Amazon Web Services ブログ

Category: Announcements

Amazon Lex の強化されたコンソールエクスペリエンスと新しい V2 API

本日、 Amazon Lex チームは、会話体験の構築、デプロイ、管理を容易にする新しいコンソールエクスペリエンスをリリースしました。新しいコンソールに加えて、継続的なストリーミング機能を含む新しい V2 API も導入されています。これらの改善により、新しいオーディエンスにリーチし、より自然な会話を行うことが可能になるとともに、迅速な開発と反復を促進することができます。 新しい Lex コンソールと V2 API では、主に 3 つのメリットにフォーカスしたボットの構築と管理が容易になります。まず、ボットに新しい言語を随時追加し、設計、テスト、デプロイのライフサイクルを通じてすべての言語を単一のリソースとして管理できます。新しいコンソールエクスペリエンスでは、さまざまな言語間をすばやく移動し、会話の比較や絞り込みを行うことができます。このブログ記事の後半では、英語のボットにフランス語を簡単に追加した方法を説明します。 次に、V2 API ではバージョン管理が簡素化されます。新しい Lex コンソールと V2 API は、ボットインテントとスロットタイプの範囲が特定の言語に設定されるシンプルな情報アーキテクチャを提供します。バージョン管理はボットレベルで実行されるので、インテントやスロットタイプなどのリソースのバージョンを個別に管理する必要はありません。ボット内のすべてのリソース (言語、インテント、スロットタイプ) は、ボットのバージョン作成の一部としてアーカイブされます。この新しい作業方法により、ボットの管理が容易になります。 最後に、ビルダー生産性ツールと機能が追加されたことにより、ボット設計プロセスの柔軟性と制御性が向上します。設定のスクリプト、テスト、調整を行う時にさまざまなボット要素を開発し、部分的に完了した作業を保存できるようになりました。これにより、ボットの開発が非常に柔軟になります。例えば、削除されたスロットタイプを参照するスロットを保存できます。部分的に完了した作業を保存することに加えて、構成内をすばやく確実に移動できます。新しい [Conversation flow] (会話フロー) 機能では、さまざまなインテントとスロットタイプを移動しながら方向を維持できます。 強化されたコンソールと API に加えて、新しいストリーミング会話 API も提供されています。自然な会話には、一時停止や中断が伴います。例えば、請求の支払いを行うときにクレジットカードの詳細に関する質問に答えようとする顧客は、必要な情報を探すために会話を一時停止したり、回線を保留するように求めることがあります。ストリーミング会話 API を使用すると、ボットの設定時に会話を一時停止し、中断を直接処理できます。全体として、会話の設計と実装が簡素化され、管理が容易になります。ボットビルダーは、仮想コンタクトセンターエージェントまたはスマートアシスタントの会話機能をすばやく強化できます。 次に、新しいボットを作成して、Lex の新しいコンソールとストリーミング API 機能の一部によってボット構築エクスペリエンスがどのように向上するかを紹介しましょう。 ボットの構築 新しい V2 Lex コンソールで [Create bot] (ボットを作成) をクリックして作業を開始します。 [Start with an example] を選択し、[MakeAppointment] […]

Read More
.NET on AWS

AWSで.NET 5を利用する

AWSには長い間.NETでの開発に携わってきた者が多数在籍しており、私たちは.NET 5がGAリリースされたことに大きい喜びを感じています。2020年夏に.NET Conf 2020で発表されたベンチマーク結果によると、旧バージョンの.NET Core 3.1に比べ特に性能改善に力が注がれたことがよく分かります。この記事では、AWSが.NET 5での開発をサポートするためにどんなサービスやツールをご用意しているか、コンピューティング・ネットワーク・開発者ツール・データベースといった4つの領域に分けて解説していきたいと思います。これらの情報をもとに、皆様がAWS上で.NETを最大限活用できれば幸いです。

Read More

AWS Fargate for Amazon ECS のアップデート

先日、AWS Fargate for Amazon ECS 経由でデプロイされたタスクの設定とメトリクスの収集体験を向上させる機能を発表しました。お客様からのフィードバックに基づき、以下の機能を追加しました。 環境ファイルのサポート シークレットバージョンと JSON キーを使用した、AWS Secrets Manager とのより深い統合 より詳細なネットワークメトリクスと、タスクメタデータエンドポイントを介して利用可能な追加データ この記事を通して、これらのアップデートについて深く掘り下げ、Amazon ECS for AWS Fargate にコンテナをデプロイすると、どこに価値をもたらすことができるかを説明します。まず、簡単なデモアプリケーションのデプロイから始めて、これらの各機能を説明します。

