Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Elastic Kubernetes Service

AWS Step FunctionsとAmazon EKSの統合のご紹介

元の記事:https://aws.amazon.com/blogs/containers/introducing-aws-step-functions-integration-with-amazon-eks/ 本投稿は Romain Jourdanによる記事を翻訳したものです。 私がAWSに入社してからこれが初めてのAWS Container Blogへの投稿となりますが、サーバーレスとKubernetesという2つのテクノロジの融合、具体的にはAWS Step FunctionsとAmazon Elastic Kubernetes Serviceの統合についてお話しできることにこの上なく興奮しています。

Read More

新しいクラスルームトレーニングで Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) でコンテナを実行する方法を学ぶ

この記事は、2020年10月15日に AWS Training のプロダクトマネージャー Ed Van Sickle によって投稿された Learn how to run containers on Amazon Elastic Kubernetes Service with our new instructor-led course を翻訳したものです。 Amazon EKS を学ぶ入門レベル以上のトレーニングコースをお探しですか? 良いニュースがあります! AWS Training & Certification は、2020年10 月に新しいクラスルームトレーニング「Running Containers on Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS)」をリリースしました。このコースは、コンテナ、Kubernetes、そして Amazon EKS に関する基本的な知識を持っているが、Amazon EKS でより多くの経験を得るために、詳細なコンテンツとハンズオンラボを希望する DevOps / クラウドエンジニアを対象とした3日間のクラスルームトレーニングです。 コースでカバーするトピックは次の通りです。 まず、コンテナ、Kubernetes、そして Amazon EKS の基本を確認します。次に、Amazon […]

Read More

AWS App Mesh と Kong を使って Amazon EKS 上でマイクロサービスを実行する

この記事は、Running microservices in Amazon EKS with AWS App Mesh and Kong を翻訳したものです。 本投稿は、Kong ソリューションエンジニアの Claudio Acquaviva、Kong アライアンスの Morgan Davies と共同で作成されたものです。 サービスメッシュはサービス間通信のための一般的なアーキテクチャパターンとなっている透過的なインフラストラクチャレイヤーです。Amazon EKS と AWS App Mesh を組み合わせることでマイクロサービスのための強力なプラットフォームを形成し、ロードバランシング、サービスディスカバリ、可観測性、アクセスコントロール、トレース、ヘルスチェック、サーキットブレーカーなどサービス間通信で発生する技術的な要件に対応する事ができます。 モダンなエンタープライズソリューションでは、次のカテゴリの明確な管理制御が必要です。 API エンドポイントへの外部からのイングレストラフィックをカバリングする API 管理 運用管理とサービスの状態に焦点を当てたサービス管理機能 サービスメッシュは主に 2 つ目のカテゴリに対応していますが、イングレストラフィックも同様に重要であり、スロットリング、アプリケーションとユーザの認証、リクエストログとトレース、データのキャッシングなどクラスタ全体のポリシーをサポートするソリューションから恩恵を受けることができます。これらのポリシーに加えてイングレスは使用状況の把握、課金システムの追加、運用上の閾値を超えたアラートの生成などの機能により、API のマネタイズを可能にするレイヤーです。 これらの機能はクラスタ外の周辺ツールを利用することで実現することも可能ですが、Kong for Kubernetes Ingress Controller は HPA、自己修復、RBAC、cert-manager などの Kubernetes の機能を活用して、アプリケーションと並行して稼働しているサービスメッシュを保護するソリューションを提供します。 この記事では、Amazon EKS、AWS App Mesh、Kong for Kubernetes を利用してサービスメッシュを安全に実装する方法について説明します。ここで取り上げる課題の範囲は API […]

