Amazon Web Services ブログ

Category: Media & Entertainment

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第八回「目指せ ! クラウドプラクティショナー」

2021/10/06 にメディア業界のお客様向けに AWS 勉強会を開催致しました。第八回では AWS 認定の中でも AWS クラウドの基礎知識とスキルを身につけることができるクラウドプラクティショナー認定の取得を目指す方向けに、ストレージとデータベースについての基礎知識をご説明するセミナーを実施しました。前半をストレージ編、後半をデータベース編、という2つのパートに分けて、ソリューションアーキテクトの金目よりご説明致しました。 資料のダウンロードおよび動画の視聴は下記のリンクから無料でご利用頂けますので、合わせてご確認ください。 資料のダウンロード及び動画の視聴リンク それではここから当日のセッションの内容について簡単にご紹介させていただきます。 目指せ!クラウドプラクティショナー ~ストレージ編〜 前半のセッションでは「目指せ!クラウドプラクティショナー ~ストレージ編〜」 というテーマで、AWSのストレージ系サービスの基礎知識をご説明致しました。 このセッションでは冒頭にオンプレミス環境での課題と対比しつつ、クラウドでのストレージ利用のメリットについてご説明致しました。そして「1. Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)の概要」、「2. Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)の概要」、「3. Amazon Elastic File System (Amazon EFS)の概要」、「4. さまざまなストレージサービスの概要」の順にお話し致しました。 「1. Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)の概要」ではEBSとインスタンストアの違いや概要、スナップショットについて説明し、「2. Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)の概要」ではS3の概要やストレージクラスの説明、静的ウェブサイトホスティング等について触れました。「3. Amazon Elastic File System (Amazon EFS)の概要」ではEFSの概要や利点について述べ、「4. […]

Read More
aws-media2cloud-helps-formula-1-migrate-to-the-cloud-and-manage-its-growing-asset-library

フォーミュラ 1(F1)のクラウド化:AWS Media2Cloudを活用したアセットライブラリ管理

1950年の創設以来、フォーミュラ1(F1)は世界的に認知されたブランドに成長し、世界中のグランプリレースイベントで撮影された画像、音声、映像の膨大なライブラリーを持っています。長い時間をかけて撮影されたF1の膨大なメディア資産は、保存、管理、利用する上での課題となっていました。研究者、編集者、プロデューサーは、新旧の映像を探したりアクセスしたりするために、プロジェクト全体の時間の50%を費やし、ワークフローの非効率性を生み出していました。AWS Solutions Media2Cloud: Architecture for the Formula 1 Legacyでは、AWSがMedia2Cloud(M2C)リファレンス実装を用いて、F1のメディアアセット管理ニーズに対する長期的な解決策をどのように構築したかを紹介しています。このソリューションにより、F1はクラウド上のメディア資産に効率的にアクセスできるようになります。

Read More
getting-started-with-aws-elemental-live-and-dolby-vision

AWS Elemental LiveでDolby Visionストリームを生成する

ハイダイナミックレンジ(HDR)技術は、比較的新しく市場で利用され、常に変化し続けています。HDR技術には、映像の明るさ(輝度)、鮮やかさ(色域)の広い美しい映像コンテンツを作成するために選択肢が数多くあります。例えば、HDR10、HDR10+、HLG、Dolby Visionなどです。この記事では、Dolby Visionの主な利点と、AWS Elemental Liveエンコーダを使用してDolby Vision対応ストリームを構成する方法を紹介します。

Read More

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第七回『アベイラビリティーゾーンを 使用した静的安定性 / AWS におけるマルチリージョン構成の考え方』

2021/09/15 にメディア業界のお客様向けに AWS 勉強会を開催いたしました。第七回では AWS でシステム設計を行う方に向けて、AWS 自身がサービス開発において重要視しているシステムアーキテクチャにおける「静的安定性」を高める工夫について、お客様にも応用頂きたくご紹介する内容を前半で、後半では、AWS におけるマルチリージョン構成の考え方を説明しました。講師を勤めたソリューションアーキテクトの八木の経験として、お客様との議論の中で、システム安定性の議論を行う際、シングルリージョン内での取りうる手段について熟考した上でマルチリージョン構成の議論を行う方が有益だと感じるシーンが多かったため、今回はそれら2つのテーマでご説明させて頂きました。 資料のダウンロードおよび動画の視聴は下記のリンクから無料でご利用頂けますので、合わせてご確認ください。 資料のダウンロード及び動画の視聴リンク それではここから当日のセッションの内容について簡単にご紹介させていただきます。

