Amazon Web Services ブログ

Category: AWS CloudFormation

AWS Systems Manager を使用した AWS CloudFormation テンプレートとスタックの管理

AWS CloudFormation は、インフラストラクチャをコードとして管理し、自動化するために有効なサービスです。これまでお客様は、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)またはバージョン管理システムを使用して、CloudFormation テンプレートをコードアーティファクトとして保存、共有、および管理していました。さらに、ガバナンスをきかせながら CloudFormation テンプレートに基づいたデプロイを行いたいお客様は、AWS Service Catalog を使用しています。2021年7月、AWS Systems Manager の機能である Application Manager のテンプレートライブラリのリリースを発表しました。テンプレートライブラリを使用すると、コンソールを介して CloudFormation テンプレートの作成、保存、バージョン管理、検証、共有、およびプロビジョニングが簡単に出来ます。この機能を使用して、Systems Manager コンソールでアプリケーションまたはアプリケーションコンポーネントのテンプレートを管理可能です。追加のセットアップやオンボーディングの要件なしで、すべてのAWSのお客様が利用できます。

Read More

AWS CloudFormation と AWS SAM を使用したサーバーレスアプリケーションの開発とデプロイ

お客様は、それぞれの市場で競争力を維持するために、常にイノベーションを求めています。これを達成するための1つの方法は、サービスとアプリケーションを迅速かつ効率よく構築し、それによってコストを削減しながら市場投入までの時間を短縮することです。より具体的には、アプリケーション全体をゼロから構築するよりも、サーバーレスや AI/ML などのクラウドネイティブな機能を活用して管理コストを削減したり、目的別に作られたサービスを組み合わせたり、すでに構築済みのアプリケーションを再利用したりすることが有効です。 このブログ記事では、AWS Serverless Application Model (AWS SAM) と AWS CloudFormation を使用して、サーバーレスアプリケーションをビルドしてデプロイする方法を説明します。また、AWS Serverless Application Repository を使用して既存のアプリケーションを再利用し、開発時間を短縮します。

Read More

CDK Pipelinesのmodern APIを使ってCDKアプリケーションをデプロイする

CDK Pipelines は、AWS CodePipelineによって CDK アプリケーションの継続的なデプロイパイプラインを簡単にセットアップできる高レベルのコンストラクトライブラリです。現在のCDK Pipelinesには従来のoriginalバージョンと、新しいmodernバージョンの2つのAPIセットが含まれています。modernバージョンのAPIはより使いやすく改善されており、今後は推奨されるAPIとなります。originalバージョンのAPIは後方互換性のためまだ利用可能ですが、可能であれば新バージョンへの移行をおすすめします。 originalのAPIと比較して、modernのAPIは、より適切なデフォルト値を持ち、より柔軟性があり、並列デプロイメントをサポートし、複数のシンセサイザー入力をサポートし、CodeBuildプロジェクトのより詳細な制御を可能にし、CodePipeline以外のデプロイメントエンジンをサポートしています。original APIのREADMEと移行ガイドは、GitHub にあります。 この記事ではCDK Pipelinesのmodern APIを使ってデプロイを行う基本的な手順について解説します。CDK Pipelinesの使い方についてはAWS CDK Reference Documentation の @aws-cdk/pipelines module のページに詳しく書いてあるため、そちらも合わせて参照してください。

Read More

AWS CloudFormation の新機能 — 障害ポイントからスタックオペレーションをすばやく再試行する

この記事は、Danilo Poccia による寄稿の New for AWS CloudFormation – Quickly Retry Stack Operations from the Point of Failure を翻訳したものです。 クラウドコンピューティングの大きな利点の 1 つは、プログラム可能なインフラストラクチャにアクセスできることです。これにより、Infrastructure as Code を管理し、インフラストラクチャのプロビジョニングに同じアプリケーションコード開発のプラクティスを適用できます。 AWS CloudFormation は、関連する AWS およびサードパーティーのリソースのコレクションをモデル化し、それらを迅速かつ一貫してプロビジョニングし、ライフサイクル全体を通じて管理するための簡単な方法を提供します。CloudFormation テンプレートは、目的のリソースとその依存関係を記述し、それらをスタックとしてまとめて起動して設定できるようにします。テンプレートを使用して、リソースを個別に管理するのではなく、スタック全体を 1 つのユニットとして作成、更新、および削除できます。

Read More
automating-the-installation-qualification-iq-step-to-expedite-gxp-compliance

据付時適格性評価(IQ)ステップの自動化、GxPコンプライアンスの迅速化

この記事は “Automating the Installation Qualification (IQ) Step to Expedite GxP Compliance” を翻訳したものです。   GxP ガイドラインは、米国食品医薬品局 (FDA) によって制定され、ライフサイエンス分野の企業が安全で、品質ガイドラインを満たし、使用に適した製品を開発、製造、販売することを目指しています。GxP コンプライアンスは、長年にわたりライフサイエンス業界が従うべき規制の一部であり、ヘルスケア業界やライフサイエンス業界のお客様が品質管理システムの一環としてコンピュータシステムを展開する必要がある場合に大きく影響しています。重要なポイントの1つは、コンピュータシステムの認定とバリデーションの必要性です。通常、お客様はオンプレミスでこれを行う方法に精通していますが、クラウドに関してはその方法に不案内な場合があります。バリデーション計画を作成して実行するプロセスは、従来、手作業で労力を要していました。この記事では、バリデーション計画の最初のコンポーネントの1つである据付時適格性評価 (Installation Qualification : IQ) を自動化できるアプローチを提案します。