Read More

新しい Amazon EKS コンソールの紹介

この記事は、Introducing the new Amazon EKS console を翻訳したものです。 Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) は re:Invent 2017 にて提供を開始して以来、 Kubernetes を本番環境で利用するユーザーのニーズを満たすように急速に進化してきました。Intel、Snap、Intuit、GoDaddy、Autodesk などのお客様は、セキュリティ、信頼性、およびスケーラビリティの高さを理由に、最も機密性の高いミッションクリティカルなアプリケーションをAmazon EKS 上で実行しています。 Amazon EKS には、Kubernetes のアプリケーションや API リソースの設定を簡単に可視化できるシンプルな方法がありませんでした。問題を特定して調査するには、Kubernetes と AWS 全体を手動で追跡する必要がありました。これらの作業はすべて、特に新しいユーザーにとって、Amazon EKS を始めて、実行するのに多くの時間が必要なものでした。 2020年12月1日、我々は新しい Amazon EKS コンソールを発表できることを嬉しく思います。Amazon EKS では、Kubernetes クラスター、アプリケーション、および関連するクラウドリソースのステータスを単一の場所で確認できます。新しいコンソールを使うことで、お客様は Kubernetes 環境にまつわる情報をすぐに手に入れられるようになり、アプリケーションのさまざまなコンポーネントの依存関係をすべて理解し、適切にデプロイされていることを確認することが容易になります。 Kubernetes クラスターを詳しく見る EKS コンソールは AWS でホストされるため、追加のセットアップや設定は不要です。コンソールを開き、クラスターを選択するだけです。 Overview タブで、クラスターのワーカーノード一覧が表示されていることにまず気づくでしょう。Kubernetes コントロールプレーンから見て、これらのノードは Kubernetes アプリケーションが実行されるコンピューティングリソースです。ノードをクリックすると、Kubernetes API サーバーがこのノードについて知っているすべての情報が、もう少し詳しく表示されます。さまざまなノードをすばやく探索し、関連するEKS のマネージド型ノードグループと、そのノードが表す […]

Read More

Fluent Bit for Amazon EKS on AWS Fargate をリリース

本投稿は、Akshay Ram, Prithvi Ramesh, Michael Hausenblas による寄稿を翻訳したものです。   Container roadmap 上の issue 701 では、 EKS on Fargate 利用時の CNCF Fluent Bit を利用したログルーターのサポートについて議論していました。このブログ記事では、EKS on Fargete利用時におけるいくつかの設定ステップによってCloudWatch へ直接ログを送信する事が出来る新しい機能とそれを利用する流れをみていきましょう。 以前は、AWS Fargate 上で動くAmazon EKS の Pod から コンテナログを送信するためには サイドカーコンテナを動かす必要がありましたが、組み込みのログルーターを利用出来るようになりました。これはサイドカーをインストールしたり維持する必要が無いという事を意味しています。ユーザーはデータの送信先を選択するだけで、ログは選択した送信先にルーティングされます。 私たちは、2つの設計原則を維持しながらこの機能を構成しました。 一貫性:必要に応じて、ネイティブの Kubernetes オブジェクトを利用して、コンピューティングタイプ(EC2、マネージドノードグループ、Fargate)に渡った一貫したインターフェイスをお客様に提供する シンプル:お客様のインフラストラクチャーや add-ons をさらに管理する この設計原則に従う事で、Fluent Bit 設定言語と Kubernetes Config Map を、プライマリインターフェイスとして選択し、 Kubernetes クラスターにおける標準的な方法としてロギングを設定する様にしました。Fluent Bit をプラットフォームの中に含める事で、Fluent Bit のライフサイクル管理をシンプルにしました。ログを何処に送るかを指定するだけで、後はAWSによって管理されます。   […]

Read More

新発表 — Amazon EMR on Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS)

