Amazon Web Services ブログ

Jeff Barr

Author: Jeff Barr

Jeff Barr is Chief Evangelist for AWS. He started this blog in 2004 and has been writing posts just about non-stop ever since.

AWS CloudShell – AWS リソースへのコマンドラインアクセス

多くの自動化を構築していても、Infrastructure as Code (IAC) の実践に優れていても、ペットから家畜への移行が成功したとしても、コマンドラインで AWS リソースとやり取りする必要が時折出てきます。設定ファイルの確認や調整、本番環境での迅速な修正、または AWS の新しいサービスや機能を試す必要があります。 ウェブブラウザでの作業が最もストレスがないと感じているお客様もいますが、独自のコマンドラインインターフェイス (CLI) を設定またはカスタマイズしていることはありません。こうしたお客様は、クライアントアプリケーション、パブリックキー、AWS 認証情報、ツールなどを使いたくないと言います。これらの手順はどれも難しいことではないし、時間がかかることもありません。私たちはいつでも複雑さや手間の多い作業が増えているお客様のお手伝いをする準備ができています。 AWS CloudShell の導入 本日、AWS は AWS CloudShell をローンチしました。これは、AWS 対応のシェルプロンプトの作業を簡単かつセキュアにし、できるだけ手間を少なくすることを目的としたものです。CloudShell で実行するすべてのシェル環境には、AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) (v2) がインストールおよび設定されており、AWS のコマンドを即座に実行できます。環境には Python と Node のランタイムも含まれ、今後さらに多くのランタイムを追加する予定です。 開始するには、AWS マネジメントコンソールで CloudShell アイコンをクリックします。 ほんの数秒でシェルが自動的に設定され、すぐに最初の AWS のコマンドを発行することができます。 シェル環境は Amazon Linux 2 に基づいています。ホームディレクトリにはリージョンごとに最大 1 GB のファイルを保存でき、そのリージョンでシェルを開くたびに利用可能になります。これには、.bashrc ファイルやシェル履歴ファイルなどのシェル設定ファイルが含まれます。 SSO または AWS マネジメントコンソール (フェデレーションロールを含みます) にログインできる任意の IAM […]

Read More

Amazon Location — マップと位置の認識をアプリケーションに追加

私たちは、マップ、位置認識、その他の位置ベースの機能をウェブやモバイルのアプリケーションに簡単かつ費用効果の高い方法で追加できるようにしたいと考えています。これまでこうした機能の追加は複雑で高くつくだけでなく、単一のプロバイダーのビジネスモデルやプログラミングモデルに縛られていました。 Amazon Location Service のご紹介 本日より、Amazon Location がプレビュー形式で利用可能になり、すぐに使用を開始できます。一般的な選択肢より安価な料金である、Amazon Location Service を使用すると、複数のプロバイダーが提供するマップやロケーションベースのサービスに、経済的かつ従量制でアクセスできます。 Amazon Location Service を使用すると、どこにいるかを認識し、それに応じて応答するアプリケーションを構築できます。マップの表示、住所の検証、ジオコーディングの実行 (住所の場所への変換)、パッケージやデバイスの移動の追跡などを行うことができます。ジオフェンスを簡単に設定し、追跡対象アイテムがジオフェンスエリアに出入りしたときに通知を受け取ることができます 。フルコントロールを維持しながら、マップ上に独自のデータをオーバーレイすることもできます。 Amazon Location Service には、 AWS マネジメントコンソール、AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) から、または一連の API 経由でアクセスできます。また、Mapbox GL や Tangram などの既存のマップライブラリを使用することもできます。 Amazon Location に関するすべて それでは、Amazon Location Service がお客様に提供するリソースの種類を見てみましょう。次に、アプリケーションでそれらを使用する方法について説明いたします。 マップ – Amazon Location Service では、パートナーからのデータを活用してマップを作成できます。Esri や HERE Technologies が提供するマップとマップスタイルを選択できます。将来的には、これらのパートナーや他のパートナーからさらに多くのマップやスタイルが提供される可能性があります。マップを作成した後、GetMapTile 関数を使用して、タイル (最大 16 のズームレベルの 1 つ) […]

