Amazon Web Services ブログ

Category: AWS X-Ray

re:Invent 2020におけるマネジメントとガバナンス関連セッションのご紹介

AWS re:Inventは、お客様と関わり合い、サービスや機能に関して学び、共有できる、エキサイティングな時期です。現在のパンデミックにより、今年のre:Inventは11月30日から12月18日までの 3 週間にわたって完全オンライン、無料で開催されます。そうです、あなたには参加する権利があるのです。 AWS re:Invent 2020はバーチャルで開催され無料です!!! このブログでは、AWSでのマネジメントとガバナンスに関するセッションのハイライトを紹介します。これらは、ビジネスの俊敏性とガバナンスコントロールの両者を維持しながら、AWS環境を有効化し、プロビジョニングし、そして運用するために、役立つセッションです。各セッションは、世界各地のお客様に向け複数回ブロードキャストされ、すべてあなたの家で快適な環境でご視聴いただけます。これらのセッションのメリットを享受するため、re:Inventに登録してください。

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS X-Ray 資料及び QA 公開

先日 (2020/05/26) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS X-Ray」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200526 AWS Black Belt Online Seminar AWS X-Ray AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. beanstalk の X-Ray について、質問させてください。beanstalk で x-Ray を有効にした場合、x-Ray メドリックはどこで確認できますか?AWS X-Ray サービス画面に入って確認しましたが、表示されてませんでした。 A. トレースの収集からコンソールでの表示までに若干のタイムラグがございます。時間を置いてご確認いただければと思います。また、AWS Elastic Beanstalk の場合は AWS X-Ray の SDK をアプリケーションに組み込む必要があることもご留意ください。 Q. 使い方として、1ヶ月間ほど X-Ray で情報収集をして、性能情報の統計や分析が可能と考えて良いでしょうか? A. そういった使い方も可能です。サンプリング機能によるアプリケーションへの負荷と課金のコントロールが可能なため、本番環境において常時有効化して常にアプリケーションの状態を把握できるようにしておくことも可能です。また、負荷試験艦橋や開発環境においてサンプリングレートを上げて集中的にトラブルシュートや性能分析を行う、といったユースケースも多いです。 Q. X-Ray を停止せずにアプリケーション監視ツールとして使用しても大丈夫でしょうか? A. パフォーマンス悪化やエラーレートの上昇にしきい値を設けてモニタリングやアラートを設定するといった使い方は可能です。AWS X-Ray のトレースは […]

Read More

アプリケーションにおける遅延やエラー、失敗の増加を AWS X-Ray が検知した際に Amazon CloudWatch と Amazon SNS を利用して通知する

AWS X-Ray は、開発者がマイクロサービスやサーバレス・アーキテクチャで構築された本番環境のアプリケーションを分析及びデバッグすることを手助けし、顧客への影響を定量化します。AWS X-Ray を使うと、アプリケーション及びそのアプリケーションが依存しているサービスがどのように振る舞っているかを把握し、パフォーマンスの問題やエラーに対する根本原因の究明やトラブルシュートを行うことができます。これらの洞察を駆使してアプリケーションの問題点を見つけ出し最適化の機会を得ることができます。 このブログ記事では、X-Ray がアプリケーションにおける遅延やエラー、あるいは失敗の増加を検知したときに、どうすれば Amazon CloudWatch と Amazon SNS を使って通知を受信することができるのかをお見せします。特に、エンドユーザがあなたのアプリケーションを利用していて遅延の増加やサーバサイドのエラーに遭遇した際にEメールや SMS メッセージを通して通知を受け取るためにはどうすればよいでしょうか。サンプルアプリケーションを使ってお見せしたいと思います。サンプルアプリケーションは、コードを修正することによってアラームやイベントをカスタマイズすることも可能です。

Read More

AWS X-Ray で AWS Lambda をサポート

本日、AWS X-Ray で AWS Lambda サポート の一般提供開始を発表しました。Jeff が GA で投稿したブログですでにご存知の方もいるかと思いますが (「Jeff の GA POST (Jeff’s GA POST)」)、X-Ray は分散アプリケーションの実行やパフォーマンス動作を分析する AWS サービスです。 複数の独立したコンポーネントを異なるサービスで実行するマイクロサービスベースのアプリケーションでは、従来の問題をデバッグする方法がうまく機能しません。アプリケーションでレイテンシーを分けることで、X-Ray はエラーや処理の低下、タイムアウトを迅速に診断することができます。それでは、シンプルな Lambda ベースのアプリケーションを構築し分析する方法をお見せしながら、独自のアプリケーションで X-Ray を使用する方法をご説明します。 今すぐ開始したい場合は、関数の設定ページで追跡を有効にすれば既存の Lambda 関数で簡単に X-Ray を使い始めることができます。 または AWS Command Line Interface (CLI) で関数の tracing-config を更新してください (必ず –function-name も忘れずに): $ aws lambda update-function-configuration –tracing-config ‘{“Mode”: “Active”}’ トレースモードをオンにすると、Lambda は関数を追跡しようとします (アップストリームサービスによって追跡されないよう明示的に指示されていない限り)。オフの状態では、アップストリームサービスによって追跡するよう明示的に指示されている場合のみ関数が追跡されます。トレーシングモードをオンにすると追跡の生成が始まり、アプリケーションとその間のコネクション (辺) におけるリソースのビジュアル表現が見られるようになります。 […]

Read More

AWS X-Ray の更新 – Lamba 統合を含む一般提供の開始

AWS X-Ray を最初に紹介したのは AWS re:Invent での「AWS X-Ray – 分散アプリケーションの中を見てみよう (AWS X-Ray – See Inside Your Distributed Application)」というタイトルのブログ投稿でした。AWS X-Ray は Amazon EC2 インスタンス、Amazon ECS コンテナ、マイクロサービス、AWS データベースサービス、AWS メッセージングサービスをトラバースする実行として、アプリケーションに対して行われたリクエストをトレースできるようにします。これは開発および本番環境用に設計されており、シンプルな 3 層アプリケーションや何千ものマイクロサービスで形成されたアプリケーションを処理することができます。去年公開したブログでも説明しましたが、AWS X-Ray はリクエストのエンドツーエンドのトレースや、代表的なサンプルのトレースセットの記録、サービスのマップ表示、データのトレース、パフォーマンス問題やエラーの分析を行えるようにします。これにより、アプリケーションとその基盤サービスがどのように動作しているか把握することができるため、問題の根本的な原因を識別し対処することができます。詳細については、X-Ray の機能を詳しく説明した過去のブログをご覧ください。AWS X-Ray のプレビューバージョンは re:Invent でリリースし、興味を示した開発者やアーキテクトが使用できるようにご招待しました。本日より、同サービスの一般提供を開始しました。US East (Northern Virginia)、US West (Northern California)、US East (Ohio)、US West (Oregon)、Europe (Ireland)、Europe (Frankfurt)、South America (Brazil)、Asia Pacific (Tokyo)、Asia Pacific (Seoul)、Asia Pacific (Sydney)、Asia […]

Read More