Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Elemental MediaConnect

jpmne-quickly-create-a-live-streaming-channel-with-aws-elemental-medialive-workflow-wizard

ライブストリーミングチャンネルをAWS Elemental MediaLive Workflow Wizardで素早く作成する

モバイルの視聴者やウェブサイトに向けて様々な用途でビデオをストリーミングする必要性が高まっています。AWS Elemental MediaLiveは、自動化されたWorkflow Wizardを提供し、数回クリックするだけでライブストリーミングのワークフローを作成することができます。これにより、教育関係者、マーケティング担当者、社内広報チームなどが、ビデオストリーミング技術に関する深い知識がなくても、簡単に大規模なビデオコンテンツを共有できるようになります。

Read More
Elemental Live supports JPXS

AWS Elemental LiveオンプレミスエンコーダーでJPEG XSおよびSMPTE2110-22をサポート、AWS クラウドでの非圧縮動画ワークフローを実現

AWS Elemental Liveはさまざまな IP 動画ワークロードで高い信頼性と豊富な機能を提供するソフトウェアベースのオンプレミスエンコーダーです。先日の2.21.3 GA ソフトウェアリリースで JPEG XS のエンコーディング・デコーディングおよびSMPTE2110-22入出力をサポートしました。JPEG XSは低レイテンシーかつ視覚的にロスレスなコーデックで、SMPTE2110-22により映像伝送サービスAWS Elemental MediaConnect経由でクラウドへのロスレス入出力をサポートします。 MediaConnect ではAWS Cloud Digital Interface (AWS CDI) フローをサポートしており、AWS クラウドでの非圧縮の動画ワークフローを構築できます。この度のElemental Live のJPEG XS及びSMPTE2110-22入出力サポートにより、AWS CDI フローにAWS Direct Connect を効率的に利用することで、オンプレミスの SDI および SMPTE 2110 動画ネットワークを Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) VPC ライブ動画ネットワークにブリッジできるようになりました。フローにJPEG XS を使用することで、クオリティやレイテンシーを犠牲にすることなく、クラウド動画の帯域幅を最大 90% 削減できます。

Read More
srt-inputs-in-aws-elemental-live

AWS Elemental LiveにSRT(Secure Reliable Transport)を入力する方法

SRTとは SRT(Secure Reliable Transport)はHaivision社が開発したビデオストリーミングのパフォーマンスを最適化するオープンソースのビデオトランスポートプロトコルです。SRTは2つのエンドポイントを接続し信頼性の低いネットワーク上で低遅延でビデオを配信する技術パッケージとプロトコルを含んでおり、優れたビデオ品質を提供しネットワークの瞬断にも耐えるように設計されています。 SRTはジッター、パケットロス、ネットワーク帯域の変動から保護し視聴者に最高品質の映像を提供します。 またレイテンシーの設定が可能な低遅延プロトコルであり、レイテンシーと信頼性の最適化が可能です。 SRTは接続性の限られたコンサート会場やコンベンションセンターからのライブストリーミングなど、ロスの多いネットワーク上で映像を送信しなければならないお客様に最適なプロトコルです。SRTはこのようなロスの多いネットワーク上でも、信頼性の高い低遅延のストリームを配信することができます。SRTはまた、エンドツーエンドで128ビット、192ビット、256ビットのAES暗号化を提供し、コンテンツの転送中の保護を確実にします。

