Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Migration Hub

AWS Migration Hub Orchestrator – カスタマイズ可能なワークフローテンプレートを使用した新しい移行オーケストレーション

オンプレミス環境から AWS へ、あらゆるワークロードを移行できます。AWS への移行を成功させる鍵を握るのは、よく考え抜かれた計画、有益なツール、以前の移行経験、質の高い実装です。移行の各ステップで AWS の長年の経験を活かすことで、組織的、運用的、技術的な能力を構築し、ビジネス上の利点をより早く得ることができます。 2017 年には、クラウド移行とモダナイゼーションを一元的に行える AWS Migration Hub が導入されました。これにより、AWS での移行を加速し簡素化するために必要なツールがもたらされました。Migration Hub では、オンプレミスサーバーの詳細を検出またはインポートし、適切なサイジングのレコメンデーションに基づいて移行戦略を構築し、シンプルなダッシュボードで複数のツールにわたる移行を追跡し、任意の AWS リージョンで段階的にアプリケーションをリファクタリングできます。 2022 年 4 月 20 日(米国時間)、AWS Migration Hub Orchestrator の一般提供開始を発表します。このサービスでは、あらかじめ定義されたカスタマイズ可能なワークフローテンプレートが用意され、移行タスク、移行ツール、自動化の機会がもたらされ、進捗状況を一元的に追跡できます。

Read More

プレビュー – AWS Migration Hub Refactor Spaces がアプリケーションの段階的なリファクタリングをサポート

AWS Migration Hub の新機能である AWS Migration Hub Refactor Spaces のプレビューを発表します。この機能を使用することで、既存のアプリケーションを通常はマイクロサービスに基づいて分散アプリケーションにリファクタリングできます。 既存のアプリケーションをリファクタリングする理由は複数あります。その理由は、コードをよりモジュール化したり、最新のフレームワークを使用したり、異なるデータストレージを使用したりすることかもしれません。一般的に、リファクタリングを行う際の目的は、時間の経過に合わせて、アプリケーションのメンテナンスと進化をより容易にすることにあります。その他の利点としては、より大きなワークロードへの対応、耐障害性の向上、コストの削減などが含まれる場合があります。しかし、リファクタリングには困難を伴うということは認めざるを得ません。私はよく、リファクタリングを、乗客が満員の飛行機の飛行状態を保ちながら、それらの乗客が変更に気付かないようにしつつ、その飛行機のエンジン、キャビンの座席、エンターテイメントシステムを取り替えることに例えます。 これらのリファクタリングプロジェクトを成功させたお客様と話をしているうちに、当社は共通のパターンがあることに気付きました。それは Strangler Fig の設計パターンです。

Read More

新しい Strategy Recommendations サービスが AWS クラウドの移行とモダナイゼーションの合理化を支援

クラウドへのアプリケーションの移行とモダナイゼーションを成功させるための実行可能な戦略を決定するには、時間がかかります。また、分析するアプリケーションポートフォリオのサイズと複雑さによっては、多大な労力が必要になることがあります。今日まで、分析プロセスは大部分が人によるものであり、本質的に標準化されておらず、サイズの大きいポートフォリオに大規模に適用することは困難でした。意思決定に要する時間が限られていること、ドメインに関する知識やクラウドの専門知識が不足していること、および利用可能なモダナイゼーションツールやサービスに対する意識の低さが、労力と複雑さを倍加させている可能性があります。 2021 年 10 月 25 日、アプリケーションポートフォリオの分析を自動化するのに役立つ AWS Migration Hub Strategy Recommendations を発表しました。Strategy Recommendations は、実行中のアプリケーションを分析してランタイム環境とプロセスの依存関係を確認し、オプションでソースコードやデータベースなどを分析します。

Read More