Amazon Web Services ブログ

Category: News

AWS Graviton2 を搭載した新しい EC2 M6g インスタンス

本日より、第 6 世代の Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) 汎用インスタンスである M6g をご利用いただけます。「g」は「Graviton2」を意味します。これは、AWS (および Amazon のグループ企業である Annapurna Labs) が 64 ビット Arm Neoverse N1 コアを使用して設計した次世代の Arm ベースのチップです。 これらのプロセッサは、256 ビットの常時オンの DRAM 暗号化をサポートしています。また、第 1 世代の Graviton と比較して浮動小数点演算の性能を 2 倍にするデュアル SIMD ユニットが含まれており、機械学習の推論ワークロードを加速する int8/fp16 命令をサポートしています。詳細については、AnandTech によって公開されたこの完全なレビューをご覧ください。 M6g インスタンスは、1、2、4、8、16、32、48、および 64 の vCPU を備えた 8 つのサイズで、またはベアメタルインスタンスとして、利用できます。最大で 256 GiB のメモリ、25 Gbps のネットワークパフォーマンス、および 19 Gbps […]

Read More

Amazon Elasticsearch Service のUltraWarm の一般提供

本日、Amazon Elasticsearch Service の UltraWarm の一般提供を開始しました。 この新しい低コストのストーレジ層は、現在の Amazon Elasticsearch Service ストーレジ層の 10 分の 1 のコストで、最大 3 ペタバイトのログデータについて高速かつインタラクティブなアナリティクスを提供します。 UltraWarm は、古いデータやアクセス頻度の低いデータに安価なストーレジを提供することで、既存の Amazon Elasticsearch Service ホットストーレジ層を補完します。同時に Amazon Elasticsearch Service のお客様が期待するような、てきぱきしたインタラクティブなエクスペリエンスを提供します。Amazon Elasticsearch Service は、Amazon S3 にデータを保存し、AWS Nitro System 上で専用に構築された高度に最適化されたカスタムノードを使用して、そのデータをキャッシュ、プリフェッチ、クエリします。 Amazon Elasticsearch Service には、ウェブサイトの検索システムの構築、アプリケーションログまたはインフラログからのデータの保存と分析など、多くのユースケースがあります。この新しいストーレジ層は、大量のログデータを保存しているお客様に特に適していると考えています。 Amazon Elasticsearch Service は、大量のログデータを取り込み、対話的に分析できるため、ログアナリティクスによく利用されています。マイクロサービスとコンテナを使用してアプリケーションを構築する開発者が増えると、ログデータが爆発的に増加します。数ヵ月または数年分のデータを保存して分析することは、コストがかかりすぎるため、お客様は複数のアナリティクスツールを使用したり、貴重なデータを削除したりして、長期的なデータがもたらす重要な知見を得ることができませんでした。 AWSは、この問題を解決するために UltraWarm を構築しました。開発者、DevOps エンジニア、InfoSec の専門家は、アーカイブからアクティブで検索可能な状態にデータを復元するために、Amazon Elasticsearch Service クラスター内で数日を費やすことなく、最近の長期的な運用データを分析することができます。 それでは、AWS マネジメントコンソールで新しいドメインを作成して、この新しいストーレジ層をどのように使用するかを見てみましょう。 最初に Amazon […]