Read More
MediaConnect Supports SRT

AWS Elemental MediaConnectが映像伝送プロトコルSRTをサポートしました

AWS Elemental MediaConnectは、Zixi、Reliable Internet Stream Transport (RIST)、Real-time Transport Protocol (RTP) などのプロトコルと前方誤り訂正 (FEC) を使用して、信頼性が高くセキュアなライブ映像伝送サービスをを提供してきました。 今回このサポートするプロトコルとしてにSRTを追加しました。 Secure Reliable Transportの略であるSRTは、信頼性が高く、遅延の少ない映像伝送プロトコルです。 SRTのオープンソース実装はHaivisionのテクノロジーに基づいており、パケット損失のあるネットワーク環境で、ビデオやその他メディアストリームを確実に配信するために、2つのエンドポイントを接続するように設計されています。 SRTアライアンスが推進するSRTオープンソースプロジェクトは、オープンソースSRTを継続的に改善することにより、高品質のインターネット映像伝送の実現に努めている業界リーダーと開発者の共同コミュニティです。 AWS Elementalは、MediaConnectでネイティブにSRTをサポートし、SRT オープンソース映像伝送プロトコルの採用を推進するSRT Allianceに参加することになりました。

Read More

re:Invent 2020ストリーミング配信の裏側

re:Inventは、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)とAWSイベントテクノロジーチームのメンバーにとって、最大の年次イベントです。リーダーシップセッションのライブストリームは、他のAWSイベントよりも視聴者数は約500%多くなっています。 2020年、COVID-19の影響により、re:Inventは初めて対面式からオンライン開催へと転換しました。これにより、大規模で信頼性の高いコンテンツ配信を実現するための、ライブストリーミングサービスとハードウェアがさらに重要視されるようになりました。本ブログ記事では、すべてのre:Invent 2020ライブコンテンツのライブコンテンツを提供することを可能にした、最新のクラウドワークフローと現地でのエンコーディングとアーキテクチャについて説明します。

Read More

日本テレビ放送網株式会社、日テレ系ライブ配信トライアルにおいて AWS を利用した Cloud Playout を実現

Cloud Playout 導入の背景 放送/配信業務において映像を送出する Playout システムは LIVE 映像が配信されている LIVE フィードと事前に準備済みの映像ファイルである Asset の切替、番組進行 / 編成管理、緊急切替といった様々な処理を行います。そして LIVE フィード / Asset の切替や映像の “フタ被せ” ( 権利の関係から映像配信できない場合に別映像を被せる ) は該当の映像区間のみに対して処理をするため、フレーム精度 ( 後述 ) での対応が求められます。そのため Playout システムの構築には専用ハードウェアの組み込みや数年単位での検討/構築期間、多くのコストが掛かる事が従来は一般的でした。 日本テレビ放送網株式会社 ( 日本テレビ ) は2020 年 10 月より始めた地上波プライムタイムのライブ配信トライアル ( 日テレ系ライブ配信トライアル ) において、これらの課題を解決し、迅速にサービスを実現するために株式会社 PLAY ( PLAY ) の Cloud Playout サービス “ PLAY KRONOS ( KRONOS […]

Read More

【登壇報告】Virtual NAB 2020セミナー

毎年 4 月に開催される 全米放送協会 NAB (National Association of Broadcasters) が主催する世界最大の放送機器展 NAB Show ですが、今年は COVID-19 感染拡大の影響を鑑み Las Vegas での開催は中止、いくつかのデジタルイベントを実施することになりました。AWS は NAB Show で公開する準備を進めていた内容を下記のオンラインセミナーで紹介させていただきました。 4/21 (火)に US では AWS 主催のイベント「AWS NAB News & Update」を開催しました。 動画は こちら 資料は こちら です。 日本でも 4/22 (水)に伊藤忠ケーブルシステム様のバーチャルイベント「Virtual NAB 2020 セミナー」において、「NAB 出展概要とテクノロジーハイライト」というタイトルで、ソリューションアーキテクトの小林が登壇させていただきました。それらの内容について Blog で報告させていただきます。 Virtual NAB 当日の資料は こちら です アジェンダ: 1. AWS はメディアのための場所 […]

