Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon MQ

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon MQ 資料及び QA 公開

先日 (2021/03/17) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon MQ」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20210317 AWS Black Belt Online Seminar Amazon MQ AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 自社、他社システムでそれぞれ IBM MQ を用意してキューを作成し、それらのキュー間でメッセージのやりとりをしています(分散キューイング)。自社の IBM MQ のみ Amazon MQ としてリフトすることは可能でしょうか。 A. Amazon MQ のエンジンである Amazon MQ や RabbitMQ は AMQP を初めとするオープンなメッセージングプロトコルをサポートします。IBM MQ を含む独自プロトコルの商用ブローカーとの接続には Bridge を経由するアーキテクチャをご検討ください。 Migrating from IBM MQ to Amazon MQ using […]

Read More

大阪リージョンに2つのアップデート、Amazon Macie と Amazon MQ

みなさん、こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン、シニアエバンジェリストの亀田です。 今日は大阪リージョンに新しく2つのサービスが加わりましたのでお知らせいたします。Amazon Macieと Amaozn MQ です。 Amazon Macie Macieは機械学習とパターンマッチングを使用して AWS の機密データを検出して保護する、フルマネージドのデータセキュリティとデータプライバシーのサービスです。選択したAmazon S3 バケットに機械学習とパターンマッチング手法を適用し、個人識別情報 (PII) などの機密データを特定してアラートを発信します。 アラートや検出結果は AWS マネジメントコンソールからの検索やフィルタリングが可能で、Amazon EventBridge に送信して既存のワークフローやイベント管理システムと簡単に統合したり、AWS Step Functions などの AWS のサービスと組み合わせて自動修復アクションを実行させることができます。

Read More

Amazon MQ – ActiveMQのマネージドメッセージブローカーサービス

メッセージングは、分散アプリケーションのパーツを繋げ、弾力性を追加し、スケーラビリティの高い実装を可能にするアーキテクチャです。例えば、今年、Amazon Simple Queue Service (SQS) とAmazon Simple Notification Service (SNS)は、全体で400億件、1秒あたり1000万件にもおよぶPrime Dayのお客様の注文を処理しましたが、目に見えた問題は発生しませんでした。 SQSとSNSは、クラウドで生まれたアプリケーションに幅広く利用されてきました。しかしながら大規模なお客様の多くは、既にオープンソースベースあるいは商用ライセンスのメッセージブローカーを利用しています。彼らのアプリケーションはミッションクリティカルであり、そこで使われるメッセージングも重要です。お客様は、メッセージインフラストラクチャのセットアップと継続的なメンテナンスが”苦痛である”と言っており、少なくとも1週間に10時間をこの雑用に費やしているとおっしゃっています。 新しいAmazon MQ 11/28日、3クリックで数分ではじめられるApache Active MQのマネージドメッセージブローカーサービスであるAmazon MQ をローンチします! 御存知の通り、Active MQは高速で機能が豊富な人気のオープンソースメッセージブローカーです。キューとトピックを提供し、耐久性あり/無しのサブスクリプション、プッシュベースとポーリングベースのメッセージングとフィルタリングを提供します。 マネージドサービスとして、Amazon MQではActive MQの管理とメンテナンスが考慮されています。これには、ブローカーのプロビジョニング、パッチ適用、高可用性のための障害の検知とリカバリ、メッセージの耐久性に関する責務が含まれています。 Amazon MQでは、Active MQ consoleと、JMS,NMS,AMQP,STOMP,MQTT,WebSocketを含むメッセージングのための業界標準のAPIやプロトコルに直接アクセスができます。これによって、これらの標準を利用するあらゆるメッセージブローカーからコードの書き換えなしにアプリケーションごとAmzazon MQへ移行できます。 開発やテスト用にシングルインスタンスのAmazon MQ brokerまたは、AZを跨って素早い自動的なフェイルオーバーを提供するActive/Standbyのペアを作成できます。どちらの場合もデータはAZをまたがって配置され、ブローカーインスタンスとメッセージストレージを従量課金でご利用いただけます。 Amazon MQはAWSファミリーの一員であり、サービスAPIの認証と認可に対してAWS Identity and Access Management (IAM)を利用します。Amazon CloudWatchメトリクスを利用して、キューの深さのような注目すべきメトリクスを継続的に監視し、 必要に応じてコンシューマーフリートのAuto Scalingを発動したりすることが可能です。

Read More