Read More

AWS Step FunctionsとAmazon EKSの統合のご紹介

元の記事:https://aws.amazon.com/blogs/containers/introducing-aws-step-functions-integration-with-amazon-eks/ 本投稿は Romain Jourdanによる記事を翻訳したものです。 私がAWSに入社してからこれが初めてのAWS Container Blogへの投稿となりますが、サーバーレスとKubernetesという2つのテクノロジの融合、具体的にはAWS Step FunctionsとAmazon Elastic Kubernetes Serviceの統合についてお話しできることにこの上なく興奮しています。

Read More

re:Invent – これから予定されるセキュリティセッション

本投稿は、 AWS Security のシニアプログラムマネージャーである Maria Taggart による寄稿を翻訳したものです。 先月のAWS re:Invent はいかがでしたか。 AWS re:Invent で見たいと思っていたセキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンスのセッションを全部見ることができましたか? 見逃した場合でも心配しないでください。2020 年にリリースされたすべてのセッションは AWS re:Invent ウェブサイト経由でストリーミング配信されています。さらに、2021年には新しいセッションとして、1月12日から15日にライブストリーミングを行います。新しいセキュリティ、アイデンティティ、コンプライアンスセッションを以下にご紹介します ― 各セッションは複数回提供されますので、場所やスケジュールに合わせて最適な時間でご視聴下さい。   Protecting sensitive data with Amazon Macie and Amazon GuardDuty – SEC210( Amazon Macie と Amazon GuardDuty で機密データを保護する) Himanshu Verma, AWS Speaker 1月13日 水曜日 4:00 AM – 4:30 AM JST 1月13日 水曜日 12:00 PM – […]

Read More

Amplify CLIを使い、労力ゼロでGraphQL/REST APIやウェブホスティング用にコンテナをデプロイする

この記事は、Zero-effort Container deployment for GraphQL and REST APIs and Web Hosting with Amplify CLIを翻訳したものです。 AWS Amplifyを使うことで、最速かつ簡単に、AWSでクラウド対応のモバイルアプリケーションやウェブアプリケーションを構築することができます。Amplifyは、フロントエンドのウェブ開発者やモバイル開発者が AWSの豊富なサービス群を活用して、革新的で多機能なアプリケーションを構築できるよう、ツール類や各種サービスを一通り備えています。 本日リリースしたAmplify CLIをお使いになることで、フロントエンドのウェブ開発やモバイル開発に携わるお客様は、コンテナを使ってAPI(GraphQL/REST)をデプロイしたり、ウェブアプリケーションをホスティングできるようになります。お客様ご自身のDockerfileまたは Docker Composeを持ち込むことで、Amplify CLIは、AWS Fargateを使用してコンテナを自動的にビルド、パッケージ、デプロイします。 メリット: 移植性の高いバックエンドの構築 – Amplify CLIは、シンプルなコンテナテンプレートを用意しているためすぐに始められます。または、お客様のチームがAPIやホスティング用のコンテナを既に使用している場合は、そのコンテナを利用することができます。 コンテナのデプロイパイプラインがすぐに使えるインフラ構成 – Amplify CLIは、VPC、サブネット、NACL、IAMポリシー、およびその他のセキュリティなどのインフラを管理するため、AWSに関する事前知識やインフラの実務経験は全く必要ありません。コンテナ間のネットワーキングは自動的に処理され、ホスティングされたサイトのSSL生成も自動的に処理されます。 ビルド&デプロイパイプラインを労力をかけることなく作成 – Amplify CLIはCodePipelineを作成し、イメージをビルド、デプロイします。パイプラインには、ビルドアーティファクトやイメージに対するライフサイクルポリシーなど、コスト最適化のベストプラクティスが備わっています。ビルドしてAWSにデプロイするためにDockerをお使いのシステムにインストールする必要すらありません。 構築するもの : 初めに、乱数を返すExpressJSサーバーを構築 次に、Python/Flask乱数生成サーバーでFizzBuzzアルゴリズムを実行する、ExpressJSを構築。 前提条件: 最新のAmplify CLIをインストール ターミナルを開き、 npm install -g @aws-amplify/cli を実行し、最新のAmplify CLIに更新。 Amplify CLIの設定 Amplify CLIをまだ設定していない場合は、ドキュメントページのこちらのガイド に従ってください。 […]

