Amazon Web Services ブログ

Category: Expert (400)

AWS CodeDeploy が Amazon ECS の線形デプロイと Canary デプロイをサポートするようになりました

 AWS CodeDeploy は、Elastic Container Service (Amazon ECS) のブルー/グリーンデプロイサポートを拡張し、AWS Fargate または Amazon Compute Cloud (Amazon EC2) でホストされるアプリケーションの Canary および線形デプロイを含めます。 ブルー/グリーンデプロイは、アプリケーションバージョンの変更による中断を最小限に抑えるために、AWS CodeDeploy が提供する安全なデプロイ戦略です。これは、グリーンと呼ばれる新しいアプリケーション環境と、ブルーと呼ばれるライブトラフィックを処理している現在のアプリケーションを作成することによって実現されます。これにより、ライブトラフィックがブルーからグリーンにルーティングされます。その後、ブルーのリソースがオフになる前に、グリーンの環境を監視およびテストするための一定期間が許可されます。 Amazon ECS のブルー/グリーンデプロイを最初に立ち上げた後、多くのお客様は、アプリケーションの更新によって一定期間にわたって変化するトラフィックの量を制御することに関心を示しました。  CodeDeploy を介した線形デプロイと Canary デプロイでは、新しいアプリケーションバージョンへのライブトラフィックの露出をトラフィック全体のパーセンテージに制限することで実現し、残りのトラフィックをルーティングする前にパフォーマンスを監視します。Amazon CloudWatch アラームを設定することもできます。問題が検出された場合、CodeDeploy は自動的にトラフィックルーティングを元のバージョンに戻します。  CodeDeploy は、ALB の加重ターゲットグループを使用してこれを実現します。 この記事では、Fargate でホストされる Amazon ECS の新しい線形デプロイと Canary デプロイを構成する方法を示します。 今日は次の内容を行います。 CodeDeploy をコントローラとして ECS サービスを作成する 新しい線形構成を使用して新しいデプロイグループを作成する 1 分ごとにトラフィックの 10% をルーティングするためのプリセット線形デプロイ構成を使用して、CodeDeploy ブルー/グリーンデプロイをトリガーします。 現在、次の事前定義された線形および Canary […]

Read More