Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon EC2

AWS Systems Manager Automation を使用したマルチアカウントおよびマルチリージョン環境のパッチ管理

AWS Systems Manager Automation は AWS リソースを集中管理するためにマルチアカウントおよびマルチリージョンを対象としたアクションを実行することができます。この機能を活用することでアカウント全体への設定の適用、運用アクション、コンプライアンス管理、に必要な時間とオーバーヘッドを減らすことができます。 このブログ記事では、AWS Systems Manager Automation を使用して、マルチアカウントおよびマルチリージョン環境のマネージドインスタンスにパッチを適用する方法を紹介します。またパッチ適用のために、インスタンス管理にどのようにリソースグループを活用するか説明します。例えば、開発、テスト、および本番などのさまざまな環境用のリソースグループを作成できます。そして Patch Manager を活用したカスタム自動化ドキュメントの作成方法と、カスタム自動化ドキュメントを実行してマネージドインスタンスにパッチを適用する方法を説明します。

Read More

新サービス License Manager – ソフトウェアライセンスの管理とライセンスルールの保全

BYOL(Bring Your Own License)を使用してAWSクラウドで商用ライセンスソフトウェアを使用する場合、不必要なライセンス調達を避けつつ、ライセンス条項の範囲内に収まるように展開を管理する必要があります。必要に応じてオンデマンドでインスタンスを起動したい場合、これは難しい課題です。 新サービス “AWS License Manager” 2018年11月28日、AWS License Managerをローンチしました。このサービスはライセンスルールを定義して、その中にエンタープライズ契約やライセンスされたソフトウェアの使用に適用されるその他の条件を考慮に入れるよう設定することができます。そして、定義したルールは展開メカニズム(ゴールデンAMIまたは起動テンプレート)に関連付けることができます。ルールが適用され起動されたEC2インスタンスは自動的に追跡されます。 また、1つまたは複数のAWSアカウントで使用状況を検出し、AWS管理コンソールからすべての使用状況を追跡することもできます。 それでは簡単に機能を見ていきましょう。ここでは、エンタープライズデータベース用のvCPUライセンスを100持っていると仮定します。 最初のステップは、1つ以上のライセンス設定を定義することです。 ライセンスマネージャコンソールを開き、[Create license configuration]をクリックして開始します: 構成の名前と説明を入力し、ライセンスがvCPUに基づいており(最大100に制限されています)、ライセンス数を限定強制したい事が示されます(Enforce license limit チェックボックスをオン): また、新たなライセンスルールを作成することもできます。 ルールは、EC2の構成に対するライセンスの適用可否を制御します。 vCPUの最小数や最大数、EC2テナントタイプ (共有、専有インスタンス、Dedicated Host) を指定できます。 例えば 4~64のvCPUと共有テナントを指定するルールは次のようになります: ルールが正しく定義されていることを確認し、Submitをクリックして次に進みます。 これで、ライセンスルールは準備が整いました。この画面ではルールの一覧が表示されており、私が作成したものと、他の人が作成したものも見る事が出来ます: ライセンスルールを作成したら、ルールを選択して[Actions]メニューの[Associate AMI]をクリックしてAMIと関連付けることができます。 1つ以上のAMIを選択し[Associate]をクリックします: 全体的なライセンスの使用状況を一目で確認できます(これは、複数のアカウントとAWS Organizationsと連携して機能するセントラルダッシュボード画面です): [Settings]をクリックして自分のAWS Organizationsアカウントにリンクし、クロスアカウントインベントリ検索を設定してライセンスの使用制限を逸脱したとき、SNSアラートを受信するように設定することも出来ます: その他 ここではAWS License Managerについてその他のいくつか知っておくべきことについて触れます: サポートされるライセンスタイプ – AWS License ManagerはvCPU、物理コア、物理ソケットをベースとしたライセンスをサポートします。特定のソフトウェアベンダーに紐づくものではありません。 クロスアカウントの使用管理 – AWS License Managerは、AWS Organizationsと組み合わせて使用する事が可能です。 マスターアカウントに署名した全てのアカウントでリンクし、組織全体でライセンス設定を共有することができます。 ダッシュボードを使用して、組織全体のライセンス使用状況を確認することができます。 […]

Read More

新発表 – Amazon FSx for Windows ファイルサーバー – 高速・完全マネージド型・セキュアなファイルサーバー

クラウド上で Windows アプリケーションを利用しようとしている組織では、通常、既存のアプリケーションや Windows 環境と完全に互換性のあるネットワークストレージを探します。例えば、エンタープライズ企業では ID 管理目的で Active Directory を使用し、フォルダやファイルへのきめ細かなアクセス制御のために Windows Access Control List を使用し、これらの企業のアプリケーションは Windows ファイルシステム (NTFS ファイルシステム) と完全互換のストレージに頼った作りになっています。 Amazon FSx for Windows ファイルサーバー Amazon FSx for Windows ファイルサーバーはこれら全てのニーズに対応しています。既存の Windows アプリケーションや Windows 環境で作業することを前提に設計されており、Windows ワークロードのクラウドへの Lift-and-Shift を非常に簡単にしてくれます。完全マネージド型の Windows ファイルサーバーに裏付けられたネイティブ Windows ファイルサーバーに、広く採用されている SMB (Server Message Block) プロトコルを介してアクセスできます。SSD ストレージで構築されている Amazon FSx for Windows ファイルサーバーは、皆さん (と皆さんの Windows アプリケーション) […]

