Amazon Web Services ブログ

Category: General

QuickSight Author embed

Amazon QuickSight の分析機能をマルチテナントのアプリケーションに埋め込む

Amazon QuickSight は最近、埋め込みオーサリング、マルチテナンシーの名前空間、カスタムユーザーアクセス許可、アカウントレベルのカスタマイズという 4 つの新機能を導入しました。Enterprise Edition で利用できる既存の ダッシュボード埋め込み 機能および API 機能と併用することにより、高度なダッシュボード機能と分析機能を SaaS アプリケーションに統合できるようになりました。これらのアプリケーションを構築する開発者や独立系ソフトウェアベンダー (ISV) は、組み込みの事前設定済み(予め用意された)ダッシュボードをすべてのエンドユーザーに提供できるようになり、高度なアドホック探索機能やダッシュボード構築機能もユーザーに提供できるようになりました。 本記事では、架空の ISV のユースケースとして、QuickSight を使うことで、インフラストラクチャのデプロイまたは管理を行うことなく、アプリケーションに簡単に分析を組み込み、数十万人のユーザーにスケールする方法を説明します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS App Mesh 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/31) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS App Mesh」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200721 AWS Black Belt Online Seminar AWS App Mesh from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. サービスメッシュはマイクロサービスアーキテクチャを構築する当初から導入すべきでしょうか?それとも、ある程度の規模になってから導入するべきでしょうか? A. マイクロサービスアーキテクチャを採用したワークロードを新規構築する様な場合は、当初から導入することを検討いただければと思います。一方で、規模が小さい間からマイクロサービスアーキテクチャで構築するべきか?といった観点も必要になります。最初はモノリスで開発し、ある程度の規模になって運用の中でシステムのコンテキスト境界が見えてきた段階でマイクロサービスをサービスメッシュと合わせて検討する、といった例もございます。 Q. アプリケーション間の直接通信からサービスメッシュへ移行するためのコスト・タスク量について知りたいです。 A. サービスメッシュへ移行するためのマイグレーション手段はいくつか考えられますが、Envoy を導入したアプリケーションを別途作成し、既存のアプリケーションを縮退させる方法などが考えられます。上記の作業に関して、アプリケーションの規模や通信方式によって移行コストやタスク量が異なってきますので、まず、検証環境でマイグレーションを実施し、事前にコストやタスク量を見積もるよう推奨いたします。 Q. AppMesh と Istio の互換性について教えて下さい A. App Mesh と Istio は、サービスメッシュとしてのモデルや API に互換性はありません。 Q. AWS Lambda のネットワーク通信でも App […]

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/7/27週

AWSに興味をお持ちのみなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの小林です。 ついに梅雨も明け8月に入りました。素麺がおいしい時期がやってきましたね。毎年書いている気がしますが私は素麺が好きなので、この時期は素麺をヘビーローテーションすることになります。例年は「我が家の定番」的なめんつゆをカスタマイズすることにこっていたのですが、今年は趣向を変えてめんつゆ自体にこだわってみようと思います。同僚に聞いて見たりwebで調べたりするのですが、本当にたくさんの種類があり良さそうなものを選び出すのも一苦労ですね。めんつゆはそれなりの量で買うしか無いので、1食分だけ試すことが出来ないのが悩みです。めんつゆ試食セミナーとか、めんつゆトライアルセットとかがあれば良いなぁと思いながら、今日も素麺を茹でることでしょう。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

