Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon RDS

大阪リージョンに2つのアップデート ; AWS Network Firewall と Amazon RDS for SQL Server のMultiAZ 構成

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 大阪リージョンに新たに2つのサービスオプションが追加されましたのでお知らせいたします。 AWS Network Firewall と Amazon RDS for SQL Server のMultiAZ 構成です。 AWS Network Firewall Network Firewall は、すべての Amazon Virtual Private Cloud (VPC) に不可欠なネットワーク保護を簡単にデプロイできるようにするマネージドサービスです。このサービスは、数回クリックするだけでセットアップでき、ネットワークトラフィックに合わせて自動的に拡張されるため、インフラストラクチャのデプロイと管理について心配する必要はありません。提供される柔軟なルールエンジンを使用することで、アウトバウンドのServer Message Block (SMB) リクエストをブロックし悪意のあるアクティビティの拡散を防ぐなど、ネットワークトラフィックを詳細まで制御できるファイアウォールルールを定義できます。 従来VPCには、セキュリティグループと Access Control List という2つのネットワークセキュリティ制御機能がそなわっていました。これらは主にレイヤ3及び4を中心として、IPアドレス、プロトコル、ポートなどの組み合わせでVPCに対するインバウンド、アウトバウンド通信を保護することが可能でした。このNetwork Firewallを組み合わせることで、さらにレイヤ7まで網羅したネットワークセキュリティを簡単に設定することが可能です。 Network FirewallはSuricataというオープンソースルール形式でルールを作成することができ、さらに、AWS Firewall Manager と連携させることができるため、Network Firewall ルールに基づいてポリシーを構築し、それらのポリシーを VPC とアカウント全体に一元的に適用することができます。 2021年4月に大阪リージョンでは新たに、AWS Transit Gateway がサービス提供開始となりましたが、Network Firewall はTransit Gatewayとの連携により、オンプレミス環境との通信における AWS […]

Read More

AWS Backup を使った Amazon RDS インスタンスの継続的なバックアップとポイントインタイムリカバリ

このブログはKelly Griffin (Solutions Architect at AWS specializing in Storage and Cloud infrastructure solutions)によって執筆された内容を⽇本語化した物です。原⽂はこちらを参照して下さい。 2021年3月10日に、AWS Backupは、Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)の継続的なバックアップとポイントインタイムリカバリー(PITR)のサポートを発表しました。この機能により、お客様はAmazon RDSのバックアップデータを保持期間内の指定された時間から復旧することができます。データベースやバックアップの管理者は、AWS Backupコンソールから直接、RPO(Recovery Point Objective)を5分以下に短縮することができます。 AWS Backupは、費用対効果が高く、フルマネージドで、ポリシーベースで管理ができるサービスで、大規模なデータの保護とバックアップを簡素化します。加えて、お客様のコンプライアンス遵守義務をサポートし、事業継続の目標を達成するのに役立ちます。AWS Organizationsとともに、AWS Backupは、データ保護(バックアップ)ポリシーを集中的に展開し、組織のAWSアカウントやリソースを含むバックアップアクティビティを以下のサービスで設定、管理、統制することができます:

Read More

AWS Control Tower で AWS リソースのセルフサービスプロビジョニングを有効にする

お客様は、新しいビジネスユニットのオンボーディングやアプリケーションワークロードのセットアップを行うたびに、AWS Control Tower で新しいアカウントをプロビジョニングしています。場合によっては、組織はクラウドユーザー、開発者、およびデータサイエンティストに、新しいアカウントでセルフサービス標準化された安全なパターンとアーキテクチャをデプロイすることも求めます。以下にいくつか例を示します。 開発者またはクラウドエンジニアが、golden AMI から Amazon EC2 インスタンスを起動したいと考えています。 データサイエンティストは、承認済みの AMI とインスタンスタイプで Amazon EMR クラスターを起動したいと考えています。 データベース管理者は、新しくプロビジョニングされた AWS アカウントで承認済みの Amazon RDS データベースを起動する必要があります。 この記事では、AWS Control Tower の Account Factory を使用して新しい AWS アカウントをプロビジョニングする方法を示します。また、AWS Service Catalog を使用して、RDS データベースのポートフォリオなどのカスタム製品を新しいアカウントと共有する方法も示します。さらに、AWS Control Tower のガードレールを使用して新しいアカウントでガバナンスを実施する方法についても説明します。 このソリューションで使われる AWS のサービスは、以下のとおりです。 AWS Control Tower AWS Service Catalog AWS CloudFormation Amazon CloudWatch Amazon RDS AWS Organizations […]

Read More

Amazon RDS Online Seminar 「マルチリージョンを利用した高可用性構成と Amazon Aurora のチューニング」資料・動画及び QA 公開

先日(2021/3/11) に開催した Amazon RDS Online Seminar「マルチリージョンを利用した高可用性構成と Amazon Aurora のチューニング」の資料・動画を公開しました。

