Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Cloud Development Kit

AWS Cloud Development Kit v2 開発者プレビューのお知らせ

AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) v2が開発者プレビューとして、TypeScript、Python、Java、C#、Go言語で利用できるようになりました。AWS CDKは、使い慣れたプログラミング言語を使ってクラウドアプリケーションのリソースをモデル化し、プロビジョニングするためのオープンソースのソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDKを使用すると、インフラストラクチャをコードとして定義し、AWS CloudFormationを通じてプロビジョニングすることができます。AWS CDKは、実績のあるデフォルト値で事前に設定された高レベルなコンポーネントを提供しているため、専門家でなくてもクラウドアプリケーションを構築することができます。また、組織の要件を組み込んだ独自のカスタムコンポーネントを構成して共有することができるため、チームが新しいプロジェクトを迅速に開始することができます。 2019年7月には、TypeScriptとPython向けのAWS CDK v1の一般提供を発表しました。それ以降、JavaとC#の追加言語のサポートをリリースし、Go言語バインディングの開発者プレビューをリリースしました。今回はv2のプレビューリリースを発表します。このリリースによりAWS CDKをより簡単に利用できるようになり、また今後のバージョンアップに対応することがより容易になります。 AWS CDK v1アプリケーションの最新マイナーバージョンからv2への移行は、比較的簡単です。まずAWSアカウントで再度ブートストラップ (cdk bootstrap) をする必要がありますが、これは各リージョンで一度だけの作業です。ほとんどのプロジェクトでは、インポート文を更新し、合成(synth) し、デプロイするだけで済みます。リソースに若干の変更があるかもしれませんが、リソースの作り直しが必要になるようなことはありません。 この記事では、AWS CDK v1とv2の間の変更点をご紹介します。 AWS Construct Libraryが一つのパッケージに AWS CDK v1では、AWS Construct Libraryをサービスごとに多くの小さなパッケージに分割し、使いたいサービスのパッケージをダウンロードするだけで済むように細心の注意を払っていました。 この方法の欠点は、アプリケーションに新しいAWSサービスを追加するたびに、ターミナルに戻って別のパッケージをnpm installまたはpip installしなければならないことでした。さらに、NPMを使用している場合は、これらのパッケージがすべて同じバージョンであることが非常に重要でした。そうでない場合、NPMはいくつかのライブラリの複数のコピーをインストールする可能性があり、それらは適切に相互運用されませんでした。お客様からは、AWS CDKへの依存関係を正しく管理することが難しいというフィードバックをいただきました。 v2からは、AWS Construct Libraryの全てをaws-cdk-libという一つのパッケージに統合しました。このパッケージをインストールすることで、すべてのAWS CDK Constructにアクセスできるようになり、サードパーティのConstruct Libraryも同様にこのパッケージへの依存関係を作るだけで済みます。 また、constructsのプログラミングモデルを、constructsと呼ばれる別のライブラリに抽出しました。これは、相互運用可能なConstructライブラリの大規模なエコシステムの基礎となるもので、すでに cdk8s や terraform-cdk などの姉妹プロジェクトで使用されています。 v2の設計上の選択についての詳細は、GitHubのRFCをご覧ください。   Construct互換レイヤーの移動 AWS CDKのプログラミングモデルの適用範囲をKubernetesなどの他のドメインに広げるための取り組みとして、基本となるConstructクラス (およびいくつかの関連する型) をAWS […]

Read More

AWS CDKでエンタープライズアプリケーションを開発する

エンタープライズのお客様は、ガバナンスやコンプライアンス・品質管理のために Infrastructure as Code (IaC)を標準化しなければならない場合があります。さらに、IaCのライブラリやそのアップデートを中央集権的に管理しなければならない場合もあるでしょう。それらを実現するため、この記事では AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) を利用してIaCのパターンを定義する方法や、AWS CodeArtifactを利用してIaCの更新リリースを統制する方法を紹介します。