AWSを通じて日本取引所グループ(JPX)のarrownetにアクセスをする

“undifferentiated heavy lifting”という言葉をしばしば聞くことがあると思います。これは、競合他社との差別化にはなりえない作業にリソースを大量に消費することを言います。たとえば、サーバを構築し、OS にセキュリティパッチを適用するようなことです。このような作業は、より付加価値が高い製品やサービスを生み出すための活動から、ヒト・モノ・カネを奪い去ります。AWS では、お客様起点の重要な役割として、作業を簡素化し、自動化できるクラウドによるソリューションによって、開発者を”undifferentiated heavy lifting”から解放できるように支援しています。 金融業界では、過去20年間で大きな進歩を遂げています。たとえば、キャピタルマーケットの領域では、クラウドによるマーケットデータの活用により、トレーディングチームはリアルタイムでより良い洞察を導き出し、増え続けるデータからリスクをより効率的に計算できるようになりました。 しかしながら、いくつかの企業にとって、”undifferentiated heavy lifting”はまだ存在しています。それらの1つは、金融機関が規制機関や取引所によって設定された規制や業界ルールを遵守しなければならないことに関連しています。市場参加者は、これらの市場ルールを遵守する必要があり、遵守しない場合はペナルティを受ける場合もあります。 金融業界は、進化し続ける要件の複雑さと細分性が高まっている世界で最も規制の厳しい業界の1つです。しかし、金融機関がコンプライアンスに投資するすべてのリソースについて、多くは義務から機会への移行を行えていません。言い換えれば、ほとんどの金融機関では、同業他社との差別化を図るのではなく、ビジネスを行うためのコストとして、依然として規制やコンプライアンスを捉えています。 野球で例えるならば、プレイヤーはゲームのルールに従わなければなりませんが、優れたプレイヤーは、常に個人とチームの両方のレベルでパフォーマンスを改善するために戦略と戦術を使用しています。同様に、企業は規制要件に対応する必要がありますが、合理化、自動化、コスト効率の高い方法でそれに対応する必要があります。 このブログでは、日本取引所グループ (JPX) が AWS でどのように市場参加者にとってより良い顧客体験を生み出しているかをお話します。JPXは、これまでネットワークへのアクセスに関連していた”undifferentiated heavy lifting”を排除することで、市場参加者が新しいサービスのテスト、構築、立ち上げに向けてリソースを再利用できるようにしています。 JPXは、メンバー企業のクラウドでの市場アクセスを強化 2020年5月、JPX は市場参加者が AWS Direct Connect を介して、売買システムや清算決済システムなどにつながる高信頼ネットワークである arrownet にアクセスできるようにしました。 以前は、会員企業がarrownetに接続したい場合、JPXと自社のオフィスやデータセンター間に専用線を注文し、そのうえでネットワーク構築やセキュリティ対策を実施する必要がありました。このネットワーク構成は、変動する市場に迅速に対応するための信頼性と安定性が必要で、さらに十分な通信容量を提供する必要がありました。回線が接続されると、市場参加者は24時間365日体制で監視し、ハードウェア障害に対応するために人的リソースも投下する必要がありました。また専用線ベンダー側の監視にも、これらの重要なタスクのための人件費とサポート費も付属しています。つまり、arrownetへの接続は、利用者が長年にわたって対応してきた”undifferentiated heavy lifting”とも言えます。 JPXは、市場参加者からフィードバックを取り入れ、arrownetをクラウドに拡大し、市場参加者のアクセスを簡素化しました。市場投入までの時間が短縮され、マーケットからのデータを AWS 環境で扱うことで、マーケットの変動に対してオンデマンドで拡張できるようになります。 JPX は AWS Direct Connect の仮想インターフェイスを提供します。これにより、会員企業は短い期間でarrownetに接続して、テストすることができます。その結果、AWS の利用者は、以前は専用回線接続で直面していた”undifferentiated heavy lifting”な作業をすることなく、クラウド環境でマーケットからのデータを受け取ることができます。 現在の会員企業がこの合理化されたマーケットアクセスの恩恵を受けるだけでなく、FinTech スタートアップも恩恵を受けることができます。多くの Fintech スタートアップは AWS のサービスを使用しているため、彼らの既存の環境をより効果的に活用するには、クラウドネイティブ接続が必要でした。マーケットへの迅速なアクセスができるようになったFintech スタートアップは、新製品やサービスの市場投入までの時間をさらに短縮することができるでしょう。 現在、AWS Direct Connect により、JPX […]

Read More

8 月 5 日(水)開催:AWSome Day Online Conference で AWS クラウドの基礎を学ぼう!(チャット Q & A あり)

こんにちは! AWS Webinarチームです。 最近、お取り寄せにはまっています。調べてみたら夏を感じるスイカ、新鮮野菜、坦々麺など色々あるんですね! 皆さまは何を「お取り寄せ」してますか? 「学習」をご自宅にお取り寄せしたいとご希望ですか? AWS クラウドサービスのセミナーをご自宅にお届けし、基礎知識をつけたいと思っている方に お薦めするオンラインセミナーのご連絡です。 AWSome Day Online Conference を 8 月 5 日(水)15 時から配信いたします。 AWS クラウドの基礎を約 2.5 時間の短時間で学べるオンラインセミナーです。 新しくクラウドを始めようと思っている方、クラウドの基礎知識がぼんやりしてしてしまったので復習したいと 思っている方、どちらの方にもお勧めの内容となっております。ぜひこの機会にご登録・ご視聴ください。 当日は AWS エキスパートがチャット形式による Q&A 対応をいたします。 その場で、テクニカルに関する疑問点を質問を投げかける吹き出しに入力ください。チャット形式でお答えいたします。 またAWSを導入する際に出てくる疑問などにお答えるする「AWS 導入に関するご相談」もチャット形式で対応します ※入力した質問内容は他の視聴者には見えません。 日程:2020 年 8 月 5 日(水) 時間:15:00 開始 – 17:40 終了予定 費用:無料 主催:アマゾン ウェブ サービス 株式会社 詳細・ご視聴はこちらからお申込みください。 AWSome Day Online Conference […]

