Amazon Web Services ブログ

Category: Best Practices

Edge to Twin:デジタルツイン向けのスケーラブルなEdge to Cloud アーキテクチャ

このブログは、Edge to Twin: A scalable edge to cloud architecture for digital twins を翻訳したものです。 システムと運用の没入型 3D ビューを取得して、効率を最適化し、生産を増やし、パフォーマンスを向上させる方法を探していますか?おそらく、さまざまなオンプレミスシステムから必要なすべてのデータを生成していますが、実際の仮想表現でこの情報にアクセスする方法が分からないのではないでしょうか。このブログ投稿では、AWS IoT TwinMaker を使用して、エッジからツインまで、エンドツーエンドのソリューションを構築する方法を学習します。また、エッジで Open Platform Communications United Architecture(OPC UA)を使用して産業用ミキサーからテレメトリデータを取得し、AWS IoT TwinMaker でツインを構築するようにさまざまな AWS サービスを設定する方法についても学習します。

Read More

VMware Cloud on AWS で Amazon S3 VPC Endpoint を利用する際の設計上の考慮事項

この投稿は AWS Partner Solution Architect である Kiran Reid、同じく Specialist Solutions Architect である Ziv Klempner、Jordi Minguez Orozco が執筆したものの日本語訳バージョンとなります。元の英語記事はこちらです。 2021年初めにリリースされた AWS PrivateLink for Amazon S3 の一般提供により、お客様は仮想ネットワークのプライベート IP を使用して Amazon S3 とオンプレミスリソース間のプライベート接続を利用できます。この投稿では、Amazon S3 のインターフェイス VPC エンドポイント (AWS PrivateLink) を活用する方法と、VMware Cloud on AWS との統合について説明しています。これにより、VMware のエンタープライズクラスの Software-Defined Data Center (SDDC) ソフトウェアが AWS クラウドにもたらされます。

Read More

何をどれくらいの価格で売ればいいの? ~SaaS のプライシング戦略 (考え方編) ~

皆さんこんにちは、SaaS パートナーソリューションアーキテクトの櫻谷です。 初めて SaaS ビジネスに挑戦するお客様の中で、以下のような値付けに関するお悩みをお持ちの方は少なくありません。 「何をどれくらいの価格で売れば利益が出るのか?」 「AWSのランニングコストと帳尻を合わせるためにはどうすれば良いか?」 「サブスクリプションモデルって何?」 「価格は公開せずに顧客ごとに価格交渉したいんだけど…」 プライシングは、将来の SaaS ビジネスの成長の基盤を形作る重要な要素です。この連載記事では、SaaS ビジネスにおける一般的な売上モデルの話から、よくある提供プランのバリエーション、適切な価格設定の方法、陥りがちなアンチパターンなどをご紹介します。

Read More

AWS 認定試験を受けるときのコツ

こんにちは、 AWS テクニカルトレーナー 野邊 (のべ)です。 皆さんは、 AWS 認定試験に興味がありますか? 私は、自分のスキルを測る一環として、毎年いくつかの AWS 認定試験にチャレンジするようにしています。 また私は AWS のクラスルームトレーニングをデリバリしていますが、その受講者の方から AWS 認定試験について質問されることも増えてきています。 本記事は、 AWS 認定試験にチャレンジしようとしている方向けに、私の経験を踏まえて「ちょっとしたコツ」をお伝えすることを目的としています。 AWS 認定試験に限らず、「試験」にチャレンジする際には、事前に様々な情報を仕入れておくことが重要です。その情報をベースにした「コツ」を心得ておくことで、試験に対して余裕をもって臨むことができます。 これから AWS 認定試験にチャレンジする方は、ぜひ本記事の「コツ」を参考にして下さい。 ただし、本記事でお伝えするのはあくまで「コツ」ですので、特定のAWS 認定試験の出題内容についてお伝えすることはできませんので、そこはご容赦ください!

Read More
AWS-SaaS-Factory-1

マルチテナントソリューションでAmazon SQSを使う

AWS SaaS Factoryチームのシニアパートナーソリューションアーキテクト Raju Patel によって書かれた記事です。 モダンアプリケーションは、サービス統合、バッチ処理、またはワークフローオーケストレーションの一部として、キューイングに依存することがよくあります。キューは、システムの環境に拡張性と耐障害性を追加するうえ重要です。 これは、キューイング戦略をマルチテナントソリューションのワークロードにどのように適用するかを考える必要がある、Software-as-a-Service(SaaS)環境では特に当てはまります。SaaS アプリケーションのキューイングモデルを設計する際には、データの分離、パフォーマンス、および運用を考慮する必要があります。 多くの組織がアマゾンウェブサービス (AWS) 上で SaaS ソリューションを構築および運用する過程において、筆者は AWS SaaS Factory のパートナーソリューションアーキテクトとして彼らと連携をしてきました。特に、テナントの分離とスケーラビリティを考慮しつつ、俊敏性を高めるマルチテナントソリューションの構築において組織を支援することにフォーカスしています。 この記事では、Amazon Simple Queue Service (SQS) を利用して SaaS ソリューションを構築する際の一般的なシナリオをいくつか紹介します。ここでは、データ分離、スケーラビリティ、コンプライアンス要件が、キューイングモデルの選択にどのように関係するかを説明します。 本投稿には、マルチテナントソリューションでの SQS の利用について示すサンプルコードが含まれています。 SaaS におけるキューイングの課題 SaaS 環境におけるキューの役割について理解を深めるために、サンプルユースケースを見てみましょう。図 1 に示す概念図は、キューを使用する注文管理システムの一例です。 図 1 – キューを用いた注文管理と在庫更新のフロー 最初のフローは、注文、作成、確定、出荷の各サービスの統合を示しています。注文キューと出荷キューは、複数のテナントからメッセージを受信します。注文確定や注文出荷などのサービスは、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) のコンテナで実行することも、AWS Lambda でサーバーレスで実行することもできます。 図 1 の 2 番目のフローは在庫の更新についてです。このフローでは、テナントがファイルをアップロードし、メッセージがキューに配置されて処理されます。バッチによる在庫更新プロセスでメッセージが取得され、ファイルから在庫テーブルにデータがロードされます。 キューの構成は比較的単純ですが、マルチテナンシーでは追加の考慮事項がいくつかあり、それらはキュー設計に影響を与える可能性があります。 たとえば、あるテナントが […]

