Amazon Web Services ブログ

Category: Retail

InfosysEquinoxで小売業向けのマイクロサービスアーキテクチャを構築する方法

eコマースはより重要になってきている 2021年4月のこちらのForbesの記事によると、世界のeコマースの売上高は4.2兆ドルに達すると予想され、英国、日本、米国の消費者調査では、オンラインショッピングが食料品の買い物方法として、ますます多くの消費者から好まれつつあることが示されました。この記事では食料品の買い物に言及しているだけですが、消費者は他の製品にもおいてもeコマースを好むようになっていると考えて間違いありません。 主にCOVID-19の大流行による、消費者行動の劇的な変化により、多くの小売業者はデジタルコマースに重点を置くようになりました。 しかしながら、多くの小売業者は、単純にモノリシックなeコマースWebサイトを設置しているだけです。 さらに、消費者が小売業者と関わることが可能なデジタルタッチポイントは今日多くあります。加えて、買い物客の期待は音声、店舗、Web、ソーシャルメディア、その他チャネルに渡る一貫したオムニチャネルでのユーザー体験です。したがって、小売業者はモノリシックなWebサイトでは、eコマースビジネスを素早く拡大できません。 これを念頭に置いて、柔軟なマイクロサービスを利用するモダンなeコマースプラットフォームを作成するための重要な要素と、小売業者がモノリシックなウェブサイトからマイクロサービスアーキテクチャに移行するにあたり、AWS Retail Competency Partner である Infosys Equinox がどのようにサポートできるかについて説明します。

Read More

動的なサプライチェーンプラットフォームを構築する方法: 入門書

ダイナミックかつ急速に変化する世界で消費者のニーズを満たすために、組織は先を見越しつつリアルタイムに対応できるサプライチェーンプラットフォームを確立する必要があります。モノのインターネット(IoT)、人工知能と機械学習(AI / ML)、クラウドベースのプラットフォームなどの急速な技術開発による進化を活用することで、サプライチェーン全体でデータを捉え、人の介入を最小限に抑えて自動制御でイベントに対応できるスケーラブルなグローバルプラットフォームを構築できます。 このブログシリーズの 1 本目では、AWS がこれらの技術を用いいかにして、顧客のサプライチェーンにおける課題解決を支援をしているか紹介します。まずは図 1 に示すような動的なサプライチェーンを構築するために必要とされる、基本的な構成要素に焦点を当てます。これにより、混乱や無駄を最小限に抑え、顧客の SLA コンプライアンスを保証します。今後のブログでは、より具体的なユースケースとソリューションについて詳しく解説していく予定です。

Read More

消費財パートナー対談:Amperity で有意義な消費者体験を生み出す

COVID-19 のパンデミックは、かつてない混乱をもたらしました。数日のうちに、私たちの世界は大きく変わりました。外出自粛、マスク着用義務、ソーシャルディスタンスが定着するにつれて、新しい購買パターンが急速に現れました。おそらく、パンデミックの劇的な影響を消費財 (Consumer Packaged Goods; CPG) 業界ほど強く感じた業界はないでしょう。しかし、リーダーたちは回復力、粘り強さ、イノベーションによって前進しています。AWS パートナー企業の経営陣と対談し、困難な時代におけるリーダーシップとイノベーションをご紹介します。 消費財パートナー対談ブログシリーズの今回の記事では、機械学習 (Machine Learning; ML) を活用してブランドが顧客データとアイデンティティを管理し、顧客 360 度ビューを獲得し、顧客インサイトを解き明かすカスタマーデータプラットフォーム (Customer Data Platform; CDP) のリーディングカンパニーである Amperity のグローバルパートナーシップおよびアライアンス担当 SVP である Marina Klusas と対談しています。この記事では、急速に変化する消費者行動や市場の混乱に対処するために、消費財企業にとってのファーストパーティデータの重要性について Marina 氏の見解を述べています。

Read More

小売業界パートナー対談:HERE Japan 株式会社の「サプライチェーンのレジリエンスを高める」〜位置情報を活用した正確な到達予測時刻、配送の見える化、アセット位置管理〜

今回はパートナー企業のHERE Japan 株式会社様、シニアセールスマネージャー古山幹生氏と対談し、コロナ禍でサプライチェーンのレジリエンスへの関心か高くなる中、位置情報を活用した正確な到達時刻予測、配送の見える化、アセット位置管理に関して、主に小売業界の観点からお話をお聞きしました。(以下、HERE)

Read More
Close up operator woman smiling

小売業に IT 部門は本当に必要か?