Read More

システム運用の際にご活用いただける2つのハンズオンを公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年7月号

こんにちは、テクニカルソリューションアーキテクトの金澤 (@ketancho) です。7月も最終週ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?この記事を書いている時点で関東はまだ梅雨が明けておらず、毎日じめじめした日が続いています。こんなときこそ新しいことを勉強しようと、私は “ゲーミフィケーション” について勉強しています。この AWS Hands-on for Beginners でも、皆さまに楽しく学習を継続していただけるような仕組みを作りたいなーと考える日々です。何かいい案が降りてくることをお待ちいただければと思います。 さて、今月も下記の2つの新ハンズオンを追加しております。 AWS CloudFormation 編 AWS における監視入門 編 どちらも AWS 上でシステムを運用する際に知っておきたいサービス、考え方が学べるハンズオンとなっています。この記事では2つの新ハンズオンのおすすめポイントを紹介していきます。 また、記事の後半では、「社内の研修でオンデマンドハンズオンを活用したい!」「連休や、長期休みを活用して AWS の学習をしたい!」という方向けに、私が独断と偏見で考えた AWS Hands-on for Beginners を使った AWS 学習プランについて紹介したいと思います。 AWS Hands-on for Beginners シリーズ一覧 前回の記事: AWS ネットワーク入門編を公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年6月号   AWS Hands-on for Beginners とは? AWS Hands-on for Beginners は、動画にそって実際に手を動かしながら […]

Read More

AWS Samurai 2019と2020年前半のJAWS-UG

毎年JAWS DAYSで前年のJAWS-UGの活動状況から、JAWS-UGのコミュニティの成長や支部運営、さらにはAWSクラウドの普及に大きく貢献または影響を与えた方々を「AWS Samurai」として表彰しておりました。今年のJAWS DAYSはCOVID-19の影響で会場を借りてのリアル開催は中止となり、急遽、3月28日(土)大幅に縮小したバーチャルイベントとしてオンライン配信を行いました。このJAWS DAYS 2020 ONLINEにおいて AWS Samurai 2019の発表が行われております。 【JAWS DAYS 2020】SAMURAI発表(YouTube) 期間が開きましたが、あらためて今年のAWS Samuraiをご紹介し、続けて上半期の振り返りをしたいと思います。 武田 可帆里さん (初心者支部) リブート以来、年間勉強会申込者数が1,000人を越える初心者支部において、2か月に1回の定期開催のため、勉強会の準備の役割やプロセスを整備し、会場に入りきれないユーザーのためのリモート枠の早期採用、30人を超える毎回の懇親会の開催を1年を通して推進されました。新規運営メンバーのリクルートも積極的に行い、2019年はオフライン・オンライン両枠併せて、すでに巨大支部でありながら対前年26%増の成長を成し遂げました。また、他の支部とのコラボ勉強会の開催も積極的に行い、初めは初心者支部に参加、その後に興味のある専門支部へ、という流れも作られました。 三浦 一樹さん (札幌支部、Media-JAWS) 2019年から勉強会への登壇回数や運営の関わりを一気に高めた方です。 Media-JAWSの第0回横浜支部共同勉強会での登壇を皮切りに、複数の登壇を経てMedia-JAWSに運営メンバーに参画、同時に地元である北海道の札幌支部へ参加、登壇、運営メンバーの一員となり、両支部の勉強会を牽引し、秋に開催されるJAWS FESTAの札幌開催に尽力されました。他にも X-Tech JAWS、広島支部の勉強会に登壇、さらにJAWS-UG以外のコミュニティ勉強会でも数多く登壇し、広くJAWS-UGおよびAWSクラウドの認知度向上に貢献いただきました。 加藤 真透さん (金沢支部) 2016年設立以来月1回の勉強会定期開催を目指し、2019年はAWS Community Day Kanazawaを開催して、対前年141%増、193人の勉強会への申し込みを獲得しました。地域支部における活動のモデルケースとなるべく、他支部運営メンバーの参考になるように、GitHub上でイベントの議事録や資料をすべて公開しました。また、Doorkeeperにおける金沢支部の登録者数も124人から244人に増加し、通常勉強会への参加者も増え、地域支部における支部登録者数の重要性を実証しました。2019年は彼のリーダーシップによりステップアップした年となりました。 吉江 瞬さん (X-Tech JAWS, Security JAWS) 2018年に引き続き、X-Tech JAWSおよびSecurity-JAWSの3ヵ月に1度の定期開始を他の運営メンバーと実施し、2019年は積極的に他の支部とのコラボ勉強会の企画・協業を推進し、X-Tech JAWS、Security-JAWS、アーキテクチャ支部コラボ会、flaws hansonコラボを実施、2019年において総計 1,669人・11回の勉強会開催に貢献、サブメンバーとして参画している東京支部の勉強会を加えると、実に2,455人・14回のJAWS-UG勉強会に貢献・関与されました。他のコミュニティでJAWS-UGの活動の紹介をされJAWS-UGの認知度の向上に大きく貢献され、2年連続の受賞となりました。 福岡支部2019運営メンバー AWS Samuraiは基本的に個人表彰ですが、この支部に限って例外をお許しください。 長年九州地区におけるJAWS-UG活動の中心人物であった藤崎優さんが2019年7月に逝去されました。その悲しみを乗り越え、2か月の喪に服した後、彼の意志を継ぐべく活動を再開し、結果、2019年は福岡支部再躍進の年となりました。年に4回の勉強会と25回のもくもく会を開催、対前年59%増の213人の勉強会へのお申し込みをいただき、懇親会を除く勉強会+もくもく会開催回の29回は全国の支部の中で最多となりました。以下が2019年の運営メンバーです。 藤崎 優/森田 邦裕/川原 洋平/木村 健一郎/夏目 祐樹/青柳 […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2020 年 8 月)

