Amazon Web Services ブログ

Channy Yun

Author: Channy Yun

Channy Yun is a Principal Developer Advocate for AWS, and passionate about helping developers to build modern applications on latest AWS services. A pragmatic developer and blogger at heart, he loves community-driven learning and sharing of technology, which has funneled developers to global AWS Usergroups. His main topics are open-source, container, storage, network & security, and IoT. Follow him on Twitter at @channyun.

AWS IoT TwinMaker の一般提供開始

昨年の AWS re: Invent 2021 で、現実世界のシステムのデジタルツインをより迅速かつ簡単に作成し、産業オペレーションのモニタリングと最適化に使用できる新しい AWS IoT サービスである AWS IoT TwinMaker のプレビューを紹介しました。 デジタルツインは、個々の物理システムの生きたデジタル表現で、ビジネスの成果を促進するために、物理システムの真の構造、状態、動作を模倣してデータによって動的に更新されます。デジタルツインは、建物、工場、産業機器、生産ラインなど、システムや資産のライフサイクル全体にわたるさまざまなユースケースに適用できます。 AWS の多くのお客様は、デジタルツインジャーニーの初期段階にあります。お客様は、ビジネス価値と結果を引き出すために、異種ソース間でデータを接続し、そのデータをダッシュボードまたは没入型環境でコンテキストに応じて視覚化しようと努力しています。 2022 年 4 月 21 日(米国時間)、AWS Summit San Francisco において、一般提供が開始された AWS IoT TwinMaker の新機能、機能向上、追加の AWS リージョンでの可用性についてお知らせします。

Read More

AWS Migration Hub Orchestrator – カスタマイズ可能なワークフローテンプレートを使用した新しい移行オーケストレーション

オンプレミス環境から AWS へ、あらゆるワークロードを移行できます。AWS への移行を成功させる鍵を握るのは、よく考え抜かれた計画、有益なツール、以前の移行経験、質の高い実装です。移行の各ステップで AWS の長年の経験を活かすことで、組織的、運用的、技術的な能力を構築し、ビジネス上の利点をより早く得ることができます。 2017 年には、クラウド移行とモダナイゼーションを一元的に行える AWS Migration Hub が導入されました。これにより、AWS での移行を加速し簡素化するために必要なツールがもたらされました。Migration Hub では、オンプレミスサーバーの詳細を検出またはインポートし、適切なサイジングのレコメンデーションに基づいて移行戦略を構築し、シンプルなダッシュボードで複数のツールにわたる移行を追跡し、任意の AWS リージョンで段階的にアプリケーションをリファクタリングできます。 2022 年 4 月 20 日(米国時間)、AWS Migration Hub Orchestrator の一般提供開始を発表します。このサービスでは、あらかじめ定義されたカスタマイズ可能なワークフローテンプレートが用意され、移行タスク、移行ツール、自動化の機会がもたらされ、進捗状況を一元的に追跡できます。

Read More

AWS Week in Review – 2022 年 4 月 11 日

AWS Week in Review はシリーズとして、毎週 AWS からの興味深いニュースやお知らせをダイジェストでお伝えします! 北半球に春がやってくると、チューリップ、サンシャイン、桜が咲き誇るようになります。これは、北米、アジア、欧州に暖かい日が訪れるようになったことを示しています。春と、南半球では秋の行楽シーズンをご家族とお楽しみください。 4 月の AWS Week in Review の第 2 版を見てみましょう。

Read More

AWS Lambda で最大 10 GB のエフェメラルストレージをサポート可能に

サーバーレスアプリケーションはイベント駆動型で、ウェブ API、モバイルバックエンド、ストリーミング分析から機械学習 (ML) や高性能アプリケーションのデータ処理段階まで、エフェメラルなコンピューティング関数を使用します。AWS Lambda には、コード用に 512 MB の一時ファイルシステム (/tmp) が含まれていますが、これは Amazon Elastic File System (Amazon EFS) などの耐久性のあるストレージ向けではない一時的なスクラッチリソースです。 しかし、抽出、変換、ロード (ETL) ジョブのほか、PDF ファイルの作成やメディアトランスコーディングなどのコンテンツ生成ワークフローでは、大量のデータを迅速に処理するために、高速でスケーラブルなローカルストレージが必要です。

Read More

新規/アップデートされた AWS Well-Architected レンズ

AWS Well-Architected Framework は、2015 年から AWS のお客様やパートナーのクラウドアーキテクチャの改善を支援してきました。このフレームワークは、運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化の複数の柱にまたがる設計原則、質問、ベストプラクティスで構成されています。AWS re:Invent 2021 では、クラウドコンピューティングの環境ベストプラクティスを使用して、組織がワークロードを学習、評価、改善できるよう支援する、新しいサステナビリティ(持続可能性)の柱を紹介しました。

