Amazon Web Services ブログ

Category: Best Practices

Amazon EventBridge を用いたアウトオブバンドの AWS AppSync リアルタイムサブスクリプションの簡素化

この記事は、AWS のプリンシパルスペシャリストソリューションアーキテクト、Josh Kahn によって書かれました。 リアルタイムの最新のデータは、多くのカテゴリのアプリケーションにとって有益です。スポーツスコアから株価、配信アプリなど多くのものまで、モバイルとデスクトップの両方で魅力的なフロントエンドアプリケーションを構築するには、リアルタイムデータが不可欠です。これらのタイプのアプリケーションのモダンアーキテクチャでは、クライアントがサーバーからプッシュされた更新をサブスクライブできるようにする、長時間の双方向接続を使用します。

Read More

ラボを含む新しい AWS 認定 SysOps アドミニストレーターアソシエイト試験の受験 Tips

この記事は、2021年7月12日に投稿された Tips for taking an AWS Certification exam with exam labs by Greg Davis and Alex Kassidis | AWS Training and Certification Blog を翻訳したものです。 新しい AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト 試験(SOA-C02)の 予約 が開始されました。多肢選択法、複数回答、そして試験用ラボの 3 つの問題形式を組み合わせた初めての認定試験になります。

Read More

ユースケースに適したAWSビデオサービスの選択

今日、お客様は、ライブストリーミング、ホームセキュリティ、ビデオオンデマンド、工業環境での予知保全、職場でのビデオチャットなど、多くのユースケースでビデオデータ、オーディオデータ、時間符号化データを利用しています。多くの企業や消費者は、仕事やプライベートでの交流を向上するために、ビデオ技術を導入しています。その結果、AI/ML、インタラクティビティ、コンテンツ保護など、ビデオユースケースの数と種類が急速に増加しています。 このブログ記事では、それぞれのAWSビデオサービスの概要と一般的な使用例を紹介し、どのソリューションがお客様に適しているかを判断するのに役立つ情報を提供します。

Read More

旅行およびホスピタリティ業界向け21世紀の予測

昨年は、旅行とホスピタリティ業界、旅行者やゲスト、プロバイダーやサプライヤー、従業員やステークホルダーにとって前例のないものでした。混乱の結果、移動平均での予測や、昨年対比を参照していた企業は、舵取りのできない船の舵を取ることになってしまいました。正確な予測ができなければ、旅行とホスピタリティの会社は、旅行者やゲストがいつ、何人到着するかを決定することはできません。彼らは、適切な人員配置、在庫ポジションの調整、プロモーションやイベントが業績に与える影響のモデル化、価格設定と収益管理の最適化、プロジェクトの収益やキャッシュフローの予測方法を知りません。GrubhubのシニアデータサイエンティストであるWilliam Coxは、この業界のジレンマをうまく要約し、「供給過剰は運用コストを増加させ、供給不足は顧客満足度を低下させる」と述べました。 つまり、顧客体験の向上と運用効率の最適化に重点を置いた業界では、正確な予測が不可欠です。しかし、予測不可能な状況により、正確な予測はかつてないほど困難になっています。

Read More

米国政府機関に学ぶ、クラウド調達の4つのベスト・プラクティス

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、「米国政府が見出した、クラウド調達のベスト・プラクティス」を紹介します。 クラウドの「買い方」には、独特の”コツ”がある──というのが、クラウドの導入と調達において先行する米国政府機関からの学びです。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。以下、米国現地の公共調達渉外チームが執筆したブログの翻訳となります。

