Amazon Web Services ブログ

Category: CPG

Slde-PersonalBeautyConcierge

【開催報告】With コロナ時代の消費者データの活用と消費体験の変革 #1 「化粧品業界における真の OMO の実現に向けて」

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 デジタルトランスフォーメーションアーキテクトの國田です。2021 年 11月 4 日 (木) に「With コロナ時代の消費者データの活用と消費体験の変革」というテーマで、流通小売・消費財業界の変革をリードするゲストスピーカーにご講演をいただきました。 本ブログでは、株式会社コーセー様においてIT戦略立案から実行まで、DX プロジェクトの推進をされている進藤様のご講演をご紹介します。 コロナ禍の困難な時期であったからこそ OMO のあり方、業務を根本から問い直し、AWS の俊敏性や特徴を活かして再設計をし、不確実な時代に前に進まれている貴重な事例となっています。

Read More

自律的な旅:消費財企業がサプライチェーンの需要計画をどのように変革できるか

2020 年の消費財 (Consumer Packaged Goods; CPG) サプライチェーン管理にとって、需要の混乱は大きな課題であり、今後も大きな課題となるでしょう。 以前のブログ記事「データ駆動型需要計画: 機械学習とデマンドセンシングにより消費財業界の混乱に向き合う」で説明したように、サプライチェーンの需要の混乱を解決する一環として、需要計画の改善があります。機械学習 (ML) を活用した高度な予測とデマンドセンシングは、計画をより正確かつ効率的にするための鍵となります。 オペレーションの最適化と収益の最大化に不可欠な注文割当は、需要の変動に対応するためにはさらに重要です。これは、注文の優先順位付け、調達場所、出荷方法など、注文をどのように、いつ、どこで履行すべきかを決定する動的なプロセスです。効果的な注文割当により、消費財企業は、最も費用対効果の高い方法で、時間どおりに、全ての注文を納品することができます。

Read More

消費財パートナー対談:Peak 社の消費財業界における Direct-to-Consumer の台頭

COVID-19 のパンデミックはかつてない混乱を引き起こしました。数日のうちに、私たちの世界は大きく変わりました。外出自粛、マスク着用義務、ソーシャルディスタンスが定着するにつれて、新しい購買パターンが急速に現れました。間違いなくパンデミックの劇的な影響を消費財 (Consumer Packaged Goods; CPG) 業界ほど強く感じた業界はないでしょう。しかし、リーダーたちは回復力、粘り強さ、そしてイノベーションによって推進しています。AWSパートナー企業の経営陣と対談し、困難な時代におけるリーダーシップとイノベーションをご紹介します。

Read More

小売業者へ: サードパーティ Cookie 廃止の前にデータ主権者となりましょう

ブログのパート 1 となる「サードパーティ Cookie がなくなりつつあります: 小売業者はどのように対処すべきでしょう?」では、サードパーティのマーケティング Cookie を 2023 年末までに廃止するという Google 社の発表について解説しました。簡単に要約するとこの決定は、個人データとオンライン上の行動に対するより強いプライバシーとコントロールを望む消費者をなだめ、ハッカーが消費者データにアクセスするためにマーケティング Cookie を侵害したり模倣したりするといったセキュリティリスクの排除にも繋がります。これをよいことだとみなそうが、あまりよくないものとみなそうが、Google 社のマーケティング Cookie の廃止によって、小売業にマーケティング担当者が顧客を理解し、ターゲティングし、宣伝、関与するためのデータ収集方法にとって大きな変化が起こります。

Read More

サードパーティ Cookie がなくなりつつあります: 小売業者はどのように対処すべきでしょう?