Read More
improve-streaming-content-security-with-speke-v2-0-and-aws-elemental-mediapackage

SPEKE v2.0とAWS Elemental MediaPackageでコンテンツセキュリティを強化する

CPIXとSPEKEの歴史 2015年にDASH-IFのCPIX(Content Protection Information Exchange Format)仕様が発表されるまで、エンコーダーやパッケージャーがキーサーバーに暗号化キーを要求する際に利用できる標準的なペイロードフォーマットはありませんでした。CPIXはこのギャップを埋めるために、XMLをベースにしたハイレベルなフレームワークを提供し、保護するストリーム、関連する暗号化キーを記述し、マニフェストのシグナリング情報を伝えるものです。 CPIXは当時の業界にとってまさに革新的なものでしたが、その適用範囲は限られていました。CPIXは、実装者をサポートするための複数のオプションを持つ、幅広いフレームワークであり、XMLをやりとりするための標準的なAPIは含まれておらず、当時はDASHのユースケースのみをカバーしていました(HLSやSmooth Streamingのユースケースは含まれていませんでした)。 AWS Elementalは、CPIX v2.0をベースに、2017年末にSPEKE(Secure Packager and Encoder Key Exchange)仕様を作成しました。SPEKE v1.0は、CPIXエクステンション、CPIXプロファイル、CPIX APIを実装しました。CPIXエクステンションは、HLSおよびMSSシグナリングのユースケースをカバーするためのカスタムXML名前空間を追加しています。CPIXプロファイルは、サポートされるCPIX機能の数を特定のスコープに制限し、CPIX APIは、オンプレミスとクラウドの両方のデプロイメントトポロジーをカバーします。

Read More

ドローンとAIを活用した風力発電所のメンテナンスの自動化

この記事は、「Automating Wind Farm Maintenance Using Drones and AI」を翻訳したものです。 はじめに 風力タービンのメンテナンスは、高額でハイリスクな作業です。ニュースサイトの最近の分析によると、風力発電所のオーナーは、10年間で400億ドル以上を運用・保守に費やすと予想されています。また、別の最近の研究  では、従来のロープを使った検査の代わりにドローンを使った検査を行うことで、運用コストを70%削減し、さらにダウンタイムによる収益の損失を最大90%減少させることができるとしています。 このブログ記事では、ドローン、機械学習(ML)、モノのインターネット(IoT)をエッジとクラウドで活用することで、タービンのメンテナンスをより安全に、よりコストを抑えて行う方法を紹介します。まず、機械学習モデルをクラウド上で学習させ、タービンブレード上の腐食、摩耗、アイシングなどの危険を検出しました。機械学習部分の詳細は、前回のブログ記事でご紹介しています。このモデルをエッジに展開することで、より安全で迅速な検査を実現します。また、クラウドへの継続的な接続を必要とせず、オフラインでも動作します。ユニークなのは、Amazon Augmented AI を通じて、カスタムアラートや条件に基づいて調査結果に関与できる既存のメンテナンスチームを組み込むことができることです。この方法では、専門家があなたから指定された通りにレビューを行うというように、機械学習モデルを継続的な学習プロセスの中に組み込むことができます。このブログ記事は、re:Invent 2020 のビルダー・フェア・プロジェクト「Automating Wind Turbine Maintenance Using Drones and AI」の続きになります。

