Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon RDS

Oracle データベースを Amazon RDS PostgreSQL または Amazon Aurora PostgreSQL に移行するベストプラクティス: 移行プロセスとインフラストラクチャに関する考慮事項

AWS クラウドで Oracle から PostgreSQL に移行するプロセスは何段階もあって複雑になりがちです。評価ステージから切り替えステージまで、さまざまなテクノロジーとスキルが必要になります。このブログシリーズでは、ソースの Oracle データベースとターゲットの PostgreSQL サービス、そして AWS Database Migration (AWS DMS) サービスについて、その環境と構成の設定方法をお伝えしています。特に焦点を当てているのが、ソースおよびターゲットデータベースのインフラストラクチャと設定、そして開発からテスト、本稼働、ステージングデータベースまでの各環境の移行に使用するツールと構成です。まずは、Oracle から、PostgreSQL との互換性がある Amazon RDS for PostgreSQL または Amazon Aurora ベースのデータベースへのデータ移行から始めることにします。 環境はそれぞれ異なりますが、機能は共通です。このシリーズのブログ記事では、各コンポーネントについて、データベースを移行する際に考慮する概要情報をお伝えするにとどめています。アプリケーションのコンポーネントや各種のシナリオについて、込み入った複雑な点までは取り上げていません。利用状況に応じて大きく変わるからです。細かい点まで深く把握する必要がある場合は、AWS Database ブログの記事 Database Migration—What Do You Need to Know Before You Start? をお読みください。 このシリーズには 3 つのブログ記事があり、それぞれで移行の 3 段階を扱っています。 ステージ 1: 移行プロセスとインフラストラクチャに関する考慮事項。この記事では、ソースサーバーのインフラストラクチャ設定について説明しています。移行プロセスの概要レベルについても触れており、Oracle データベースとクライアントハードウェアおよびオペレーティングシステムに適宜アクセスする必要があります。 ステージ 2: Oracle および AWS DMS […]

Read More

Oracle データベースを Amazon RDS PostgreSQL または Amazon Aurora PostgreSQL に移行するための成功事例: Oracle および AWS DMS CDC 環境のソースデータベースに関する留意事項

AWS クラウドにおける Oracle から PostgreSQL への移行は、評価段階からカットオーバー段階まで、さまざまな技術とスキルを伴う複雑な多段式のプロセスになる可能性があります。伴う複雑さの内容をさらに詳しく理解するには、AWS データベースのブログ投稿をご参照してください。データベースの移行 – 開始する前に知っておくべきこととは? このブログの投稿は一連の投稿の 2 回目です。前回の移行プロセスとインフラストラクチャに関する留意事項では、移行プロセスの準備について、そして最適なパフォーマンスを手に入れるためのインフラストラクチャ設定の注意点について説明しています。この 2 回目の記事では、元の Oracle データベースの構成と環境を両方とも 1 回の移行と、 change data capture (CDC) という方法による継続的なレプリケーションで設定する方法について説明しています。ソースデータベースの変更を保存するために Oracle DB コンポーネントを適切に設定することにより、思い通りに AWS Database Migration Service (AWS DMS) のサービス環境を構築することができます。このシリーズの3回目となる最後のブログ記事は、AWS DMS を使用したデータベース移行プロセスのエンドポイントである、ターゲットのPostgreSQLデータベース環境の設定を取り上げます。 AWS DMSは、Amazon RDSまたはAmazon EC2のデータベースのオンプレミスデータベースを Amazon RDS またはAmazon Auroraデータベースに移行するためのサービスです。Amazon DMS は、 Oracle から Oracle への同機種間の移行や、 AWS クラウドの Oracle から MySQL 、PostgreSQL […]

Read More

Oracle データベースを Amazon RDS PostgreSQL または Amazon Aurora PostgreSQL に移行する上でのベスト プラクティス: PostgreSQL 環境のターゲット データベースに関する考慮事項