Read More

新機能 – AWS Systems Manager Fleet Manager

クラウド環境とオンプレミス環境全体で、ますます多様化する IT インフラストラクチャのポートフォリオ管理に関する課題に、組織とそのシステム管理者は日常的に直面しています。さまざまなツール、コンソール、サービス、オペレーティングシステム、手順、ベンダーはどれも、比較的よく見られまた関連性のある管理タスクを複雑にしています。ワークロードが最新化して Linux やオープンソースのソフトウェアが採用されるようになると、上記のシステム管理者は、Windows バックグラウンドからの GUI ベースの管理ツールに精通していても、新しいツール、アプローチ、スキルセットに継続的に適応し、迅速に学習する必要があります。 AWS Systems Manager は、AWS およびオンプレミスのリソースを管理できるオペレーションハブです。本日よりご利用いただけるようになった Fleet Manager は、Systems Manager の新しいコンソールベースの機能です。これにより、システム管理者は、SSH または RDP を使用したリモート接続に頼ることなく、オペレーティングシステムに依存しない方法で、マネージドインスタンスのフリートを単一の場所から表示および管理できるようになります。ドキュメントで説明されているように、マネージドインスタンスには、AWS クラウドとオンプレミスの両方で Windows、Linux、macOS オペレーティングシステムを実行しているインスタンスが含まれます。Fleet Manager では、コンピューティングインスタンスが存在している場所に関係なく、それらを集約して表示します。 クラウドサーバーかオンプレミスサーバーかに関わらず、必要なものは、各マネージドサーバーに Systems Manager エージェントがインストールされており、AWS Identity and Access Management (IAM) のアクセス許可および、Systems Manager の Session Manager で有効になっている AWS Key Management Service (KMS) だけです。これにより、現在使用している高価な管理ツールのライセンス料金を支払う必要がなくなり、複数の環境で実行しているサーバーのリモート管理を、容易かつコスト効率に優れたアプローチで実現できます。先に述べたように、macOS 上で実行中のインスタンスでも動作します。エージェントソフトウェアとアクセス許可を設定すれば、Fleet Manager を使って単一のコンソール環境からサーバーを検索および管理できます。例えば、Amazon CloudWatch エージェントをインストールすることなく、ファイルシステムの移動、Windows サーバー上のレジストリの操作、ユーザーの管理、ログのトラブルシューティング (Windows イベントログの表示を含む)、一般的なパフォーマンスカウンターのモニタリングを行うことができます。 […]

Read More

新機能 – AWS Systems Manager がアプリケーション管理を統合

統合された、シンプルな運用管理を求めるのは、クラウドインフラストラクチャだけに限られるものではありません。当社のお客様では、アプリケーションのポートフォリオを監視および管理するための、“1 つの枠組みによる” アプローチを、お求めになることが増えています。 これらのお客様がおっしゃるのは、アプリケーションの検出と調査に、余分な時間と労力がかかっているということです。DevOps エンジニア達は、調査対象であるアプリケーションの問題に関するコンテキストを取得するために、一般的に複数のコンソールやツールを使用しているというのがその理由です。さらに、リソースの使用量に関するメトリクスや、ログなどの情報ソースを参照することも必要になります。ここで言う “アプリケーション” とは、アプリケーションコードのみを指すのではありません。アプリケーションをホストするためのユニットとして機能するリソースの論理グループや、オペレータのための所有権の境界、さらに開発、ステージング、および実稼働などの各環境なども含まれています。 今回、AWS Systems Manager の新機能として、この Application Manager をご紹介できる運びとなりました。Application Manager を使用すると、複数の AWS のサービスや、Systems Manager の機能に関する運用情報を1 つのコンソールに集約することで、アプリケーションの運用データを簡単に表示できるようになります。 さらに便利な機能として、このサービスでは、アプリケーションの自動検出も行えます。現在、この自動検出機能は、AWS CloudFormation スタックおよび Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) クラスターで実行されているアプリケーション、または AWS Launch Wizard から起動されたアプリケーションに対しご利用いただけます。また、アプリケーションは、リソースグループからも検出できます。 自動検出機能の大きなメリットは、アプリケーションのコンポーネントやリソースが、継続的かつ自動的に最新の状態に維持されることです。加えて、必要に応じてコンポーネントを手動で追加または削除すれば、アプリケーションをいつでも改訂することも可能です。 検出されたアプリケーションを単一のコンソールに統合することで、運用上の問題をより簡単に診断し、最小限の時間と労力で解決できるようになります。アプリケーションのコンポーネントまたはリソースをターゲットとする自動 Runbook を実行することで、運用上の問題の修復に役立てることができます。1 つのコンソールを離れることなく、任意のアプリケーションについてリソースを選択し、関連する詳細内容を調べられます。 たとえば、アプリケーションにより Amazon CloudWatch ログ、運用メトリックス、AWS CloudTrail ログ、および設定変更を表示できるので、複数のツールやコンソールを使用する必要がなくなります。担当のエンジニアは、問題をより迅速に把握できるので、その解決にかかる時間を短縮できます。 Application Manager を使用したアプリケーションの調査 Application Manager には、Systems Manager のホームページからアクセスできます。ページが開いたら、検出されたアプリケーションの概要が表示され、アラームが存在するかをすぐに確認できます。コンテキストを Amazon CloudWatch […]