こんにちは!AWS Webinar チームです。 「8(八)」という末広がりな数字に果てしない無限を感じます。なぜでしょう。 まだ梅雨も明けきらない 8 月にお届けする AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内です。 クーラーで冷えた快適なお部屋(熱中症の心配ゼロ)からぜひご視聴ください。 8 月は、内容盛りだくさんの 7 本のアジェンダを配信予定です! 今回初めて実施する内容、数年前に実施したアジェンダからのアップデートや、お客様からリクエストいただいた トピックを予定しています。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 8 月のスケジュール Amazon CodeGuru 2020 年 8 月 4 日 (火) | 12:00 – 13:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ Amazon CodeGuru は、自動化されたコードレビューとアプリケーションパフォーマンスの推奨事項を提供する機械学習をベースとしたサービスです。デベロッパーは Amazon CodeGuru を活用することにより、コードレビューの段階で問題点を把握できる他、稼働中のアプリケーションのプロファイリングを得て最もコストがかかるコード行を特定できます。本セミナーでは、CodeGuru の機能紹介とユースケースについて解説します。 対象者 技術者の方 アプリケーション開発者の方 コードレビュープロセスを効率化したい方 アプリケーションパフォーマンスを最適化したい方 本セミナーで学習できること Amazon […]

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/7/20週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 今週も週刊AWSをお届けします。 前々回の号で、運動不足なのでなにか良い手を考えてみるという事を書きましたが、まだ妙案が見つかっていません。むしろ最近は雨続きでより外に出なくなっているしまつでして。。。室内の運動のために某人気フィットネスソフトの購入抽選に何度か申し込んでいるのですが、なかなか当たりませんね。次回に当たったと書けると良いのですが。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Neptune 資料及び QA 公開

先日 (2020/07/14) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Neptune」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200714 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Neptune from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 可視化について QuickSigt ではできませんか? A. 現在のところ QuickSight での可視化は直接行えませんので、本セミナーでご紹介した可視化ツールをご検討下さい。 Q. グラフ D Bのクエリ言語が ISO で標準化 (GQL) されたがこれまで Neptune は非対応だった。どうなる? A. Amazon Neptune は GQL には対応しておりません。 Q. Neptune は可視化がサードパーティー頼みだったが、以前より良いものが出てきていそうか? A. 可視化につきましては本セミナーでご紹介した可視化ツールをご検討下さい。 […]

Read More