Read More

AWS Service Catalog を使用しての、Amazon ECS 継続的デリバリー用の自動設計図の共有

この記事は、AWS Dev Tech のスペシャリスト SA である Mahmoud ElZayet が執筆しました  現代的なアプリケーション開発プロセスは、各組織がスピードや品質を継続的に向上することを可能にしています。このような革新的なカルチャーにおいては、小型の自律的なチームに、アプリケーションの全ライフサイクルがゆだねられます。ただ、こういった敏速かつ自律的なチームは、製品デリバリーを加速する一方で、コンプライアンスや品質保証、およびコードデプロイのためのインフラストラクチャに対するコストを生じさせます。 標準化したツールやアプリケーションリリース用コードを用いることで、チーム間でベストプラクティスを共有でき、冗長的なコードを削減し、オンボーディングを加速し、一貫性のあるガバナンスを作り上げながらリソースのオーバープロビジョニングを減らせます。   概要 今回の記事では、標準化され自動化されたデプロイ設計図を、AWS Service Catalog を使用して提供する方法をご紹介していきます。これは、製品チームによる Amazon ECS でのアプリケーションリリースワークフローの改善と迅速化に役立ちます。ここでの手順を実施していただくと、お客様の製品チームが ECS 上でコンテナ化されたアプリケーションをリリースするために使用できる、サンプル設計図が作成できます。この設計図のコンセプトは、サーバーレスや Amazon EC2 をベースとするデプロイなど、他のテクノロジーにも適用が可能です。 本稿で提供するサンプルテンプレートやスクリプトはデモ用に用意したものなので、実稼働環境でそのまま使用するには適しません。これらのリソースになじんだ後で、手元にあるツールや、チームのスキル、そして適用すべき規格や規制をすべて考慮しながら、実稼働環境向けにカスタマイズしたバージョンを作成してください。   前提条件 ここでのソリューションには、次に挙げる各リソースが必要です。 AWS アカウント での管理者アクセス権限 AWS CLI   サンプルシナリオ Example Corp という企業では、アプリケーションやサービスを AWS 上で開発するために、いくつかの製品チームを抱えています。同社内の各チームは、ECS 上の AWS Fargate で管理するコンテナ化したアプリケーションのデプロイに関心を示しています。ここでは、Example Corp. における主幹ツール管理チームとして、各チームが Fargate で迅速にアプリケーションをリリースできることを目指します。さらに、すべてのベストプラクティスやガバナンス要件を、各チームが準拠することも保証していきます。 事情を単純にするために、製品チームはすでに構成済みであり、サービスのデプロイ用に AWS のアカウントを共有しながら、同じドメイン、アプリケーション、もしくはプロジェクトで作業をしていると想定します。この 1 つのアカウントを通じ、チーム全体が同じ ECS […]

Read More

AWS CDKでクラウドアプリケーションを開発するためのベストプラクティス

この記事では、AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) を中心とした、大規模なチームで複雑なクラウドアプリケーションの開発を組織化するための戦略について説明します。AWS CDK では、開発者や管理者は、TypeScript、Python、Java、C#などの使い慣れたプログラミング言語を使ってクラウドアプリケーションを定義することができます。アプリケーションは、Stage、Stack、Constructに整理されており、ランタイムロジック (AWS Lambda コードやコンテナ化されたサービスなど) と、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケット、Amazon Relational Database Service (Amazon RDS) データベース、ネットワークなどのインフラストラクチャコンポーネントの両方において、モジュール化された設計手法を可能にしています。 この記事では、AWS CDKの基本的なコンセプトに関する簡単なチュートリアルではなく、より実践的な内容について説明します。ローカルでコードを書きテストする方法や、本番環境や様々なステージングアカウントにデプロイする方法、そしてチームのアプリを整理して、より大きな組織で活用する方法について説明します。 AWS CDKを初めてご利用になる方は、AWS CDK Intro Workshop から始めることを強くお勧めします。この記事では、いくつかの高度なトピックを扱っていますが、基礎を把握しておくと良いでしょう。詳細については、AWS CDKリファレンスドキュメントとGitHub リポジトリにある aws-cdk-examples  のサンプルコードを参照してください。 CDKの哲学 前回の記事では、AWS CDKの歴史とモチベーションについて説明しました。AWS CDKを設計するにあたり、私たちはお客様や社内のチームのニーズを詳しく調査し、複雑なアプリケーションのデプロイや継続的なメンテナンスの際に発生する一般的な障害パターンを分析しました。例えば、本番環境でアプリケーションの設定ファイルを編集すると、テスト環境では見られなかったエラーが発生する、などです。AWS CDKは、アプリケーション全体をコードで定義し、ソースリポジトリへのプッシュによってのみデプロイされたアプリケーションへの変更をするというモデルを可能にしています。 組織では、インフラストラクチャを作成するチーム、ソフトウェア開発を行うチーム、設定とデプロイを行う運用チームなど、一つのアプリケーションを別々の役割で担当する複数のチームが存在する場合があります。あるいは “two-pizza-team” のような小さなチームであっても、アプリケーションは次の図のように、インフラストラクチャーとコードが別々のリポジトリで管理されていて、デプロイがすべて独立したCI/CDシステムで管理されている事があります。 AWS CDKを使用すると、これらすべてを一つにまとめて、単一のリポジトリに格納された単一のアプリケーションを作成することができます。このアプリケーションでは、VPC、S3バケット、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)インスタンス、セキュリティグループなどの基本的なコンポーネントを定義します。また Typescript で書かれた Lambda関数のコードや、Java […]

