Amazon Web Services ブログ

Category: Internet of Things

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS IoT Events 資料及び QA 公開

先日 (2020/09/16) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS IoT Events」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200916 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Events from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. コードレスは良いのですが、複雑な条件を指定していた場合、網羅的なテストケースを書くのがプログラムで UT テストを書くより大変そうだと思うのですが、いかがでしょうか? A. 探知器モデルの各条件に対しての個別のテストコードを書くのは難しいですが、CLI にはデータの投入と取得が用意されていますので、テストしたいデータを投入して、探知器から結果を取得することで、期待した状態になっているかのテストを行うことは可能と思います。 – aws iotevents-data batch-put-message メッセージの送信 – aws iotevents-data describe-detector 探知器の現在の状態を取得 — 今後の AWS Webinar | イベントスケジュール 直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。 — AWS Summit […]

Read More

AWS IoTの最新アップデートとイベント情報 9月版

こんにちは、IoTソリューションアーキテクトの飯塚です。今回はIoTに関するサービスやコンテンツ、セミナーやイベントの最新情報を本記事にまとめ、ご紹介しようと思います。前回ご紹介した7月分がこちらになります。

Read More

AWS IoT Deep Dive #1 2020 上半期 AWS IoT アップデート 資料と録画、Q&Aを公開

こんにちは、IoTソリューションアーキテクトの飯塚です。本ブログ記事では、AWS IoT Deep Diveセミナーシリーズの第1回目の開催内容と資料、当日いただいたご質問とその回答をまとめていきたいと思います。 AWS IoT Deep Diveセミナーとは 本セミナーシリーズは、このタイトル通り、お客様がIoT製品やサービスを設計・開発する際のよくある課題や考慮すべき事項を共有し、AWSによるソリューションをより深く・詳細にお伝えするセミナーです。本セミナーイベントの詳細については、以下のブログ記事にて説明していますので、是非ご覧ください。 AWS IoT Deep Dive – 新しいAWS IoTセミナーシリーズを開始します  

Read More

【開催報告&資料公開】AWSの機械学習を使った画像データの業務活用セミナー

こんにちは、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社の大渕です。2020年9月2日にオンラインで開催された「AWSの機械学習を使った画像データの業務活用セミナー」では、AWS Japan による3つのセッションと、AWS の機械学習サービスを使って宿泊施設向け入退室管理システムを構築されたお客様のセッションが行われました。  

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] FreeRTOS 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/19) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「FreeRTOS」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200819 AWS Black Belt Online Seminar FreeRTOS from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. もともとは Amazon FreeRTOS という名称だったと思うのですが、”Amazon” がなくなったのはなにか意味があるのでしょうか? A. 名称統一に関して、以下の FAQ に記載がございます。こちらをご覧ください。バージョン 202007.00 以降では、AWS の提供するリポジトリは、“FreeRTOS AWS Reference Integrations” と呼んでおります。 Q. スケジューラの実装方式はタイムスライス方式でしょうか? A. 選択可能です。configUSE_TIME_SLICING フラグをセットします。こちらをご参照ください。 Q. PKCSK11 も Amazon Freertos に実装されている(含まれている)ことでしょうか? それとも、別ダウンロード必要でしょうか? A. FreeRTOS […]

