Amazon Web Services ブログ

Category: Migration

AWS Schema Conversion Tool、ビルド 616 の新機能紹介

AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) の新しいバージョンを導入することに興奮しています。これには、PostgreSQL10 のパーティショニング、新しいサーバレベルのアセスメントレポート、テーブル値関数のサポートなどをサポートが含まれています。 AWS SCT とは、あるデータベースエンジン上の既存のデータベーススキーマを別のデータベースエンジン用に変換するためのツールです。リレーショナル OLTP スキーマやサポート対象のデータウェアハウス OLAP スキーマを Amazon RDS に変換することができます。たとえば、MySQL や PostgreSQL などと互換性があるため、Amazon Aurora に変換できます。また、リレーショナル OLTP スキーマやサポート対象のデータウェアハウス OLAP スキーマを Amazon Redshift に変換することも可能です。サポートされているすべてのソースとターゲットをドキュメントで検索してください。 以下に、このブログ記事でカバーするトピックの概要を示します: SCT Assessment Report への変更 Oracleから Amazon RDS for Oracle Microsoft SQL Server から Amazon RDS for SQL Server テーブル値関数の実装 SQL Server から PostgreSQL へ […]

Read More

AWS DMS でのネイティブ CDC サポートの使用方法

AWS Database Migration Service (AWS DWS) は、本日よりネイティブ CDC サポートを開始し、特定のチェックポイントから AWS DMS レプリケーションを開始および停止する機能を提供します。この機能を利用すると、Microsoft SQL Server のログシーケンス番号 (LSN)、Oracle のシステム変更番号 (SCN)、AWS DMS 固有の復旧チェックポイントなどのチェックポイントを使用できます。このリリースの一環として、データレプリケーションを停止し、AWS DMS のチェックポイント機能を使用して再開する機能も提供しています。 このリリースにより、AWS DMS を使用するお客様は、データベースがコミットシーケンス (ログシーケンス番号 (LSN) のことです) を使用するのと同じ仕組みを利用できます。また、より多くの統合ユースケースが公開されます。たとえば、Oracle Data Pump または SQL Server BCP を使用して、初期データをターゲットデータベースにロードした後、DMS ログシーケンス番号を使用して変更データキャプチャ (CDC) を開始できるようになりました。今回提供されるチェックポイント機能とネイティブな開始ポイントのサポートにより、環境を休止して前回のレプリケーション実行後に行われた変更を処理することができます。たとえば、最後のチェックポイントから 1 日に 1 回変更をレプリケートできます。 リリースの時点では、Oracle、SQL Server、MySQL データベースに加えて、Amazon Aurora with MySQL Compatibility もサポートしています。今後、他のデータベースのサポートも予定されています。 AWS DMS 入門 AWS […]

Read More