Read More
jpmne-quickly-create-a-live-streaming-channel-with-aws-elemental-medialive-workflow-wizard

ライブストリーミングチャンネルをAWS Elemental MediaLive Workflow Wizardで素早く作成する

モバイルの視聴者やウェブサイトに向けて様々な用途でビデオをストリーミングする必要性が高まっています。AWS Elemental MediaLiveは、自動化されたWorkflow Wizardを提供し、数回クリックするだけでライブストリーミングのワークフローを作成することができます。これにより、教育関係者、マーケティング担当者、社内広報チームなどが、ビデオストリーミング技術に関する深い知識がなくても、簡単に大規模なビデオコンテンツを共有できるようになります。

Read More

E.ON 社 が NET2GRID を利用してエネルギーディスアグリゲーションを提供し顧客エンゲージメントを向上

この記事は、「E.ON Enhances Customer Engagement Through Energy Disaggregation with NET2GRID」を翻訳したものです。 このブログは、AWSパートナである Net2Grid CEO Bert Lutje Berenbroek 氏によって寄稿されました。 2017年、ドイツ市場ではまだスマートメーターの設置が待たれていましたが、E.ON 社はデジタルメーターに基づくリアルタイムのエネルギー消費量のディスアグリゲーション(訳註:世帯内のどの機器でどの程度電力消費されているか詳細に分解・分析すること)などの付加価値のあるサービスをいち早く顧客に提供したいと考えていました。NET2GRID 社は、EUの一般データ保護規則(GDPR)や長距離(LoRa)と短距離(Wi-Fi)の両方のソリューションを必要とするドイツのメーター設置場所のサポート要件を満たし、E.ON 社の入札を勝ち取りました。さらに、NET2GRID 社のディスアグリゲーション精度は、E.ON 社が選定する際の重要な基準であり、その結果、Amazon Web Services(AWS)上での展開が決定されました。

Read More

AWS CloudFormation のパブリックレジストリの紹介

AWS CloudFormation と AWS Cloud Development Kit (CDK) は、AWS リソース (コンピューティングインフラストラクチャ、モニタリングツール、データベースなど) のスケーラブルで一貫性のあるプロビジョニングを提供します。AWS パートナーネットワーク (APN) メンバー、サードパーティベンダー、オープンソーステクノロジーからリソースをプロビジョニングするときに、クラウドインフラストラクチャを定義するために CloudFormation テンプレートを使用しているか CDK を採用しているかにかかわらず、同じ一貫性とスケーラビリティの恩恵を受けたいという話を多くのお客様から聞いたことがあります。 AWS、APN パートナー、サードパーティ、および開発者コミュニティによって公開された、検索可能な拡張機能コレクション (リソースタイプまたはモジュール) を提供する CloudFormation の新しいパブリックレジストリを発表できることを嬉しく思います。

Read More

Amazon Elastic Kubernetes Service 上でのオープンソースモバイルコアネットワークの実装

本投稿は Open source mobile core network implementation on Amazon Elastic Kubernetes Service を翻訳したものです。 アマゾンウェブサービス (AWS) のホワイトペーパー『 AWS でのキャリアグレードのモバイルパケットコアネットワーク 』および 『AWS を使用した 5G ネットワークの進化』で紹介されているように、AWS で 4G Evolved Packet Core(EPC) および 5G Core(5GC) を実装することで、スケーラビリティ、柔軟性、プログラム可能なオーケストレーション、基盤となるインフラストラクチャレイヤーの自動化などの大きな価値とメリットを得ることができます。 このブログ投稿では、オープンソースプロジェクト Open5gs を使用して 4G コアネットワークを構築するための実用的な実装ステップに焦点を当てます。

Read More
Amazon Chime SDK Smart Video Sending Demo

Amazon Chime SDK ”スマートビデオ送信”デモの紹介

Amazon Chime SDKは開発者が自分のウェブやモバイルアプリケーションにオーディオ、ビデオ、スクリーン共有機能を素早く追加するために使用できるリアルタイムコミュニケーションコンポーネントを提供します。このブログ記事ではオープンソースのAmazon Chime SDK ”スマートビデオ送信”デモを紹介します。このデモでは最大250の会議プラットフォームの参加プールから最大16のビデオタイルを動的に表示する方法を紹介します。”スマートビデオ送信”は開発者が会議中に送信するビデオに優先順位をつける簡単な方法です。 会議に参加している参加者は自分のビデオをオンにしてプレビューすることができます。一方、バックエンドコンポーネントは、事前に割り当てられたアルゴリズム、または設定可能な役割ベースのロジックを使用して、会議で送信および共有される最大16の出席者のビデオストリームを選択します。開発者はアクティブな発言者や最近の発言者など、共有されるビデオストリームを自動的に決定するロジックを構築したり、会議中のビデオストリームの制御や選択をファシリテーターなどの役割に割り当てることができます。このソリューションにより、すべてのミーティングプラットフォームが、それぞれのクライアントでビデオタイルを共有できるようになります。また、サーバー側のカスタムロジックで、実際に会議でストリームされるビデオを選択することもできます。このデモではバックエンドのロジックは参加者の参加順に基づいており、新しい参加者が優先的にビデオをストリーミングするようになっています。このロジックはアーキテクチャ図に描かれているAWS Lambda関数に格納されています。

Read More