AWS クラウドで Oracle から PostgreSQL に移行するプロセスは何段階もあって複雑になりがちです。評価ステージから切り替えステージまで、さまざまなテクノロジーとスキルが必要になります。このブログ記事は、データベース移行で考慮すべきコンポーネントに関する高水準の側面について説明するシリーズの第 3 回です。このシリーズでは、アプリケーション コンポーネントや各種のシナリオについて、込み入った複雑な点までは取り上げていません。利用状況に応じて大きく変わるからです。細かい点まで深く把握する必要がある場合は、AWS Database ブログの記事「データベースの移行—始める前に知っておく必要のある事柄」をお読みください。 以前の記事、「移行プロセスとインフラストラクチャに関する考察」および「Oracle および AWS DMS CDC 環境でのソース データベースの考察」では、Oracle データベースの構成方法について説明しました。この考察には AWS Data Migration Service (AWS DMS) および AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) のセットアップが含まれていました。これらの設定後、かつデータ移行の開始前に、ターゲットの PostgreSQL データベースを、関連するすべてのスキーマとパラメータを使って起動および稼動させる必要があります。 このシリーズの最後のブログ記事では、AWS DMS と AWS SCT を使用して Oracle データベースからの移行を支援するために PostgreSQL 環境を設定する方法の概要を示します。この記事では、移行セットアップに役立つ PostgreSQL データベースパラメータの構成について説明します。 移行環境では、高可用性、スケーラビリティ、アーカイブ、バックアップ、負荷分散、およびロールバックのための戦略を採用することもお勧めします。これらの戦略については、この記事では扱いません。また、データベース移行の手動部分については触れません。独自の要件やアプリケーションの依存関係の複雑さに合わせて調整できるステップバイステップの手順も含まれません。これらの詳細については、「PostgreSQL を使用した Oracle Database 11g/12c から Amazon Aurora […]

Read More

RDS データベースに汎用 IOPS またはプロビジョンド IOPS のどちらを使用するかを決定するための CloudWatch メトリクスの使用方法

 このブログ記事では、最高のパフォーマンスのミッションクリティカルなデータベースワークロードに対して、IO1 としても知られるプロビジョンド IOPS からメリットを得ることができる機会を把握するために Amazon CloudWatch メトリクスを使用する方法について説明します。まず、バーストを生じない一貫性のある高書き込みワークロードをシミュレートするテストケースをセットアップすることから始めます。今回は、価格とパフォーマンスのバランスを保つ、GP2 ボリュームとしても知られる汎用ストレージを使ったデータベースと、IO1 ボリュームを使ったデータベースのパフォーマンスを比較します。次に、対応する CloudWatch メトリクスが明らかにする事柄と、ワークロードのパフォーマンス結果をご覧いただきます。 数ヵ月前、GP2 ボリュームでのバーストバランスとベースラインパフォーマンスを説明する Understanding burst vs. baseline performance with Amazon RDS and GP2 という素晴らしいブログ記事が AWS データベースブログに掲載されました。GP2 ボリュームはプロビジョニングが簡単で使いやすく、低価格です。これは、GP2 ボリュームが必要時にパフォーマンスをバーストさせ、散発的なワークロード、または待機時間が発生する可能性を許容できるアプリケーションを上手く処理できることが理由です。開発、機能テスト、およびサンドボックスなどの環境では、偶発的な負担がかかる場合でさえも GP2 の使用には何ら問題がありません。絶えず負担がかかるデータベースワークロードについては、プロビジョンド IOPS ボリュームがプロビジョニングするレベルでの持続的なパフォーマンスとスループットを提供します。 前提条件 始める前に、先ほど紹介した GP2 バーストパフォーマンスについてのブログ記事、Understanding burst vs. baseline performance with Amazon RDS and GP2 を十分に検討してください。 この記事にあるコードを一通り実行したい場合は、アカウント内に同一の Amazon RDS for MySQL データベースを 2 つ作成してください。ひとつのインスタンスには […]

Read More

専用の AWS Glue VPC を使用して複数の VPC 間で ETL ジョブに接続し、実行する

多くの組織では、Amazon VPC サービスに基づく複数の VPC を含む設定を使用し、セキュリティ、監査、コンプライアンス目的で個別の VPC で隔離されたデータベースが使用されます。このブログ記事では AWS Glue を使用して、複数の VPC にあるデータベースで、抽出、変換、ロード (ETL)、クローラー操作を実行する方法を示します。 ここで紹介するソリューションは、専用の AWS Glue VPC とサブネットを使用して、異なる VPC に配置されたデータベースに対して次の操作を実行します。 シナリオ 1: Amazon RDS for MySQL データベースからデータを取り込み、これを AWS Glue で変換し、結果を Amazon Redshift データウェアハウスに出力します。 シナリオ 2: Amazon RDS for MySQL データベースからデータを取り込み、これを AWS Glue で変換し、結果を Amazon RDS for PostgreSQL データベースに出力します。 このブログ記事では、1 つの VPC の 1 つのソースから消費し、別の VPC […]

