Amazon Web Services ブログ

Category: General

Weekly AWS

週刊AWS – 2020/1/13週

みなさん、こんにちは。AWSソリューションアーキテクトの小林です。 次週改めてピックアップしますが、大阪ローカルリージョンを通常リージョンへ拡張する計画があることを発表させていただきました。新たに2つのアベイラビリティゾーンを設置し、利用可能なサービスのポートフォリオも拡充される予定です。現時点では2021年の早い時期にご利用いただけるようにする計画ですので、ぜひご期待ください。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

AWS LambdaでAmazon RDS Proxyを使用する

本投稿は、Principal Solutions Architectである George Maoの寄稿によるものです。 AWSサーバーレスプラットフォームは、デマンドに応じて自動的に拡張するアプリケーションを構築することができます。大量アクセスがある間、 Amazon API Gateway と AWS Lambda は負荷に応じて自動的にスケールします。 多くの場合、開発者は、Lambda関数からリレーショナルデータベースに保存されたデータにアクセスする必要が出てきます。しかし、Lambdaからデータベースへの多すぎるコネクションにより過負荷にならないようにすることは難しい場合があります。リレーショナルデータベースの最大同時接続数は、データベースのサイズによって異なります。 これは、各コネクションがデータベースサーバー上のメモリとCPUリソースを消費するためです。Lambda関数は数万の同時接続数までスケールできるため、それに対応するには、データベースはクエリを実行するだけでなく、コネクションを維持するためにより多くのリソースが必要になります。 スケーリングの詳細については、アーキテクチャブログの投稿「サーバーレスアプリを大規模に設計する方法」も参照してください。 RDSを使用したサーバーレスアーキテクチャ Lambdaは数万の同時リクエストに応じて簡単にスケールできるため、そのような状況において、この設計ではバックエンドのリレーショナルデータベースに高い負荷がかかります。通常は、リレーショナルデータベースは、Lambdaのスケーラビリティに応じた同時接続を受け入れるように設計されていません。 Amazon RDSのデータベースプロキシ 本日(2019年12月3日 PST)、Amazon RDS Proxyのプレビューを発表できることを嬉しく思います。 RDS Proxyは、アプリケーションとRDSデータベースの間の仲介役として機能します。RDS Proxyは、必要となるデータベースへのコネクションプールを確立および管理し、アプリケーションからのデータベース接続を少なく抑えます。 データベースへのSQL呼び出しを行うアプリケーションには、RDS Proxyを使用できます。ただし、サーバーレスのコンテキストでは、これによりLambda利用の体験がどのように改善されるかに焦点を当てています。RDS Proxyは、Lambda関数からデータベースに直接流れるすべてのデータベーストラフィックを処理します。 Lambda関数は、データベースインスタンスではなくRDS Proxyと対話します。RDS Proxyは、Lambda関数の同時実行によって作成された大量の同時接続をスケーリングするために必要なコネクションをプーリングします。これにより、Lambdaアプリケーションは、Lambda関数呼び出しごとに新しいコネクションを作成するのではなく、既存のコネクションを再利用できます。 RDS Proxyは自動的にスケーリングされるため、データベースインスタンスでコネクション管理に必要なメモリとCPUリソースが少なくなります。また、暖機されたコネクションプールを使用することでパフォーマンス向上にもつながります。RDS Proxyを使用すると、アイドル接続のクリーンアップとコネクションプールの管理を処理するコードが不要になります。Lambda関数コードは、より簡潔でシンプルとなり、保守性が向上します。 Amazon RDS Proxyを利用してみよう Amazon RDS Proxyは、プレビューであり、留意事項がいくつかあります。 現在、MySQLバージョン5.6または5.7で実行されるAmazon RDS MySQL、または、Aurora MySQLをサポートしています。 プレビューは、アジア太平洋(東京)、EU(アイルランド)、米国東部(オハイオ)、米国東部(バージニア北部)、米国西部(オレゴン)で利用できます。 パブリックプレビュー中においては、AWSマネジメントコンソールを使用してRDS Proxyを設定する必要があります。 プレビューである事に起因した変更が発生する可能性があるため、本番ワークロードにはこのサービスを使用しないでください。 サービスの詳細な説明については、プレビューガイドを確認してください。 前提条件 Amazon RDS MySQL、または、Aurora […]

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2020/1/6週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 新年2号目の週刊AWSをお届けします。 仕事がら海外出張が時々あるのですが、最近は携帯型の湯沸かし器(ケトル)を持っていくのがマイブームです。小型とはいえ電気ポットはじゃまかなと思っていたのですが、好きな味噌汁やコーヒーが飲めると結構ホテル住まいを快適にするという事がわかったので、最近は折り畳めるカップといっしょにスーツケースに詰め込んでいます。特に寒い季節はお勧めですよ。 それでは、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2020 年 1月)