Read More

より高いネットワーク帯域でメモリを大量に消費するワークロード向けに Amazon EC2 X2idn および X2iedn インスタンスの提供開始

2016 年、当社は大規模なインメモリアプリケーション用に設計された Amazon EC2 X1 インスタンスの提供をクラウドで開始しました。X1 インスタンスの RAM の GiB あたりの料金は、他と比べても極めて低く抑えられています。X1 インスタンスは、ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) アプリケーション、SAP HANA などのインメモリデータベース、Apache Spark や Presto などのビッグデータ処理エンジンの実行に最適です。 翌年には、SAP HANA や他のメモリを大量に消費するインメモリアプリケーションを実行するために設計された、最大 4 TiB のメモリを搭載した X1e インスタンスの提供を開始しました。これらのインスタンスは、AWS クラウドにおいて、次世代 Business Suite S/4HANA、Business Suite on HANA (SoH)、Business Warehouse on HANA (BW)、および Data Mart Solutions on HANA の本番環境での実行について SAP によって認定されています。 2022 年 3 月10 日(米国時間)、AWS Nitro システム上に構築され、同等の […]

Read More

新機能 – 第 3 世代 AMD EPYC プロセッサを搭載した Amazon EC2 C6a インスタンスをリリース

AWS re: Invent 2021 で、最高 3.6 GHz の周波数で動作する第 3 世代 AMD EPYC プロセッサを搭載した Amazon EC2 M6a インスタンスをリリースいたしました。これにより、M5a インスタンスと比較してコストパフォーマンスが最大 35% 向上します。 多くのお客様がクラウド利用を最適化する方法を模索しており、Amazon EC2 が提供するコンピューティングの選択肢を活用しています。Dropbox、Capital One、Sprinklr などのお客様は、AMD EPYC プロセッサを搭載した EC2 インスタンスを使用することで、AWS のコスト面でのメリットを実現できました。 2022 年 2 月 14 日(米国時間)、コンピューティングに最適化された新しい Amazon EC2 C6a インスタンスが利用可能になったことをお知らせいたします。

Read More

Amazon EC2 X2iezn インスタンスがメモリを大量に消費するワークロード向けに最速のインテル Xeon スケーラブル CPU を搭載

Electronic Design Automation (EDA) ワークロードには、高いコンピューティングパフォーマンスと大きなメモリフットプリントが必要です。これらのワークロードは、CPU パフォーマンスが速いほど、より少ないコア数でより多くのジョブを完了できるため、より高速なパフォーマンスと高速なクロック速度に対して敏感です。AWS re: Invent 2020 では、すべてのコアターボクロック周波数が最大 4.5 GHz の第 2 世代インテル Xeon スケーラブル (Cascade Lake) プロセッサを使用する Amazon EC2 M5zn インスタンスを開始しました。このインスタンスは、クラウドインスタンスの中で最速です。 当社のお客様は、EC2 M5zn インスタンスの高いシングルスレッドパフォーマンス、高速ネットワーク、メモリと vCPU のバランスの取れた比率を享受しています。お客様は、これらの機能を活用すると同時に、vCPU あたりのメモリフットプリントを大きくするインスタンスを求めています。 2022 年 1 月 26 日(米国時間)、Amazon EC2 X2iezn インスタンスをリリースしました。

Read More

ハイパフォーマンスコンピューティング向けに最適化された Amazon EC2 HPC6a インスタンス

ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) により科学者やエンジニアは、数値流体力学 (CFD)、天気予報、ゲノミクスなど、複雑で計算負荷の高い問題を解決できます。HPC アプリケーションでは通常、高いメモリ帯域幅、低レイテンシー、高帯域幅のネットワーク相互接続、高速並列ファイルシステムへのアクセスを備えたインスタンスが必要です。 多くのお客様が HPC ワークロードを実行するために AWS を利用しています。例えば、Descartes Labs は AWS を使用して TOP500 LINPACK ベンチマーク (市販されている最も強力なコンピュータシステム) の実行を強化し、1.93 PFLOPS を実現し、2019 年 6 月に TOP500 リストの 136 位にランクインしました。この実行では、Amazon EC2 C5 インスタンスのクラスターで 41,472 コアが使用されました。昨年、Descartes Labs は LINPACK ベンチマークを再実行し、EC2 インスタンスのクラスターで 172,692 コアで 2021 年 6 月の TOP500 リストの上位 40 位に入りました。これは、わずか 2 年間でパフォーマンスが 417% 向上したことを示しています。

Read More

新機能 — FreeRTOS 最大 10 年間メンテナンスプランを延長

前回の AWS re:Invent 2020 では、FreeRTOS 長期サポート (LTS) を発表しました。この長期サポート (LTS) は、メーカーが現場にデバイスをデプロイし、後で更新するにつれて、標準リリースよりも安定した基盤を提供します。FreeRTOS は、マイクロコントローラ用のオープンソースのリアルタイムオペレーティングシステムで、小型で省電力のエッジデバイスのプログラミング、デプロイ、保護、接続、管理を容易にします。 2021 年、FreeRTOS LTS は、AWS IoT AWS IoT Over-the-Air (OTA) アップデート、AWS IoT Device Defender、および機能の安定性、セキュリティパッチ、および今後2年間のクリティカルバグ修正を提供する AWS IoT ジョブライブラリを含む 202012.01 をリリースしました。 2021 年 12 月 2 日(米国時間)、FreeRTOS Extended Maintenance Plan (EMP) を発表したことを嬉しく思います。これにより、組み込みデベロッパーは、選択した FreeRTOS LTS バージョンで、初期 LTS 期間の満了後最大 10 年間、クリティカルなバグ修正とセキュリティパッチを受け取ることができます。

Read More