Linuxで動作するあらゆる言語のランタイムを利用することができるようになりました。 Nested Applications using Serverless Application Repository ネストされたアプリケーションを使用すると、小さなアプリケーションコンポーネントからアプリケーションをまとめて、これらのネストされたアプリケーションを展開することができます。 敏捷性を向上させるために、コンポーネント、モジュール、および完全なアプリケーションをチームと共有することができます。 ALB Support for Lambda LambdaがALBとの連携をサポートしました。 LambdaをALBのターゲットとして登録できるようになり、これにより、既存のアーキテクチャをLambdaに簡単に移行することができます。 EC2、Fargate、およびLambdaを一括して使用するなど、ニーズに基づいてコンピューティングバックエンドを混在させることも可能となります。 Step Functions service integrations AWSの各サービスサーと連携するワークフローをコードの記述なしで作成することができるようになります。 Web Socket support for API Gateway API GatewayのWeb Socket対応予定が発表されました。 LambdaとAPI Gatewayで実行されるリアルタイムの双方向通信アプリケーションを構築することができるようになります。    

Read More