Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Database Migration Service

Microsoft Excel を使用した AWS DMS タスクのための AWS CloudFormation テンプレートの作成

このブログ記事では、AWS Database Migration Service (AWS DMS) タスクのための AWS CloudFormation テンプレートの作成を自動化するツールについてお話します。DMS タスクのための CloudFormation テンプレートの作成方法をお探しで、CloudFormation に関する知識をお持ちでない場合は、ぜひこの記事をお読みください。

Read More

新しい Database Migration Playbook が公開されました—Microsoft SQL Server から Amazon Aurora MySQL への移行

このプレイブックは、AWS Schema Conversion Tool の自動変換機能に焦点を当て、自動変換プロセスの制限事項に対する代替方法について説明します。SQL Server と Aurora MySQL の違い、非互換性、類似点を中心に説明し、幅広い種類のトピックを網羅しています。そうしたトピックとしては、T-SQL、構成、高可用性と災害対策 (HADR)、インデックス作成、管理、パフォーマンスチューニング、セキュリティ、物理ストレージなどが含まれます。

Read More

2018 年に最もよく読まれた AWS データベースブログ

この記事では、私たちが 2018 年に掲載した AWS データブログ記事で、最もよく読まれた10本を紹介しています。このリストをガイドとして使って、まだ読んでいないデータベースブログに目を通す、または特に有益だと思った記事を読み返すことができます。

Read More

AWS Schema Conversion Tool で仮想パーティション分割を使用する

データウェアハウスの移行では、AWS SCT はデータベーススキーマを Amazon Redshift に移行するだけでなく、データを移行することもできます。この記事では、仮想パーティション分割を使用して AWS SCT でデータウェアハウスの移行を最適化する方法について検討します。仮想パーティション分割は、並列処理を使用することで大きなテーブルからのデータ抽出作業を高速化します。。

Read More

Intuit 社の導入事例: オンプレミス MySQL から Amazon Aurora への移行の自動化

Intuit社はレガシーデータセンターを売却し、顧客向けアプリケーションである QuickBooks、TurboTax、および Mint を AWS に移動させており、今後数年の間には完全に移行させる予定です。このブログ記事では、彼らがオンプレミスMySQLの移行先として、どのような基準で Amazon Aurora を選び、どのようにして最小限のダウンタイムで移行したのかについて共有されています。

Read More

AWS Database Migration Service が並列フルロードと新しいLOB移行メカニズムのサポートによって移行速度を向上

AWS DMS レプリケーションエンジンのバージョン 3.1.2 をご紹介します。新しいバージョンでは UX がより良くなり、たくさんのお客様からリクエストされていたパフォーマンス改善がされています。私たちは、DMS をより良くするという約束を守ることができました。このブログ記事では、いくつか重要な新機能については触れたいと思います。リスト全体については、AWS DMS リリースノートを参照してください。このリリースノートには、DMS の現バージョンと以前のバージョンの機能とバグ修正に関する詳細情報が含まれています。 DMS レプリケーションエンジンバージョン 3.1.2の新機能 UTF-8 4 バイト文字セットのサポート パーティショニングおよびサブパーティショニングされたテーブルのフルロードパフォーマンスの向上 ラージオブジェクト (LOB) パフォーマンスの向上 フルロード中のテーブルのロード順序 PostgreSQL ソースの主キー値の更新をサポート  このブログ記事の概要では、独自で実行できるテストとサンプルが含まれています。これを行うには、以下の AWS リソースが必要です。 AWS アカウント AWS Database Migration Service ソースとなる Oracle データベース ターゲットとなる PostgreSQL データベース UTF-8 4 バイト文字セットのサポート  AWS DMS の以前バージョンの UTF-8 では、4 バイト文字セットはサポートされていませんでした。例えば、U+1F363 🍣、U+1F37A 🍺、U+29E3D 𩸽、または U+2A602 𪘂は、移行中に予期しない動作を引き起こします。4 バイト文字が検出された場合、移行作業は失敗し、「無効なバイトシーケンス」エラーが発生します。  次にこのようなエラーの例を示します。  […]

