Amazon Web Services ブログ

Channy Yun

Author: Channy Yun

Channy Yun is a Principal Developer Advocate for AWS, and passionate about helping developers to build modern applications on latest AWS services. A pragmatic developer and blogger at heart, he loves community-driven learning and sharing of technology, which has funneled developers to global AWS Usergroups. His main topics are open-source, container, storage, network & security, and IoT. Follow him on Twitter at @channyun.

新機能 – ライブマルチストリーム動画トランスコーディング用の Amazon EC2 VT1 インスタンス

動画コンテンツに対する世界的な需要は急増しており、現在ではインターネットおよびモバイルネットワークトラフィックのオーディエンスの大部分を獲得しています。Twitch などのオーバーザトップストリーミングサービスでは、優れた画質のライブ配信を求めているコンテンツクリエイターが爆発的かつ継続的に増加しています。一方、信頼性を犠牲にすることなくコストを削減し、需要に応じて効率的に拡張するために、アジャイルなクラウドインフラストラクチャを採用することを検討するライブイベントのブロードキャスターは増加の一途をたどっています。 2021 年 9 月 13 日、最大 4K UHD の解像度でマルチストリーム動画トランスコーディング向けに最高の料金パフォーマンスを提供するように設計された Amazon EC2 VT1 インスタンスの一般提供についてお知らせします。これらの VT1 インスタンスは、高速化された H.264/AVC および H.265/HEVC コーデックを備えた Xilinx® Alveo™ U30 メディアアクセラレータートランスコーディングカードを備え、最新の GPU ベースの EC2 インスタンスと比較して最大 30% 低いストリームあたりの料金と、最新の CPU ベースの EC2 インスタンスと比較して最大 60% 低いストリームあたりの料金を提供します。

Read More

Amazon Elasticsearch Service が Amazon OpenSearch Service となり、OpenSearch 1.0 をサポート

当社では、2015 年に Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) をリリースしました。Amazon ES は、インタラクティブなログ分析、リアルタイムのアプリケーションモニタリング、ウェブサイト検索などの実行を容易にするフルマネージドサービスです。 Amazon ES は、大量のログデータを取り込むことができるため、ログ分析のために長らく愛用され続けています。さらに、UltraWarm 階層とコールドストレージ階層を使用すると、Amazon ES 上の従来のホットストレージと比較して 10 分の 1 のコストに削減できます。Amazon ES は、Logstash、Amazon Kinesis Data Firehose、Amazon CloudWatch Logs、および AWS IoT と統合するため、ユースケースの要件を満たす安全なデータ取り込みツールを選択できます。

Read More

Amazon EKS Anywhere — オンプレミスで Kubernetes クラスターの作成と管理が広く利用可能になりました

AWS re: Invent 2020 では、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) Anywhere と Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の新しいデプロイオプションを顧客のデータセンター内で事前発表しました。 2021 年 9 月 8 日、Amazon EKS Anywhere が広く利用可能になったことをお知らせします。Amazon EKS のデプロイオプションで、2021 年 9 月 8 日から VMware vSphere を使用して Kubernetes クラスターをオンプレミスで簡単に作成し、運用できます。EKS Anywhere は、Kubernetes クラスターをオンプレミスで作成し、運用するためのインストール可能なソフトウェアパッケージと、クラスターのライフサイクルサポートのためのオートメーションツールを提供します。

Read More

新機能 – Amazon EFS Intelligent-Tiering がアクセスパターンの変化に応じてワークロードのコストを最適化

Amazon Elastic File System (Amazon EFS) では、Amazon EFS 標準および Amazon EFS 標準 – Infrequent Access (EFS 標準 – IA) の 2 つの標準ストレージクラスと、Amazon EFS 1 ゾーン および Amazon EFS 1 ゾーン – Infrequent Access (EFS 1 ゾーン – IA) の 2 つのワンゾーンストレージクラスといった 4 つのストレージクラスを提供しています。標準ストレージクラスは、複数のアベイラビリティーゾーン (AZ) 内および複数のアベイラビリティーゾーンにまたがってデータを保存します。1 ゾーンストレージクラスは、マルチ AZ の回復力を必要としないワークロードのために、標準ストレージクラスを使用するファイルシステムと比較して 47% 低い料金で、単一の AZ 内にデータを冗長的に保存します。

