Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon RDS

RMANのduplicationを用いてOracle databaseを Amazon RDS Customに物理コピーで移行する方法

本投稿は、Yamuna PalasamudramとNitin Saxena による記事 Physical migration of Oracle databases to Amazon RDS Custom using RMAN duplicationを翻訳したものです。 アプリケーションのモダナイズとクラウドサービスの活用を進めるため、各企業・組織は自己管理型のOracle DatabaseからAWSのマネージド・データベースサービスに移行しています。Amazon RDS Custom を用いることにより、お客様のOracle DatabsaeをAmazon Relational Database Service (Amazon RDS)に物理コピー移行するにあたっての必要な権限を用いられます。この記事ではマイグレーションに必要な重要要素をご紹介し、RMAN duplicationを用いて自己管理型のOracle DatabaseからAmazon RDS Customにマイグレーションする例についてご紹介します。 Amazon RDS Custom for Oracleは、オペレーティングシステムやデータベース環境へのアクセスが必要な、レガシー・カスタマイズ・パッケージアプリケーションのためのマネージド・データベースサービスです。本サービスにより、データベース環境やオペレーティングシステムをカスタマイズすることを可能としつつ、データベース管理タスクや運用が自動化されます。 Amazon RDS Customによって、お客様が保有するインストール・メディアの利用やカスタマイズされたパッチの適用や高可用性の構築が可能になります。また、自動的なプロビジョニングや、監視、バックアップ・リストア、スケーリング、自動化によってマネージドな運用が可能になります。 マイグレーションを検討するための重要要素 AWSへのデータベースは多くの要素が影響しますが、例として以下が挙げられます。 アプリケーションが許容可能なダウンタイム時間 ソースデータベースのサイズ ネットワーク接続(パブリックのインターネットか、VPNか、AWS Direct Connect か)と、ソースデータベースとターゲットデータベースの間の帯域 ソースとターゲットのOracle DatabaseのバージョンとOSの種類 利用可能なレプリケーション・ツール、例えばAWS Database Migration Service (AWS DMS)、Oracle […]

Read More

Amazon RDS Proxy によるマルチテナント型 SaaS データベースのプロキシソリューションの構築と負荷テスト

このブログは「Build and load test a multi-tenant SaaS database proxy solution with Amazon RDS Proxy」を翻訳したものです。 AWS 上で SaaS を提供する多くのお客様は、マルチテナントやテナントの分離に慣れ親しんでいます。実際に MySQL を利用するお客様には、各テナントがそれぞれ独立したデータベースやスキーマにアクセスする、マルチテナントのブリッジモデルを採用している方もいます。AWS はマルチテナントを始めるためのツールやベストプラクティスを数多く用意していますが、頻繁な同時接続によりタイムアウトやレイテンシーが発生する場合など、大規模なデータベースでのテナントの分離が課題になることがあります。

Read More

Amazon RDS for Oracle で Oracle 診断イベントをシステムレベルで設定する

本投稿は、Lesley Ajanoh による記事 Set Oracle diagnostics system events on Amazon RDS for Oracle を翻訳したものです。 Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) for Oracle では、Oracle サポートから要求される Oracle 診断イベントパラメータをシステムレベルで設定して、ORAエラーや異常な動作をしているプロセスの追加の診断情報を出力することが可能です。これらのイベントパラメータは、 rdsadmin.rdsadmin_util パッケージのシステムイベントプロシージャを使用して設定できます。2022 年第 1 四半期の時点で、このプロシージャでは、errorstack と context イベントタイプの設定と、設定可能な診断イベントパラメータのリスト表示をサポートしています。この設定可能なリストに存在しない診断イベントは、セッションレベルで (直接または LOGON トリガーを使用して)設定することもできます。診断イベントの設定の詳細については、「システム診断イベントの設定と設定の解除」を参照してください。

Read More

AWS Week in Review – 2022 年 5 月 9 日

AWS Week in Review はシリーズとして、毎週 AWS からの興味深いニュースやお知らせをダイジェストでお伝えします! 新たな 1 週間が始まりましたね。こちらでは、過去 7 日間で最も重要な AWS ニュースをまとめました。今週は CloudFront Functions が 1 周年を迎えます。この最初の 1 年間でお客様が構築したものを目にするのが待ちきれません。 2022 年 5 月 2 日週のリリース: 先週のリリースのうち、私が注目したいくつかのリリースを以下に記載しました。