Read More

プレビュー開始 – Amazon Managed Service for Prometheus (AMP)

オブザーバビリティは、クラウドインフラストラクチャを大規模に実行するために不可欠な側面です。リソースが正常で期待どおりに動作しており、システムがお客様に望ましいレベルのパフォーマンスを提供していることを把握しておく必要があります。 課題の多くは、コンテナベースのアプリケーションを監視するときに生じます。第一に、コンテナリソースは一時的なものであり、監視するメトリクスが多数あるため、モニタリングデータのカーディナリティが著しく高くなります。簡単に言えば、一意の値がたくさんあるということで、これらはスペース効率性に優れたストレージモデルを定義し、有意義な結果を返すクエリを作成することを困難にします。第二に、優れた設計のコンテナベースシステムは、多数の可動部分を使用して構成されているため、モニタリングデータの取り込み、処理、および保存は、それ自体がインフラストラクチャ上の課題となり得ます。 Prometheus は、アクティブなデベロッパーとユーザーコミュニティを抱える優れたオープンソースモニタリングソリューションで、コンテナから収集された時系列データに最適な多次元データモデルを備えています。 Amazon Managed Service for Prometheus (AMP) のご紹介 本日から、Amazon Managed Service for Prometheus (AMP) のプレビューが開始されます。この完全マネージ型ドサービスは、Prometheus との完全な互換性があります。同じメトリクス、同じ PromQL クエリをサポートし、150 を超える Prometheus エクスポータを利用することもできます。AMP は、高可用性を実現するために複数のアベイラビリティーゾーンにまたがって実行され、水平的なスケーラビリティのために CNCF Cortex が搭載されています。AMP は、何百万もの時系列メトリクスを取り込み、保存し、クエリするために簡単にスケールできます。 プレビューには、Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) および Amazon Elastic Container Service (ECS) のサポートが含まれます。これは、クラウドまたはオンプレミスで実行されているセルフマネージド Kubernetes クラスターの監視にも使用できます。 Amazon Managed Service for Prometheus (AMP) の使用開始 プレビューに参加したら、AMP コンソールを開いて AMP ワークスペースの名前を入力し、[Create] (作成) […]

Read More

PennyLane on Braket + フォールトトレラントな量子コンピューティングに向けた進歩 + テンソルネットワークシミュレータ

昨年、初めて Amazon Braket について書き、量子コンピューティングの使用を開始するように皆さんをご招待しました! そのリリース以降、当社は前進を続け、Amazon Braket にいくつかの重要で強力な新機能を追加しました。 2020 年 8 月 – D-Wave、IonQ、および Rigetti から量子コンピューティングハードウェアへのアクセスを備えた Amazon Braket の一般提供。 2020 年 9 月 – D-Wave の Advantage 量子処理装置 (QPU) へのアクセス。これには、5,000 を超える量子ビットと 15-way 接続が含まれています。 2020 年 11 月 – リソースのタグ付け、AWS PrivateLink、量子ビットの手動割り当てのサポート。最初の 2 つの機能を使用すると、既存の AWS アプリケーションを Amazon Braket で構築した新しいアプリケーションに簡単に接続できます。また、本稼働クラスのクラウドベースの量子コンピューティングアプリケーションの将来像を思い描くのに役立つはずです。最後の機能は、研究者にとって特に興味深いものです。私が理解しているところによれば、量子コンピューティングハードウェアの特定の部分内にある特定の量子ビットは、量子回路の一部として使用される際にそれらがいくらか優れた性能を発揮する可能性のある個別の物理的特性および接続特性を有する可能性があります。詳細については、QPU デバイスでの量子ビットの割り当てで確認できます (これは、コンパイラが頻繁に使用する変数に CPU レジスタを割り当てる方法とある程度類似しています)。 私の最初のブログ記事では、Caltech に隣接する AWS 量子コンピューティングセンターの設立も発表しました。 これを書いている時点では、私たちは、Noisy […]