Read More

Designing MQTT Topics for AWS IoT Core – ホワイトペーパーについて

皆さん、こんにちは! さっそくですが、本記事では AWS IoT Core における MQTT のトピック設計について記載されているホワイトペーパーの紹介をさせていただきます。 IoT システムを構築する場合、アーキテクチャやワークロード、デバイス選定、デバイス-クラウド間の通信設計、データ格納、デバイスのプロビジョニングや運用など様々な観点を考慮・検討する必要があると思います。その中の一つであるデバイス-クラウド間の通信設計において、IoT で比較的多く採用されている MQTT プロトコルが選択肢にあがることがあると思います。 MQTT プロトコルを利用した通信では、MQTT トピックという仕組みによりデバイス-クラウド間での情報をやりとりしますが、基本的にトピックの階層構造自体は自由に設計することができるため、デバイス情報や通信種別などに合わせて構造を統一的に設計するのではないでしょうか。それにより、接続するデバイス種別やデバイス-クラウド間を行き来する情報の種類が増加してもトピックの階層構造がシンプルに保たれ、更にトピック毎に通信に対するポリシー設定をすることでセキュリティ権限管理が可能となります。 ホワイトペーパー「Designing MQTT Topics for AWS IoT Core」では、複数の章にわたって AWS IoT における MQTT トピック設計のベストプラクティス、ガイドライン、方針が紹介されており、本ブログでは各章で説明されている内容について簡単ではありますがお伝えできればと思います。MQTT の概念や用語について理解していることが、本ホワイトペーパーを読みすすめる上での前提となっておりますので承知ください。 ホワイトペーパー(英語)はこちらからダウンロードすることができます。 概要 / 序章 本ホワイトペーパーでは、 IoT システムを構築する際に AWS IoT を利用した MQTT トピック設計を行うためのベスト・プラクティスに焦点が当てられています。AWS IoT Core では、通信やデバイス環境制約を考慮する必要がある IoT システム向けに設計された MQTT プロトコルがサポートされており、MQTT を利用する際に最初に検討すべき項目の1つであるトピック設計を実施する上で、MQTT 通信パターンや通信ワークフローを実現するための参考となるデザインパターンを以降の章で具体例を用いて説明しています。 MQTT 通信パターン IoT システムでは、デバイスからデバイスへ、デバイスからクラウドへ、クラウドからデバイスへ、デバイスからユーザーへ、またはユーザーからデバイスへなどの、複数の通信パターンをサポートする必要があります。IoT システムと […]

Read More

【開催報告】AWS Autotech Forum 2020 Online #1

はじめに みなさんこんにちは、ソリューションアーキテクトの福嶋、渡邊です。AWS では 2018 年・2019 年と実施してきた自動車業界向けクラウドテクノロジーカンファレンス「AWS Autotech Forum」を夏と冬の2日間に拡大し、「AWS Autotech Forum 2020 Online #1」を8/7にオンラインにて開催させていただきました。オンライン開催第一回目となる今回は、MaaS、自動運転開発、コネクテッドカー、エッジコンピューティング、マップ/ロケーションサービス等の分野において、先進的な取り組みを志向する企業のビジネスリーダー、エンジニアの方々に向けて、お客様の新たなビジネスをご支援させていただく中で学んできた、汎用的に利用可能なプラクティスやテクノロジーの活用シーンを AWSのソリューションアーキテクトからご紹介させていただきました。 オープニング 自動車業界における AWS の取り組みとお客様事例 ソリューションアーキテクト安藤から皆様の新しいビジネスの企画立案に役立てていただくために、 AWS の活用事例や取り組みについてご紹介しました。 テクノロジートレンドの CASE (Connected/Autonomous/Shared/Electric) はすでに多くのお客様が取り組まれており、ビジネストレンドである MaaS への注目度も日増しに高まっています。 MaaS にはエマージングビジネスの側面と企業間アライアンスによる新プラットフォームビジネスの側面があり、AWS を活用いただくことで「価値創出への集中」「最新技術の活用」「試行錯誤の繰り返し」といったメリットをご享受いただけます。 セッションの中では実際に、 AWS をご活用いただいている企業の事例や CES 2020 において Amazon と AWS が共同で発表した自動運転で走行する電気自動車におけるカーシェアリングサービスのコンセプトデモを例に AWS をご利用いただくことによるメリットがどのようなビジネス効果を生み出しているかをご説明しました。 登壇資料: 自動車業界における AWS の取り組みとお客様事例 MaaS関連セッション AWS Connected Mobility Solution (CMS) のご紹介 ソリューションアーキテクト高野からは、コネクテッドモビリティのシステム開発に関する AWS […]

Read More