Read More

Oracle 自律型トランザクションを PostgreSQL に移行する

データベースを移行し稼働させるには、複雑な手順と細部にわたる計画が必要になります。Amazon RDS for PostgreSQL および Amazon Aurora は PostgreSQL と互換性があり、さまざまなユースケースの取扱いに役立ちます。Oracle から PostgreSQL への移行では、Oracle 自律型トランザクションというものがよく話題になります。このブログ記事では自律型トランザクションと、この機能を PostgreSQL で実現する方法について説明します。 永続データのユースケース データベースのトランザクションでは、すべてのステートメントがコミットまたはロールバックされるように SQL ステートメントをグループにしてまとめるメカニズムを提供します。たとえば、口座 A から口座 B へ資金を移動する場合は、以下のような手順を踏む必要があります。 口座 A から必要な金額を引く 口座 B に必要な金額を足す このシナリオでは、両方の手順が成功しているか、両方が失敗しているかのいずれかを確認する必要があります。これは、データベースのトランザクションで両方の SQL ステートメントを実行することで可能になります。これは非常に役に立つ機能です。また多くのユースケースで必要になります。ただし、アプリケーションによっては、トランザクションが失敗してもデータを保持する機能が必要なケースもあります。 PostgreSQL と Oracle はいずれも同じトランザクション原理に従っていますが、このユースケースに対応するために、Oracle では自律型トランザクションという機能を提供します。PostgreSQL には自律型トランザクションそのままの機能はありませんが、dblink を使用することで同様の結果を得られます。 自律型トランザクションとは何でしょうか。 Oracle は自律型トランザクション機能を提供しています。この機能では、メイントランザクションのコミットやロールバックを実行することなく、サブプログラムによる SQL オペレーションの実行、さらには各 SQL オペレーションのコミットまたはロールバックが可能です。 以下のようなシナリオを想定してください。 INSERT トリガーのビジネスロジックに従い、重要な情報を持つ 1 行をテーブルに追加する必要があるとします。 SQL の INSERT […]

Read More

Amazon RDS for SQL Server 上で SQL Server 2008 R2 から SQL Server 2016 にアップグレードする方法に関するベストプラクティス

 このブログ記事では、Microsoft SQL Server 2008 R2 のサポート終了に備えて、Amazon RDS for SQL Server 上で SQL Server 2008 R2 から SQL Server 2016 にアップグレードする方法を中心にご紹介します。また、ご紹介するプラクティスの多くは、SQL Server のすべてのバージョン、あるいは他の RDS のエンジンにも適用することができます。 注意: 現在、SQL Server 2008 R2 から RDS の SQL Server 2017 へのアップグレードパスはありません。SQL Server 2017 にアップグレードする場合は、2012、2014、または 2016 にアップグレードしておく必要があります。 自己管理型プラットフォームでは、最新のデータベースバージョンへのアップグレードに多くのリスクが伴います。多くの企業は「壊れてないものは直すな」をモットーとしています。 幸い、自己管理型プラットフォームでふだん直面する課題の多くは、Amazon RDS が提供する自動化によって軽減されます。 SQL Server DB インスタンスの場合、アップグレードには次の 2 種類があります。 メジャーバージョンのアップグレード (SQL Server […]

Read More

アプリケーションをオンプレミスの Oracle データベースから Amazon RDS for PostgreSQL に移行する方法

企業は長年、独自にローカルデータベースを設定し、ハードウェアを自社で管理する必要がありました。しかし、クラウドインフラストラクチャが向上し続けており、自社でハードウェアを所有・管理する必要が格段に少なくなっています。 Amazon では、所有している何百 (あるいは何千もの) オンプレミスのデータベースを、時間をかけてクラウドベースのソリューションに移行しました。このソリューションには、Amazon RDS のようなリレーショナルなものと、Amazon DynamoDB のような非リレーショナルなものの両方があります。リレーショナルなソリューションに移行したデータベースでは、無料で使用でき、Oracle データベースと類似の機能 (シーケンス、トリガー、パーティション) を持つデータベース技術を検討してコストを削減しようとも試みました。技術面でそれに最も近いものが、PostgreSQL です。 このブログ記事には 2 つのセクションがあります。まず、共通の Java アプリケーションと Hibernate のレイヤー (オブジェクトリレーショナルマッピング) における変更について述べます。その後、Java アプリケーションを Oracle から Amazon RDS for PostgreSQL に移行した際に明らかとなった、アプリケーション層を管理するためのベストプラクティスと方針について述べます。今回の提案と事例は、RDS および PostgreSQL と互換性のある Amazon Aurora の両方を基盤としたデータベースを対象とするものです。 Hibernate とアプリケーションレイヤーの変更およびベストプラクティス まず、お使いのアプリケーションを分析することから始めます。移行を成功させるために、移行予定のアプリケーションについて深く理解することをおすすめします。以下は開始するにあたり、全体についての質問です。 お使いのアプリケーションは、Hibernate のようなオブジェクトリレーショナルマッピング (ORM) を使用していますか? 使用している場合、アプリケーションでどの Hibernate データ型を使用していますか? お使いのアプリケーションには変換を必要とする可能性のあるプレーン SQL が今もありますか? この中からいくつかの質問を取り上げ、なぜそれが重要なのかを考えてみましょう。 お使いのアプリケーションは ORM を使用していますか? アプリケーションが ORM […]

