Amazon Web Services ブログ

Category: Culture and Training

欧州委、WWF、スペイン政府。AWS Summit Brussels の模様をお届けします

今回のブログでは、 AWSジャパン・パブリックセクターより、「ヨーロッパ各国の行政機関が集中するブリュッセルでのAWS Summitの模様」をご紹介します。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、AWS Public Sector Blog へ掲載された「What you missed at the AWS Summit Brussels keynote」と題された投稿の翻訳となります。)

Read More

クラウド人材: Buildするか、Buyするか?

今回のブログでは、「人材を組織内部で育成するか、それとも外部から新規に採用するか」──この課題への1つの考え方をご紹介します。ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。(以下、”Talent: Build vs. Buy”と題された英文 Blog の翻訳となります。)

Read More
紙とペンとダイアグラム

効率的なクラウドコスト管理戦略

お客様からよく寄せられる質問の 1 つに、クラウドのコストをどの様に効果的に管理するかがあります。アマゾンウェブサービス (AWS) には、お客様が支出を評価し最適化するのに役立つプログラムが数多く用意されています。クラウドエコノミクスチームは、お客様の環境を詳細かつ総合的に分析し、最適化と改善の分野を特定することに精通しています。まだ、利用されていない場合は、試してみることを強くお勧めします。

しかし、彼らの分析が終わった後、あなたは何をするでしょうか? 日々の対応として、何をしますか? 私のCIOとしての経験から、クラウドコストの効果的な管理とは、一回限りのイベントではなく、定期的にコストを管理するためのメカニズムにかかっていることが分かりました。

この記事では、クラウドコストの管理に役立つ機能とプロセスを構築する 6 つの方法を紹介します。

Read More

CCOEを構築するときに避けるべき7つの落とし穴

Cloud Center of Excellence (CCOE)を設立することは、多くの場合、企業のクラウドへの移行を迅速に開始し、ベストプラクティスと長期的な適合性を考慮して移行をガイドするための優れた方法です。 そういった企業は、クラウドのベストプラクティスに関する専門家のチームを編成し、彼らのスキルとクラウドへの情熱を利用して、その企業の残りのクラウドトランスフォーメーションに緊急性を与えています。 AWSでは、CCOEを設立するときに組織がうまくいかない可能性のあるいくつかのやり方を特定しました。 このブログ投稿では、AWSのシニアパートナーソリューションアーキテクトであるNéstor GándaraとEric Linが、これらの落とし穴を回避し、CCOEの可能性を最大限に引き出す方法を示します。 ―Mark

Read More

未来のクラウド人材を育てる。北九州高専 4年生向けに講義を実施。

今回のブログでは、 AWSジャパンより、2021年10月19日(木)に開催された、北九州高専(北九州工業高等専門学校) 生産デザイン工学科知能ロボットシステムコース4年生の皆さん向けに実施した、3コマの講義の模様をお届けします。「クラウドって何だろう? AWSってどんな会社だろう? どうしてAmazonがクラウド?」──などの疑問に対し、STEM教育を最前線で学ぶ高専の皆さんに分かりやく説明することを心掛けました。  ご不明の点、「Contact Us」までお問合せください。AWSジャパンでは、「学び」の機会拡大を支援しています。クラウドについて知りたい、Amazon / AWSのカルチャーについて知りたい──など、AWSとともにクラウドジャーニーへの「第一歩」を歩み始めていただける各種教育機関・公的機関からのセミナー・講義のリクエストをお待ちしています。

Read More
ボードに挿した無数のピンとそれらを結ぶ糸

ツー・ピザ・チームは始まりに過ぎない – パート2: 高パフォーマンスのアジャイル組織はアカウンタビリティとエンパワーメントがカギです

前回のブログ記事では、プロジェクトへの従来型のアプローチとスキルベースのチームが、高パフォーマンスなアジャイル組織になる事を妨げている理由についてお話ししました。高パフォーマンスなアジャイル組織とは、迅速にイノベーションを実現し、素早く市場に新しいアイデアを投入し、短い時間で高度なテクノロジーを使ったソリューションを展開できる組織です。
答えは何だったでしょうか? 明確な線引きのされた説明責任(アカウンタビリティ)と権限と環境を与えること(エンパワーメント)が高パフォーマンスなアジャイル組織には必須だということです。行動する事を奨励されその権限を与えられている環境では、説明責任を持つ従業員はチームの目標に沿ってワークロードを管理し、必要な時には積極的に支援を求め、ミスを犯したときには責任を取ります。これはマイクロマネジメントの対極です。
私自身の経験や、多くの企業と協力してデジタルトランスフォーメーションを進めてきた中から、私は企業が高パフォーマンスなアジャイル組織になるための4つの重要な特徴を見つけました。

Read More
2つのピザの画像

ツー・ピザ・チームは始まりに過ぎない – パート1: 高パフォーマンスなアジャイル組織はアカウンタビリティとエンパワーメントがカギです

より速く、より多くのイノベーションを。これは単純な指示のように聞こえます。私が知るほとんどのエグゼクティブは、新しいアイデアをより早く市場に投入し、イノベーションを加速し、高度なテクノロジーを使ったソリューションをより短時間で導入したいと考えています。ああ、しかもそれをやるのは、セキュリティで信頼性が高く、コンプライアンス、耐障害性に優れたソリューションを構築しながらです。でも、どうすれば良いでしょうか? 従来のチームを組織し、権限を与える方法では、容易にはいきません。真の俊敏性は、買ったり注文したりできる物ではありません。クラウドはこれらを実現するのに確かに役立ちますが、クラウドだけでは企業が求めるメリットは達成できません。

どうすれば達成できるでしょうか? 高パフォーマンスのアジャイルチームには、アカウンタビリティとエンパワーメントが必須です。本当に高パフォーマンスのアジャイル組織になるためには、組織構造をこれまでとは違う視点で見て、考え方や行動を進んで変える必要があります。

アマゾンウェブサービス(AWS)では、ツー・ピザ・チーム、ピザが 2 枚で足りるくらい小さな、通常は 5 ~ 10 人のチームにする事から始めます。しかし、チームのサイズだけでは不十分です。より速く、よりイノベーティブに、そして新しい先進テクノロジーを活用するためのカギは、ビジネス価値を提供するための明確な線引きのされた説明責任(アカウンタビリティ)を持つチームの確立と、その実現の為の権限と環境を与える(エンパワーメントする)ことです。

Read More

アジャイルなクラウドトランスフォーメーションを採用すべき理由

テクノロジーに携わるエグゼクティブは一般に、アジャイルソフトウェア開発手法が効果的であることを理解し受け入れていますが、アジャイルなアプローチでクラウドトランスフォーメーションに取り組むことには躊躇する方もいます。彼らは、クラウドトランスフォーメーションはアジャイルが機能するには大きすぎて複雑すぎると信じています。このブログ投稿では、Amazon Web Services(AWS)Professional Servicesのシニア・クラウドトランスフォーメーション・アドバイザーであるSaša Baškarada博士が、クラウドトランスフォーメーションへのインクリメンタルかつ反復的、および適応的手法が、従来のプロジェクト管理よりも迅速に成功する結果をもたらす可能性が高い理由を説明します。 ーMark

Read More