Read More

準備中 — オーストラリアのメルボルンの AWS リージョン

当社は、2020 年にイタリアと南アフリカで新しい AWS リージョンを立ち上げました。そして現在、インドネシア、日本、スペイン、インド、およびスイスのリージョンについての準備を進めています。 2020 年のオーストラリアのメルボルン 本日は、アジアパシフィック (メルボルン) リージョンのオープン準備に入りましたことをお知らせいたします。2022 年後半には、3 つのアベイラビリティーゾーンを備えてオープン予定です。アジアパシフィック (シドニー) リージョンに加えて、オーストラリアにはすでに 7 つの Amazon CloudFront エッジロケーションがあり、シドニーのリージョナルエッジキャッシュによってバックアップされています。 これは、オーストラリアで 2 番目のリージョンとなるとともに、アジアパシフィックでは 9 番目のリージョンとなり、既存のオーストラリア、中国、インド、日本、韓国、およびシンガポールの各リージョンに続くリージョンとなります。現在、24 の AWS リージョン内で 77 のアベイラビリティーゾーンが稼働しているほか、さらに 18 のアベイラビリティーゾーンと 6 つのリージョン (このリージョンを含む) の準備が進められています。 当社の Climate Pledge に関する取り組みの一環として、Amazon は 2040 年までにネットゼロカーボンを達成するという目標の一環として、当社の事業で必要とするエネルギーを 2025 年までに 100% 再生可能エネルギーでまかなうための道のりを歩んでいます。この目的のために、当社は、オーストラリアにおいて、165 MW の容量と年間 392,000 MWh の発電能力を備えた 2 つの再生可能エネルギープロジェクトに投資しました。 新しいリージョンでは、オーストラリア内の地理的に分離された場所にバックアップデータを格納する機能など、追加のアーキテクチャオプションがお客様 (およびオーストラリアにおける数十万のアクティブな他の AWS […]

Read More

現在準備中 – 2020年に 3 つ、2021年には 12 のさらなる AWS ローカルゾーンが開設

私たちは、昨年 12 月にロサンゼルスで最初の AWS ローカルゾーン を立ち上げ、2020 年 8 月に 2 つ目のローカルゾーン (ロサンゼルス) を追加 しました。私は最初の記事で、より多くの地理的な領域へのローカルゾーンの追加を検討することになるだろうという Andy Jassy の発言を引用しました。 お客様は、これらのゾーンの EC2 インスタンスおよびその他のコンピューティングサービスを使用して、特にアーティストワークステーション、ローカルレンダリング、スポーツ放送、オンラインゲーム、金融取引処理、機械学習の推測、バーチャルリアリティ、拡張現実アプリケーションなどをホストしています。これらのアプリケーションは、地理的な近接性によって可能になる極めて低いレイテンシーの恩恵を受けます。 追加のローカルゾーン 本日、さらに 3 つのローカルゾーンを開設し、2021 年にはさらに 12 のローカルゾーンが開設予定であることをお知らせできることを嬉しく思います。 ボストン、ヒューストン、マイアミのローカルゾーンがプレビューフォームで利用できるようになりました。今すぐアクセスをリクエストできます。2021 年には、ニューヨーク市、シカゴ、アトランタなどの主要都市および大都市圏にローカルゾーンを開設する予定です。 米国本土の大多数のユーザーに 1 桁のミリ秒のレイテンシーでアクセスを提供することを目標として、ターゲットとなる都市を選択しています。アプリケーションの最もレイテンシーの影響を受けやすい部分をローカルゾーンにデプロイすることで、ユーザーに素晴らしいパフォーマンスを提供できます。上記のユースケースに加えて、まだ想像や構築されていないさらに多くのものが見れることを期待しています。 ローカルゾーンの使用 最初の投稿では、ローカルゾーンを使用するプロセスをステップスルーしました。そこで述べたすべてが引き続き適用できます。するべきことは、次のとおりです。 プレビューへのアクセスをリクエストし、返信を待ちます。 ローカルゾーンの新しい VPC サブネットを作成します。 EC2 インスタンスを起動し、EBS ボリュームを作成して、アプリケーションをデプロイします。 知っておくべきこと ここでは、新しいローカルゾーンおよび今後のローカルゾーンについて知っておくべきことをいくつか紹介します。 インスタンスタイプ – ローカルゾーンには、C5、R5、T3、G4 など、さまざまな EC2 インスタンスタイプがあります。 モデルの購入 – コンピューティングキャパシティをローカルゾーンにおいてオンデマンドで使用できます。また、Savings Plan を購入して、割引を適用できます。一部のローカルゾーンは、スポットインスタンスの使用もサポートしています。 AWS […]

