Amazon Web Services ブログ

Category: Data Science

watch-now-me-sessions-from-aws-reinvent-2021

AWS re:Invent 2021 メディア&エンターテインメントセッション動画の公開

re:Invent 2021のビデオとプレゼンテーション資料のオンデマンド配信を開始しました。メディア&エンターテインメントのブレイクアウトセッションは、こちらのre:Inventプレイリストをご覧ください。各プレゼンテーションの詳細、セッションの録画とスライドへのリンク、および関連するお客様の事例へのポインタは、このブログ記事でご覧いただけます。

Read More
aws_online_booth_content

【InterBEE 2021】オンラインブースで公開した動画コンテンツ

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。本ブログでは、AWSオンラインブースで公開した、「AWS Media Services」、「AWS Elemental アプライアンス」「AWS Storageサービス」「クラウドレンダリング」「AWSエッジソリューション」「機会学習ソリューション」の動画を紹介します。

Read More
reinvent mande

re:Invent 2021で発表したメディア & エンターテインメント ワークロード関連のリリース

AWS re:Invent 2021では、50以上の新サービスや主要機能を発表しましたが、その中からメディア・エンターテイメント(M&E)のワークロードに最も関連するものを厳選してご紹介します。その他の発表や情報については、こちらのAdam Selipsky のKeynoteをご覧ください。

Read More
204

【Inter BEE 2021登壇事例】株式会社 NTTぷらら「AWSで実現するスポーツコンテンツ管理と機械学習の活用」

AWSは2021年11月17日−19日にて開催のInter BEE 2021にオンライン出展しました。今回は Inter BEE 2021 出展社セミナーで登壇いただいた内容をBlogでお伝えします。本Blogでは、株式会社NTTぷらら様、ソニーマーケティング株式会社様にご登壇いただいた 「AWSで実現するスポーツコンテンツ管理と機械学習の活用」の概要について簡単にご紹介させていただきます。

Read More
jpmne-mediaawsstudymeeting2021-9

2021 メディア業界のお客様向け AWS 勉強会 第九回「AWSを活用したパートナーソリューション紹介 / Inter BEEの歩き方」

2021/10/20 にメディア業界のお客様向けに第九回目となる AWS 勉強会を開催いたしました。この勉強会は二部構成となっており、前半の「Inter BEEの歩き方」では、Inter BEE出展概要について、主催者セミナーセッションの見どころとElementalライブエンコーダーの展示について紹介しました。後半の「AWSを活用したパートナーソリューション紹介」では、 AWSのパートナー企業様2社より、AWSを活用したソリューションについて説明していただきました。

Read More
jpmne-contextualized-viewer-engagement-and-monetization-for-live-ott-events

ライブOTTイベントにおけるコンテキスト化された視聴者エンゲージメントと収益化

人気のライブ配信イベントの多くは、そのコンテンツのスリルや予測不能性、新鮮さ、未知要素によって、視聴者の高い注意を引き付けます。一方、オーバーザトップ (OTT) の世界では、ラストマイルのネットワークレイテンシーとメディアプレーヤーバッファによって、多くの場合、視聴者はリアルタイムよりも少なくとも数秒遅れに抑えられています。視聴者のその関心の高まりとラストマイルのネットワークレイテンシーを組み合わせて活用することで、コンテキスト化されたハイパーターゲットによるエンゲージメントや、ティーザー広告、サプライズを提供することができます。それは、収益化の機会の増大や効果的な視聴者エクスペリエンスにつながる可能性があります。ライブコンテンツのコンテキストと視聴者プロファイルに応じて、パーソナライズされ、コンテキスト化されたエンゲージメントのインストルメント(手段)を、ほぼリアルタイムで視聴者のインターフェイスにプッシュすることが可能です。そのようなインストルメントには、トリビア、クーポンのオファー、投票、コンテスト、アクションを促すパーソナライズされた広告などがあります。

Read More
stream-tennis-matches-through-aws-elemental-medialive-and-generate-real-time-replays-with-amazon-rekognition

AWS Elemental MediaLiveとAmazon Rekognitionでリプレイ映像をリアルタイムで作成する~ テニスでの活用例 ~

放送局では自動化による運用コスト削減のために、クラウドを利用するケースが増えています。例えば、スポーツのライブ中継では、リプレイ映像が利用されます。この作業は従来、編集者が手作業で行っていました。編集者はイベント全体を見て、注目すべきセグメントの開始(マークイン)と終了(マークアウト)のタイムスタンプにフラグを立てます。そして、これらのセグメントをつなぎ合わせて、様々な長さのリプレイを作成します。最新の機械学習(ML)技術を使えば、このような手間のかかる作業を人手を介さずに自動的に行うことができます。この記事ではテニスの試合を例に、AWS Elemental MediaLiveによるビデオストリーミングと、Amazon Rekognitionによるリアルタイムのリプレイ生成を紹介します。

Read More

How to : Amazon Lex と Babylon.js と AR/VR のハンズフリーインタラクション

本ブログは “How to: Hands-free interaction for AR/VR with Amazon Lex and Babylon.js” を翻訳したものです。 クラウドが空間コンピューティングアプリケーションの開発にどのように役立つのか疑問に思うのはよくあることです。空間コンピューティング/拡張現実 (AR) /バーチャルリアリティ (VR) /3D での作業のほとんどは、フロントエンドの設計とハードウェアの最適化に焦点を当てています。アプリケーションの統合性が高くなり、開発が容易になるにつれて、クラウドは完全な空間アプリケーションにおいて重要な役割を果たします。継続的インテグレーション/継続的デプロイメントなどの DevOps の原則や、Amazon Lex などのアプリケーション層の機械学習サービスは、空間コンピューティングワークロードの相互作用とエンゲージメントの新しい効率的な方法を実現するのに役立ちます。 この記事では、継続的インテグレーション/継続的デプロイ (CI/CD) パイプライン管理に AWS クラウドを使用するシンプルなアプリケーションを作成する手順について説明します。また、Amazon Lex を使用して、自分の声でやり取りやエンゲージメントを制御する方法も示します。最終製品は、デジタルハウスを案内する音声制御の Web アプリケーションです。ボタンをクリックするか、または音声を使用して、家のプリセットビューと色をコントロールできます。

Read More
jpmne-streamline-content-preparation-and-quality-control-for-vod-platforms-using-amazon-rekognition-video

Amazon Rekognition VideoでVODプラットフォームのコンテンツ準備と品質管理を効率化する

昨年、私たちはメディアのお客様が機械学習(ML)を利用して、ビデオファイル内のフレーム精度の高いエンドクレジット、ブラックフレームセグメント、ショット変更、およびカラーバーを簡単に自動検出できるAPI、Amazon Rekognition ビデオセグメント検出を発表しました。本日、新たに4種類のセグメント(オープニングクレジット、コンテンツセグメント、スレート、スタジオロゴ)への対応、クレジットやショットの検出精度の向上、黒枠検出を制御する新しいフィルターを発表します。

Read More