Read More

AWS CloudShell – AWS リソースへのコマンドラインアクセス

多くの自動化を構築していても、Infrastructure as Code (IAC) の実践に優れていても、ペットから家畜への移行が成功したとしても、コマンドラインで AWS リソースとやり取りする必要が時折出てきます。設定ファイルの確認や調整、本番環境での迅速な修正、または AWS の新しいサービスや機能を試す必要があります。 ウェブブラウザでの作業が最もストレスがないと感じているお客様もいますが、独自のコマンドラインインターフェイス (CLI) を設定またはカスタマイズしていることはありません。こうしたお客様は、クライアントアプリケーション、パブリックキー、AWS 認証情報、ツールなどを使いたくないと言います。これらの手順はどれも難しいことではないし、時間がかかることもありません。私たちはいつでも複雑さや手間の多い作業が増えているお客様のお手伝いをする準備ができています。 AWS CloudShell の導入 本日、AWS は AWS CloudShell をローンチしました。これは、AWS 対応のシェルプロンプトの作業を簡単かつセキュアにし、できるだけ手間を少なくすることを目的としたものです。CloudShell で実行するすべてのシェル環境には、AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) (v2) がインストールおよび設定されており、AWS のコマンドを即座に実行できます。環境には Python と Node のランタイムも含まれ、今後さらに多くのランタイムを追加する予定です。 開始するには、AWS マネジメントコンソールで CloudShell アイコンをクリックします。 ほんの数秒でシェルが自動的に設定され、すぐに最初の AWS のコマンドを発行することができます。 シェル環境は Amazon Linux 2 に基づいています。ホームディレクトリにはリージョンごとに最大 1 GB のファイルを保存でき、そのリージョンでシェルを開くたびに利用可能になります。これには、.bashrc ファイルやシェル履歴ファイルなどのシェル設定ファイルが含まれます。 SSO または AWS マネジメントコンソール (フェデレーションロールを含みます) にログインできる任意の IAM […]

Read More

AWS Systems Manager Change Manager のご紹介

皆様の元には、お客様からのフィードバックが日常的に届いていることでしょう。それを基に、アプリケーションやインフラストラクチャをくり返し修正し、イノベーションのための改善をされていると思います。クラウドに置いた IT システムの変更は継続的なものです。ただ、現実を見てみると、稼働中のシステムで何かを変えることは、何かを壊すことでもあります。この結果、時には予測できない副作用を引き起こす危険があるのです。テストを何回行ったのかは重要ではありません。一方、変化を加えないということは停滞を意味します。その後に続くのは的外れのサービス提供、そして、その終了という結末です。 そのため、あらゆる規模とタイプの組織が、変更を上手に継続するための文化を、内部に醸成しています。一部の組織では、ITIL v4 で定義されている変更管理プロセスなどのシステムを採用しています。DevOps や、継続的デプロイを導入していたり、他の方法を採用している組織も存在します。いずれの場合にしても、変更管理プロセスを上手く運用するのに大切なのは、ツールを用意することです。 今回、AWS Systems Managerの新しい変更管理機能である、AWS Systems Manager Change Manager がリリースされました。このサービスにより、アプリケーションの構成やインフラストラクチャに対し運用エンジニアが行う、運用的な変更の追跡、承認、実装が簡素化されます。 Change Manager の使用には、主に 2 つの利点があります。第 1 の利点は、アプリケーションの構成やインフラストラクチャに加えられた変更の安全性を向上させ、サービスの中断のリスクを軽減することです。変更内容を追跡し、承認されたもののみが実装されるようにすることで、運用的な変更をより安全に実施できます。第 2 の利点は、AWS Organizations や AWS Single Sign-On などの他の AWS のサービスと緊密に統合されていることです。さらに、Systems Manager の変更カレンダーや Amazon CloudWatch アラームとも連携しています。 Change Manager では、組織全体で行われた変更、その目的、それらを承認および実施した人物などについて一貫性のある監査を行いレポートを作成することで、変更に対する責任を担保できます。 Change Manage は、AWS リージョン間、あるいは、複数の AWS アカウント間で機能します。Organizations、あるいは、AWS SSO と緊密に連携しているので、一元的なポイントからの変更の管理や、グローバルインフラストラクチャ全体に対する制御された方法でのデプロイが可能になります。 関連用語 AWS Systems Manager Change Manager は、単一の […]

Read More