Read More

AWS Week in Review – 2022 年 5 月 2 日

AWS Week in Review はシリーズとして、毎週 AWS からの興味深いニュースやお知らせをダイジェストでお伝えします! AWS では新しいリリースやアップデートが急増し、対面式の AWS Summit やその他のイベントが本格的に行われています。2 週間前、サンフランシスコの AWS Summit がありました。先週、ロンドン AWS Summit と EMEA での .NET Enterprise Developer Day バーチャルイベントを開催しました。今週は マドリッド AWS Summit があり、今後数週間でさらに多くの AWS Summit やイベントが開催されます。概要と登録リンクについては、この投稿の最後にあるイベントセクションを確認してください。 2022 年 4 月 25 日週のリリース: 先週のリリースのうち、私が注目したいくつかのリリースを以下に記載しました。

Read More

Amazon Aurora Serverless v2 の一般提供開始

2022 年 4 月 21 日(米国時間)、Aurora PostgreSQL と MySQL 向けの Amazon Aurora Serverless v2 の一般提供が開始されました。Aurora Serverless はアプリケーションのニーズに基づいてデータベースの容量を拡大または縮小することのできる Amazon Aurora 用のオンデマンドの自動スケーリング設定です。 Amazon Aurora は、クラウド用に構築された MySQL および PostgreSQL 互換のリレーショナルデータベースです。これは Amazon Relational Database Service (RDS) によって完全に管理され、ハードウェアのプロビジョニング、データベースのセットアップ、パッチ、バックアップなど、時間のかかる管理タスクを自動化します。

Read More

【開催報告&資料公開】AWS Media Seminar 2022 Q1 – データによるビジネス革新

はじめに 2022年3月10日、メディア関連企業における AWS Analytics サービス活用のベストプラクティスを紹介するイベント「 AWS Media Seminar 2022 Q1 – データによるビジネス革新」を開催いたしました。外部の調査会社による CIO 向けアンケートの結果でも、投資を増やしているテクノロジー分野の第1位が「ビジネスインテリジェンスまたはデータ分析ソリューション」となっている昨今、ビジネスの拡大、推進にデータ活用が不可欠となっております。そこで、本セミナーでは、 AWS Analytics サービスを活用したデータによるビジネス革新を実現されてるメディア関連企業のお客さまをお招きし、ベストプラクティスを共有いただきました。また、 AWS Analytics チームから、事業サイド (Line of Business) の方々にお役立ていただける AWS Analytics の最新アップデートもご紹介いたしました。 セミナーのアジェンダ: アマゾンウェブサービス (AWS) ジャパン : データ活用のベストプラクティスと、それを支える AWS アナリティクスサービス スカパー JSAT 株式会社様:データドリブンを推進させる Amazon QuickSight の活用 株式会社ブックリスタ様:電子書籍ストアにおけるデータウェアハウスの利活用と Amazon Redshift ML を使ったビジネス施策への取り組み 株式会社 CARTA HOLDINGS 様:まだレポーティング業務で疲弊してるの? 資料のダウンロードリンク

Read More

事業継続性が求められる基幹システムの DR 戦略

こんにちは。ソリューションアーキテクトの平井です。 本記事では、基幹システムに AWS を検討されている方に、事業特性として重視される可用性を実現するための AWS 構成パターンと、その前提となる AWS グローバルインフラストラクチャの基本的なポイントをご紹介します。

Read More

新しい Amazon RDS のマルチ AZ 配置オプション – MySQL および PostgreSQL データベースでご利用可能

2022 年 3 月 2 日(米国時間)、Amazon Relational Database Service (RDS) のマルチ AZ 配置オプションを発表しました。トランザクションコミットのレイテンシーが最大で 2 倍の速度になり、フェイルオーバーが自動化され (通常 35 秒未満)、スタンバイインスタンスが読み取り可能になります。 Amazon RDS は、可用性とパフォーマンスを向上させるための 2 つのレプリケーションオプションを提供します。

Read More

Amazon Macie を用いた Amazon RDS データベースのデータ分類方法

このブログは “Enabling data classification for Amazon RDS database with Macie” を翻訳したものです。 Amazon Macie を用いて Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) インスタンスの機密データ検出方法について、お客様からご質問をいただいています。このブログでは、AWS Database Migration Service (AWS DMS) を使って Amazon RDS からデータを抽出し、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に保存し、Macie を使ってデータを分類する方法について紹介します。Macie で得られた検出結果は、適切なチームから Amazon Athena で照会できるようにもなります。

Read More