Amazon Web Services ブログ

Category: Monitoring and observability

AWS Single Sign-On を使用して Amazon CloudWatch ダッシュボードを共有する

この記事は、Share your Amazon CloudWatch Dashboards with anyone using AWS Single Sign-On  (記事公開日: 2021 年 11 月 18 日) を翻訳したものです。 Amazon CloudWatch は、お客様が監視・運用データをログ、メトリクス、アラーム、イベントの形で収集することで、ワークロードの可視化や通知を容易に行うことができるサービスです。従来、運用状況データへのアクセスは、テクニカルサポートスタッフしか見ることができず、その結果、運用状況は多くのビジネスパーソンにとって不透明なものとなっていました。しかし、CloudWatch のデータへのアクセスをクラウドやオンプレミス環境のテクニカルサポートスタッフ以外の人々にも拡大することで、実用的で貴重なビジネスインサイトを得ることができます。

Read More

Amazon Managed Service for Prometheus の一般提供開始

この記事は Amazon Managed Service for Prometheus is now Generally Available (記事公開日: 2021 年 9 月 30 日) を翻訳したものです。 re: Invent 2020 では、フルマネージドな Prometheus 互換サービスである Amazon Managed Service for Prometheus をAWS 上にプレビューとしてローンチしました。これは、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) などのさまざまな環境でホストされているワークロードから、さらにオンプレミスの仮想マシンのようなハイブリッド環境からもインフラストラクチャとアプリケーションのメトリクスを収集するために利用できる、安全でスケーラブルなサービスです。

Read More
Blog(yowat)

Amazon CloudWatch Metric Streams、AWS Cost and Usage Reports、Amazon Athena を使用した AWS でのコスト最適化

Amazon CloudWatch Metric Streams を使用して、設定した宛先に Amazon CloudWatch メトリクスのほぼリアルタイムなストリームを作成できます。Metric Streams は Amazon Kinesis Data Firehose を使用して、CloudWatch メトリクスを一般的なサードパーティーサービスプロバイダーの HTTP エンドポイントに送信することを容易にします。最新の情報を含んだ CloudWatch メトリクスから継続的でスケーラブルなストリームを作成することで、正確でタイムリーなメトリクスデータを必要とするダッシュボード、アラーム、その他ツールを強化することができます。

Read More

Amazon CloudWatch Synthetics を使用して 複数ステップの API を監視する

アプリケーションが増えるにつれて、API やウェブページの数は指数的に増加します。Amazon CloudWatch Synthetics を使用した、複数のステップで構成される HTTP モニタリングは、このような問題の解決に役立ちます。柔軟なスクリプト実行による API の常時監視を実現することは、エンジニアリングチームが SLA を保つ助けになります。 この記事では、複数の HTTP エンドポイントを対象とするブループリントを使って、Amazon CloudWatch Synthetics によるアプリケーション監視を行う方法を紹介します。 HTTP ステップは、syn-nodejs-2.2 以上で使用できます。この機能により、複数のステップで構成される API の柔軟な監視や、ステップ毎のメトリクス収集を行うことができます。さらに、複数の HTTP リクエストに対して、リクエスト / レスポンスヘッダー、DNS ルックアップや TCP コネクションの時間、最初の 1 バイトを受信するまでの時間 ( Time to First Byte : TTFB ) を含む詳細なレポートを、単一のスクリプトで作成することができます。 概要 このセクションでは、HTTP ステップを使った Canary を作成する手順を説明します。 HTTP ステップの作成 CloudWatch Synthetics は、すぐに使用可能な Canary の設計図を提供していますが、コンソール上のエディターや Amazon Simple Storage Service […]

Read More

AWS IoT でゼロトラスト IoT ソリューションを実装する方法

この記事は、How to implement zero trust IoT solutions with AWS IoT (記事公開日: 2021 年 11 月 23 日)を翻訳したものです。 はじめに ゼロトラストは誤解されることがあります。ゼロトラストは特定の製品やソリューションではなく、セキュリティモデルと関連する一連のアーキテクチャの原則とパターンです。お客様が直面する主な課題の 1 つが、ゼロトラストの原則をモノのインターネット (IoT) に適用する方法と、ゼロトラストをアマゾンウェブサービス (AWS) IoT でどのように始めるかを決定することです。 このブログ投稿では、ベンチマークとして NIST 800-207 アーキテクチャに基づくゼロトラストと、デフォルトでゼロトラストをサポートする AWS IoT サービスを使用して IoT でのゼロトラストを実装する方法について説明します。

Read More

【開催報告】CloudNative Days Tokyo 2021 Co-Located ハンズオンイベント

AWS Japan ソリューションアーキテクトの堀内です。 先日 11/2(火) に CloudNative Days Tokyo 2021 (以降、CNDT2021)の Co-Located ハンズオンイベント にて、 “Security for Developers – DevSecOps on AWS” と “Amazon EKS Observability Workshop” の2つのハンズオンイベントを開催いたしました。

