Amazon Web Services ブログ

Category: Architecture

NVIDIA CloudXRを使ったワイヤレスヘッドセットでのVRストリーミング

本記事は、Leo Chan、William Cannady による Field Notes: Streaming VR to Wireless Headsets Using NVIDIA CloudXRを翻訳したものです。 コンシューマー向けVirtual Reality(VR)ハードウェアが多数登場していますが、ハードウェアは高価であり、セッティングは複雑で面倒なことがあります。有線のヘッドセットには、高いグラフィック性能を備えたワークステーションと、配線につまずくのを防ぐ対策が必要です。多くのルームスケールヘッドセットでは、部屋の中でヘッドセットの動きをトラッキングするために2つの外部機器(もしくは機器用の三脚、ライトタワー)を設置する必要があります。これらのセットアップには何日もかかることがもあり、ライトタワーを移動させた場合には再設定が必要になります。 Oculus Questの発売により、VRユーザーはデュアルハンドトラッキング、ワイヤレスルームスケール機能を得ました。ライトタワーやワークステーションを気にすることなくVRを楽しむことができるようになりました。しかし、Questはバッテリー駆動であるため、CPUやGPUの性能が低いことが難点であり、Questでアプリを動作させるためにはVRコンテンツを簡素化することが必要でした。つまり、CAD(Computer Aided Design)のレビューやHalf-Life: Alyxのようなグラフィックスの負荷の高い体験には使用することができませんでした。 お客様は、高額で複雑な設定を行うか、再現度の低い体験を選ぶかという難しい選択を迫られていました。 本記事では、AWSのコンピューティングサービスを利用し、Questのようなワイヤレスヘッドセットで再現度の高いVR体験をストリーミングする方法を紹介します。なお、本記事の内容を使ったアプリのストアリリースにつきましては各配信プラットフォームの利用規約をご確認ください。 アーキテクチャ NVIDIA CloudXRはリモートサーバ上のGPUを利用して、遠隔地に接続されたVRヘッドセットでストリーミング再生を行います。ビジュアルを多用するアプリケーションのレンダリングとコンピューティングは、モバイルヘッドセットではなくリモートサーバーで行われます。これにより、モバイルヘッドセットはグラフィックスの負荷に関わらず、あらゆるアプリケーションに対応することができます。 グローバルなスケーラビリティを提供するために、NVIDIAはCloudXRプラットフォームをG4およびP3のEC2インスタンスで利用可能にすることを発表しました。これにより、以下のメリットが得られます。 グローバル規模で、より近いリージョンからAR/VRストリーミング再生を行うことができます Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)インスタンス上で一元的にアプリを管理・デプロイすることが可能になります。これまでは、デバイスやハードウェアの準備が必要でした IT管理者は機密性の高いコンテンツや、頻繁に変更が必要になるコンテンツを一元的に管理できるようになります ウォークスルー AWSでCloudXRを使用するには、NVIDIA GPUを搭載したEC2インスタンス(P3またはG4インスタンスタイプ)をVirtual Private Cloud(VPC)内で実行する必要があります。このインスタンスは、VRヘッドセットで動作するCloudXRクライアントからネットワークでアクセスできる必要があります。接続は1:1で、各CloudXRクライアントは専用のEC2インスタンスに接続されます。つまり、複数のCloudXRクライアントが必要な場合は、複数のEC2インスタンスを用意する必要があります。 なお、本記事のプロセスは2021年1月時点のものです。CloudXR、およびX Reality(XR)全体は急速に変化しているため、NVIDIAのCloudXRに関する最新情報をご参照ください。AWSアカウントでCloudXRを使用するには、Amazon VPC内でP3またはG4のEC2インスタンスをセットアップする必要があります。また、CloudXRの通信に必要なポートを許可するセキュリティグループを設定する必要があります。これらのポート番号は、NVIDIAから入手できるCloudXRのドキュメントに記載されています。 前提条件を構築済みのCloudXRが設定されたEC2インスタンスをデプロイするCloudFormationテンプレートを作成しました。このテンプレートではプライベートなAMIを参照しているため、デプロイを成功させるにはお客様のAWS アカウントへAMIを共有する必要があります。このテンプレートを利用したい場合は、AWSアカウントチームにお問い合わせください。 前提条件 以下の手順では、EC2インスタンスを手動で設定する方法を説明します。CloudXRストリーミングでは、EC2インスタンスへの接続にWindows RDP以外の接続を使用する必要があります。リモート接続には、EC2インスタンスに無償で提供されているNICE DCVを使用します。 このウォークスルーでは、以下が使えることが前提条件です。 AWSアカウント NVIDIAから提供されるNVIDIA CloudXR SDK G4またはP3のEC2インスタンスを作成するための権限 VRヘッドセット […]