Read More

SAP Data Intelligenceによる顧客フィードバック分析

イントロダクション 多くの企業は顧客をよりよく理解するためのプロセスがあり、データは顧客との関係を強化するための鍵となりつつあります。しかし、単にデータを収集するだけでは十分ではありません。ほとんどの組織は多くのデータにアクセスできますが、データの背後にある意味を判断するのは難しい場合があります。このブログ記事では、SAP Data Intelligence 3(DI3)、SAP HANA、Amazon S3を組み合わせてデータドリブンアーキテクチャを構築し、顧客からのフィードバックをよりよく理解し、意味のある洞察を導き出す方法を紹介します。

Read More

サーバーレス LAMP スタック – Part 5: CDK コンストラクトライブラリ

本投稿は AWS サーバーレス アプリケーションのシニアデベロッパーアドボケートである Benjamin Smith による寄稿です。 本シリーズの他のパートは以下のリンクからアクセスできます。また、関連するサンプルコードはこちらの GitHub リポジトリにあります。 パート1:サーバーレス LAMP スタックの紹介 パート2:リレーショナルデータベース パート3:Webサーバーの置き換え パート4:サーバーレス Laravel アプリの構築 パート6:MVC からサーバーレスマイクロサービスへ この投稿では、サーバーレス LAMP スタック用の新しい CDK コンストラクトライブラリが、開発者によるサーバーレス PHP アプリケーションの構築にどのように役立つかを学びます。 AWSクラウド開発キット(AWS CDK)は、クラウドアプリケーションリソースをコードで定義するためのオープンソースソフトウェア開発フレームワークです。開発者は、TypeScript、Python、C#、Javaなどの使い慣れたプログラミング言語でインフラストラクチャを定義できます。開発者は、インターフェイス、ジェネリクス、継承、メソッドアクセス修飾子など、言語が提供する機能を利用できます。AWS Construct ライブラリは、CDK アプリケーションで AWS リソースを定義するための API を公開するモジュールの広範なセットを提供します。 「サーバーレス LAMP スタック」ブログシリーズでは、ベストプラクティス、コード例、多くのサーバーレスコンセプトの詳細を紹介し、これらが PHP アプリケーションにどのように適用されるかを示しています。また、PHP 開発者のインスピレーションを刺激するのに役立つ、コミュニティからの貴重な貢献に焦点を当てています。 このサーバーレス LAMP スタックの各コンポーネントについては、一連のブログ記事で詳しく説明しています。 パート1:サーバーレス LAMP スタックの紹介 パート2:リレーショナルデータベース パート3:Webサーバーの置き換え パート4:サーバーレス Laravel アプリの構築 サーバーレス LAMP […]