数万社のお客様が、Amazon EMR を使用して、Apache Spark、 Hive、HBase、Flink、Hudi、および Presto などのフレームワークでビッグデータ分析アプリケーションを大規模に実行しています。EMR は、これらのフレームワークのプロビジョニングとスケーリングを自動化し、さまざまな EC2 インスタンスタイプでパフォーマンスを最適化して、価格とパフォーマンスの要件を満たします。お客様は現在、Kubernetes を使用して組織全体でコンピューティングプールを統合しています。Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) で Apache Spark を管理しているお客様の一部には、EMR を使用して、フレームワークのインストールと管理、AWS のサービスとの統合などの手間のかかる作業を排除したいと考えているお客様もいらっしゃいます。さらに、EMR が提供するより高速なランタイムや開発およびデバッグのツールも活用したいと考えています。 本日、Amazon EMR on Amazon EKS の一般提供を発表いたします。これは、EMR の新しいデプロイオプションであり、EKS でのオープンソースのビッグデータフレームワークのプロビジョニングと管理を自動化できます。EKS で EMR を使用すると、同じ EKS クラスターで Spark アプリケーションを他のタイプのアプリケーションとともに実行し、リソース使用率を向上させ、インフラストラクチャ管理を簡素化することができます。 他のタイプのアプリケーションと同じ EKS クラスタに EMR アプリケーションをデプロイできるため、リソースを共有し、すべてのアプリケーションを運用および管理する単一のソリューションで標準化できます。最新のフレームワークへのアクセス、パフォーマンスが最適化されたランタイム、アプリケーション開発用の EMR Notebooks、デバッグ用の Spark ユーザーインターフェイスなど、現在 EC2 で使用しているのと同じ EMR 機能をすべて EKS で利用できます。 Amazon EMR は、アプリケーションをビッグデータフレームワークを使用してコンテナに自動的にパッケージ化し、他の […]

Read More

Amazon EKS が、マネージド型ノードグループでの EC2 スポットインスタンスのプロビジョニングと管理をサポート

この記事は、Amazon EKS now supports provisioning and managing EC2 Spot Instances in managed node groups を翻訳したものです。 Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) を使用すると、アップストリームのKubernetes を利用した、セキュアで可用性の高いKubernetes クラスターを AWS で簡単に実行できます。2019 年にマネージド型ノードグループがサポートされ、EKS はクラスターの基盤となる EC2 インスタンス(ワーカーノード)をプロビジョニングし、管理できるようになりました。これにより、新しいAMI がリリースされたときにノードをローリングアップデートしたり、Kubernetes バージョンを更新したりといった、運用のための作業が非常に簡単になりました。EKS のマネージド型ノードグループについて詳しく知るには、アナウンス時のブログ及びドキュメントをご参照ください。 AWS public containers roadmap にお客様より寄せられたご要望を受けて、EKS はマネージド型ノードグループをさらに使いやすくするために機能を強化してきました。例えば、カスタムAMI の指定、起動テンプレートの利用といった機能拡張を実施しました。同様に、お客様の関心が高かった機能の一つが、マネージド型ノードグループでスポットインスタンスを起動、管理できるようにするというものです。 Amazon EC2 スポットインスタンスを利用すると、EC2 が予備として確保しているキャパシティーを利用して、大幅な割引価格で EC2 インスタンスを実行できます。 EC2 がこの予備キャパシティーを必要とする際には、スポットインスタンスは 2 分前に通知を受けて中断されることがあります。スポットインスタンスを Kubernetes のワーカーノードとして使用するというのは様々な種類のワークロードで非常によく使われるパターンです。ステートレスなAPI エンドポイントやバッチ処理、ML のトレーニング、Apache Spark […]

Read More

re:Invent 2020: AWS Containers Track

re:Inventは11月30日 (月) 〜12月18日 (金) の3週間を通して開催される無料かつ完全オンラインのカンファレンスです。 今週より、登録済みのお客様は多岐に渡るAWSサービスに関するライブ及びオンデマンドのセッションへアクセスすることができます。本記事ではコンテナサービスのトラック、例えば Amazon ECS、Amazon EKS、AWS Fargate、Amazon ECR、AWS App Meshに関連するセッションについてご紹介させていただきます。また、お客様のフィードバックに基づき、今年は過去人気の高かった“Getting Started”セッションやリーダシップトーク、お客様事例のセッションを復活させました。 去年のre:Invent 2019からの進化をお客様へご共有できること、心より嬉しく思います。是非ご登録いただき、アジェンダよりご覧になりたいセッションをカレンダーへ追加してください。 ローンチセッション An introduction to Amazon ECS Anywhere, Massimo Re Ferre, Principal Technologist Amazon ECS キャパシティプロバイダーは、コンテナ化されたワークロードをさまざまなタイプのコンピュートキャパシティで実行できるようにする柔軟なルール定義機能およびそのキャパシティのスケーリング管理機能を提供するものです。本セッションでは、“オンプレミス”キャパシティプロバイダーがどのようにして多種のキャパシティ上で起動するAmazon ECSタスクやサービスを統一されたAPIを使って、コントロールプレーンの追加的ソフトウェアが必要なく管理できるかを見ていきます。オンプレミス、或いは別のクライド上でコンテナをAmazon ECSからオーケストレーションする方法についてご案内します。 セッション詳細 12月9日 2020 | 7:30 AM – 8:00 AM JST 12月9日 2020 | 3:30 PM – 4:00 PM JST 12月9日 2020 | […]