あらゆるウェブサイトは、ブラウザ上でファーストパーティおよびサードパーティの Cookie の利用同意を求めなくてはなりませんが、全てのウェブサイトが対応しているわけではありません。Cookie がどのように機能しているのか正確な知識がなくとも、Cookie によってユーザー情報が追跡されていることはご存知でしょう。Cookie とは小さなテキストファイルで、ウェブサイトがあなたについての情報を記録しています。 Cookie には、ファーストパーティー Cookie とサードパーティ Cookie の 2 種類があります。 ファーストパーティ Cookie はあなたが訪問したウェブサイトのみが設定、アクセスするもので、そのウェブサイトがユーザーを記憶していることでサイトに訪問する都度、優れたユーザーエクスペリエンスが提供されます。サードパーティ Cookie は、あなたが訪問したウェブサイトではないサードパーティによって設定され、消費者のプロファイルを作成したりターゲティング広告を提供したりするために、さまざまなウェブサイトにおける消費者の行動を追跡するものです。

Read More

効果的な e コマース技術チームを組織する方法

これは、The CTO Guide to Ecommerce Architectures: People, Process, and Technology(2021年)( Matthias Patzak 、Paul Vassu 著)からの抜粋です。 適切な組織がなければ、描かれたすべての e コマース・アーキテクチャは目的を達成できません。 CTO として、文化、人材、プロセス、技術から、ビジネス価値を提供する実用的なシステムを構築しなければなりません。効果的な e コマース組織には、共通の目的と原則に沿って高度に連携して活動するマーケティング、プロダクト、テクノロジーの各部門の人々が含まれます。

Read More

小売/消費財企業が OTIF (On-Time, In-Full) 配送を改善する方法

EC サイトで注文をして、荷物が遅れて届いたことはありませんか?あるいは、予定通りに荷物を受け取ったものの、一部の商品が欠けていたこともあるでしょう。私も最近、このような不満が残る経験をしたことがあります。週末の旅行で使用する予定で、Keen の新しいハイキングシューズを注文しました。旅行の前日に届く予定だったのですが、そのシューズが到着したのは旅行に出発後でした。もちろん不満で、そのシューズを返品しました。 また、Keurig のコーヒーメーカーと K-Cup カプセル1箱をオンラインで注文しました。コーヒーメーカーは予定通り届きましたが、カプセルが届きませんでした。またしても新しいコーヒーマシンを試すことができず、不満でした。K-Cup カプセルの注文をキャンセルし、代わりにコストコで購入しました。 この2つの状況で、小売業者は全部または一部の売上を失いました。同じような販売機会損失のシナリオが何度も起こっているとしたらどうでしょう。規模が大きくなってきたときの売上減は、小売業者の収益に大きな影響を与え、何度も起こると最悪の事態を招きます。私が説明したこれらの状況は、「Not-on-time but in-full」や「On-time but not in-full」と呼ばれています。もちろん、最適な状態は「On-time in-full」(OTIF) です。

Read More

消費財企業の車両管理部門が考慮すべき 3 つの革新的テクノロジー

このシリーズブローグのパート 2「消費財企業と物流ベンダーがAWSデータレイクで車両管理を最適化する方法」では、消費財企業の車両管理部門が非常にスケーラブルな Amazon Web Services (AWS) データレイクを構築し、リアルタイムデータやドライバーの安全性スコア、車両テレメトリデータから実用的な洞察を得る方法について説明しました。続くこのブログではさらに一歩進んで、消費財企業が車両管理データレイクからさらに多くの価値を得るために実現可能な 3 つの最先端テクノロジーについて説明します。

Read More

re:Invent 2021 消費財業界向け参加者ガイド

今年の AWS re:Invent がオンラインだけでなく現地開催もされることを大変うれしく思っています。AWS CPG(消費財業界)チームも、11 月 29 日〜 12 月 3 日の期間にラスベガスで、あるいはオンラインで、エキサイティングなプログラムを用意してあなたをお待ちしています。今年の AWS re:Invent では 5 つの基調講演、20 を超えるリーダーシップセッション、1,200 を超えるブレイクアウトセッションやチョークトーク、ワークショップが予定されています。さらに、Venetian のコンシューマーラウンジに立ち寄っていただければ、AWS エキスパートやお客様どうしのネットワークが拡がり学びに繋がります。

Read More

顧客の関心に基づいて商品在庫の更新を自動化する

このブログ記事では、マーケティングメッセージをカスタマイズできるように、製品カテゴリに対する顧客の関心を捉えるプロセスを自動化するためのソリューションを紹介します。小売業の例を使用して、AWS のサービスを使用して、顧客に関連するコミュニケーションを生成する高度なプロセスを構築する方法を示します。このソリューションはモジュールごとに別れているため、ビジネスとユースケースに重要な部分のみを構成できます。

Read More