Read More
CDK

CloudFormation テンプレートから AWS Cloud Development Kit への移行

AWS CloudFormation を使用すると、開発者やシステム管理者は、関連する AWS リソースのコレクションを簡単に作成および管理し、それらを整然かつ予測可能な方法でプロビジョニングおよび更新できます。AWS CloudFormation のサンプルテンプレートの使用、または独自のテンプレートの作成によって、アプリケーションの実行に必要な AWS リソース、相互の依存関係、および実行時パラメーターを定義できます。AWS サービスのプロビジョニングの順序や、それらの依存関係を解決するための詳細を把握する必要はありません。CloudFormation はあなたに代わってこれを処理します。AWS リソースをデプロイしたら、制御され予測可能な方法で変更し更新できます。これにより、ソフトウェアと同じ方法で AWS インフラストラクチャにバージョン管理を適用できます。 2019 年 7 月、AWS Cloud Development Kit(CDK)がリリースされました。開発者が AWS インフラストラクチャを TypeScript、JavaScript、Python、C#、Java などの使い慣れたプログラミング言語のコードで定義できるようになったことで、お客様の選択肢が増えました。CDK では、より高いレベルの抽象化を使用してインフラストラクチャを定義できますが、その背後では CloudFormation が使われています。つまり、自動ロールバックやドリフト検出など、CloudFormation のすべてのメリットを享受できます。 多くの開発者は、アプリケーションコードに使用するのと同じ使い慣れたプログラミング言語でインフラストラクチャを定義することを好むため、CDKを使用したいと考えています。しかし一方で、実証済みのインフラストラクチャパターンと重要な構成設定をエンコードした CloudFormation テンプレートの広範なライブラリをすでにお持ちです。これらのテンプレートは、構築と維持に時間と労力を要します。一方で既存のスタックを再現する CDK コードを手動で記述することは、面倒でエラーが発生しやすくなります。 今日まで、既存のテンプレートで定義されたインフラストラクチャを活用する唯一の方法は、コアモジュールの CFnInclude クラスでした。これにより、CDK アプリケーションに CloudFormation テンプレートを組み込み、変更せずに出力することができました。ただし、このソリューションにはいくつかの制限があります。 テンプレートに含まれるリソースは、インクルードした後で変更することはできません。 テンプレートから取り込んだリソースは、その論理 ID を使用して手動で参照します。これはエラーが発生しやすく、この方法で作成された参照は、CDKが提供する強力な機能である CDK の自動クロススタックリファレンス生成機能を利用できません。 CloudFormation-Include CDK モジュールの発表 既存の CloudFormation スタックを CDK コードに移行するために特別に開発された CloudFormation-include […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Cloud Development Kit (CDK) 資料及び QA 公開

先日 (2020/03/03) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Cloud Development Kit (CDK)」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200303 AWS Black Belt Online Seminar AWS Cloud Development Kit (CDK) AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. CircleCI などの他社製品との親和性はいかがなものでしょうか? A. 特に外部サービスで使うことの制限はなく、実際に使っていらっしゃるお客様もいらっしゃいます。各種デプロイツールのビルドフェーズで cdk synth までを実施し、デプロイフェーズで cdk deploy を実施することで、AWS上に環境をデプロイするといったことが行われています。 Q. ライフサイクルが異なる複数の Stack を連携する場合は、どのようにするのが良いでしょうか? A. Appの中で異なる Stack として定義していただき、参照が必要なオブジェクトをそれぞれの Stack 間で渡すことで、クロススタックリファレンスによるスタック管理が可能です。デプロイする場合は 「cdk deploy スタック名」のコマンドで指定したスタックだけをデプロイできますので、ライフサイクルが異なる場合でも分けて管理ができます。 Q. Stack 作成時のパラメータを、扱うときに、環境変数とコンテキストなどがあると思いますが、どう使い分けるのが良いでしょうか? A. […]

Read More

モダンアプリケーション開発ホワイトペーパー(日本語改定版)が公開されました

皆さん、こんにちは! モダンアプリケーション開発スペシャリスト ソリューションアーキテクトの福井です。 私が執筆したモダンアプリケーション開発のホワイトペーパー(日本語版)がAWSホワイトペーパーサイトで公開されましたので、その内容を紹介させて頂きます。このホワイトペーパーは、以前こちらのブログで紹介させて頂いたModern Application Development on AWS(英語版)の日本語版になります。   ホワイトペーパーの内容 公開されたホワイトペーパードキュメントは、「AWS モダンアプリケーション開発 – AWS におけるクラウドネイティブ モダンアプリケーション開発と設計パターン」(日本語版)というタイトルの51ページのドキュメントで、 はじめに モダンアプリケーション開発 モダンアプリケーションの設計パターン AWSでのCI/CD まとめ の各章から構成されています。各章の簡単なご紹介は下記の通りです。

Read More