Read More
EKS Managed Addons

Amazon EKS add-ons のご紹介: Kubernetes 運用ソフトウェアのライフサイクル管理

この記事は、Introducing Amazon EKS add-ons: lifecycle management for Kubernetes operational software を翻訳したものです。 当初から、Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) の目標は、Kubernetes クラスター管理の専門家ではなくても AWS 上で Kubernetes を簡単に実行できるフルマネージドサービスを構築することでした。Amazon EKS が最初にローンチしたとき、それはフルマネージドな Kubernetes コントロールプレーンを意味していました。やがて、お客様からはクラスターに必要なコンピュートパワーの管理を支援してほしいという要望が出てきました。1 年前には、EKS Managed Node Groups と AWS Fargate のサポートを導入しました。 お客様からはさらなる改善のご要望をいただいていました。本日は、フルマネージドな Kubernetes クラスターを提供するための主要なステップである新機能、EKS add-ons について紹介したいと思います。EKS add-ons を使用すると、Kubernetes アプリケーションをサポートするための重要な機能を提供する運用ソフトウェアまたはアドオンを構成、デプロイ、更新することができます。これらのアドオンには、Amazon VPC CNI のようなクラスタネットワーキングのための重要なツールのほか、可観測性、管理、スケーリング、セキュリティのための運用ソフトウェアが含まれます。 本日より Amazon VPC CNI plugin から、Amazon EKS では、新しいクラスターを作成するとき、またはクラスターの実行後いつでもアドオンを有効にできるようになりました。EKS は、クラスター上でアドオンソフトウェアを起動し、1 […]

Read More

re: Invent 2020 — 12月1日 (火曜日) の事前発表

先ほど、Andy Jassy から AWS の今後のローンチに関するヒントをもらいました。それらの準備が整ったときにはもっと沢山のことをお話したいのですが、それまでお待ちいただけるように、先行発表された内容を要約したいと思います。 小型化された AWS Outposts のフォームファクター – スペースに限りがあり、低レイテンシーのコンピューティングキャパシティにアクセスする必要がある支社、工場、小売店、医療クリニック、病院、およびセルサイトなどのロケーションに最適な新しい 2 つの AWS Outposts サイズが導入されます。1U (ラックユニット) Outposts サーバーには AWS Graviton 2 プロセッサーが搭載され、2U Outposts サーバーには Intel® プロセッサーが搭載されます。どちらのサイズも EC2、ECS、および EKS のワークロードをローカルで実行でき、プロビジョニングと管理はすべて AWS が行います (自動化されたパッチ適用と更新を含む)。 Amazon ECS Anywhere – 近々、Amazon Elastic Container Service (ECS) を独自のデータセンターで実行することが可能になり、オンプレミスとクラウドの両方で稼働する単一のコンテナオーケストレータを選択して標準化することができるようになります。同じ ECS API にアクセスでき、ECS リソースは、すべて同じクラスター管理、ワークロードスケジューリング、およびモニタリングツールとユーティリティを使用して管理できます。Amazon ECS Anywhere は、既存のオンプレミスのワークロードをコンテナ化し、ローカルで実行してから、それらを AWS クラウドに接続することも容易にします。 Amazon EKS Anywhere […]

Read More