Read More

Firecracker – サーバーレスコンピューティングのための軽量な仮想化機能

私の好きなAmazonリーダーシッププリンシプルの1つはCustomer Obsessionです。 私たちがAWS Lambdaをローンチしたとき、私たちは開発者にセキュアなサーバーレス体験を提供し、インフラストラクチャの管理を避けることに重点を置いていました。 目的のレベルの分離を達成するために、我々は各顧客に専用のEC2インスタンスを使用しました。 このアプローチにより、私たちはセキュリティ目標を達成することができましたが、私たちがLambdaを裏で管理する方法に関していくつかのトレードオフを余儀なくされました。 また、新しいAWSサービスの場合と同様に、顧客がLambdaをどのように使用するのか、あるいはサーバーレスモデル全体をどのように考えているのかもわかりませんでした。 私たちの計画は、時間の経過とともにバックエンドをより効率的にすると同時に、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供することに重点を置くことでした。 ちょうど4年後 (Lambdaはre:Invent 2014でローンチされました)、サーバーレスモデルが普及したことは明らかです。 現在Lambdaは毎月何十万人ものアクティブな顧客に対して数兆件の処理を実行しています。 昨年、我々はAWS Fargateのローンチによりサーバーレスの利点をコンテナにまで拡張し、毎週AWSの顧客に数千万のコンテナを提供しています。 私たちの顧客がサーバーレスでの採用を進める中で、効率の問題を再検討する時が来ました。 Invent and Simplifyの原則を念頭に置いて、今のコンテナやファンクションの世界のための設計として仮想マシンがどのように見えるのか自分自身に尋ねました。 Firecrackerの紹介 本日、KVMを利用する新しい仮想化技術であるFirecrackerについてお話したいと思います。 仮想化されていない環境では、軽量のマイクロ仮想マシン(microVM)を数秒で起動することができ、従来のVMで提供されているセキュリティとワークロードの分離と、コンテナに伴うリソース効率性を向上しています。 Firecrackerについて知っておくべきことは次のとおりです: セキュア – これは常に最優先事項です! Firecrackerは複数レベルの分離と保護を使用し、攻撃面は最小限に抑えられています。 ハイパフォーマンス – 今日時点でわずか125ミリ秒 (さらに2019年に高速化予定) でmicroVMを立ち上げることができ、一時的なものや短命のものを含む多くの種類のワークロードに最適です。 Battle-Tested – FirecrackerはBattle-Testedであり、既にAWS LambdaとAWS Fargateを含む複数のハイボリュームなAWSサービスに利用されています。 低オーバーヘッド – Firecrackerは、microVMあたり約5 MiBのメモリを消費します。 同じインスタンス上で、さまざまなvCPUとメモリ構成を持つ数千のセキュアなVMを実行できます。 オープンソース – Firecrackerはアクティブなオープンソースプロジェクトです。私たちはすでにpullリクエストを確認して受け入れる準備を完了しており、世界中の寄稿者とのコラボレーションを楽しみにしています。 Firecrackerは最小限主義の流儀で造られました。 私たちはオーバーヘッドを減らし安全なマルチテナンシーを可能にするために、crosvmからスタートし、最小限のデバイスモデルを設定しました。 FirecrackerはRustで書かれており、その最新のプログラミング言語はスレッドの安全性を保証し、セキュリティの脆弱性を引き起こす可能性があるさまざまなタイプのバッファオーバーランエラーを防止します。 Firecrackerのセキュリティ 前述のように、Firecrackerには多数のセキュリティ機能が組み込まれています! ここに部分的なリストがあります: Simple Guest Model – Firecrackerのゲストには、ネットワークデバイス、ブロックI […]

Read More

新機能 – 100Gbpsのネットワーク帯域に対応するC5nインスタンス

私たちは昨年、強力なコンピューティング集約型のC5インスタンスを立ち上げ、今年初めにはローカルNVMeストレージを追加したC5dインスタンスをフォローアップしました。 どちらのインスタンスもAWS Nitroシステム上に構築されており、AWSカスタムの3.0Ghz Intel Xeon Platinum 8000シリーズプロセッサを搭載しています。 それはバッチ処理、分散解析、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、広告配信、ハイスケーラブルなマルチプレーヤゲーミング、ビデオエンコーディングなどのコンピューティング重視のアプリケーション用に設計されています。 新しい100 Gbpsのネットワーク 本日私たちはさらに強力な変種であるC5nのインスタンスを追加しました。 最大100 Gbpsのネットワーク帯域幅で、シミュレーション、インメモリキャッシュ、データレイク、その他の通信集約型アプリケーションがこれまで以上に優れたパフォーマンスを発揮します。 スペックは以下の通りです: Instance Name vCPUs RAM EBS Bandwidth Network Bandwidth c5n.large 2 5.25 GiB Up to 3.5 Gbps Up to 25 Gbps c5n.xlarge 4 10.5 GiB Up to 3.5 Gbps Up to 25 Gbps c5n.2xlarge 8 21 GiB Up to 3.5 Gbps Up […]