Read More

新機能 – AWS Glue を使用したサーバーレスストリーミング ETL

 アプリケーションが本番環境にあるとき、何が起こっているか、どのようにアプリケーションが使われているかを把握する必要があります。データ分析の最初のアプローチはバッチ 処理モデルで、一連のデータを一定期間収集し、分析ツールで実行します。迅速に対応したい場合には、ストリーミングモデルを使用します。このモデルでは、データの到着時にデータ処理し、一度に 1 レコードずつ、または数十、数百、数千のレコードのマイクロバッチで処理します。 継続的な取り込みパイプラインの管理や即時的なデータ処理は、管理、パッチ適用、スケーリング、一般的な対応を必要とする常時オンのシステムであるため、大変複雑です。現在、拡張 (AWS Glue ジョブを Apache Spark に基づいて ) によってこうした機能をより簡単でコスト効率の高い方法で実装し、ストリーミングプラットフォーム (Amazon Kinesis Data Streams や Apache Kafka (完全マネージド Amazon MSK を含む)) などからデータを継続的に実行し使用しています。 このように、Glue はデータレイク (Amazon S3 の)、Amazon Redshift などのデータウェアハウス、またはその他のデータストアにデータを取り込むために必要なインフラストラクチャをプロビジョニング、管理、スケーリングします。たとえば、ストリーミングデータを DynamoDB テーブルに保存してすばやく検索したり、Elasticsearch に保存して特定のパターンを検索したりすることが可能となります。この手順は通常、抽出、変換、読み込み (ETL) と言います。 Glue ジョブでストリーミングデータを処理すると、Spark Structured Streaming の全機能にアクセスして、集約、パーティション化、フォーマット、他のデータセットとの結合といったデータ変換を実行し、データに情報を追加または修正して分析を容易にします。たとえば、外部システムにアクセスしてリアルタイムで不正を特定したり、機械学習アルゴリズムを使用してデータを分類したり、異常や異常値を検出したりできます。 AWS Glue を使用したストリーミングデータの処理 この新しい機能を試すには、IoT センサーからデータを収集し、すべてのデータポイントを S3 データレイクに保存します。Raspberry Pi と Sense HAT を使用し、温度、湿度、気圧、空間内の位置をリアルタイムで […]

Read More

新情報 – VPC エンドポイント向け Amazon Simple Email Service (SES)

 チャットやメッセージングアプリケーションも広く普及しましたが、メールは最も投資利益率 (ROI) の高いユビキタスチャネルとして人気を維持しています。参入のハードルの低さ、価格の安さ、特定の受信者をターゲティングする機能が特徴です。組織のマーケティングおよび取引のメッセージがタイムリーに顧客に届き、より深いエンゲージメントを促進していることを確認するには、大規模なメール配信における専門知識を培ってきた、経験豊富で信頼できるメールサービスプロバイダーと連携する必要があります。 Amazon Simple Email Services (SES) は信頼性と柔軟性に富んだ手ごろな価格のメールサービスプロバイダーとして、2011 年から開発者およびデジタルマーケター向けにサービスを提供してきました。Amazon SES は、顧客とのやりとりにメールを使用しているあらゆる規模の企業に適した、信頼性が高く、コスト効率の良いサービスです。多くの企業が、機密性が高く、厳しいセキュリティポリシーを保持する業界に属しています。そのため AWS は Amazon SES のセキュリティおよびコンプライアンスの機能を強化しました。独自の RSA キーペアを使用した DKIM の設定、HIPAA 資格や FIPS 140-2 準拠のエンドポイントのサポート、地域拡大などが可能となりました。 このたび Amazon SES ユーザーは、AWS PrivateLink を使用した VPC エンドポイントを介して、安全かつ拡張可能な方法で、Virtual Private Cloud (VPC) から Amazon SES に直接接続できるようになりました。インターネットゲートウェイ、NAT デバイス、VPN 接続、または AWS Direct Connect 接続を使用せずに、VPC 経由で Amazon SES にアクセスできるようになりました。インターフェイス VPC エンドポイントを使用すると、VPC と Amazon […]

Read More

FORMULA 1 DeepRacer ProAm Special Event にご参加ください

 AWS DeepRacer リーグは、賞品と栄光をかけて競うとともに、強化学習について楽しみながら学ぶ機会を提供します。モデルの構築、トレーニング、および評価には AWS DeepRacer 3D レーシングシミュレーターを使用でき、モデルがレースできることを確実にするために、結果を検証してモデルを改善することが可能です。 フォーミュラ 1 (F1) レースで優勝するには、技術的に洗練されたレースカー、一流のドライバー、極めて優れたクルー、そして (信じられないかもしれませんが) かなりの機械学習が必要です。AWS は過去数シーズンにわたって、かつてないほど速く、低燃費のレースカーを生み出すために機械学習を利用する方法を見つけるべくフォーミュラ 1 チームと連携してきました (詳細については、最速の車、最速のクラウド、および Formula 1 Works with AWS to Develop Next Generation Race Car をお読みください)。 スペシャルイベント AWS DeepRacer リーグでは、AWS DeepRacer コンソールで毎月新しい仮想レースを開催していますが、今月は特別なレース、Formula 1 DeepRacer ProAm Special Event を開催します。5 月中は、フォーミュラのドライバーたちとそのクルーによって構築およびチューニングされたモデルとレースする機会を求めて競い合うことができます。出場者は以下のとおりです。 ロブ・スメドレー – F1 のデータシステム担当ディレクター兼 AWS Technical Ambassador。 ダニエル・リカルド – グランプリで 7 度優勝し、29 […]