Read More

より低コストで高い性能を実現:SQL ServerのコストパフォーマンスでAWSがAzureを上回る

このブログでは、2021年2月25日にPrincipled Technologies社により発行されたベンチマーク資料をレビューしていきたいと思います。このベンチマークによると、同じSQL Serverワークロードを稼働させる上で、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)のR5b.8xlargeインスタンスがAzure E64_32s_v4 VMよりも低いコストで高い性能を発揮しています。
AWSはWindowsワークロード向けに優れたコストパフォーマンスを提供するだけでなく、クラウド上でWindowsを稼働させるより良い方法をご用意しています。既存のデータベースをEC2にリホストするにも、Amazon Relational Database for SQL Server(RDS)を利用しマネージドサービスに移行するにも、またはクラウドネイティブなデータベースにモダン化するにも、AWSはお客様がクラウドを最大限ご活用いただけるよう必要なサービスを揃えてお待ちしています。

Read More

Amazon RDS for PostgreSQL バージョン 9.6 のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムでご案内しているアナウンスメントの参考和訳です。 注記: 以下の内容は、Amazon Aurora クラスターには適用されません。 Amazon RDS は、PostgreSQL メジャーバージョン 9.6 の廃止プロセスを開始しています。これは、PostgreSQL コミュニティでは、2021 年 11 月 11 日をもって PostgreSQL 9.5 のサポートを終了することを計画している為です。 多くのお客様のデータベースがピーク負荷となる時期における可用性への影響を避けるため、Amazon RDS for PostgreSQL 9.6 は、UTC 協定世界時間の2022 年 1 月 18 日 00:00:01 (JST 日本標準時間の2022 年 1 月 18 日 09:00:01) で廃止となります。コミュニティでのPostgreSQL 9.6 の廃止 (2021 年 11 月 11 日) と RDS for PostgreSQL […]

Read More

Amazon RDS for MySQL バージョン 5.6 のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムでご案内しているアナウンスメントの参考和訳です。 注記: 以下の内容は、Amazon Aurora クラスターには適用されません。 Amazon RDS は、MySQL メジャーバージョン 5.6 の廃止プロセスを開始します。これは、MySQL コミュニティが 2021 年 2 月 5 日に MySQL 5.6 のサポートを終了することを計画している為です。 Amazon RDS for MySQL 5.6 は、UTC 協定世界時間の2021 年 8 月 3 日 00:00:01 (JST 日本標準時間の2021 年 8 月 3 日 09:00:01) で廃止されます。コミュニティでの MySQL 5.6 の廃止 (2021 年 2 月 5 日) と RDS […]

Read More

Amazon RDS for MySQLでMySQLエンジンバージョンを5.5から5.7へアップグレードする方法

Amazon RDSでは、定期的にメジャーまたはマイナーエンジンバージョンの廃止を行います。メジャーバージョンについては、コミュニティ版の対象バージョンがEOLを迎え、ソフトウェアの修正やセキュリティアップデートが行われなくなった場合に廃止を行います。メジャーバージョンのアップグレードには、既存のアプリケーションと互換性のないデータベースの変更が含まれる場合があります。そのため、DB インスタンスのメジャーバージョンアップグレードは、事前に十分な検証を行うことを推奨致します。この記事では、アップグレードの必要性と、その方法についてご説明します。

Read More

Amazon RDS for PostgreSQL バージョン 9.5 のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムで案内されたアナウンスメントの参考和訳です。 Amazon RDS は、PostgreSQL メジャーバージョン 9.5 の廃止プロセスを開始しています。これは、PostgreSQL コミュニティでは、2021 年 2 月 11 日をもって PostgreSQL 9.5 のサポートを終了するためです。 Amazon RDS for PostgreSQL 9.5 は、UTC 協定世界時間の 2021 年 2 月 16 日 00:00:01 (JST 日本標準時間の 2021 年 2 月 16 日(火) 09:00:01) に廃止されます。Amazon RDS for PostgreSQL 9.6 は、2021 年後期に廃止される予定です。したがって、 2021 年 2 月 16 日までにメジャーバージョン 9.5 を実行しているデータベースをメジャーバージョン […]

Read More

Amazon RDS for MariaDB バージョン 10.0 および 10.1 のサポート終了のお知らせ

この投稿は、AWS フォーラムで案内されたアナウンスメントの参考和訳です。以前AWS フォーラムで案内したアナウンスメントから廃止プロセスのスケジュール、自動アップグレード先のバージョンが変更されています。 Amazon RDS は、MariaDB メジャーバージョン 10.0 および 10.1 の廃止プロセスを延長します。UTC 協定世界時間の 2021 年 3 月 22 日 00:00:01 (JST 日本標準時間の 2021 年 3 月 22 日 09:00:01) より、Amazon RDS はスケジュールされたメンテナンスウィンドウ内で MariaDB 10.0 および 10.1 のインスタンスを自動的に MariaDB 10.2 にアップグレードします。2021 年 5 月 18 日 00:00:01 UTC (2021 年 5 月 18 日 09:00:01 JST) の時点で残りのすべての […]

Read More