Amazon Web Services ブログ

Category: AWS X-Ray

アプリケーションにおける遅延やエラー、失敗の増加を AWS X-Ray が検知した際に Amazon CloudWatch と Amazon SNS を利用して通知する

AWS X-Ray は、開発者がマイクロサービスやサーバレス・アーキテクチャで構築された本番環境のアプリケーションを分析及びデバッグすることを手助けし、顧客への影響を定量化します。AWS X-Ray を使うと、アプリケーション及びそのアプリケーションが依存しているサービスがどのように振る舞っているかを把握し、パフォーマンスの問題やエラーに対する根本原因の究明やトラブルシュートを行うことができます。これらの洞察を駆使してアプリケーションの問題点を見つけ出し最適化の機会を得ることができます。 このブログ記事では、X-Ray がアプリケーションにおける遅延やエラー、あるいは失敗の増加を検知したときに、どうすれば Amazon CloudWatch と Amazon SNS を使って通知を受信することができるのかをお見せします。特に、エンドユーザがあなたのアプリケーションを利用していて遅延の増加やサーバサイドのエラーに遭遇した際にEメールや SMS メッセージを通して通知を受け取るためにはどうすればよいでしょうか。サンプルアプリケーションを使ってお見せしたいと思います。サンプルアプリケーションは、コードを修正することによってアラームやイベントをカスタマイズすることも可能です。

Read More

AWS X-Ray で AWS Lambda をサポート

本日、 で サポート の一般提供開始を発表しました。Jeff が GA で投稿したブログですでにご存知の方もいるかと思いますが (「Jeff の GA POST (Jeff’s GA POST)」)、X-Ray は分散アプリケーションの実行やパフォーマンス動作を分析する AWS サービスです。 複数の独立したコンポーネントを異なるサービスで実行するマイクロサービスベースのアプリケーションでは、従来の問題をデバッグする方法がうまく機能しません。アプリケーションでレイテンシーを分けることで、X-Ray はエラーや処理の低下、タイムアウトを迅速に診断することができます。それでは、シンプルな Lambda ベースのアプリケーションを構築し分析する方法をお見せしながら、独自のアプリケーションで X-Ray を使用する方法をご説明します。 今すぐ開始したい場合は、関数の設定ページで追跡を有効にすれば既存の Lambda 関数で簡単に X-Ray を使い始めることができます。 または で関数の tracing-config を更新してください (必ず –function-name も忘れずに): $ aws lambda update-function-configuration –tracing-config ‘{“Mode”: “Active”}’ トレースモードをオンにすると、Lambda は関数を追跡しようとします (アップストリームサービスによって追跡されないよう明示的に指示されていない限り)。オフの状態では、アップストリームサービスによって追跡するよう明示的に指示されている場合のみ関数が追跡されます。トレーシングモードをオンにすると追跡の生成が始まり、アプリケーションとその間のコネクション (辺) におけるリソースのビジュアル表現が見られるようになります。 X-Ray デーモンは Lambda 関数のいくつかのリソースを使用することがあります。メモリ制限に近付いている場合、Lambda はメモリ不足エラーを回避するために X-Ray デーモンを終了しようとします。では、複数のサービスを使用する簡単なアプリケーションを構築して新しい統合を試してみましょう。 20 […]

Read More

AWS X-Ray の更新 – Lamba 統合を含む一般提供の開始

を最初に紹介したのは での「AWS X-Ray – 分散アプリケーションの中を見てみよう (AWS X-Ray – See Inside Your Distributed Application)」というタイトルのブログ投稿でした。 は Amazon EC2 インスタンス、Amazon ECS コンテナ、マイクロサービス、AWS データベースサービス、AWS メッセージングサービスをトラバースする実行として、アプリケーションに対して行われたリクエストをトレースできるようにします。これは開発および本番環境用に設計されており、シンプルな 3 層アプリケーションや何千ものマイクロサービスで形成されたアプリケーションを処理することができます。去年公開したブログでも説明しましたが、 はリクエストのエンドツーエンドのトレースや、代表的なサンプルのトレースセットの記録、サービスのマップ表示、データのトレース、パフォーマンス問題やエラーの分析を行えるようにします。これにより、アプリケーションとその基盤サービスがどのように動作しているか把握することができるため、問題の根本的な原因を識別し対処することができます。詳細については、X-Ray の機能を詳しく説明した過去のブログをご覧ください。 のプレビューバージョンは re:Invent でリリースし、興味を示した開発者やアーキテクトが使用できるようにご招待しました。本日より、同サービスの一般提供を開始しました。、、、、、、、、、、、 リージョンで今すぐご利用いただけます。 新しい Lambda 統合 (プレビュー) 本日よりご利用いただけるプレビューバージョンには、先のプレビュー実施時に行ったサービスの微調整と 統合が含まれています。これにより、Lambda のデベロッパーが を使用して関数の実行やパフォーマンスの可視性を得ることが可能になりました。これまでは、Lambda のユーザーがアプリケーションのレイテンシーの詳細やスローダウンの原因を突き止めたい場合、またはタイムアウトをトラブルシュートしたい場合はカスタムロギングや分析に頼る必要がありました。この新しい統合を使用するには、対象となる関数に実行ロールを指定してください。この実行ロールは、関数が X-Ray に書き込むことを許可し、関数をベースにトレースすることを可能にします (コンソールを使用して新しい関数を作成した場合、適切な許可が自動的に指定されます)。次に X-Ray サービスマップを使用して Lambda 関数、EC2 インスタンス、ECS コンテナなどでどのようにリクエストが動作しているか確認します。興味のあるサービスやリソースを識別、拡大、タイミング情報を調査し問題を解決します。Lambda 関数への各呼び出しは 2 つ以上のノードを X-Ray マップで生成します。Lambda サービス – このノードは […]

Read More