Read More

新しい – AWS Elemental Link – がライブビデオをイベントのためにクラウドに配信 & ストリーミング

動画は、非常に多くのオンライン体験の中心となっています。発信元や作成者に関係なく、今日の視聴者は、高解像度かつ放送品質の視聴体験を期待しています。 洗練された環境であれば、専用ハードウェアと関連 A/V チームは、これらの期待に応える動画を記録、エンコード、ストリーミング、または保存できます。しかし、コストと運用の複雑さにより、同様の体験を提供することができないチームもありました。教室、地元のスポーツイベント、企業イベント、小規模なパフォーマンススペースには、確実に動画をクラウドに配信して処理、保存、オンデマンド配信、およびライブストリーミングするために必要なハードウェアとソフトウェアをインストール、設定、実行するために必要な予算や専門知識がありません。 AWS Elemental Link の紹介 本日は、AWS Elemental Link について説明します。この新しいデバイスは、ライブ動画のソースを AWS Elemental MediaLive に接続します。デバイスは小さく (約 32 立方インチ)、重量は 1 ポンド未満です。電力の消費量はわずかで、騒音もありません。995 USD ですぐに購入できます。 これらのデバイスは、AWS マネジメントコンソールから注文して、お届け場所には使用予定の場所を指定できます。デバイスは事前に設定された状態で届くため、必要なのは、電源、動画、およびインターネットへの接続だけです。使用時に特別な専門知識を必要とせずに、コンソールから任意の数の Link デバイスを監視および管理できます。 Link デバイスは、動画のソースに接続すると、組み込みの 3G-SDI または HDMI コネクターに到達したすべての動画、オーディオ、メタデータストリームを AWS Elemental MediaLive に送信し、利用可能な帯域幅に適応する自動ハンズフリーチューニングを行います。動画がクラウドに格納されると、AWS Elemental Media Services のフルラインナップを使用して、動画を処理、保存、配信、収益化できます。 AWS Elemental Link の注文 開始するには、AWS Elemental Link コンソールにアクセスし、[注文を開始] をクリックします。 利用規約を理解したことを表明し、[注文を続行する] をクリックして続行します。 注文の入力を開始します。最初に、連絡先情報と任意の注文名を入力します。 次に、個別の注文明細を入力し、それぞれの後に [新しい注文明細を追加] […]