こんにちは!AWS Webinarチームです。 令和 2 年最初の AWS Black Belt オンラインセミナーについてご案内させて頂きます。 2020 年 1 月は、3 本のWebinarを実施いたします!ぜひお役立てください。 今回は Black Belt で初めて取り扱うアジェンダの2本と、2016 年に実施したAWS Cost Exploerの最新版を実施いたします。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 1 月のスケジュール Amazon EventBridge 2020 年 1 月 22 日 (水) | 18:00 – 19:00 | IT 知識レベル:★★☆☆☆ | AWS 知識レベル:★★☆☆☆ Amazon EventBridge は、SaaSアプリケーション、独自のアプリケーションやAWSサービスからのイベントを中継してプッシュ型でタイムリーにさまざまな処理を起動するためのサーバーレスイベントバスです。本セミナーではサービスの概要に始まり、ユースケース、最新のアップデート、他のサービスとの違いなどを網羅的にご紹介します。 対象者 サーバーレスアプリケーション開発に興味がある方 SaaSとAWSの連携を考えている方 本セミナーで学習できること Amazon EventBridgeの概要 ユースケース 最新アップデート情報 […]

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2019/12/23週&30週合併号

みなさま、明けましておめでとうございます。AWSソリューションアーキテクトの小林です。今年もAWSの一週間をコンパクトにまとめてご紹介する週刊AWSをどうぞよろしくお願いいたします。毎週たくさんのアップデートが発表されるAWSですが、クリスマスから年末年始にかけてはさすがに数が少なかったので、今回は12/23週と12/30週の合併号でお届けします。 それでは早速、年末年始の主要なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

株式会社フジテレビジョン、ワールドカップバレー 2019 の配信において AWS を利用した超低遅延配信を実現

『 超低遅延配信は放送番組の視聴をより楽しくするマルチスクリーンでの利用や UGC におけるユーザ体験の向上を通し、インターネット配信に大きな変化をもたらすでしょう。』と株式会社フジテレビジョン(フジテレビ) 技術局 技術開発部 副部長 伊藤氏は述べます。 そして以下のように続きます。『 今回の ワールドカップバレー 2019( FIVB2019 ) では数万人が同時に視聴できる環境をわずか 3~4 週間で組み上げ本番に臨みました。我々は手軽に素早く超低遅延配信環境を実現できるようになりました。また、従量課金で利用でき、配信時における煩雑な運用から解放された事を非常に嬉しく思います。我々は既にそのユースケースを拡大しています。』 超低遅延配信はスポーツ Live 、TV と連動した配信、配信者/ユーザとのインタラクティブなやりとりを必要とする配信など様々なシーンで求められています。ただし超低遅延配信の実現には CMAF-UltraLowLAtency(ULL) 、WebRTC 、LL-HLS 、セグメント秒数を切り詰めた HLS/MPEG-DASH など様々なアプローチがありますが、超低遅延配信に対応したエンコーダ/インフラ/プレイヤーの準備が必要であり、大規模配信への対応の容易さ、到達できる遅延秒数も様々でした。 フジテレビは CMAF-ULL を用いて地上デジタル放送と同程度の約2~3秒という遅延量で FIVB2019 の配信を実現させました。それは地上デジタル放送の放送映像をさらに楽しんで頂くためのマルチスクリーンとして配信され、TV では試合のコート全体が映し出されている間、手元のスマートフォンではエース選手やフォーカスされた選手にクローズアップされるといったユーザ体験を向上させる取り組みでした。目的はユーザ体験を向上させ、これまでよりも更に試合の運び、選手の動きに注目し、放送番組にのめり込んでもらう事でした。 低遅延配信を実現した仕組みを以下の図に記します。 試合会場からの映像信号はフジテレビ局舎に伝送され、地上デジタル放送用設備と超低遅延配信用エンコーダである Videon社のEdgeCaster4K に分配して入力されます EdgeCaster4K では入力された映像信号を CMAF-ULL の HLS/DASH に処理します。1つの fMP4 ファイルの構造は 8 秒セグメント、200msec の Chunk です EdgeCaster4K からは専用線である AWS DirectConnect を通りオリジンサーバとなる […]

