Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Training and Certification

新しくなった AWS Cloud Practitioner Essentials クラスルームトレーニングで AWS クラウドの知識を構築しよう

この記事は 2021 年 5 月 18 日に Sueko Diedrick によって執筆された Build your AWS Cloud knowledge with updated AWS Cloud Practitioner Essentials classroom course を翻訳し、日本語クラスの情報を反映したものです。 AWS クラウド初心者の方、クラウドジャーニーの最高のスタートを切りませんか。 あるいは AWS 認定 Cloud Practitioner 試験に向けて準備をしたい方、インストラクターによるインタラクティブなトレーニングを受けてみませんか。 AWS Training & Certification チーム は、既に 2021 年 8 月より 実写版の AWS Cloud Practitioner Essentials のデジタルコースを提供しています。本記事では、さらに 2022 年 1 月より、よりインタラクティブに学習したい方に向けて、上記デジタルコースのクラスルーム版の提供を開始することをお知らせします。

Read More

AWS Cloud Builders — キャリア変革と個人の成長

このブログの長年の読者は、私が人生を改善する教育の力を固く信じていることを知っています。AWS トレーニングと認定は、クラウドコンピューティングのスキルを構築し、検証するためのクラウドコンピューティング教育を世界中の人々や組織に提供しています。クラウドのスキルと経験に対する需要が過去最高なので、始めるのにこれほど良い時期はありません。 トレーニングでは、 AWS トレーニングパートナーからの提供を含む、クラスルームトレーニングとデジタルトレーニングのための多数のオプションがあります。トレーニングを受けて経験を積んだ後、11 個の AWS 認定の 1 つ以上を準備し、スケジュール設定し、取得できます。

Read More

Coursera の新しい Modern Application Development 専門講座を発表

この記事は、2021年7月28日に Anand Tripathi によって投稿された Announcing new modern application development Specializations on Coursera を翻訳したものです。 International Data Corporation (IDC) は、2025年までに新しいアプリケーションの 90% 以上がクラウドネイティブになると予測していますが、最新のエンタープライズアーキテクチャに関する知識を持つ従業員が大幅に不足しています。Burning Glass は、米国だけでも200万以上のプログラミング言語ベースの開発者の求人数があると推定しており、今後10年間で前年比で平均 29% 増加すると予想しています(*)。これが意味するのは、あなたが開発者で、現代において需要の高いクラウドスキルを持っているなら、自分のキャリアパスを描く絶好の機会があるということです。 クラウドをはじめて使う開発者や、レガシーアプリケーションをクラウドに移行する開発者、クラウド開発者になりたい開発者に向けて、AWS Training & Certification と Coursera は、モダンなサーバーレスアプリケーションを AWS で構築するために必要なスキルを獲得するのに役立つ、4つの新しい Modern Application Development 専門講座を Coursera で発表します。

Read More

AWS クラウドに関する知識を習得するための AWS Cloud Practitioner Essentials デジタルコースが新しくなりました

この記事では、2020 年 12 月 11 日に Jennifer Ricciuti によって投稿された New and improved AWS Cloud Practitioner Essentials course to build your AWS Cloud knowledge を翻訳し、AWS Cloud Practitioner Essentials デジタルコースの特徴についてご紹介します。その後、2020 年に日本で新設されたスタジオにて制作し、2021 年 8 月に公開された AWS Cloud Practitioner Essentials デジタルコース (日本語実写版) についてご紹介します。

Read More

ジョージア州知事は、5,000名超の住民のAWS認定取得を支援

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、「住民にクラウド・スキルのトレーニングを提供している米国の州政府の取り組み」を紹介します。 AWSでは、類似の取り組みを一緒に構想いただける日本の公的機関との対話を歓迎します。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、米国現地のチームが執筆したブログの翻訳となります。)

Read More

大学・研究機関向け AWSの買いかた・支払いかたシリーズ (1)

今回は、大学・研究機関におけるAWSの買いかた・支払いかたについて紹介します。
大学や研究機関のお客様はサーバやストレージなどを“モノ”として購入することには慣れていますが、クラウドという”サービス”として購入するのはあまり馴染みがないことかと思います。
今回のブログでは、比較的少額なAWS利用の場合にフォーカスをあて、大学・研究機関におけるAWSの始めかたや買いかた・支払いかたに関する様々な疑問・質問に対する回答をお届けします。
なお、このブログは2021年6月3日(木)に開催したウェビナー「大学・研究機関向け AWSの買いかた・支払いかた~少額編~」の内容を一部抜粋・加筆修正を加えたものです。
ウェビナーを収録した動画も視聴可能です。このブログでは書ききれなかった内容も多数ございますので是非、ご覧ください。

Read More

ラボを含む新しい AWS 認定 SysOps アドミニストレーターアソシエイト試験の受験 Tips

この記事は、2021年7月12日に投稿された Tips for taking an AWS Certification exam with exam labs by Greg Davis and Alex Kassidis | AWS Training and Certification Blog を翻訳したものです。 新しい AWS 認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト 試験(SOA-C02)の 予約 が開始されました。多肢選択法、複数回答、そして試験用ラボの 3 つの問題形式を組み合わせた初めての認定試験になります。

Read More

この夏、AWSのエデュケーションプログラムが進化します

AWS では、日本の学生や教員、教育機関向けに主に2つのエデュケーションプログラムAWS EducateとAWS Academyを提供してきました。今回は、これらのプログラムについて、この夏を皮切りに始まる変更についてご紹介します。より多くの教育機関でAWSのエデュケーションプログラムがご活用いただけるようになるのと同時に、実践的な学びにフォーカスしたプラットフォームへと進化します。

Read More

Udemy, Cousera, edX。AWSはクラウドの”調達”に特化した無料トレーニングを3つのMOOCで同時リリース

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、世界各国の「クラウドの調達」にAWSが向き合うなかで蓄積してきた知見を集約した「How to Buy Cloud – Strategies for Cloud Procurement (クラウドの買い方 – クラウド調達戦略)」の概要紹介をお届けします。世界的なMassive Open Online Courses(MOOC)である、Coursera,  edX, そしてUdemyでの同時ローンチであり、ホームセンターで資材(=AWSの個々のクラウドサービス)を揃え、「一軒家(=ITソリューション)」をつくりあげる──という比喩が採用されたトレーニングとなります。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。

Read More

IT部門「以外」のプロフェッショナル向けに、 AWS “クラウド調達”トレーニングを無料提供開始

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、世界各国の「クラウド調達」にAWSが向き合い蓄積してきた知見が集約された「AWS Getting Started with Cloud Acquisition (”クラウド調達”を始めよう)デジタル・トレーニング」の概要紹介をお届けします。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。

Read More