Read More

ソシオネクスト、AWS でリアルタイム AV1 エンコーディングを実現

NFL の試合をストリーミングで観戦することや、ミステリースリラー番組「ストレンジャー・シングス」の新シーズンを好きなだけ見たりする事から、消費者はストリーミングビデオ体験に対し、高い映像品質を期待するようになってきています。また、コンテンツ制作者や配給事業者にとって、低遅延且つ高品質のビデオを作成することが不可欠となっています。ただし、拡大するデバイスへの配信や多様なネットワーク接続環境を考慮に入れると、映像品質について高い水準を維持することは困難になっています。 日本の SoC( System-on-Chip )テクノロジープロバイダーである株式会社ソシオネクスト(以下、ソシオネクスト社)では、映像伝送にAWS Elemental MediaConnect、AV1エンコード処理にAmazon Elastic Compute Cloud( EC2 )F1 インスタンス、コンテンツ配信に Amazon CloudFront を使用しクラウドベースの AV1 リアルタイムエンコードを可能にするソリューションを構築することで、処理時間を大幅に短縮しながら一貫した高い映像品質を実現しました。 その仕組みは次のとおりです。 エンコーダを内蔵し Zixi プロトコルに対応した JVCのCONNECTED CAMカメラで撮影をします。JVC カメラは 前方誤り訂正(FEC)および自動再送要求(ARQ)パケット損失回復を使用するメカニズムであるZixiプロトコルに対応した唯一のプロフェッショナル用カメラです。JVC カメラから出力された信号は MediaConnect に送信されます。その後、信号は EC2 F1 インスタンスに入力され、リアルタイムで次世代の圧縮コーデック AV1 にエンコードされ、CloudFront を介して視聴者に送信されます。 適切に実装された場合、AV1 エンコーディングは H.264 および H.265 コーデックよりも小さいファイルサイズでより高品質の画像を生成しますが、エンコーディングのための高いコンピューター処理装置( CPU )要件によって、広く採用されていません。MediaConnect と EC2 F1 インスタンスがサポートするフィールドプログラマブルゲートアレイ( FPGA )を組み合わせることで、ソシオネクスト社のソリューションはリアルタイムの AV1 エンコードを可能にし、専用 CPU のハードウェアコストを削減します。また、不安定なネットワーク環境でも、エンドユーザーエクスペリエンスとストリームの品質を向上させながら、ストレージとコンテンツ配信ネットワーク( CDN […]

Read More

【開催報告】メディア向けクラウド活用 最新事例紹介・シーズン III

メディア業界向けAWS セミナーシリーズ 第三弾 |IBC Recap & 最新動画配信ユースケースをご紹介 2019年9月26日 メディア業界に関わる事業者様および企業様を対象とした、クラウド活用最新事例紹介イベントを開催しました。 4半期毎に開催しているセミナーの第3弾として、今回は9月に開催された IBC 2019 のブース レポートと、AWS パートナーとエンドユーザ様から最新のユースケースとして、動画配信ワークフローをクラウドで運用いただくことで得られる 拡張性・可用性、インフラ管理の省力化、短期間でのサービス開発 などのメリットが注目を集めている『コンテンツ配信 』カテゴリーの活用事例をご紹介いただきました。 当日は約130名のお客様にご来場頂きました。 IBC 2019 Recap -AWS ブース レポート アマゾン ウェブ サービス ジャパン ソリューションアーキテクト 安司 仁 IBC(International Broadcasting Convention)は、世界150カ国から55,000人以上が参加する、欧州最大の映像・音響技術の展示会です。AWS は5年連続で今回も出展し、4つのメディアワークロード(コンテンツ制作、コンテンツワークフロー・アーカイブ、コンテンツ配信、機械学習&データ分析)に関する展示に加え『 マネタイゼーション・パーソナライゼーション 』『 テクノロジーイノベーション 』のテーマを加えた新機能紹介とデモを実施しました。 『 コンテンツ制作 』:コラボレーションの促進、制作/品質向上への取り組みから、制作環境がクラウドにシフトしてきており、全てクラウドで編集をしているスタジオの Untold Studios の事例についてもご紹介しました。ブース展示内容としては先日9/20発表された NVIDIA T4 GPU を備えた G4 インスタンスの紹介や、それを使ったクラウド上の制作環境、AWS ThinkBox Deadline と Spot […]

Read More