Read More

Amazon Textract のアップデート: 8 つの AWS リージョンで最大 32% の価格削減、非同期ジョブ処理時間を最大 50% 削減

AWS re: Invent 2018 で導入された Amazon Textract は、単純な光学式文字認識 (OCR) を超えて、スキャンしたドキュメントからテキスト、手書き、データを自動的に抽出し、フォームやテーブルからデータを識別、理解、抽出する機械学習サービスです。 この数ヶ月の間に、請求書と領収書の処理に特化したサポートを導入し、手書きのテキスト、フォーム、表の抽出を可能にする、基礎的なコンピュータービジョンモデルの品質を向上させました。印刷文字の対応言語は、英語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、フランス語です。

Read More

AWS IoT SiteWise Edge がオンプレミスでの産業機器データの処理に一般的利用可能に

AWS re:Invent 2020 では、AWS IoT SiteWise Edge のプレビューを発表しました。これは、AWS IoT SiteWise の新機能であり、産業用施設においてオンプレミスで実行されるソフトウェアを提供し、AWS クラウドの送信先にデータを送信する前に、ローカルで機器データを簡単に収集、処理、およびモニタリングできるようにします。AWS IoT SiteWise Edge ソフトウェアは、サードパーティーの産業用ゲートウェイやコンピュータなどのローカルハードウェア、または AWS Outposts および AWS Snow Family コンピューティングデバイスにインストールできます。これは、アプリケーションの構築、デプロイ、および管理に役立つエッジランタイムである AWS IoT Greengrass を使用します。 AWS IoT SiteWise Edge を使用すると、AWS IoT SiteWise アセットモデルを使用して、オンプレミス SiteWise ゲートウェイで機器データを整理および処理できます。その後、クラウドの AWS IoT SiteWise で使用するのと同じアプリケーションプログラムインターフェイス (API) を使用して、ゲートウェイから機器データをローカルに読み取ることができます。例えば、工場フロアの生産ラインモニタリングダッシュボードで使用するために、設備総合効率 (OEE) などのメトリクスをローカルで計算できます。 AWS IoT SiteWise Edge をこれらのユースケースに使用して、組織にとっての Industrial IoT の価値をすばやく評価および実証できます。

Read More

Amazon EC2 R5b インスタンスを使用した Amazon EBS io2 Block Express ボリュームが一般的に利用可能に

AWS re:Invent 2020 では、Amazon EBS io2 Block Express ボリュームをプレビューしました。これは、クラウド用に構築された最初の SAN を提供する次世代のサーバーストレージアーキテクチャです。Block Express は、AWS での Microsoft SQL Server、Oracle、SAP HANA、および SAS Analytics の I/O 負荷の高い最大規模のミッションクリティカルなデプロイの要件を満たすように設計されています。 本日、EC2 で利用可能な最高のネットワーク接続ストレージパフォーマンスを提供するために AWS Nitro System を利用する Amazon EC2 R5b インスタンスを備えた Amazon EBS io2 Block Express ボリュームが一般的に利用可能になったことを発表します。io2 Block Express ボリュームは、Multi-Attach や Elastic Volumes などの io2 機能もサポートするようになりました。 これまでは、シングルボリュームのパフォーマンスを超えるために、複数のボリュームをまとめてストライプする必要がありました。本日より、io2 ボリュームは、ストライプやそれに伴う管理オーバーヘッドなしで、ミッションクリティカルでパフォーマンスが重要となるアプリケーションのニーズを満たすことができます。io2 Block Express を使用すると、io2 ボリュームの 4 […]