Read More

Performance Insights で Amazon RDS for MySQL をチューニングする

Amazon RDS Performance Insights は、Amazon RDS への直感的なチューニングインターフェイスを提供し、RDS データベースのパフォーマンスの問題を発見して調査するのに役立ちます。Performance Insights のルックアンドフィールは、RDS for MySQL、RDS for PostgreSQL、Amazon Aurora など、すべてのデータベースエンジンタイプで共通です。けれども、エンジンはどれも実装の点で少し異なります。 Performance Insights は、エンジンに関係なく常にデータベースの負荷と上位の SQL を表示できます。エンジンはどれも、拡張データの保持や Amazon CloudWatch との統合など、Performance Insights の機能をサポートしています。ただし、データベースエンジンの種類によっては、 Performance Insights はエンジンのネイティブパフォーマンス計測に基づいてわずかに異なる情報を表示します。 たとえば、PostgreSQL との互換性を持つ Aurora では、データベースの負荷が PostgreSQL 10 の待機イベントによって細分化されています。MySQL 互換性 と RDS MySQL を備えた Aurora では、 MySQL Performance Schema 待機イベントによって細分化された負荷が表示されます。Performance Insights は、各エンジンタイプのネイティブ待機イベント計測を待機イベント用に消費することにより、各エンジンのネイティブパフォーマンス計測に忠実でありながら、各エンジンタイプ間で同様のルックアンドフィールを維持することができます。 2018 年 8 月 28 日、バージョン […]

Read More

RDS SQL Serverには、ワクワクする新しい2つのバックアップ機能とリストア機能があります

Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)は、AWSクラウドでリレーショナルデータベースを実行するための主要なメカニズムです。Amazon RDS for SQL Serverは、SQL Server 2008 R2からSQL Server 2017へのSQL Serverバージョンの実行をサポートします。 RDS for SQL Serverチームは、SQL Serverのネイティブバックアップとリストアに関する2つの重要な改善点を最近リリースしました。Amazon RDSユーザーガイドに記載されているこれらのバックアップは、S3バケット内の単一の.bakファイルとして、SQL Serverデータベースの完全データベースバックアップとなっています。S3バケットを表示するためにRDS SQL Serverのアクセス許可を受けた後、RDS SQL ServerデータベースをS3バケットにバックアップできます。また、S3バケットからRDS SQL Serverにバックアップをリストアすることもできます。 ただ1つのデータベースバックアップ 標準的なスキーマまたはテーブルデータを使用してユーザーデータベースを作成する一般的な方法は、必要なスキーマとデータを作り、SQL Serverバックアップを作成することです。次に、バックアップをリストアし、繰り返し名前を変更します。これは、単一のシステム上で複数の顧客をホスティングするなどの用途に最適です。RDS for SQL Serverは、これらを同じデータベースの複写として検出し、この方法で作成したデータベースをリストアできないようにしていました。最近のネイティブバックアップおよびリストアシステムの改良により、RDSは、これらのバックアップをRDS for SQL Serverシステムにリストアできなくなりました。 同期的なネイティブリストア 最近の別の改善点として、Amazon RDS for SQL Serverの高可用性マルチAZ(HA)配置が挙げられます。RDS for SQL Serverのインストール時に、高可用性オプションを選択すると、RDSは2番目のアベイラビリティーゾーンにデータベースミラーコピーを作成します。これは、RDS for SQL Serverでサポートされている最大30のデータベースに対して実行できます。以前は、HA構成でRDS for SQL Serverへのネイティブリストアを使用した場合、プライマリーSQL Serverインスタンスでデータベースをリストアしていました。その後、ミラーリングセッションを停止して再確立します。これにより、同じシステム上の他のすべてのデータベースのミラーリングセッションも停止され、そのサーバー上のすべてのユーザーデータベースの再ミラーリングが直ちに開始されます。 新たな改良により、フルバックアップをプライマリおよびミラーパートナーサーバーの双方に同時にリストアし、2つのデータベースを迅速に同期させます。さらに、SQL Serverの同じインスタンス上の他のデータベースを停止して再ミラーリングすることもなくなりました。結果として、セカンダリサーバーがプライマリミラーサーバーと完全に同期していない場合のウィンドウが大幅に縮小されます。システムの全体的な可用性が改善します。これは、FULLリカバリーモデルのデータベースでのみ有効で、これはSQL […]

Read More