Read More

Amazon LinuxでのJavaのLTS (Long-Term Support)提供について

Oracle社の最新のアナウンスメントによると、Oracle社が提供するOpenJDKへの無料のLTS (Long-Term Support) は2019年1月までで終了することが示されています。ここで改めてAmazon Linux 2上でのOpenJDK 8およびOpenJDK 11ランタイムへのLTSが最短でも2023年6月30日までAmazonより提供されることをお伝えします。私達はOpenJDKコミュニティとコラボレーションし、また貢献することで私達のお客様にJavaランタイムの無料LTSをご提供いたします。 加えて、Amazon Linux AMI の最新リリースである Amazon Linux AMI 2018.03では、Amazon Linux 2への移行を容易にするため、OpenJDK 8ランタイムのサポートを最短でも2020年6月30日までAWSよりご提供します。AWSのサービスである、AWS LambdaやAmazon EMR、Amazon Elastic BeanstalkはAWSがサポートするOpenJDKビルドを使用します。

Read More

今すぐ利用可能 – SAP HANAに最適な6, 9, 12TBメモリを搭載したAmazon EC2 ハイメモリインスタンス

私が1977年に組み立てたコンピュータAltair 8800は、わずか4キロバイトのメモリしか持っていませんでした。現在、約40億倍の12テラバイト (正確には12テビバイト)のメモリを搭載したEC2インスタンスを使うことができます。 新しいAmazon EC2 ハイメモリインスタンスは、Amazon Elastic Block Store (EBS)、Amazon Simple Storage Service (S3)、AWS Identity and Access Management (IAM)、Amazon CloudWatch、そしてAWS Configといった他のAWSサービスを活用できます。これらは、AWSのお客様が大規模なSAP HANAのインストールを実行できるように設計されており、エンタープライズレベルのデータ保護とビジネス継続性を提供する本稼働システムの構築に使用できます。 スペックは以下の通りです: インスタンス名 メモリ 論理プロセッサ 専用のEBS帯域 ネットワーク帯域 u-6tb1.metal 6 TiB 448 14 Gbps 25 Gbps u-9tb1.metal 9 TiB 448 14 Gbps 25 Gbps u-12tb1.metal 12 TiB 448 14 Gbps 25 Gbps

Read More

DDoS に対する AWS のベストプラクティス – ホワイトペーパーが更新されました

あなたは分散型サービス拒否 (DDoS) 攻撃やその他のサイバー攻撃の影響からビジネスを守るために働いており、アプリケーションの可用性と応答性を確保し、サービスに対するお客様の信頼を維持したいと考えています。また、攻撃に対応するためにインフラストラクチャをスケールする必要がある場合でも、不必要なコスト上昇を避けたいと考えています。 AWS はインターネット上の攻撃を防ぎ、高可用性・セキュリティの確保および回復力を得られるように、ツール・ベストプラクティスおよびサービスを提供することをお約束します。私達は最近、2018 年版の DDoS に対する AWS のベストプラクティス(英語のみ)のホワイトペーパーをリリースしました。今回のアップデートでは、 DDoS 攻撃への対策を強化するのに役立つ、以下の新しく開発された AWS サービスを考慮に入れています: 追加された AWS サービス: AWS Shield Advanced、AWS Firewall Manager および AWS Application Load Balancer のような新世代の ELB 追加された AWS サービスの機能: AWS WAF Managed Rules、AWS WAF Rate Based Rules、新しい世代の Amazon EC2 インスタンスおよび API Gateway のリージョン API エンドポイント このホワイトペーパーは、DDoS 攻撃に対する回復力のあるアプリケーションを構築するための規範的な DDoS ガイダンスを提供します。ボリューム型攻撃やアプリケーション層に対する攻撃など、さまざまな攻撃タイプを紹介し、各攻撃タイプを管理する上で最も効果的なベストプラクティスを説明します。また、DDoS 緩和戦略に適合するサービスや機能および、それぞれがどのようにアプリケーションを保護するのに役立つのかについて要点を説明します。 原文: AWS […]

Read More

AWS Systems Manager Parameter Store を使用して最新の Amazon Linux AMI IDを取得する

最新の Amazon Linux AMI を取得するシンプルな方法が必要ですか? AWS Systems Manager Parameter Store はすでに最新の Windows AMI を取得できます。今回、最新の Linux AMI も取得できるよう機能が拡張されました。各 Amazon Linux AMI は、固有の 公開パラメータストア名前空間 を持ちます。AMIの名前空間をクエリすることで、指定したリージョンのイメージIDを得ることができます。

Read More