Read More

re: Invent 2020 — 12月1日 (火曜日) の事前発表

先ほど、Andy Jassy から AWS の今後のローンチに関するヒントをもらいました。それらの準備が整ったときにはもっと沢山のことをお話したいのですが、それまでお待ちいただけるように、先行発表された内容を要約したいと思います。 小型化された AWS Outposts のフォームファクター – スペースに限りがあり、低レイテンシーのコンピューティングキャパシティにアクセスする必要がある支社、工場、小売店、医療クリニック、病院、およびセルサイトなどのロケーションに最適な新しい 2 つの AWS Outposts サイズが導入されます。1U (ラックユニット) Outposts サーバーには AWS Graviton 2 プロセッサーが搭載され、2U Outposts サーバーには Intel® プロセッサーが搭載されます。どちらのサイズも EC2、ECS、および EKS のワークロードをローカルで実行でき、プロビジョニングと管理はすべて AWS が行います (自動化されたパッチ適用と更新を含む)。 Amazon ECS Anywhere – 近々、Amazon Elastic Container Service (ECS) を独自のデータセンターで実行することが可能になり、オンプレミスとクラウドの両方で稼働する単一のコンテナオーケストレータを選択して標準化することができるようになります。同じ ECS API にアクセスでき、ECS リソースは、すべて同じクラスター管理、ワークロードスケジューリング、およびモニタリングツールとユーティリティを使用して管理できます。Amazon ECS Anywhere は、既存のオンプレミスのワークロードをコンテナ化し、ローカルで実行してから、それらを AWS クラウドに接続することも容易にします。 Amazon EKS Anywhere […]

Read More

プレビュー開始 – より優れたスループットを提供する、さらに大規模で高速な io2 Block Express EBS ボリューム

Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリュームは、2008 年の発売以来、EC2 の必要不可欠なコンポーネントです。現在、特定のユースケースに対応し、指定されたパフォーマンスが得られるように設計された 6 種類の HDD ボリュームおよび SSD ボリュームから選択できます。 今年初めに、以前の io1 ボリュームよりも 100 倍高い耐久性と 10 倍の IOPS/GiB を備えた io2 ボリュームを発売しました。io2 ボリュームは、ハイパフォーマンスでビジネスクリティカルなワークロードなど、I/O 負荷が高くレイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションに最適です。 さらに進化 本日から、さらに優れたパフォーマンスを提供する io2 Block Express ボリュームのプレビューを開始します! このボリュームは、AWS Nitro System の一部として実装された高度な通信プロトコルを活用した新しい EBS Block Express アーキテクチャに基づいて構築され、最大 256 K IOPS と 4000 MBps のスループット、最大 64 TiB のボリュームサイズを実現します。すべてミリ秒未満で、低分散 I/O レイテンシーです。スループットは、プロビジョンド IOPS ごとに […]