Read More

Oracle Database による AWS Database Migration Service と Accelario によるダウンタイムゼロの移行

これは Accelario の共同設立者で副社長の R&D の マイケル・リトナー (Michael Litner) のゲストポストです。 Accelario は、Amazon Web Services(AWS)に Oracle データベースを簡単かつ迅速にロードするためのデータベース移行ソフトウェアです。初期ロードの終了時に、AWS Database Migration Service (AWS DMS)を使用してデータベースの同期がすぐに開始されます。その結果、データベースのダウンタイム移行がゼロ になります。 データベースのクラウド移行時には、週7日24時間(無休)業務を必要とする事業は大問題に直面しています。これまでのところ、ダウンタイムを最小限に抑えるための経費効率の高いオプションはほとんどありませんでした。Accelario は、AWS DMS との最近の統合により、すぐに使用できるゼロダウンタイムのフルデータベース移行ソリューション、つまり、ユーザー、手順、ビューなどのデータベース全体が移行を提供します。プロセスが完了すると、データベースにアクセスしてアプリケーションで即座に使用することができます。 そのような事業に影響を及ぼすもう1つの重大問題は、機密情報がプロセスの一部として公開されないようにすることです。これは、データ保護ポリシーや規制の遵守にとって重要です。Amazon Relational Database Service (Amazon RDS)でサポートされている Oracle の組み込み機能(ネットワーク・データ暗号化を含む)を使用して、転送中のデータの暗号化を実現できます。 本投稿では、この組み合わせソリューションを使用してデータベースを Amazon EC2 または Amazon RDS(データマスキングも使用)に移行する方法について説明します。また、クラウドに入った後に簡単にデータベースをリフレッシュする方法についても説明します。 仕組みの説明 Accelario は論理的な移行を実行します。それはソースデータベースを読み取り、その内容を解析して宛先にコピーします。エンジンはデータ自体がソースからデスティネーションに直接流れて、移行プロセスを調整します。Accelario は、データベース内のすべてのオブジェクトタイプ(表、索引、パッケージ、順序、許可、表スペースなど)を処理します。 この初期ロードの終了時に、Accelario は AWS 上の新しいターゲットとソース間の 進行中の変更 を複製するAWS DMS 環境を自動的に構築します。複製が同期された後、いつでもカットオーバを要求できます。 大規模なデータベースでこのソリューションを使用する場合のベストケース 大規模なデータベース移行で Accelario を使用する一般的なシナリオを次に示します。 […]

Read More

AWS Database Migration Serviceを使用し、Amazon Kinesis Data Streamingを実施する

この投稿では、AWS Database Migration Service (AWS DMS) を使用し、Amazon Kinesis Data Streamsに変更データをストリーミングする方法について議論します。 以前の投稿 Load CDC Data では、データ処理アーキテクチャについてリアルタイムで議論しました。その一環として、AWS DMS を使用して Amazon RDS for Microsoft SQL Server のデータベースの変更を取得し、AWS Lambdaを使用して Kinesis Data Streams に送信する方法について扱いました。AWS DMS のターゲットとしての Kinesis Data Streams の開始により、変更データの取得データ(CDC)のストリーミング、分析、および格納がより簡単になりました。DMSは、成功事例を使用してデータからの変更を自動的に収集し、それを Data Streams にストリーミングします。 Kinesis Data Streamsをターゲットとして追加したため、お客様がデータレイクを構築し、データストアからデータを変更してリアルタイムで処理することができます。 データ統合パイプラインで AWS DMS を使用して、ほぼリアルタイムで Kinesis Data Stream にデータを複製できます。このアプローチを使用すれば、アプリケーションを高価なデータベース上に構築しなくても、デカップリングされ、最終的に一貫したデータベースビューを構築が可能になります。 リアルタイムの変更データのアーキテクチャ 数多くの組織がKinesis Data ストリームを使用して変更データを分析し、Webサイト、不正検出、広告、モバイルアプリケーション、IOTなどを監視しています。 この投稿では、AWS DMSを使用して関連データベースの変更データを Kinesis Data […]

Read More

AWS Database Migration Service と AWS Schema Conversion Tool がソースとしての IBM Db2 LUW をサポート開始

AWS SCT がLinux、UNIX、Windows (LUW) 用の IBM Db2 からAWS上でサポートされているオープンソースデータベースにオブジェクトを変換できるようになりました。これには Amazon RDS for PostgreSQL と RDS for MySQL、Amazon Aurora (MySQL and PostgreSQL compatible) を含みます。同時に、AWS DMS のソースとしての IBM Db2 for LUW の一般リリースも発表します。この発表は、AWS DMS を使用して Db2 for LUW から AWS DMS でサポートされているすべてのターゲットに移行できることを意味します。これらの機能は、Db2 for LUW からクラウドへの移行に役立ちます。

Read More

AWS DMS を使用して Oracle ASM からAWSに移行する方法

このブログ記事では、ストレージインフラストラクチャが Oracle ASM のOracleソースエンドポイントでの AWS Database Migration Service (AWS DMS) の Change Data Capture (CDC) の使い方について説明します。

Oracle 自動ストレージ管理 (ASM) データベースフレームワークは、Oracleデータベースファイル用のボリュームマネージャとファイルシステムを提供し、シングルインスタンスの Oracle Database と Oracle Real Application Clusters (Oracle RAC) をサポートしています。ASMにはファイルシステムとデータベース内のボリュームを直接管理するためのツールがあります。これらのツールを使用すると、データベース管理者 (DBA) は標準的なOracle環境で使いなれたSQL文を使用してボリュームやディスクを制御できます。

Read More