Amazon Web Services ブログ

Category: Networking & Content Delivery

InfosysEquinoxで小売業向けのマイクロサービスアーキテクチャを構築する方法

eコマースはより重要になってきている 2021年4月のこちらのForbesの記事によると、世界のeコマースの売上高は4.2兆ドルに達すると予想され、英国、日本、米国の消費者調査では、オンラインショッピングが食料品の買い物方法として、ますます多くの消費者から好まれつつあることが示されました。この記事では食料品の買い物に言及しているだけですが、消費者は他の製品にもおいてもeコマースを好むようになっていると考えて間違いありません。 主にCOVID-19の大流行による、消費者行動の劇的な変化により、多くの小売業者はデジタルコマースに重点を置くようになりました。 しかしながら、多くの小売業者は、単純にモノリシックなeコマースWebサイトを設置しているだけです。 さらに、消費者が小売業者と関わることが可能なデジタルタッチポイントは今日多くあります。加えて、買い物客の期待は音声、店舗、Web、ソーシャルメディア、その他チャネルに渡る一貫したオムニチャネルでのユーザー体験です。したがって、小売業者はモノリシックなWebサイトでは、eコマースビジネスを素早く拡大できません。 これを念頭に置いて、柔軟なマイクロサービスを利用するモダンなeコマースプラットフォームを作成するための重要な要素と、小売業者がモノリシックなウェブサイトからマイクロサービスアーキテクチャに移行するにあたり、AWS Retail Competency Partner である Infosys Equinox がどのようにサポートできるかについて説明します。

Read More

VMware Cloud on AWS Outpostsの基礎についての深掘り

AWS で Sr. Manager, Solutions Architecture を務める Aarthi Raju と Sr. Partner Solutions Architect を務める Schneider Larbi による記事です。 お客様がワークロードのモダナイズとクラウドへの移行を検討する際、ユースケースによっては完全にクラウドに移行し、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) やコンテナ、サーバーレスアーキテクチャにアプリケーションを実装することを選択する方もいらっしゃいます。 vSphere ワークロードを持つお客様は、VMware Cloud on AWS を利用して、アプリケーションを高速かつシームレスにクラウドに移行しています。 VMware Cloud on AWS では、アプリケーションのコードやロジックをリファクタリングや変更することなく、ワークロードをより迅速に移行することができます。我々のチームは、vSphere のワークロードをクラウドに移行するお客様と仕事をしていく中で、低レイテンシー、ローカルでのデータ処理、あるいはデータのガバナンスやコンプライアンスなどの要件により、特定のワークロードについてはオンプレミスやエッジに残す必要があるとフィードバックを受け取りました。 Amazon Web Services (AWS) は、vSphere をご利用のお客様のこうしたユースケースに対応するため、VMware Cloud on AWS Outposts を発表しました。このサービスは、企業がこれらのワークロードを、オンプレミスのフルマネージドな VMware Cloud on AWS スタック上で実行できるようにするものです。 VMware Cloud […]

Read More

AWS Week in Review – 2022 年 5 月 9 日

AWS Week in Review はシリーズとして、毎週 AWS からの興味深いニュースやお知らせをダイジェストでお伝えします! 新たな 1 週間が始まりましたね。こちらでは、過去 7 日間で最も重要な AWS ニュースをまとめました。今週は CloudFront Functions が 1 周年を迎えます。この最初の 1 年間でお客様が構築したものを目にするのが待ちきれません。 2022 年 5 月 2 日週のリリース: 先週のリリースのうち、私が注目したいくつかのリリースを以下に記載しました。

Read More

Amazon CloudFront と AWS Lambda@Edge による署名付き Cookie ベースの認証: パート 2 – 認可

この 2 部構成のブログシリーズでは、メールアドレスとドメイン名を使用してユーザー認証を行う方法を学習します。この方法では、静的な Web サイトへの資格情報を使用しないユーザーアクセスを制限します。 このブログシリーズの第 2 部では、認可メカニズムの実装方法を学習します。前回のブログ記事では、認証メカニズムの実装方法を学習しました。ブログ記事の第 1 部を読んだ場合は、序文をスキップして、前提条件を読んでください。

Read More

Amazon CloudFront と AWS Lambda@Edge による署名付き Cookie ベースの認証 : パート 1 – 認証

この 2 部構成のブログシリーズでは、メールアドレスとドメイン名を使用してユーザー認証を行う方法を学習します。この方法では、静的な Web サイトへの資格情報を使用しないユーザーアクセスを制限します。 この最初のブログでは、認証メカニズムの実装方法を学びます。第 2 部のブログ記事では、認可メカニズムを実装してソリューションを完成させる方法を学習します。