Read More

モダンアプリケーション開発ホワイトペーパー(日本語改定版)が公開されました

皆さん、こんにちは! モダンアプリケーション開発スペシャリスト ソリューションアーキテクトの福井です。 私が執筆したモダンアプリケーション開発のホワイトペーパー(日本語版)がAWSホワイトペーパーサイトで公開されましたので、その内容を紹介させて頂きます。このホワイトペーパーは、以前こちらのブログで紹介させて頂いたModern Application Development on AWS(英語版)の日本語版になります。   ホワイトペーパーの内容 公開されたホワイトペーパードキュメントは、「AWS モダンアプリケーション開発 – AWS におけるクラウドネイティブ モダンアプリケーション開発と設計パターン」(日本語版)というタイトルの51ページのドキュメントで、 はじめに モダンアプリケーション開発 モダンアプリケーションの設計パターン AWSでのCI/CD まとめ の各章から構成されています。各章の簡単なご紹介は下記の通りです。

Read More

“スケーラブルウェブサイト構築編” を公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2019年12月号

こんにちは、テクニカルソリューションアーキテクトの金澤 (@ketancho) です。もう今年も残すところあと僅か、いかがお過ごしでしょうか?私は年初に立てたプライベートの目標が全然達成できておらず焦る毎日で、あと1週間で少しでも挽回できるように頑張っていかねば!と考えています。 本日は、先日 12/24 に新たに公開したスケーラブルウェブサイト構築編ハンズオンの紹介を中心に、AWS Hands-on for Beginners のアップデート情報をお届けします。「年末年始で何かプロダクト開発をしたい!」「冬休みに何か新しい技術を学びたい!」という方のお役に立てれば嬉しいです。 AWS Hands-on for Beginners シリーズ一覧 前回の記事: 実際に手を動かして学ぶ!AWS Hands-on for Beginners のご紹介   AWS Hands-on for Beginners とは? AWS Hands-on for Beginners は、動画にそって実際に手を動かしながら AWS サービスについて学んでいただくコンテンツです。名前の通り、初めて AWS サービスをご利用される方向けの内容ですので、学習の最初のステップとしてご活用いただけます。オンデマンド形式での配信となるので、移動時間などのスキマ時間での学習もできますし、分かりにくい部分を巻き戻して何度でもご覧いただくことができます。   [New] AWS Hands-on for Beginners スケーラブルウェブサイト構築編を公開しました AWS Hands-on for Beginners の第二弾として、スケーラブルなウェブサイトを構築しながら AWS サービスを学ぶ Webiner シリーズの配信を始めました。こちらのシリーズは、テクニカルソリューションアーキテクトの原田が担当しています。コンテンツの前半で、“Webサーバ、データベースともに冗長化がされていない” Web サイトを作成します。その後、この Web […]

Read More
Weekly AWS

週刊AWS – 2019/12/16週

みなさん、こんにちは。ソリューションアーキテクトの下佐粉です。 今週も、AWSの一週間をコンパクトにまとめてご紹介する週刊AWSをお届けします。 街にクリスマスソングが流れる季節になりましたね。AWSからのちょっとしたクリスマスプレゼントとして、現在「初めてAWSアカウントを作成いただいた方」向けに、25ドル分の無料利用クーポンをプレゼントしています。2019/12/25(水)の18時が締め切りです。$25あれば結構色々試すことができますので、まだAWSを使った事が無い方はぜひトライしてみてください!詳細はこちらのページに記載されています。 では、先週の主なアップデートについて振り返っていきましょう。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWSのマネジメント&ガバナンス サービスアップデート 資料及び QA 公開

先日 (2019/12/18) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWSのマネジメント&ガバナンス サービスアップデート」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。   20191218 AWS Black Belt Online Seminar AWSのマネジメント&ガバナンス サービスアップデート from Amazon Web Services Japan   AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q.CloudFormation リソースインポートを使う際、テンプレートがない既存環境に対して、CloudFormation テンプレートを作成する場合、VPC / EC2 など、分割テンプレートにすることは可能でしょうか? A. はい。インポートする場合はご自身でテンプレートをご用意いただき、どのリソースをインポートするかを指定します。分割したいときは、例えば VPC だけ、EC2 だけを定義したテンプレートを使って別々にインポートすることで、それぞれ別のテンプレートに対応したスタックとして分けて管理することができるようになります。 Q. AppConfig と EC2 AutoScaling と組み合わせをすることは可能でしょうか?AppConfig で EC2 オートスケーリング機能があるように受け取ってしまいました。 A. はい。組み合わせは可能です。AppConfig を使う場合はアプリケーションが GetConfiguration API をポーリングして設定値を取得するよう構成する必要があります。アプリケーションは取得した設定値を使って例えばフラグ制御のような処理を行うことになります。この状態で新バージョンの設定値を AppConfig […]

Read More