Read More

新機能 – ライブマルチストリーム動画トランスコーディング用の Amazon EC2 VT1 インスタンス

動画コンテンツに対する世界的な需要は急増しており、現在ではインターネットおよびモバイルネットワークトラフィックのオーディエンスの大部分を獲得しています。Twitch などのオーバーザトップストリーミングサービスでは、優れた画質のライブ配信を求めているコンテンツクリエイターが爆発的かつ継続的に増加しています。一方、信頼性を犠牲にすることなくコストを削減し、需要に応じて効率的に拡張するために、アジャイルなクラウドインフラストラクチャを採用することを検討するライブイベントのブロードキャスターは増加の一途をたどっています。 2021 年 9 月 13 日、最大 4K UHD の解像度でマルチストリーム動画トランスコーディング向けに最高の料金パフォーマンスを提供するように設計された Amazon EC2 VT1 インスタンスの一般提供についてお知らせします。これらの VT1 インスタンスは、高速化された H.264/AVC および H.265/HEVC コーデックを備えた Xilinx® Alveo™ U30 メディアアクセラレータートランスコーディングカードを備え、最新の GPU ベースの EC2 インスタンスと比較して最大 30% 低いストリームあたりの料金と、最新の CPU ベースの EC2 インスタンスと比較して最大 60% 低いストリームあたりの料金を提供します。

Read More

教育現場での課題を解決するオンライン授業用番組ライブラリーにおけるAWS活用

オンライン授業用番組ライブラリーを開発した背景 2020年に発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより教育現場のオンライン化が進み、従来であれば対面で授業を行っていた大学でもオンライン授業が行われるようになりました。教育機関では対面での授業であれば、動画コンテンツのような著作物を条件を満たしている場合に限り著作権者の許諾なくかつ無償で利用することが可能です。しかし、オンライン授業で著作物を利用する場合は有償利用となり、著作物の利用に際して手続きする必要があるという課題があります。 このような状況下で大学から相談を受けた株式会社NHKエンタープライズは、オンライン授業で利用する著作物の権利処理の手間をなくすため、日本放送協会(NHK)で放送した権利処理済の動画コンテンツを大学でのオンライン授業はもちろん、自習や予習にも利用できるソリューション「オンライン授業用番組ライブラリー」(以降 番組ライブラリー)を構築・提供しています。

Read More
jpmne-aws-media-seminar-q3-cloud-live-production

【開催報告&資料公開】AWS メディアセミナー Q3 ~クラウドライブプロダクション~

2021年9月2日にメディア業界のお客様向けに、AWSで実現するライブリモートプロダクションソリューションについてのセミナーを開催いたしました。ライブプロダクションの現場では、現地へ派遣するスタッフや機材を減らし、制作コストを抑えるニーズが高まっています。そこで本セミナーでは、AWSで実現するライブリモートプロダクションソリューションを実現するための課題とポイント、AWSのお客様の事例を交え、お客様がどのようにこの課題に対して取り組まれてきているのかについてお話をいただきました。 セミナーのアジェンダ: アマゾンウェブサービス(AWS)ジャパン : Cloud Live Production の展望 株式会社フジテレビジョン様: フジテレビ ニュース総局 LIVE STUDIOとしての取り組み ~AWSを用いた番組制作とクラウド編集~ 株式会社フォトロン様: フォトロンが提供するクラウドライブプロダクション 株式会社Jストリーム様: リモートプロダクション/ライブパブリッシングを実現するGrabyoサービスのご紹介 ~ソーシャルメディア配信の重要性と配信環境の課題について~

Read More
real-time-collaboration-using-amazon-chime-sdk-messaging

Amazon Chime SDK messagingでリアルタイムコラボレーションを行う

Amazon Chime SDK messagingは、開発者がユーザーのコミュニティを安全かつスケーラブル、そして永続的なメッセージングで簡単に接続するために必要なビルディングブロックを提供します。利用可能なAPIには、メッセージの送信、履歴の取得、メッセージの編集および削除、保存されたメッセージの保持ポリシーの設定、チャットデータのストリーミングエクスポートなどがあります。Amazon Chime SDK messagingは、お客様がより迅速に構築できるよう支援し、運用を簡素化します。 Amazon Chime SDK messagingを1対1のメッセージングユースケースに使用できることに加え、弊社のAPIは、幅広いユースケースに対応できる柔軟性を備えているとお客様は実感されています。Amazon Chime SDK messagingをアプリケーションのデータトランスポートとして使用し、ユーザーにとって真にユニークなエクスペリエンスを構築しています。また私たちのお客様は、コラボレーションチャットから、ビデオ放送と並行したメッセージング、そしてオンラインドキュメントやホワイトボードでのリアルタイムコラボレーションに至るまで、さまざまなエクスペリエンスを構築しています。

Read More