Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Transcribe

AWS のメディア解析ソリューションを使用して、メタデータの自動抽出を使い始める

 AWS でメディア解析ソリューションを使用して、メディアファイルから意味のあるメタデータを簡単に抽出することができます。 メディア解析ソリューションは、数分でメディアファイルから意味のあるメタデータの抽出を始めるために使用できる AWS CloudFormation テンプレートを提供します。ウェブベースのユーザーインターフェイスを使用すると、簡単にファイルをアップロードし、自動的に抽出されたメタデータを表示することができます。 このソリューションは、顔認識に Amazon Rekognition、文字起こしの作成に Amazon Transcribe、文字起こしでの感情分析に Amazon Comprehend を使用します。独自の画像を Amazon Rekognition コレクションにアップロードして、個人を認識できるようにソリューションをトレーニングすることもできます。 料金を支払うのは、このソリューションをテストするときに使用するサービスに対してのみです。1080p HD ビデオの場合、このソリューションを開始するのに必要なコストは、1 時間あたり 8 USD 以下です。このソリューションは、メディアライブラリにインデックス付けされるメタデータの量に基づいて、さまざまなサイズで利用できます。サイズに応じた価格の範囲は月額 300 – 1,000 USD で、主にメタデータのインデックス付け、検索、保存のための Amazon Elasticsearch Service のコンピューティングとストレージのコストで構成されています。 このブログ記事では、ソリューションを起動して画像やビデオをアップロードする方法を段階的に示します。メタデータがどのようにしてシームレスに抽出されるかを直接見ることができます。 注意: このソリューションは、現在は特定の AWS リージョンでのみ利用可能である Amazon Rekognition、Amazon Comprehend、Amazon Transcribe を使用しています。したがって、このソリューションは、これらのサービスが利用可能な AWS リージョンで起動する必要があります。最新のリージョン別の AWS のサービスの利用可用性については、リージョン別の AWS のサービス内容をご覧ください。 ステップ 1: メディア解析ソリューションのデプロイ ユーザー名とパスワードを使って、AWS マネジメントコンソールにサインインします。メディア解析ソリューションへ移動して、[Deploy […]

Read More

【開催報告】Digital Advertising Japan Seminar 2018 – Machine Learning 事例祭り –

こんにちは。AWS ソリューションアーキテクトの八木達也 ( @ygtxxxx ) です。 7月23日に、「Digital Advertising Japan Seminar 2018 – Machine Learning 事例祭り –」を開催いたしました。 AWSジャパン主催でデジタル広告業界の方向けのイベントを開催するのは2年ぶりでしたが、定員60人のところ55名の方にお集まりいただき、盛況となりました。             このイベントは「Digital Advertising、AdTech 領域における Machine Learningの実践知」を「互いに学び合う」ことができる場を作ることを目標としていたため、AWSメンバーによるプレゼンテーションだけではなく、お客様プレゼンテーションを中心としたAGENDAを構成しました。機会学習という領域における、テクノロジー視点でのお取組み、組織育成視点でのお取組み、それぞれの視点で最先端な活動をなさる方々よりご登壇を頂きました。 まずは主催者の唐木/八木よりオープニングセッションを行いました。 唐木より全体の説明を行い、八木より「Machine Learning for Digital Advertising」というタイトルでプレゼンテーションを行いました。 Machine Learning for Digital Advertising from Amazon Web Services Japan 次に、アナリティクス スペシャリスト ソリューションアーキテクトの志村より「AWS ML Services Update」というタイトルでプレゼンテーションを行いました。 AWS ML Update from Amazon […]

Read More

Amazon Transcribe – スケーラブルで正確なSpeech to Text

11月29日、開発者がアプリケーションにSpeech to Textの機能を簡単に追加できる自動音声認識(ASR)サービスのAmazon TranscribeのPrivate Previewを発表致します。帯域や接続性の改善に伴い、世界中のより多くのデータが、ビデオやオーディオのフォーマットで保管されるようになってきました。人々は以前よりも早くデータを生成し、消費するようになりました。これらのリッチなマルチメディアコンテンツに存在する何らかの意図を価値として取り出すことは、ビジネスに非常に重要になっています。Amazon Transcribeを利用すれば、効果的でスケーラブルなAPIを利用して、手動での書き起こしプロセスに掛かるコストを抑えることが可能です。   APIでジョブを開始すれば、Amazon Simple Storage Service (S3) に保管された多数の一般的なフォーマットの音声ファイル(WAV, MP3, Flac, etc.)を分析でき、各単語毎のタイムスタンプと推測された区切り情報を持つ、詳細かつ正確な書き起こし結果を得られます。Preview期間中は、英語またはスペイン語を書き起こすための非同期Transcription APIをご利用可能です。

Read More