Read More
Amazon FSx architecture diagram

Amazon FSxへのファイルサーバーの移行とAWS Managed Microsoft Active Directoryとの統合

「Amazon FSx」は、他サードパーティ製ファイルシステムのような互換性と同時に多様な用途に堪える様々な機能を提供します。Amazon FSxを活用することによって、ハードウェアの調達・ソフトウェアの設定・パッチ適用・バックアップ等、時間と労力のかかる従来の運用作業を自動化することができます。この記事ではActive Directoryドメイン移行のシナリオにおいて、オンプレミスのファイル共有をAWS DataSyncを用いてどのようにAmazon FSxに移行できるかを説明していきたいと思います。多くのお客様がオンプレミスのADからAWS Managed Microsoft Active Directoryへの移行と同時に、ファイルサーバーもAmazon FSxに移行しています。

Read More
リテールDX

【開催報告】AWS リテールセミナーシリーズ #3 Retail DX – Turn Your Data into Action 価値を得る動と静

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 機械学習ソリューションアーキテクトの伊藤です。2020年10月28日にAWSはリテールビジネスにおけるオンラインセミナー「AWS リテールセミナーシリーズ」の第3回を開催いたしました。本Blogでは、今回のテーマである「Retail DX – Turn Your Data into Action 価値を得る動と静」について、セミナーの配信会場の様子を含めながらレポートしたいと思います。 AWSではこれまで、「Born from Retail, Built for Retailers」というメッセージを掲げ、Amazon での経験をもとにした様々なソリューションを小売業のお客様にご提案してきました。しかし、世の中がかつてない変容を遂げようとしている中、小売業のお客様においても、消費者の新たな購買行動に対応していくために変革を行っていくことが喫緊の課題となっています。そのようなお客様に対し、AWSが持つ知見や技術を広くお伝えするために、このセミナーシリーズが企画されました。 10月28日の第3回では、個社ごとに異なるビジネス価値創出戦略において、ビジネス価値を得るためにデータをアクションに繋げるためのアーキテクチャとはどのようなものなのかという視点で、モダンアーキテクチャのご紹介、蓄積された静的データの活用方法、リアルタイムな動的データの取得と活用のユースケースと具体的なアーキテクチャをご紹介させていただきました。ここから、簡単にではありますが、それぞれのセッションの内容ついて振り返っていきたいと思います。動画も公開されていますので、お時間がある方はぜひご覧ください!

Read More

【11/26開催】AWS Autotech Forum 2020 Online #2

はじめに みなさんこんにちは、ソリューションアーキテクトの福嶋です。 この度 2020 年 11 月 26 日(木)13:00 – 17:30 に「 AWS Autotech Forum 2020 Online #2 」を開催します!AWS では 2018 年・2019 年と自動車業界向けクラウドテクノロジーカンファレンス「 AWS Autotech Forum 」を実施してまいりました。 2020 年は夏と冬の 2 回開催に拡大しており、夏は AWS ソリューションアーキテクトから、自動車業界に関連した AWS のテクノロジーを中心にお伝えしました。今回は実際に AWS を活用いただいているお客様の事例を中心にセッションを構成しています。また、 #2 ではエンジニアのみなさまを対象に別日程で「 Autotech Forum Hands-on Day 」としてハンズオンをご提供します。 本投稿では、 #2 でお届けする6つのセッションの見どころをご紹介し、 2020 年 8 月 7 日に実施された「 AWS Autotech […]

Read More

AWS Well-Architected Framework のセキュリティの柱をアップデートしました

お客様からのフィードバックと新しいベストプラクティスに基づいて、AWS Well-Architected Framework のセキュリティの柱をアップデートしました。この記事では、セキュリティの柱のホワイトペーパーと AWS Well-Architected Tool の変更点の概要を紹介し、新しいベストプラクティスとガイダンスについて説明します。 AWS は、お客様がセキュアで高パフォーマンス、耐障害性、効率的なインフラストラクチャを構築することを支援するために、Well-Architected Framework を開発しました。Well-Architected Framework は、運用上の優秀性、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コスト最適化の5つの柱から成り立っており、お客様、パートナー、AWS 内の各チームからのフィードバックを受けて、定期的にフレームワークを更新しています。またホワイトペーパーに加えて、AWS Well-Architected Tool も用意されており、ベストプラクティスに照らし合わせてアーキテクチャをレビューすることもできます。

Read More

モダンアプリケーション開発ホワイトペーパー(日本語改定版)が公開されました

皆さん、こんにちは! モダンアプリケーション開発スペシャリスト ソリューションアーキテクトの福井です。 私が執筆したモダンアプリケーション開発のホワイトペーパー(日本語版)がAWSホワイトペーパーサイトで公開されましたので、その内容を紹介させて頂きます。このホワイトペーパーは、以前こちらのブログで紹介させて頂いたModern Application Development on AWS(英語版)の日本語版になります。   ホワイトペーパーの内容 公開されたホワイトペーパードキュメントは、「AWS モダンアプリケーション開発 – AWS におけるクラウドネイティブ モダンアプリケーション開発と設計パターン」(日本語版)というタイトルの51ページのドキュメントで、 はじめに モダンアプリケーション開発 モダンアプリケーションの設計パターン AWSでのCI/CD まとめ の各章から構成されています。各章の簡単なご紹介は下記の通りです。

Read More