Amazon Web Services ブログ

Category: Customer Enablement

HawkEye 360 による Deep Graph Libraryと Amazon Neptune を用いた船舶の運航管理リスク予測

この記事はHawkEye 360 の Ian Avilez氏とTim Pavlick氏が共同で執筆しています。 HawkEye 360は、商業用無線周波数 (RF) 信号空間、データ、分析を提供する企業です。その信号には、超短波 (VHF) プッシュツートーク無線機、海上レーダーシステム、AIS(船舶自動識別装置)ビーコン、緊急用ビーコンなどがあります。分析の対象となる信号の種類は年々増加しています。

Read More

AWS IQ の拡張: 英国とフランスに拠点を置くエキスパートやコンサルティングファームとつながる

 AWS IQ は 2019 年に開始され、世界中のお客様が、オンデマンドのプロジェクト業務のために、数千の AWS 認定サードパーティーのエキスパートやコンサルティングファームを利用するのをサポートしてきました。お客様が求めているのが AWS についての学習、プロジェクトの計画、新しいサービスの立ち上げ、既存のアプリケーションの移行、または支出の最適化のいずれであっても、AWS IQ を利用することで、サポートを提供できるエキスパートやコンサルティングファームとつながることができます。プロジェクトの目標を説明とともに共有し、AWS IQ アプリケーション内で返信を受け取り、許可と予算を承認できます。料金は AWS 請求を通じて直接請求されます。 昨日までは、エキスパートは AWS IQ で実践的なサポートを提供するために、米国に所在している必要がありました。本日、英国とフランスに拠点を置く AWS 認定エキスパートおよびコンサルティングファームが AWS IQ に参加できるようになったことをお知らせします。

Read More

旅行およびホスピタリティ業界向け21世紀の予測

昨年は、旅行とホスピタリティ業界、旅行者やゲスト、プロバイダーやサプライヤー、従業員やステークホルダーにとって前例のないものでした。混乱の結果、移動平均での予測や、昨年対比を参照していた企業は、舵取りのできない船の舵を取ることになってしまいました。正確な予測ができなければ、旅行とホスピタリティの会社は、旅行者やゲストがいつ、何人到着するかを決定することはできません。彼らは、適切な人員配置、在庫ポジションの調整、プロモーションやイベントが業績に与える影響のモデル化、価格設定と収益管理の最適化、プロジェクトの収益やキャッシュフローの予測方法を知りません。GrubhubのシニアデータサイエンティストであるWilliam Coxは、この業界のジレンマをうまく要約し、「供給過剰は運用コストを増加させ、供給不足は顧客満足度を低下させる」と述べました。 つまり、顧客体験の向上と運用効率の最適化に重点を置いた業界では、正確な予測が不可欠です。しかし、予測不可能な状況により、正確な予測はかつてないほど困難になっています。

Read More

AWSも検討会に参加。”ガバメントDX”『行政府における理念と実践』ハンドブックの公開が開始

本日2021年6月1日より、『GDX:行政府における理念と実践』──”ガバメントDX”ハンドブックのPDF版が無料配布・公開開始されましたので、お知らせします(以下、『GDXハンドブック』)。このハンドブックの議論の端緒となった、一般社団法人 行政情報システム研究所主催の「世界各国におけるDX推進における手法の調査」検討会(『GDXハンドブック』のp.4にて言及)には、AWSからも3名が参加をする機会をいただきました。今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、この『GDXハンドブック』の概要紹介をお届けします。ご不明の点、「Contact Us」もしくは行政情報システム研究所までお問合せください。

Read More

AWS DataSyncとAmazon FSxを使って1ヵ月でファイルストレージをAWSへマイグレーション

このブログはVaibhav Singh (Cloud Infrastructure Architect with AWS ProServe India)によって執筆された内容を日本語化した物です。原文はこちらを参照して下さい。   オンプレミスからクラウドへの移行では、さまざまなお客様がそれぞれに異なった環境を持っていて実現方法も異なります。あるお客様はオンプレミスで稼働しているワークロードの規模が小さかったり、あるお客様は複数のデータセンターに複数のストレージアレイを設置していたり、さらに複雑で膨大なセットアップを行っているお客様もいるかと思います。クラウドに移行する場合、現在のデータストレージ環境を調査することの難しさや、どのように始めればよいか戸惑うのは当然のことでしょう。 AWSプロフェッショナルサービスは、ダウンタイムを最小限に抑えながら、お客様のクラウドへの移行をサポートし、最も効率的で効果のある方法でクラウドソリューションを最大限に活用できるようにします。AWSは、アプリケーションやデータベース、バックアップやディザスタリカバリ(DR)のスタックを再設計することなく、ビジネスに最適な方法でデータをクラウドに移行することを支援します。 この記事では、10,000人以上の従業員を抱えるグローバル金融サービス企業のお客様が、AWSプロフェッショナルサービスによる迅速かつ安全なオンライン移行によって、どのようにしてクラウドへの移行を加速させたかを紹介します。このケースでは、お客様はAWS DataSyncとAmazon FSx for Windows File Server(Amazon FSx)を使用して、100TB以上のファイルストレージを迅速かつシームレスに移行することができました。

Read More

SAP on AWS: 2020年振返り

はじめに 2020年を振り返ると、どれだけ信じがたい出来事が起きたかということを認めなくてはなりません。全世界的にCOVID-19やその他の世界の出来事によって私たちの生活様式が変化し、多くの人々にとって困難なものとなりました。このパンデミックにより、企業は顧客や従業員のニーズを満たすために、ほぼ即座に運用上の変更を余儀なくされました。また、多くの企業がクラウドサービスの利用を始めました。 この数週間にわたり、毎年恒例のre:Inventカンファレンスの一環として、私たちは多くのお客様からの声を聞く機会がありました。その数社はSAPトランスフォーメーションのストーリーを世界へ共有するためのバーチャルステージを行いました。:

Read More