Read More

Amazon S3 アップデート – 強力な書き込み後の読み取り整合性

2006 年に S3 をローンチした当時、私はその事実上無制限の容量 (「あらゆる数のブロックを簡単に保存…」)、99.99% の可用性を実現するように設計されており、データが複数の場所に透過的に保存される耐久性に優れたストレージを提供するという事実について説明しました。このローンチ以来、AWS のお客様は、バックアップと復元、データアーカイブ、エンタープライズアプリケーション、ウェブサイト、ビッグデータ、そして最終集計で 10,000 個を超えたデータレイクといった、驚くほど多様な方法で S3 を使用しておられます。 S3、およびその他の大規模な分散システムの興味深い (時には分かりにくいこともある) 側面のひとつに、一般に結果整合性として知られているものがあります。要するに、PUT などのデータを格納または変更する S3 API 関数を呼び出した後には、データが受け入れられ、永続的に保存されたものの、まだどの GET または LIST リクエストも参照できない短い期間があるということです。これは、以下の図のようになります。 S3 のこの側面は、書き込み直後に最新のデータにアクセスする必要があるビッグデータワークロード (そのほとんどが Amazon EMR を使用) とデータレイクにとって極めて困難なものになり得ます。お客様がクラウドでビッグデータワークロードを実行できるようにするため、Amazon EMR は EMRFS Consistent View、およびオープンソースの Hadoop デベロッパーは S3Guard を構築して、これらのアプリケーションに強力な整合性レイヤーを提供しました。 S3 の整合性が強力になりました 前置きが長くなってしまいましたが、良いニュースをいくつかお知らせしたいと思います! 本日から、S3 の GET、PUT、LIST 操作のすべて、およびオブジェクトタグ、ACL、またはメタデータを変更する操作に強力な整合性が適用されます。書き込む内容をすぐさま読み取ることができるようになり、LIST の結果はバケットの内容を正確に反映するようになります。これは、既存および新規の S3 オブジェクトすべてに適用され、全リージョンで機能し、追加料金なしでご利用いただけます! パフォーマンスへの影響はなく、必要に応じてオブジェクトを毎秒何百回でも更新でき、グローバルな依存関係はありません。 この改善はデータレイクにとってすばらしいメリットですが、他のアプリケーションタイプにもメリットがあります。強力な整合性を備えた S3 により、オンプレミスワークロードの移行と AWS へのストレージもこれまで以上に容易になります。 私たちは、お客様がそれぞれのビッグデータワークロードでこの更新を活用できることを確実にするため、Amazon […]

Read More

EC2 更新 – D3/D3en 高密度ストレージインスタンス

2012 年の HS1 や 2015 年の D2 を含む、高密度ストレージを持つ EC2 インスタンスを数世代立ち上げてきました。この名前から推測できるように、お客様は、データウェアハウス、データレイク、ネットワークファイルシステム、Hadoop クラスターなどに、非常に経済的なオンインスタンスストレージを大量に必要とする場合に、これらのインスタンスを利用しています。このようなワークロードには、大量の I/O とネットワークスループットが必要ですが、コンピューティング能力に対するストレージ比率が高いと正常に動作します。 新しい D3 インスタンスおよび D3en インスタンス 本日、D3 インスタンスおよび D3en インスタンスをローンチします。以前のインスタンスと同様に、これらのインスタンスにより、大量の低コストオンインスタンス HDD ストレージにアクセスできます。D3 インスタンスには 4 つのサイズがあり、最大 32 個の vCPU と 48 TB のストレージを利用できます。仕様は以下のとおりです。 インスタンス名 vCPU RAM HDD ストレージ ディスクスループットの総計 (128 KiB ブロック) ネットワーク帯域幅 EBS 最適化帯域幅 d3.xlarge 4 32 GiB 6 TB (3 x 2 […]

Read More