Amazon Web Services ブログ

Category: AWS IoT SiteWise

AWS IoT Application Kitを使ったIoT Webアプリケーションの構築

この記事は Sudhir Jena によって投稿された Build IoT web applications using AWS IoT Application Kit を翻訳したものです。 2022年3月1日に IoT アプリケーション開発者向けのオープンソースの UI コンポーネントライブラリ AWS IoT Application Kit を発表しました。AWS IoT Application Kit により、開発者は AWS IoT SiteWise のデータを活用したリッチな対話型 Web アプリケーションを構築することができます。 IoT アプリケーション開発者は ReactJS 、 Vue.js 、ネイティブ JavaScript などの Web フロントエンドフレームワークと AWS IoT Application Kit の再利用可能なコンポーネントを使用して、産業資産監視アプリケーションなどのカスタマイズしたユーザー体験を提供することができます。

Read More

AWS IoT SiteWise Edgeでデータを様々な場所に保存する方法

この記事は Philipp Sacha によって投稿された How to store data with AWS IoT SiteWise Edge in many locations を翻訳したものです。 はじめに この記事では AWS IoT SiteWise と AWS IoT SiteWise Edge を使用して AWS IoT SiteWise のデータストアだけでなく、他の多くの場所にデータを保存する方法について解説します。デフォルトでは、データは AWS 上の AWS IoT SiteWise データストアに保存されます。

Read More

IoT データの取り込みと可視化のための7つのパターン – ユースケースに最適なものを決定する方法

この記事は 7 patterns for IoT data ingestion and visualization- How to decide what works best for your use case の日本語訳です。 モノのインターネット(IoT)を始めたばかりでも、すでに数百万台の IoT デバイスが接続されていても、IoT データから抽出される価値を最大化する方法を探しているのではないでしょうか。IoT デバイスのデータには、報告されたテレメトリデータ、メタデータ、状態、コマンドとレスポンスの中に、豊富な情報が含まれていることがあります。しかし、適切なレポート作成および可視化ソリューションを持つことは、業務効率を最大化し、ビジネス成果を実現するために必要な洞察を得るための鍵となります。 それゆえ、AWS Well-Architected のようなフレームワークは、管理、パフォーマンス、コスト、および運用の観点から最適なソリューションを選択するのに役立ちます。例えば、リアルタイムでデータを提供できるレポートと可視化ソリューションを探しているかもしれません。あるいは、完全にカスタマイズ可能で、インサイトを検索できるソリューションをお探しかもしれません。 このブログ記事では、AWS の様々な IoT レポート作成と可視化ソリューションについて説明します。リアルタイム、ニアリアルタイム、スケジュールに沿ってレポートを提供できる7つの異なるアーキテクチャパターンを紹介します。さらに、各ソリューションのユースケース、更新頻度、データ取り込みプロセス、アーキテクチャ、および複雑さに関するデータポイントも提供します。

Read More

AWS IoT SiteWise による産業機器からのデータ取り込みと管理

AWS IoT SiteWise は、産業機器データの収集、整理、分析を簡素化するマネージドサービスです。AWS IoT SiteWise を利用することで、お客様は追加のソフトウェアを開発することなく、複数の設備からデータを収集し、構造化して、アクセシビリティを高め、設備の状況を理解しやすくなります。AWS IoT SiteWise に保存された機器データにより、産業用機器の性能を遠隔地や拠点間で評価することができるようになります。このように産業設備全体を可視化することで、業務の効率化を図るとともに、生産のギャップや無駄を発見することもできます。また、 AWS IoT SiteWise Edge はオンプレミスで稼働し、機器やローカルのヒストリアンデータベースに安全に接続し、データを読み取ることができます。2021年11月24日に AWS IoT SiteWise は、設備データのクラウドへの取り込みを容易にする3つの新しい機能を発表しました。これらの機能が追加される以前は、お客様は AWS IoT SiteWise にデータを取り込む前に機器のモデルを事前に作成する必要がありましたが、この新機能により、機器が AWS IoT SiteWise に接続されると同時に、クラウドにデータを取り込むことができるようになりました。このブログでは、 AWS IoT SiteWise を使用してモデルに関連付けられていないデータを取り込む場合の詳細、利点、ベストプラクティスについて解説します。