Read More
tape-measure

トランスフォーメーションの成功を測定する

自社のクラウドジャーニーおよびデジタルトランスフォーメーションが成功しているかは、どのようにすれば分かるでしょうか?もしくは、デジタルイニシアチブ (訳注:デジタル化への取り組みや新規構想戦略) を計画する際には、どのようなメリットを期待するべきで、それらはどのように会社の業績に反映されるのでしょうか? 今日のビジネス環境の不確実性と変化を考えると、結果を測定するための安定したベースラインを見つけることが難しい場合があります。一方、クラウドと DevOps を活用すると、継続的な学習と調整が容易になります。つまり、すべての不確実性と変化に対処し、意図したメリットを実現できます。 このブログ投稿では、役立つと思われるいくつかのフレームワークをご提案します。

Read More

エンタープライズ戦略ブログ 2021 : 年末のまとめ

概要 年間を通じて私たちが話す AWS のカスタマーエグゼクティブにとって最も重要と思われるトピックについてブログに投稿しています。エンタープライズ戦略チームの私たち一人一人は、企業文化の変革、組織構造、企業ポリシー、ガバナンスモデル、投資戦略などのデジタルトランスフォーメーションにおける課題を支援するために、通常は最上級のエグゼクティブレベルで、年間 100 〜 200 回の顧客会議を開催しています。 それらの会議は私たちにお客様の関心事を聞く機会を与えてくれます。年末の静かな時期は 1 年を振り返り、どのようなパターンが現れたのかを確認する機会を与えてくれます。毎年恒例のブログ投稿まとめでは 1 年を振り返り、テーマ別にブログ投稿を整理します。

Read More

リフトアンドシフト:クラウドトランスフォーメーション中にサーバーを AWS にリホストする

訳注:本ブログにおいての「リフトアンドシフト」はリホストと同義としています。AWSではリフトとシフトは別のステップではなく、現行の物理サーバーや仮想サーバーの構成をそのままクラウドに移行することをリホストとしています。 クラウドを最大限に活用するには、大抵の組織でプロセス、ガバナンスモデル、およびテクニカルアーキテクチャを変更する必要があります。しかし、それは単にアプリケーションを「リフトアンドシフト」するだけでは価値がないという意味ではありません。「リフトアンドシフト」は、クラウドジャーニーの素晴らしい第一歩になりえます。アジャイルな作業方法に沿って、リスクを管理し、徐々に進捗させ、しかし迅速に利益を得られるようにするのはアイデアとして申し分ありません。まずは、リホストするだけでも、価値の向上の最初の段階として役立ちます。その後、クラウドネイティブアーキテクチャで再構築し、プロセスとガバナンスモデルを変更することで、(かなりの) 付加価値がもたらされます。このブログ記事では、ダミアン レナーとヤニフ エールリッヒが説明します。 −マーク

Read More

AWS IoT SiteWise Edgeでデータを様々な場所に保存する方法

この記事は Philipp Sacha によって投稿された How to store data with AWS IoT SiteWise Edge in many locations を翻訳したものです。 はじめに この記事では AWS IoT SiteWise と AWS IoT SiteWise Edge を使用して AWS IoT SiteWise のデータストアだけでなく、他の多くの場所にデータを保存する方法について解説します。デフォルトでは、データは AWS 上の AWS IoT SiteWise データストアに保存されます。

Read More

AWS IoT を利用して IoT デバイスの証明書の更新を管理する方法

この記事は Ryan Dsouza と Lukasz Malinowski によって投稿された How to manage IoT device certificate rotation using AWS IoT を翻訳したものです。 はじめに IoT (Internet of Things) は、さまざまな業界でビジネスオペレーションやカスタマーエクスペリエンスを変化させています。この無限のチャンスはビジネスの変革を可能にしますが、正しく導入されなければ、セキュリティ、リスク、プライバシーの懸念をもたらし、データやブランドを危険にさらすことにもなります。産業設備では OT(Operational Technology) 環境は、生産高と効率を向上させるために、より多くの IT ソリューションを活用しています。デジタルトランスフォーメーションの取り組みが IT/OT の融合を加速させ続ける中 IT と OT 環境の間のリスクも混在しています。コンシューマー、企業、産業用アプリケーションで接続されたデバイスの数が増え、データが生成されるにつれて、IoT デバイスやクラウドとのデバイス通信がもたらすセキュリティリスクにどのように対処するかという疑問が発生します。

Read More