Read More
thumnail

AWS X-Ray と AWS Application Cost Profilerを使用して共有 AWS インフラストラクチャのテナントコストを追跡する

こちらのブログ記事では、AWS Application Cost Profiler をご紹介しました。この新サービスでは、マルチテナントのアプリケーションを実行しているお客様が、テナント間で共有されている AWS リソースの詳細なコスト内訳を取得することができます。AWS Application Cost Profiler は、お客様、特に SaaS ISV に、各顧客またはテナントのインフラストラクチャコストを関連付けて報告する標準的なメカニズムを提供します。この詳細なテナントベースのコスト表示により、ISV は製品の利用プランベースまたは使用量ベースの価格設定による市場投入戦略を策定し、マルチテナントアーキテクチャモデルのコストを効果的に管理できます。また、マルチテナント型のアプリケーションを運用している企業は、このデータを活用して、チャージバック目的の正確なコスト配分モデルを定義することができます。 Application Cost Profiler では、アプリケーションの所有者は、テナントの使用量メタデータを生成し、Application Cost Profiler の入力として使用できるように、アプリケーションを計測する必要があります。以前、Amazon CloudWatch Logs を利用するサンプルアプリケーションのインストルメンテーションをご紹介しました。この例では、テナント情報が Amazon CloudWatch Logsの出力に追加され、スケジュールされた AWS Lambda 関数がログ出力を時間ごとに処理して、AWS Application Cost Profiler によって使用されるテナント使用量のメタデータを生成します。次の例では、AWS X-Ray のトレースサマリを使用して、テナントの使用量メタデータを生成し、AWS Application Cost Profiler と統合します。

Read More

AWS DevOps Monitoring Dashboard ソリューションを使用して CI/CD メトリクスのキャプチャと分析を自動化する方法

この記事は 2021年4月14日に Solutions Builder and Data Analytics SME の Aijun Peng と Technical Program Manager の Rakshana Balakrishnan により投稿された How to automate capture and analysis of CI/CD metrics using AWS DevOps Monitoring Dashboard solution を翻訳したものです。 世界中の企業が、ソフトウェア・デリバリー・プロセスの生産性を向上させるために、DevOps ツールに投資しています。お客様からは、継続的インテグレーション/継続的デリバリ (CI/CD) パイプラインのパフォーマンスや運用に関するメトリクスを収集して、DevOps の自動化から得られる価値を定量化し、ソフトウェアデリバリーの効率化を行える箇所を特定したい、という声が寄せられています。しかし、お客様の中には、適切なメトリクスを特定し、CI/CD パイプラインのさまざまなコンポーネントからメトリクスを集約することは、複雑で時間のかかるものであるため、困難であると感じている方もいらっしゃいます。 この記事では、AWS DevOps Monitoring Dashboard ソリューションを使うことで、DevOps メトリクスを収集して可視化するためのセットアッププロセスを自動化し、時間と労力を節約する方法を紹介します。このソリューションは、あらゆる規模の組織がソフトウェア・デリバリー・プロセスにおける主要な運用指標を収集、分析、可視化することを容易にするリファレンス実装です。

Read More

Amazon Managed Service for Prometheus を使用して EC2 環境を監視する

2021年4月16日追記:この記事は、Prometheus サーバーでの AWS Signature Version 4 サポート によって導入された変更を反映するように更新されました。 先日、Prometheus メトリクスの取り込み、クエリ、保存を行うフルマネージドでセキュアな Prometheus 互換環境を作成できるAmazon Managed Service for Prometheus (AMP) を発表しました。AWS Management & Governance の以前のブログ記事で、コンテナ化された環境を監視するためにAMPをセットアップする方法を説明しました。いくつかのクリティカルなユースケースでは、コンテナ化はずっと先のことだったり、時には不可能な場合があります。 この記事では、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) またはオンプレミス環境で稼働しているシステムでどのように AMP を使うのかを説明します。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] CON248 トレーシング入門 コンテナ上でアプリケーションを動かすために 資料公開

AWS Black Belt オンラインセミナー「CON248 トレーシング入門 コンテナ上でアプリケーションを動かすために」を公開します。 視聴は YouTube から、資料閲覧は SlideShare から可能です。 今回扱うのは、AWS X-Ray および Amazon CloudWatch ServiceLens の利用法です。これをコンテナ向けのトレーシングの必要性とあわせて説明します。 AWS X-Ray を使用している場合、デフォルトで CloudWatch コンソールで CloudWatch ServiceLens にアクセスできます。 AWS X-Ray をまだご使用でない場合は、X-Ray SDK を使用して、アプリケーションで AWS X-Ray を有効にすることにより開始できます。

Read More