Read More

新機能 – Step Functions と AWS CodeBuild を使用した継続的インテグレーションワークフローの構築

 ソフトウェアビルドの自動化は、DevOps のベストプラクティスを採用するための重要なステップです。これを支援するために、フルマネージド型の継続的インテグレーションサービスである AWS CodeBuild を構築しました。これは、ソースコードをコンパイルし、テストを実行し、デプロイの準備ができたパッケージを生成します。 しかし、お客様のビルドプロセスには非常に多くのカスタマイズの選択肢があり、ソフトウェアビルドに必要なさまざまなアクティビティを調整するために、開発者が独自のカスタムワークフローを作成することに時間を費やしていることがわかりました。たとえば、一部のテストを実行し、もしくは実行しないこととし、またはクイックフィックスをデプロイする必要がある場合にコードの静的分析をスキップしたい場合があります。 単体テストの結果に応じて、さまざまなアクションを実行したり、SNS を介して通知を受けたりしたい場合があります。 これを簡素化するため、本日、新しい AWS Step Functions の CodeBuild とのサービス統合をリリースします。これで、ステートマシンの実行中に、ビルドの開始または停止、ビルドレポートサマリーの取得、および過去のビルド実行レコードの削除ができるようになります。 これにより、独自のワークフロー主導のビルドプロセスを定義し、手動または自動でトリガーできます。たとえば、次のことができます。 Amazon EventBridge ルールを使用して、定期的に (夜間ビルドの場合)、または何かが発生したときに (AWS CodeCommit リポジトリへのプルリクエストなど)、ビルドワークフローを開始します。 Amazon API Gateway を使用して、ステートマシンへの直接統合で、またはワークフローを開始する前に入力ペイロードの有効性をチェックする AWS Lambda 関数を介して、GitHub などのサービスによって呼び出すことができる webhook を構築します。 この投稿で説明されているように、AWS CodePipeline アクションの動作をカスタマイズします。 この統合により、Step Functions の全機能を使用して、ソフトウェアのビルドを自動化できます。たとえば、Parallel 状態を使用して、ビルドの独立したコンポーネントの並列ビルドを作成できます。コードリポジトリ内のすべてのブランチのリストから始めて、Map 状態を使用して、各ブランチに一連のステップ (自動化ビルド、ユニットテスト、統合テスト) を実行できます。 同じワークフローで他の Step Functions のサービス統合を活用することもできます。 たとえば、メッセージを SQS キューに送信してアクティビティを追跡したり、Amazon ECS とAWS Fargate を使用して構築したコンテナ化されたアプリケーションを開始したりできます。 ワークフロー主導のビルドプロセスのために Step Functions […]

Read More

New – Amazon AppFlow のご紹介

Software as a service (SaaS) アプリケーションはお客様にとってますます重要になり、それを採用するお客様も急速に増えてきています。このソフトウェアの利用方法には多くの利点がありますが、1 つの課題は、データがさまざまな場所に点在していることです。データから有意義な洞察を得るには、それを分析する方法が必要ですが、データが複数のデータアイランドに分散している場合は困難な場合があります。 開発者は膨大な時間をかけてカスタム統合を行い、SaaS アプリケーションと AWS のサービスの間でデータを渡して分析できるようにしています。これには高額の費用がかかり、完了までに数か月を要する場合もあります。データ要件が変更されると、統合に複雑な変更を加える必要があり、費用もかかります。潤沢なエンジニアリングリソースがない企業は、アプリケーションからデータを手動でインポートおよびエクスポートすることになるかもしれません。これは時間がかかり、データ漏洩のリスクがあり、人為的ミスを招く可能性もあります。 本日、この問題を解決する Amazon AppFlow と呼ばれる新しいサービスを発表できることを嬉しく思います。Amazon AppFlow を使用すると、AWS のサービスと、Salesforce、Zendesk、ServiceNow などの SaaS アプリケーション間のデータフローを自動化できます。SaaS アプリケーション管理者、ビジネスアナリスト、および BI スペシャリストは、IT が統合プロジェクトを完了するのに数か月待つことなく、必要な統合のほとんどをすばやく実装できます。 SaaS アプリケーションから AWS のサービスへのデータフローを可能にするだけでなく、AWS のサービスから SaaS アプリケーションへのデータの送信も行えます。AWS ではセキュリティが最優先事項であるため、すべてのデータは転送時に暗号化されます。一部の SaaS アプリケーションは AWS PrivateLink と統合されています。これにより、セキュリティとプライバシーがさらに強化されます。AWS PrivateLink を使用して SaaS アプリケーションと AWS の間でデータの送受信が行われる場合、トラフィックはパブリックインターネットを使用せずに Amazon ネットワークに留まります。SaaS アプリケーションがサポートしている場合、Amazon AppFlow が自動的にこの接続を処理し、プライベートデータの転送を誰にとっても簡単にし、インターネットベースの攻撃による脅威と機密データ漏洩のリスクを最小限に抑えます。 データ転送をスケジュールに従って、ビジネスイベントに応じて、またはオンデマンドで実行するようにスケジュールできます。これにより、データの共有を迅速かつ柔軟に行うことができます。 この新しいサービスの力を示すために、簡単なフローの構築方法を示します。 筆者はイギリスとアイルランドでウェブコミュニティのオーガナイザー向けに Slack ワークスペースを運営しています。Slack は […]