Read More

AWS LambdaのWebアプリケーションをAmazon CloudFrontで高速化する

このブログでは AWS Lambda の Function URL 機能を使って、Amazon CloudFront のオリジンとして Lambda 関数を設定する方法について説明します。Lambda Function URL 機能は、AWS リージョンにデプロイされた Lambda 関数に対して専用の HTTPS エンドポイントを提供します。

Read More

Amazon CloudFront が Server Timing ヘッダーを導入

はじめに Amazon CloudFront は新機能である Server Timing ヘッダーを最近発表しました。これは、リクエストを受け取ったときにコンテンツがキャッシュから提供されていたか、リクエストが CloudFront エッジロケーションにどのようにルーティングされたか、接続と応答プロセスの各段階でどれくらいの時間が経過したかといった、詳細なパフォーマンス情報を提供するものです。 Server Timing ヘッダーは、ビューアーのレスポンスに HTTP ヘッダーの形で追加のメタデータを提供し、クライアント側のアプリケーションコードで検査したり、使用することができます。Server Timing ヘッダーを使用すると、CloudFront パフォーマンスのトラブルシューティング、CloudFront 動作の検査、キャッシュミス、ファーストバイトレイテンシーなどユーザリクエストのトランザクション全体のメトリクスを収集・集計する際に、より詳細な洞察を得ることができます。 このブログでは、Server Timing ヘッダーを有効にする方法と、この機能を使用してユーザー体験を向上させることができる一般的な使用例について詳しく説明します。

Read More
how-to-implement-reliable-dynamic-ad-insertion-using-aws-media-services

AWS Media Services を使って信頼性の高い Dynamic Ad Insertion (動的広告挿入)を実装する

この特異な時代においてライブイベントのオフラインでの開催が困難となるなか、音楽コンサートやスポーツイベント、リニアテレビなどのライブ中継のストリーミングが COVID-19 のパンデミック発生以来、爆発的に増加しています。携帯電話やデスクトップブラウザでのオーバーザトップ (OTT) ライブストリーミングや、スマートテレビアプリケーションを介してのみ利用できるコンテンツの量が増えています。 これらのライブストリームの視聴者の数が年々増加するにつれて、オンラインのオーディエンスは指数関数的に増加しています。例えば、Super Bowl LV では、2020 年比でオンライン視聴者数が 65% 以上増加しました。さらに、ヨーロッパの放送局は、サッカーの UEFA Euro 2020(欧州選手権)中に、ライブストリーミングの記録を塗り替えました。Peacock (NBCUniversal)、 IMDb TV (Amazon)、 Pluto TV (ViacomCBS) などの新しいサービスが開始し、無料広告付きストリーミングテレビ (FAST) のチャンネルも増加しています。

Read More

シドニー工科大学が生体医療用ロボットと AWS IoT で脳卒中リハビリを変革する方法

この記事は Nils De Vriesによって投稿された How the University of Technology Sydney is transforming stroke rehabilitation with biomedical robots and AWS IoT を翻訳したものです。 はじめに 本ブログでは、シドニー工科大学(UTS)が、バイオメディカル工学とロボティクス、そして AWS Internet of Things(IoT)などの AWS ソリューションを用いて、脳卒中患者の家庭環境でのリハビリテーションにおけるチャレンジにどのように取り組んだのかを紹介します。

Read More

外部ユーザが安全かつ直接的に Amazon S3 へファイルをアップロードできるようにする方法

このブログは 2022 年 3 月 24 日に Anderson Hiraoka (Solutions Architect) と、Rafael Koike (Principal Solutions Architect) によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。 企業では、ファイルや画像などのデジタル資産をリポジトリに保存することが求められることが多くあります。多くの場合、これらのファイルのソースは、社内システムに接続されていないパートナーまたは個人であり、ファイルをアップロードするためには、企業の認証が必要となります。お客様は従来、ファイルのアップロードを処理するためにサーバーを使用していましたが、大量のネットワーク I/O とコンピューティングリソースが使用される可能性があります。さらに、アプリケーションの規模が大きくなるにつれて、ファイルアップロードのパフォーマンスを維持することが非常に困難になる場合があります。これらの要件を満たすために、企業はデジタル資産を保存および配布するためのコストと、時間のかかるインフラストラクチャを維持することが多く、代替セットアップに比べて安全性が低く、コストが高くなる可能性があります。

Read More