Read More

Amazon ECS でのデーモンサービスの改善

この記事は、Improving daemon services in Amazon ECS を翻訳したものです。 Amazon EC2 を Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) クラスターのコンピュートキャパシティに使用する場合、お客様がよく行うパターンはタスクの単一インスタンスをクラスター内のすべてのノードまたは一部のノードでスケジュールすることです。このタスクには Fluentd や DataDog エージェントなどのログやメトリクスの収集を処理するタスク、ノード監視、セキュリティエージェント、またはカスタムの自社サービスが含まれます。ユースケースに関わらず、自分たちだけでこれを実現するのは難しいため、手間のかかる作業をスケジューラに頼っています。この要件をサポートするために、Amazon ECS には、サービスを定義するときにデーモンの配置戦略を使用してタスクをスケジュールする機能が含まれています。デーモンの配置戦略は、クラスターで指定されたタスク配置制約をすべてを満たすアクティブなコンテナインスタンスごとに 1 つのタスクを配置します。またサービススケジューラは実行中のタスクのタスク配置制約を評価し、配置制約を満たさないタスクを停止します。この配置戦略を使用する場合、希望するタスク数やタスク配置戦略を指定したり、サービスの Auto Scaling ポリシーを使用したりする必要はありません。デーモンのスケジューリングの詳細については、Amazon ECS のドキュメントを参照してください。

Read More
Amplify Meetup #03 サムネイル

【開催報告&全資料まとめ&録画公開】Amplify Meetup #03

こんにちは!アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 スタートアップソリューションアーキテクトのじゃが(@jagimogmog)です。 本記事では4月2日に開催しました、「Amplify Meetup #03」の資料まとめと録画を掲載します。Amplify Meetupは4ヶ月ごとの開催のため、今回をもって約一年継続できた形となります。今までご参加・ご登壇いただいた皆さま、誠にありがとうございました!引き続きAmplifyでの開発・ナレッジシェアを一緒に楽しめましたら幸いです。

Read More

【開催報告】「AWSへのマイグレーションのその先に ~リフト&シフトからのクラウド最適化~」セミナー

EC2スポットインスタンススペシャリスト ソリューションアーキテクトの滝口です。2021年6月3日にオンラインで開催された「AWSへのマイグレーションのその先に ~リフト&シフトからのクラウド最適化~」セミナーでは、200名を超える聴衆の方々にご参加いただき、AWSからの基調講演および技術解説、またリフト後のマイグレーションを成功裏に実施された、2社のお客様の具体的な事例をご紹介いただきました。 本記事では、お客様のご登壇資料を含む当日資料をご紹介し、また参加者の皆様からいただいた当日のQ&Aの一部をご紹介します。

Read More
Building a touchless experience with AWS

ハイタッチでありながらタッチレスなホテル体験を想像する

“窮屈な箱から抜け出す唯一の方法は、自分で方法を編み出すことだ” – ジェフ・ベゾス 産業は困難な時代を迎えています。長期にわたるロックダウンの影響を受けたグローバル企業は、課題を大きな機会に変える必要があります。この規模ではないかもしれませんが、世界は過去に同様の出来事を目撃しています。 ホスピタリティ業界は、最も影響を受けた産業の一つですが、回復するでしょう。ゲストのニーズに耳を傾ける (そして他の人と差別化を図った) 人が勝者となります。このニューノーマルな中で成功するには、企業、特にホテルは基本的な前提条件を見直さなければなりません。マッキンゼーによると、世界的な健康危機の前から、92%の企業がデジタル化の波によりビジネスモデルが変わると信じています。今こそ、カスタマーエンゲージメントを再考し、革新する時です。

Read More
VMware Cloud on AWS

VMware Cloud on AWS で実現するマイクロサービスアーキテクチャとモダンアプリケーション

AWS で Sr. Specialist Solution Architect を務める Sheng Chen による記事です。 VMware Cloud on AWS は、Amazon Web Services (AWS) グローバルインフラストラクチャ上で、 VMware Software-Defined Data Center (SDDC) を展開し、 vSphere ワークロードを実行するための柔軟でスケーラブルなソリューションを提供します。 200 以上の AWS ネイティブ サービスとの統合アクセスにより、VMware Cloud on AWS は、お客様がビジネスの中断を最小限に抑えつつ、アプリケーションのモダナイゼーションジャーニーを加速するのに役立ちます。 具体的には、VMware Cloud on AWS と AWS サービス統合するための独自の機能を利用することで、お客様はアプリケーションの変革とマイクロサービス アーキテクチャへの移行を開始することができます。

Read More