Read More

新サービス New – 既存の SFTP に加えて、AWS Transfer for FTP と AWS Transfer for FTPS の提供開始

AWS Transfer for SFTP は、セキュアファイル転送プロトコル (SFTP) を使用して Amazon S3 との間でファイルを直接転送できるフルマネージドサービスとして、2018 年 11 月にリリースされました。 本日、サービスを拡張して、FTPS および FTP のサポートを追加することを発表します。これにより、既存の AWS Transfer for SFTP サービスに加えて、SSL を介したファイル転送プロトコル (FTPS) および AWS での FTP ワークロードを簡単に移行して安全に実行できます。Amazon S3 の SFTP、FTPS、および FTP ベースの転送をサポートする「AWS Transfer Family」も発表します。これは AWS Transfer for SFTP、FTPS、および FTP を総称したものです。 一部のソフトウェアアーカイブおよび科学研究用アプリケーションは FTP を使用してソフトウェアアーティファクトやパブリックデータセットを配信し、CRM、ERP、およびサプライチェーンアプリケーションは FTPS を使用して機密データを転送します。既存のアプリケーションの多くは、FTP または FTPS から SFTP に切り替えることができません。これは、既存のアプリケーションとプロセス (特にサードパーティが携わっているもの) を変更する必要があり、非現実的または実行不可能であることが多いためです。お客様は、既存の統合やエンドユーザーを混乱させることなくファイル転送プラットフォームを移行する、簡単で安全な方法を模索しています。このような理由により、AWS Transfer […]

Read More

新サービス – CloudWatch Synthetics を使用してサイト、API エンドポイント、ウェブワークフローなどをモニタリングする

今日のアプリケーションには、コンテナ、マイクロサービス、レガシー内部サービス、サードパーティサービスなど、数百または数千の可動パーツが含まれます。各パーツの正常性とパフォーマンスをモニタリングすることに加えて、許容できるカスタマーエクスペリエンスを提供するために、パーツが確実に噛み合うようにする必要があります。 (AWS re:Invent 2019 で発表した) CloudWatch Synthetics を使うと、サイト、API エンドポイント、ウェブワークフローなどをモニタリングできます。パフォーマンスと可用性の可視性が向上したアウトサイドインビューが表示されるため、これまでになく迅速に問題を認識し、対処できます。顧客満足度を高め、アプリケーションがパフォーマンス目標を満たしていることを確信できるでしょう。 CloudWatch Synthetics の使用を開始するのに、数分しかかかりません。個々のウェブページ、それにウィザードやチェックアウトなどのマルチページウェブワークフロー、API エンドポイントをモニタリングする Canary を作成するだけです。その際、メトリクスは Amazon CloudWatch に、そしてその他のデータ (スクリーンショットや HTML ページ) は S3 バケットに保存されます。Canary を作成するときに、パフォーマンス、動作、またはサイトの整合性に基づくしきい値を超えたときに通知を受け取れるように CloudWatch アラームを設定できます。障害にできるだけすばやく対処するため、スクリーンショット、HAR (HTTP アーカイブ) ファイル、およびログを確認して、障害の詳細を理解することができます。 CloudWatch Synthetics in Action Canary はかつて、炭鉱に致命的なガスが発生したことを早期に警告するために使われていました。CloudWatch Synthetics が提供する Canary は、同様の早期警告を発し、かなり人道的な面があります。開始するには、CloudWatch コンソールを開き、[Canaries] をクリックします。 Canary の全体的なステータスを一目で確認できます。 先月、このブログ記事の準備として、Canary をいくつか作成しました。私は、CNN のホームページ、個人ブログ、Amazon Movers and Shakers ページ、Amazon Best Sellers ページなど、いくつかのサイトを選択しました。どのサイトが最も興味深い結果を返すかはわかりませんでした。もちろん、それらのサイトのいずれかに何か特別な思い入れがあるというわけでもありません。重用なのは、この (そしてすべての) […]

Read More