Read More

データタイプのチェックにより AWS IoT Events 探知器モデルのランタイムエラーを検知する方法

この記事は2021年9月20日に投稿された記事の日本語訳です。 AWS IoT Events の利用者は、探知器モデルを使用して、機器の状態とイベントを定義します。AWS IoT Events の探知器モデルには、AWS IoT Events 式が含まれています。式は4つの基本的なデータタイプ(整数、文字列、10進数、ブール値)を持つことができます。式をチェックすることで、データタイプが正しく使用されているかどうかが分かり、探知器モデルが期待通りに動作するかの確認ができます。この記事では、AWS IoT Events の探知器モデルで誤ったデータタイプを使用した場合の結果について説明します。AWS IoT Events の探知器モデルのトラブルシューティング方法によって、探知器モデルの実行時エラーを検知する前に、これらのデータタイプのエラーを検出する方法を紹介します。

Read More

AWS IoT でゼロトラスト IoT ソリューションを実装する方法

この記事は、How to implement zero trust IoT solutions with AWS IoT (記事公開日: 2021 年 11 月 23 日)を翻訳したものです。 はじめに ゼロトラストは誤解されることがあります。ゼロトラストは特定の製品やソリューションではなく、セキュリティモデルと関連する一連のアーキテクチャの原則とパターンです。お客様が直面する主な課題の 1 つが、ゼロトラストの原則をモノのインターネット (IoT) に適用する方法と、ゼロトラストをアマゾンウェブサービス (AWS) IoT でどのように始めるかを決定することです。 このブログ投稿では、ベンチマークとして NIST 800-207 アーキテクチャに基づくゼロトラストと、デフォルトでゼロトラストをサポートする AWS IoT サービスを使用して IoT でのゼロトラストを実装する方法について説明します。

Read More

AWS IoT SiteWise Edge ハンズオンを公開 – AWS IoT SiteWise のアセットモデルを使用して、オンプレミスの SiteWise ゲートウェイで機器データをモニタリングする方法について学べます

こんにちは!ソリューションアーキテクトの久次米です。この記事では、 AWS IoT SiteWise Edge ハンズオンについてご紹介します。 AWS IoT SiteWise が2021年10月7日に東京リージョンで利用可能となったことで、 AWS IoT SiteWise Edge も東京リージョンで利用可能になりました。 AWS IoT SiteWise Workshop は既に公開しておりますが、 AWS IoT SiteWise Edge Workshop では更に機器のデータをオンプレミスで収集・処理することができる SiteWise の新しい機能を体験・学習できます。この機能により、クラウドへ接続ができない状態でも動作を継続させる必要のある低遅延アプリケーションを実現することができます。

Read More

Coca-Cola Bottler が AWS で製造プロセスをデジタル化

Coca-Cola İçecek 社 (CCI 社) は、世界第 6 位の Coca-Cola 製品のボトラーです。トルコのイスタンブールに本社を置く CCI 社は、いくつかの印象的な数字をもたらしています。トルコ、アゼルバイジャン、イラク、ヨルダン、カザフスタン、キルギスタン、パキスタン、シリア、タジキスタン、トルクメニスタンの 10 カ国で事業を展開し、26 のボトリング工場で毎年 12 億ケースの飲料を製造して、4 億もの消費者に提供しています。 CCI 社は、デジタルプラントのレプリカ、つまりデジタルツインをクラウド上に構築することで、製造施設を近代化しています。高度な分析、人工知能(AI)、リアルタイム資産モニタリングで価値を引き出そうと考えています。実際、CCI 社は他のコカ・コーラのボトラー各社が同じデジタル製造ソリューションを施設に導入できるように、再現可能なプレイブックを構築しました。

Read More

AWS IoT SiteWise が東京リージョンでご利用可能となりました

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 AWS IoT SiteWise が東京リージョンでご利用可能となりましたのでお知らせいたします。 AWS IoT SiteWise AWS IoT SiteWise は、産業機器からのデータの大規模な収集、保存、整理、モニタリングを容易にして、より優れたデータをベースとした意思決定を行うことを実現させるサービスです。全施設にわたる運用のモニタリングや、一般的な産業パフォーマンスメトリクスの迅速なコンピューティングが可能なほか、産業機器データを分析するアプリケーションを作成して、コストのかさむ機器の問題を予防したり、生産における予実ギャップを減らしたりできます。デバイス間で一貫してデータを収集し、リモート監視で問題をより迅速に特定し、一元化されたデータでマルチサイトプロセスを改善できます。

Read More

AWS IoT Deep Dive #5 – Industrial IoT 向けサービス・ソリューション特集 資料と録画、Q&Aを公開

こんにちは。IoT スペシャリストソリューションアーキテクトの嶺です。 本記事では、AWS IoT Deep Dive セミナーシリーズの第5回の開催内容と資料、当日いただいたご質問とその回答をまとめております。

Read More