最近のWSJの記事で、MITスローン経営大学院のJoe Peppardは、IT部門の有用性は失われたと主張しました。多くの企業のIT部門は、それ無しで企業が存在することが想像できないほど強力な力を持つまでに成長しています。それでも、私はこの記事を読んで、小売業はどのように組織化されているのか、IT部門が小売の企業でどの様な役割を担っているのかを考えさせられました。

Read More

【開催報告】With コロナ時代の顧客体験価値と従業員体験価値の向上 「未知を想定した経営⼀体のデジタル戦略と真に顧客中⼼のデータ活⽤」

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 エンタープライズソリューションアーキテクトの山下です。2022 年 2月 10 日 (木) に「 With コロナ時代の顧客体験価値と従業員体験価値の向上」というテーマで、消費財・流通/小売・サービス業界の変革をリードするゲストスピーカーにご講演をいただきました。

Read More

多くのワインを売り、多くのペットに食べ物をやり、多くの顧客に影響を与える: JBS ソリューションと AWS が実現する新しい小売の世界

パンデミックが始まって以来、小売業の顧客の購買習慣は劇的に変化し、後戻りすることはありません。オンラインショッピングやカーブサイドピックアップ(訳注: 電話またはオンラインの注文した商品を店内に入ることなく車に乗ったまま店外で受けること)から、サプライチェーンの混乱によるブランドロイヤルティの変化、ソーシャルメディアの影響を強く受けた購入決定まで、小売業界は大きく変化しています。競争に勝つためには、小売業者はビジネスを改革して、パーソナライズされたサービス、カスタマイズされたレコメンデーション、シームレスな体験を大々的に提供する必要があります。

Read More

消費財企業のデジタルコマース: ソリューションは作るべきか、買うべきか

ヘッドレスコマースや MACH アライアンスについて、またこれらが消費財企業にとってデジタルコマースの世界において何を意味するのかご存知ですか? ご存知ないのであれば、Justin Honaman のヘッドレスコマースに関するブログ「ヘッドレスコマース: 消費財企業にとってなぜ重要なのか」をぜひご覧ください。MACHアライアンスについてはこちらをご覧ください(*)。よくご存知だという方はデジタルコマースの進化に十分に対応されていらっしゃるということですので、称賛に値します。あなたは次のような会社の長期的なデジタル戦略について尋ねられたか、考えてきたのではないでしょうか: デジタルコマースを促進するためのロードマップ デジタルコマースソリューションを買うべきか作るべきか ベストプラクティスに沿っているかどうか このブログでは、企業のデジタル成熟度に応じたデジタルコマースロードマップを作成するために役立つガイダンスを提供し、最良の戦略を決定するお手伝いをします。

Read More

流通小売・消費財業界でエシカルな商取引への道筋を導く7つの技術

エシカルな商取引とテクノロジーは、企業が生き残っていくために不可欠なものです。流通小売と消費財業界では、企業がステークホルダーに約束するということは、ただそれを期待されているという以上の意味を持っています。もしうまくやり遂げることができたら、競争的な優位性をもたらします。テクノロジーを使いこなすことで、ただ単に生き残るのか、繁栄していくのかという大きな違いを生むのです。そして、よい行いをすることに注力するとき、テクノロジーがその初動を加速します。では、テクノロジーがどのように小売や消費財の事業者の皆様を未来に導くことができるかをご紹介する前に、エシカルな商取引 (ethical commerce) について定義しましょう。

Read More

小売業界パートナー対談:プリズマティクス株式会社の「小売業におけるOMO構想で重要なポイント」

オミクロン株のピークアウトの話がニュース番組で慎重に議論されているこの頃ですが、小売業界ではコロナ禍を機にDX推進を加速している企業が増加しているのではないでしょうか。今回はパートナー企業のプリズマティクス株式会社、シニアコンサルタント金子傑氏と対談し、小売業におけるOMO構想で重要なポイントに関する考えをお聞きしました。(以下プリズマティクス)

Read More