Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Route 53

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Route 53 Resolver 資料及び QA 公開

先日 (2019/10/16) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「 Amazon Route 53 Resolver 」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20191016 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Route 53 Resolver from Amazon Web Services Japan AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. オンプレミスと Amazon VPC との相互の名前解決は、AWS Direct Connect や Internet VPN を用いて、オンプレミスと Amazon VPC が接続されていることが前提という理解でよろしいでしょうか。 A. はい。ご認識の通りです。 Q. Route53 Resolver を無効にするユースケースは、例えばどのようなものがありますか? A. お客様が独自にDNSを構築し、そちらのみを利用したいケースなどが考えられます。 Q. […]

Read More

新発表 – すべてのアプリケーションに可用性とパフォーマンスの向上を提供するAWS Global Accelerator

以前、法規制等によりユーザデータを地理的に分離してデータ主権法を遵守する必要がある分野で働いていた経験から、私は複数の国に展開されたインフラストラクチャを必要とするグローバルワークロードを実行することの複雑さを証明することができます。可用性、パフォーマンス、そしてフェイルオーバーなどすべての要素はヤクの毛をかる(モグラ叩きのように次から次に問題が発生して切りがないという意味)ような果てしない作業になります(まるであなたが過去にデータセンターを拡張したように)。お客様は我々に複数のリージョンでオペレーションを行う必要があると言います。それは可用性のためである場合もあれば性能のためでもあり、規制に対応するためである場合もあります。ワークロードをAWS CloudFormationでテンプレート化し、Amazon DynamoDB Global Tableを使うことでデータベースをレプリケーションできること。そして、AWS SAMを使ってサーバレスのワークロードをデプロイできることについてはとても満足いただいています。これらの作業の実施は短時間で実行することができるとともに、グローバルな体験を顧客に対して提供することができます。また、お客様には地理的な隔離により、AWSがblast radiusすなわち問題の地理的連鎖の排除が実現でき、その結果として可用性が向上することについても満足を頂いています。しかし一方で、お客様はアプリケーションの部分においてもう少し有効な機能を提供することを望まれています。

Read More

Amazon より 新しい .BOT gTLD が誕生

本日、 Amazon の新規汎用最上位ドメイン (gTLD) 、 .BOT の公開をお知らせします。.BOTドメイン をお使いいただくと、ボットにIDやポータルを提供することができます。フィットネスボット、 slack ボット、 e コマースボットなど、 .BOT のドメインを通じて全機能に簡単にアクセス可能です。「ボット」という言葉は .COM TLD 内で2016年、4番目に登録数の多いドメインキーワードであり、ひと月に6000以上の登録がありました。.BOT ドメインではお客様のボットへのインターネット ID の付与、そして SEO パフォーマンスの向上をご提供します。 本記事の執筆時点では .BOT ドメインの価格は $75 〜、 Amazon Lex 、Botkit Studio 、 Dialogflow 、 Gupshup 、 Microsoft Bot Framework 、 Pandorabots のようなサポートツールを使って検証し公開する必要があります。今後さらに多くのツールのサポートを予定していますが、お気に入りのボットフレームワークがサポート対象外の場合はお気軽にご連絡ください。contactbot@amazon.com ここからは、whereml.bot のポッドを例にドメインの登録とプロビジョニングの流れを紹介します。その後でホストゾーンとして Amazon Route 53 にドメインを設定する手順を見ていきましょう。では始めましょう。 .BOT ドメインの登録 まず https://amazonregistry.com/bot で新規ドメインを入力し、magnifying classをクリックして入力したドメインが利用可能かどうかを確認します。利用可能であれば、登録ウィザードに進みます。 次に、ボットの認証方法を選ぶ画面になります。私は全てのボットを […]

Read More

Amazon ECS サービスディスカバリ

Amazon ECS でサービスディスカバリがサポートされました。これにより、ECS サービスが Amazon Route 53 の予測可能でフレンドリーな DNS 名で自動的に登録することができるようになります。負荷やコンテナの健全状態に対応してサービスがスケールアップまたはダウンすると、Route 53 のホストゾーンは最新の状態が保たれ、他のサービスが各サービスの状態に基づいてコネクションを行う必要がある場所を発見できるようになります。次のアドレスで、架空のソーシャルネットワークアプリでサービスディスカバリのデモを見ることができます。https://servicediscovery.ranman.com/. サービスディスカバリ マイクロサービスや最新のアーキテクチャへの移行の一部には、障害や変化する負荷に迅速に対応できるダイナミックで、オートスケーリングでき、そして堅牢であるサービスを持つことが必要とされます。皆さんのサービスはおそらく、依存したり利用されるサービスが複雑に関連した依存関係のグラフ構造を持っているでしょう。最新のアーキテクチャのベストプラクティスは、これらのサービスが独自に依存関係を指定できるようにして疎結合にすることですが、ダイナミックな環境では各サービスが自力で自身が接続する先を見つける必要があるため、複雑になってしまう場合があります。 consul、etcd、またはzookeeperなどのサービスディスカバリの従来のアプローチは、すべてこの問題をうまく解決しますが、追加のインフラストラクチャをプロビジョンして管理する必要や、コンテナやインスタンス上にエージェントをインストールする必要があります。これまでは、サービスが互いに発見して接続できるように、独自のサービスディスカバリーシステムを構成して実行するか、すべてのサービスをロードバランサに接続する必要がありました。これからは、ECS コンソール、AWS CLI、または ECS API を使用して、コンテナ化したサービスのサービスディスカバリが可能になります。 Amazon Route 53 サービスレジストリとAuto Naming API の紹介 Amazon ECS サービスディスカバリは、Amazon Route 53 サービスレジストリと Auto Naming API とコミュニケーションすることにより動作します。このブログではこれまでそれらについて触れていないため、ここでは簡単にこれらの Route 53 API の動作について概説したいと思います。最初に、一部の用語について説明します。 名前空間 – 名前空間は、トラフィックを流すドメイン名を指定します (例: internal、local、corp)。これは、サービスが互いに発見できる論理的境界と考えることができます。名前空間は、 aws servicediscovery create-private-dns-namespace コマンドの呼び出しまたはECS コンソールで作成することができます。名前空間は、Route 53 のホストゾーンとほぼ同じです。名前空間にはサービスが含まれます。これは次に取り上げる用語です。 サービス – サービスは「auth」、「timeline」、「worker」などの名前空間にある特定のアプリケーションまたはアプリケーションのセットです。サービスはサービスインスタンスを含みます。 […]

Read More