Read More

Amazon EMR on Amazon EKS 上の Apache Spark アプリケーションを使用した依存関係のカスタマイズとパッケージ化

前回の AWS re:Invent では、Amazon EMR on Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の一般提供が発表されました。これは、Amazon EMR 上での Apache Spark のプロビジョニングと管理の自動化が可能な Amazon EMR の新しいデプロイオプションです。 Amazon EMR on EKS では、他のタイプのアプリケーションと同じ Amazon EKS クラスターに EMR アプリケーションをデプロイできるので、リソースを共有し、すべてのアプリケーションを運用および管理する単一のソリューションで標準化できます。Kubernetes で Apache Spark を実行しているお客様は、EMR on EKS に移行し、パフォーマンス最適化ランタイム、インタラクティブジョブのための Amazon EMR Studio との統合、パイプライン実行を目的とした Apache Airflow および AWS Step Functions との統合、デバッグ用の Spark UI を活用できます。

Read More

Amazon ECS Anywhere の開始方法 – 一般提供の開始

Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) が 2014 年にリリースされて以来、AWS は、モバイルデバイス用のサービスである AWS Wavelength や、AWS が所有するフルマネージド型のハードウェアを使用して、お客様の環境に拡張するサービスである AWS Outposts など、AWS リージョンの外で Amazon ECS タスクを実行するための他のオプションをリリースしてきました。 しかし、規制、レイテンシー、データ所在地に関する要件、または既存のインフラストラクチャへの投資を活用したいという要望を理由として、アプリケーションをオンプレミスで実行する必要があるお客様もいます。このような場合、お客様は個別のコンテナオーケストレーションソフトウェアをインストール、運用、管理する必要があり、AWS 環境とオンプレミス環境全体でさまざまなツールを使用する必要があります。お客様からは、このような複雑さとコストを増大させることなく、オンプレミスのコンテナを管理する方法を求める声が寄せられました。

Read More

AWS Lambda でお気に入りの運用ツールを使い始める – 拡張機能が正式にリリース

2020 年 10 月、AWS Lambda 拡張機能のプレビューを発表しました。AWS Lambda 拡張機能を使用すると、Lambda 関数を監視、観測、セキュリティ、およびガバナンス用のお気に入りのツールと簡単に統合できます。 本日、AWS Lambda Extensions の一般提供を発表いたします。この拡張には、新しいパフォーマンスの向上と拡張されたパートナーセットが付いています。GA リリースの一環として、関数に含まれる拡張機能の終了を待たずに、関数コードが完了するとすぐに、応答を送信する機能を有効にしました。これにより、関数の応答が返された後に、拡張機能が優先宛先へのテレメトリ送信などのアクティビティを実行できます。また、Imperva、Instana、Sentry、Site24x7、および OpenTelemetry 用の AWS ディストリビューションなど、新しいパートナーからの拡張機能も喜んで受け入れています。 Lambda 拡張を次のようなユースケースに使用できます。関数の呼び出し前、実行中、および後の診断情報の取得、コードの変更を必要としないコードの自動計測、関数呼び出し前の構成設定またはシークレットの取得、セキュリティエージェントを介した機能アクティビティの検出と警告、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon Kinesis、Amazon Elasticsearch Service などのカスタム宛先に Lambda 関数から直接および非同期に送信。 お客様は、サーバーレスのビジョンに惹かれています。運用上の責任が軽減されるので、ビジネス上の問題に集中できるようになります。お客様が機能を監視、観測、保護、および管理できるように、AWS Lambda は Amazon CloudWatch を通じてログとメトリックスのネイティブ統合を提供し、 AWS X-Ray を介してトレースし、AWS Config により設定変更を追跡し、 AWS CloudTrail による API 呼び出しを記録します。さらに、 AWS Lambda パートナーは、アプリケーション管理、API 統合、デプロイ、監視、およびセキュリティを提供します。 AWS Lambda 拡張機能は、関数コードが実行される Lambda […]

Read More