Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Simple Storage Service (S3)

Amazon S3 Glacier はデータをアーカイブするのに最適 – S3 Glacier Instant Retrieval ストレージクラスのご紹介

2021 年 11 月 30 日(米国時間)、Amazon S3 Glacier Instant Retrieval ストレージクラスを発表しました。この新しいアーカイブストレージクラスにはアクセスがほとんどなく、長期間保存されるミリ秒単位の取得が必要なデータに対して、最も低コストのストレージを提供します。 また、S3 Intelligent-Tiering は、アクセスパターンが不明なデータや変化するアクセスパターンを持つデータに最適な新しいアーカイブインスタントアクセスティアを使用して、ほとんどアクセスされないけれどすぐに取得しなければならないデータに対してストレージコストを自動的に最適化するようになったことをお知らせします。既存のお客様にとっては、90 日以上アクセスされていないデータに対して、アクションを行う必要なく、その場で 68% のコスト削減を実現できます。高頻度、低頻度、現在のアーカイブインスタントアクセスティアは、同じミリ秒単位のアクセス時間と高スループットのパフォーマンスを実現するように設計されています。 さらに、既存の Amazon S3 Glacier ストレージクラスの新しい名前と、いくつかの値下げについて発表します。

Read More

Amazon FSx for Lustre – Amazon S3 統合の強化

2021 年 11 月 30 日(米国時間)、 Amazon FSx for Lustre の 2 つの追加機能を発表しました。まず、ファイルシステムとAmazon Simple Storage Service(Amazon S3)との完全な双方向同期する(削除されたファイルやオブジェクトを含む)。2 つ目は、ファイルシステムを複数の S3 バケットまたはプレフィックスと同期する機能です。 Lustre は、大規模な分散並列ファイルシステムで、ほとんどの大規模スーパーコンピューターのワークロードに電力を供給します。気象学、生命科学、エンジニアリングシミュレーションなどのハイパフォーマンスコンピューティングワークロードで AWS のお客様に人気があります。メディアやエンターテインメント、金融サービス業界でも使用されています。

Read More

プレビュー – AWS Backupに Amazon S3 のサポートを追加

2021 年 11 月 30 日(米国時間)より、AWS Backup for Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) をプレビューできます。 AWS Backup は完全管理されているポリシーベースのサービスで、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)インスタンス、Amazon Elastic Block Store(EBS)の 12 の AWS サービスにまたがるアプリケーションのバックアップと復元を一元化および自動化できます。ボリューム、Amazon Relational Database Service (RDS) データベース (Amazon Aurora クラスターを含む)、 Amazon DynamoDB テーブル、 Amazon Neptune データベース、 Amazon DocumentDB (MongoDB を使用)互換性) データベース、Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ファイルシステム、 Amazon FSx for […]

Read More

新機能 — Amazon S3 に保存されているデータのアクセス管理を簡素化

2021 年 11 月 30 日(米国時間)、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に保存されているデータのアクセス管理を簡素化する新機能をいくつか発表しました。まず、Amazon S3 に保存されているデータのアクセス管理を簡素化するために、アクセスコントロールリスト (ACL) を無効にできる、新しい Amazon S3 Object Ownership の設定を導入します。次に、S3 ポリシーを作成するときに、Amazon S3 コンソールポリシーエディタが IAM Access Analyzer によって強化されたセキュリティ警告、エラー、および提案を報告するようになりました。

Read More

新機能 – Amazon EventBridge で Amazon S3 イベント通知を使用する

Amazon EventBridge は 2019 年半ばにリリースされ、あらゆる規模のパワフルなイベント駆動型アプリケーションを簡単に構築できるようにしました。その発売以来、Schema Registry、Archive and Replay Events、Cross-Region Event Bus Targets のサポート、API Destinations など、いくつかの重要な機能が追加され、任意の HTTP API にイベントを送信できるようになりました。EventBridge は、非常に長い送信先リストをサポートし、イベントのパターンマッチング、フィルタリング、ルーティングを行う機能を備えた EventBridge は、非常に強力で柔軟なアーキテクチャコンポーネントです。 S3 イベント通知 2021 年 11 月 29 日(米国時間)より、EventBridge を使用して、S3 オブジェクトの変更に迅速かつ効率的に反応するアプリケーションを構築しやすくなります。

Read More
205

【InterBEE 2021登壇事例】株式会社 U-NEXT 「AWS のマネージドサービスをフルに活用したマルチチャンネル対応ライブ配信の実現」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、株式会社 U-NEXT 様にご登壇いただいた「AWS のマネージドサービスをフルに活用したマルチチャンネル対応ライブ配信の実現」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More
202

【Inter BEE 2021登壇事例】株式会社AbemaTV「AWS を活用したコンテンツ価値を最大化するABEMAのクラウド戦略」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、株式会社AbemaTV 「AWSを活用したコンテンツ価値を最大化するABEMAクラウド戦略」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More
201

【Inter BEE 2021登壇事例】株式会社TBSテレビ「AWS を活用したライブ映像の収録およびスポーツイベントでの活用事例」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回はInter BEE 2021出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、株式会社TBSテレビ様、株式会社トラフィック・シム様にご登壇いただいた 「AWSを活用したライブ映像の収録およびスポーツイベントでの活用事例」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More

Amazon S3とAWS Lambdaを使って差分チェッカーを構築してみよう

この投稿は、AWSソリューションアーキテクトであるJames Beswickによって書かれました。 異なるバージョンのファイルやオブジェクトを保存する際、自動的にバージョン間の差分を検知して記録する仕組みがあれば有用かもしれません。一般的に言うと差分チェッカーツールというのは、設定変更によって起こるJSONファイルの変更や、ユーザーによって作られたドキュメントの変更を、記録したりすることができます。 このブログ記事ではAmazon S3とAWS Lambdaを使ってスケーラブルな差分チェッカーサービスをビルド・デプロイする方法を示します。今回のアプリケーション例ではAWS Serverless Application Model(AWS SAM)を使用しているため、あなたの保有しているAWSアカウント上に簡単にデプロイすることができます。

Read More

AWSを活用した次世代型ハイブリッドおよびバーチャル臨床試験

この記事は “Running next generation hybrid and virtual clinical trials on AWS” を翻訳したものです。 CliniOpsは、AI、モバイル、分析、クラウド、センサー、コネクテッドデバイスを活用して、デジタル臨床試験をサポートする、ライフサイエンス業界向けのデータサイエンスプラットフォームを提供しています。遠隔医療を組み込んだこの斬新な統合プラットフォームアプローチは、被験者、医療機関、製薬企業向けにカスタム設計されており、低コストで高いデータ品質を保証します。また、このプラットフォームは非常に柔軟で協調性が高く、臨床オペレーション、データマネジメント、生物統計、薬事の各機能にわたるワークフローを合理化します。

Read More