Amazon Web Services ブログ

Category: Data Science

stream-tennis-matches-through-aws-elemental-medialive-and-generate-real-time-replays-with-amazon-rekognition

AWS Elemental MediaLiveとAmazon Rekognitionでリプレイ映像をリアルタイムで作成する~ テニスでの活用例 ~

放送局では自動化による運用コスト削減のために、クラウドを利用するケースが増えています。例えば、スポーツのライブ中継では、リプレイ映像が利用されます。この作業は従来、編集者が手作業で行っていました。編集者はイベント全体を見て、注目すべきセグメントの開始(マークイン)と終了(マークアウト)のタイムスタンプにフラグを立てます。そして、これらのセグメントをつなぎ合わせて、様々な長さのリプレイを作成します。最新の機械学習(ML)技術を使えば、このような手間のかかる作業を人手を介さずに自動的に行うことができます。この記事ではテニスの試合を例に、AWS Elemental MediaLiveによるビデオストリーミングと、Amazon Rekognitionによるリアルタイムのリプレイ生成を紹介します。

Read More

How to : Amazon Lex と Babylon.js と AR/VR のハンズフリーインタラクション

本ブログは “How to: Hands-free interaction for AR/VR with Amazon Lex and Babylon.js” を翻訳したものです。 クラウドが空間コンピューティングアプリケーションの開発にどのように役立つのか疑問に思うのはよくあることです。空間コンピューティング/拡張現実 (AR) /バーチャルリアリティ (VR) /3D での作業のほとんどは、フロントエンドの設計とハードウェアの最適化に焦点を当てています。アプリケーションの統合性が高くなり、開発が容易になるにつれて、クラウドは完全な空間アプリケーションにおいて重要な役割を果たします。継続的インテグレーション/継続的デプロイメントなどの DevOps の原則や、Amazon Lex などのアプリケーション層の機械学習サービスは、空間コンピューティングワークロードの相互作用とエンゲージメントの新しい効率的な方法を実現するのに役立ちます。 この記事では、継続的インテグレーション/継続的デプロイ (CI/CD) パイプライン管理に AWS クラウドを使用するシンプルなアプリケーションを作成する手順について説明します。また、Amazon Lex を使用して、自分の声でやり取りやエンゲージメントを制御する方法も示します。最終製品は、デジタルハウスを案内する音声制御の Web アプリケーションです。ボタンをクリックするか、または音声を使用して、家のプリセットビューと色をコントロールできます。

Read More
jpmne-streamline-content-preparation-and-quality-control-for-vod-platforms-using-amazon-rekognition-video

Amazon Rekognition VideoでVODプラットフォームのコンテンツ準備と品質管理を効率化する

昨年、私たちはメディアのお客様が機械学習(ML)を利用して、ビデオファイル内のフレーム精度の高いエンドクレジット、ブラックフレームセグメント、ショット変更、およびカラーバーを簡単に自動検出できるAPI、Amazon Rekognition ビデオセグメント検出を発表しました。本日、新たに4種類のセグメント(オープニングクレジット、コンテンツセグメント、スレート、スタジオロゴ)への対応、クレジットやショットの検出精度の向上、黒枠検出を制御する新しいフィルターを発表します。

Read More